前立腺がんの放射線治療と手術の比較

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

前立腺がんにおいて放射線治療は、手術と同程度の結果が期待できます。もっとも、これは初期症状の場合の話ですが、それだけ前立腺がんには放射線治療が有効なのです。他の癌においては、根治療法としては手術が圧倒的に重要な役割を果たしていることが多いものの、その例外と言えるでしょう。したがって、副作用や合併症のリスクを勘案しながら、手術と放射線治療を選択するようにしましょう。

放射線治療の副作用としては、癌細胞の周囲の正常細胞にまで放射線が当たってしまうことにより、頻便や排便痛、頻尿、排尿痛などがあります。しかし、前立腺がんを手術する場合よりも、排尿障害や性機能障害が起きることはまれです。基本的には、前立腺がんは放射線治療の方がQOL(生活の質)の向上には適していると判断されることが多いのですが、その方の価値観や人生観によっても異なってきますので、専門医とよく相談しながら決めるようにしましょう。

前立腺がんの放射線治療には、体外から照射する外照射法のほかに、組織内照射があります。組織内照射とは体内にヨード125を埋めこむタイプのものと、会陰部から針を刺して短時間の照射を行う方法とがあります。ちなみに、体内にヨード125を埋めても、取り出す必要はありません。また、最近では従来の外照射だけではなく、IMRTという方法があります。IMRTとは、強度変調放射線治療のことで、より腫瘍部分に強い照射を与えながら、周囲への影響を小さく抑えることができます。

これらの特徴を知った上で、本当に最良の方法を名医と見つけることが大切です。病院の言いなりになるのではなく、対等な関係で話し合いましょう。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!