前立腺がんの検査

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

前立腺がん検査としては、スクリーニング検査のためにPSA検査を行うことが多くあります。簡単に行える方法であり、PSA値が正常な場合よりも高いかどうかによって異常を見つけるという方法は有効であるものの、これだけでは確定診断はできません。なぜなら、PSA値は他の疾患によって高くなっていることがあるほか、前立腺がんの場合でもPSA値が正常な場合もあるからです。

より詳細に前立腺がんの検査を行う場合には、直腸指診や経直腸的超音波検査、生検があります。特に生検は確定診断のために用いられ、組織を採取して顕微鏡下で調べるという方法で行われます。また、生検の際には、グリーソンスコアをつけますので、ここで正確な診断を下すことは、後の治療にも大きな影響を及ぼします。

早期に発見すれば、それだけ手術やホルモン療法(内分泌療法)、抗がん剤など、様々な選択肢に恵まれますし、完治の確率も高まります。定期的に検診を受けることで、たとえ自覚できる症状がなくても、本当に体に異変がないかを確認しておくことが大切です。気軽に考えて放置していると、検査で前立腺がんが発見された時には、悪化が進んでいるということになりかねません。

また、前立腺がんの検査の結果として、すでに発症していることが分かった場合には、転移の状態を調べるために、MRIやCT、骨シンチグラムを用います。MRIやCTによって、周囲のリンパ節や他の臓器への転移の状態を調べ、骨シンチグラムでは骨への転移を確認します。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!