2017年07月22日

土用餅 と 麩まんじゅう

暦の上では明日7月23日は大暑ですが、すでに連日暑い日が続いています。

一昨年よりご好評を頂いております「土用餅−あんころ−」1パック6個入り270円が今年も始まりました。
土用餅あんころ2
コシのある宮城県産こがねもちを搗きぬいたお餅を、十勝小豆の自家炊き極製餡で包んであります。
この暑い夏、土用餅を食べて乗り切ってください。

新商品のお知らせです。
麩まんじゅう(蓬&粒餡)1個160円
IMG_0928
今まで当店の麩まんじゅうはプレーン&こし餡だけでしたが、粒餡好きの方むけにつくりました。
ぜひ一度ご賞味ください。

zensuke2005 at 20:29|PermalinkComments(0)clip!新着お菓子 | 季節の話し

2016年10月13日

栗名月 ー栗おこわ と 月見団子 ー

−寒露−菊花開(きくのはなひらく)
今月9日に、旧暦の重陽の節句も終わり今日は十三夜さんです。
今年の暦は、9月から新旧の日にちが同じため分かりやすいです。

前回のblogで書いたように、今日は〈栗おこわ〉をつくりました。
栗名月ですからね!でも今宵の天気はお月様が見られそうにありません。
栗おこわ
お団子の売れ行きは、と言うと・・・十五夜に比べ半分か、それ以下です。
昔から「片月見は・・・」と言いますが、今の方々は、あまり関係がないようです。
月見だんご

十五夜、お祭り、お彼岸、十三夜 と続いた秋の歳時も今日でまずは一段落です。

zensuke2005 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!季節の話し 

2016年09月15日

芋名月 ― 芋おこわ と 月見団子 ―

9月も、あっという間に15日、本日は十五夜さんです。
今年は初めて〈芋おこわ〉をつくり販売しました。
P_20160915_113440

来月の13日は十三夜さんです。
その時は〈栗おこわ〉をつくる予定です。

今朝は小雨が降っていましたが午後からは晴れ間が見え、今夜はお月見ができそうです。

P_20160915_164224


明後日からは「いしおかのおまつり」が始まります。
続いてお彼岸・・・ 彼岸が終わるまで休まず営業致します。

zensuke2005 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!季節の話し 

2016年02月12日

桜餅 と いしおか雛巡り

立春も過ぎ、暦の上では春でございます。
黄鶯睍察覆Δ阿い垢覆)の候、当店では、桜もちの出揃う時季でもあるわけです。
関西風の道明寺と関東風の焼き皮、一文字とか長命寺とも言いますね。
桃の節句3

通常商品は、白色の餅に桜葉が2枚の商品をつくっていますが、桃の節句の頃と桜の花咲く時季だけは、ピンクの焼き皮も販売します。
桜餅

他店では、このピンクの商品の方が一般的ですが、当店では時季限定になります。
機会があったら両方を食べ比べてみてください。
桜餅焼き皮紅

今年も2月13日(土)から『いしおか雛巡り』が始まります。
期間中は、土日を中心に色々なイベントが催されるようです。
雛めぐり

また、今年は石岡市の特産品が当たる!!『雛巡りスタンプラリー』もあるようですので、ぜひお散歩がてらいらしてください。
お雛様


2016年02月05日

鹿島立ち

縁あって鹿島神宮拝殿にて正式参拝をさせて頂きました。

一昨年に新しく祈祷殿が竣工されてからは、本殿と繋がる拝殿に上がり参拝できる事は、滅多にないそうです。
とても有難く思います。
今年50歳になるこの節目の年、それも立春の吉日に常陸の國の一之宮、鹿島の大神様の御前で参拝出来た事は、今後10年の、まさに鹿島立ちとなりました。
P_20160205_073232_DF


DSCN1310

さて、節分に豆まきをしなかったのは何年ぶりになるでしょうか。
たぶん人生で二度目だと思います。

2月3日は、全菓連青年部関東甲信越ブロック茨城大会で神栖へ行っていました。
DSCN1250

記念講演をお願いしたのは、百貨店和菓子バイヤーの方、この業界では有名な方らしいのですが、私がこの大会の話し合いの席で軽く言ったひとことで決まり、それを快くお引き受けくださりました。本当にありがとうございました。
DSCN1275

また、事前に忙しいお時間を割いて茨城のお店を一緒に巡ってくださり重ねて感謝致します。
文章や話しなどから、店や職人をリスペクトされているのが伺えますし、同じ目線で菓子やこの業界の未来を見てくれていると感じました。
ウチのような店が今後お取引になるような事は万に一つもありませんが、この短い間にお会いし話しをした5日間は今後10年の糧とさせていただきます。
DSCN1279

最後になりましたが、県内、関東甲信越はもとより、遠くは岐阜、鹿児島からご参加くださりました皆様、本当にありがとうございました。


2015年07月25日

土用餅 と いしおかサンド

 一昨日は大暑、暦通り連日暑い日が続きます。

今年は初めて「土用餅」をつくってみました。
土用や土用餅のいわれは他に書いてる方もいらっしゃるので割愛させていただきますが
コシのある宮城県産こがねもちを搗きぬいたお餅を、十勝小豆の自家炊き極製餡で包んでみました。
食べやすいように一口大にし、1パック6個入、値段もお求め安くい価格にしてみました。
(来年はもう少し値上げしないとキビシイです(苦笑))
土用餅あんころ2
壱の丑も終わったし今日か明日までの販売予定です。

そして、きょうは「石岡七夕まつり」駅前通りで午後3時から行われます。
その中の一つにいしおかサンドの全種類販売するイベントもあるようで、久しぶりに「いしおかサンド」つくりました(笑)
IMG_0624
今回のいしおかサンドは七夕にちなんで「いしおかサンド 天の川のきらめき」1個300円

鈴木牧場ヨーグルト&クリームチーズのムースで開田ぶどう園巨峰ジュースのわらび餅をサンドし、道明寺入りの水饅頭生地で巻いてあります。
きらめく金箔とさらに笹の葉で包んで短冊をあしらいました。
和と洋のコラボレート菓子に仕上がっています。

「青色の食べ物は・・・ ・・・」って言いますが、今日この暑さの中に涼やかに映ってくれればいいのですが・・・

2015年06月07日

i chat と 常陽リビング

茨城新聞購読者に配布されるi chat6月号と常陽リビング6/6号に掲載していただきました。
IMG_0589
i chatは、のんびり てくてく 街あるき〜石岡市・石岡駅周辺〜というお題になっています。
6月と言う事で、冷たい和菓子の麩まんじゅうやわらび餅を載せていただきました。
街歩きの途中でちょっとお立ち寄りいただけたら幸いです。

一方の常陽リビングは、歴史をつなぐレトロモダン 石岡の菓子 というお題で、どこの店もロングセラーの商品が載っています。
当店は人気商品の都々一(1個140円)です。
あんこ好きの方に、また石岡の土産に最適です。

IMG_0587

今年の梅雨入りはまだですので、カメラを片手にふらっと街歩きでもいかがですか!
静かなまちですが、何か新しい発見があるかも知れませんよ!!

2015年05月28日

ひたち海浜公園 ネモフィラ

 
 ゴールデンウィーク最終日の5月6日、定休日の水曜でしたので、連休中ではありますが、お休みをいただき、母を連れて、ひたち海浜公園のネモフィラを見に行ってきました。
連日テレビで放送していた通り、ものすごい人でした。

 都道府県魅力度ランキング最下位の茨城県でも、ここ海浜公園は、この魅力的なお花達で駐車場は他県ナンバーの車であふれていましたよ(笑)

P_20150506_110318 (2)

2015年03月04日

春の和菓子編 男子スイーツ部2015

茨城の車情報誌 月刊オートガイド4月号 男子スイーツ部2015 春の和菓子編 に載せていただきました。
AG茨城〜表紙・記事

県内の和菓子屋さん、お餅屋さん、どら焼き専門店など11店舗が掲載されています。

取材のときに、記者さんから昨年の洋菓子編を見せてもらったのですが、ネットなどに多く書き込まれるお店が少なかったので「これだけ調べるのは大変でしょう」と伺ったら、県内の色々な情報誌の編集を掛け持ちらしく「あちこち取材でとび回るので、地元の方の声が入りやすいんです」とおっしゃってました。

すばらしいですね!
「足で稼いだ情報は本物です!」

ともすれば、インターネット頼りの世界なのかと思っていました。
私の知り合いに「ネットで調べた情報でモノ書きをする事もある」と言うフリーのライターがいますから・・・
彼によれば編集者の裏取りもネットだから・・・ と言ってました。
一理あるかも知れませんが、その考え方どうなんでしょう・・・ ・・・

それはそうと、私も春のドライブしたくなりました!
もう少し暖かくなったら「掲載のお店でも巡ってみようかな♪」と思ったら、半分は当店の定休日と一緒でした(苦笑)


2015年02月28日

街中のにぎわい

いしおか雛巡りも、残すところあと3日になりました。
img_1_m
今週の中頃、銀行に用事があり街中まで歩いて行ったのですが、中町通り、まちかど情報センター辺りは結構賑わいがありました。
わずか2〜300m信号を1つ曲がっただけで、こんなにも人の出が違うものなのかなって・・・(苦笑)

帰り際、情報センターに立ち寄ったのですが、お昼少し前で既に120人の入場者があったとか!私が入った時にも5〜6人の方がお茶を飲みながら休んでおられました。

お雛様
当店もお雛様の展示行っております。
残り3日ですが、よかったらお立ち寄りください。

2015年01月16日

おいしいやさと めしあがれ

JAやさと の情報誌新年号に当店のかすてら と どら焼きを載せていただきました。

IMG_0391

写真のかすてらやどら焼きをはじめ羊羹、最中、饅頭、大福等、クラシックな商品は、素材や製法の違いで大きく差が出やすいモノだと思っています。
だからこそ「素材を吟味し手間隙を惜しまず丁寧につくる」

地味なお菓子こそが、当店の得意分野です。

2015年01月05日

あけましておめでとうございます

 2日から昨日までは短縮営業、本日から通常営業です。

本年も 変わらぬご愛顧を 宜しくお願い申し上げます


明日1月6日は二十四節気の小寒、いわゆる寒の入りです。
この日から立春の前日までを「寒」と呼び一番寒い季節です。
寒といえば『寒のかき餅』を想像します。かき餅づくりに適した季節で、今も毎年大量につくるお客様がいらっしゃいます。
それぞれに、ご家庭の味といいますか秘伝の味があるようで「伝統の味」を守ってらっしゃるようです。

我が家はというと・・・曾祖母は大量につくって親戚中に配っていたとか・・・
今は、『伝統の味』から『思い出話し』に変わってしまいました。

zensuke2005 at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!季節の話し | お店

2014年04月19日

いしおかサンド −さくらの頃−

 いしおかサンドのスピンオフ第1弾−さくらの頃−
3月29日から限定で販売してきましたが、一昨日の4月17日、好評のうちに終了とあいなりました。
さくらの頃
写真では見えませんが、桜の花びら入りのヨーグルトムースの中には、石岡産イチゴのコンポートが入っています。
緑のシャルロットはヨモギ入り、上にピスタチオを振り掛けてあります。
ヨモギと桜とイチゴとの春らしいコラボレーション商品です。



2014年02月09日

大雪de開店休業

 立春に降った雪が日陰にまだ融けきらずに残っていた昨日2月8日は一日中雪降りになりました。
久しぶりの大雪です。
それでも昨日は数組のお客様がお越しくださいました。
夕方お見えになったお客様は「命がけで着ました」と笑って仰ってました。
こんな日にお越しいただけるなんて本当にありがたいです。

IMG_0323

今朝は、一面が雪、雪、雪・・・
とりあえず通り道だけ雪かきをして営業を始めましたが
IMG_0326

今のところ開店休業状態です。
雪の日01


 こんな時、頭に浮かんでくるのは当店の人気商品「都々一」に書かれたこの言葉
「たんと売れても売れない日でも 同じ機嫌の風車」

この言葉に何度救われた事か!

明日からまた頑張ります!!

雪の日02


zensuke2005 at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!季節の話し | お店

2013年12月17日

師走−冬至餅と いしおかサンド

 気がつけば12月も半ば過ぎ今週末は冬至です。

今年は12月限定餅菓子「冬至餅」をつくってみました。
冬至餅

自家製の柚子おろしを入れて練り上げた求肥で、極製の自家炊こし餡を包みました。
柚子の香りと餡のほど良い甘さがあう一品です。

また、先月24日から発売となった いしおかサンド第4弾、当店は「いしおかマロンサンドと いしおかモンブランサンド」ですが、先週末で販売終了となり、新たに「いしおかマロンクリームサンド1個150円」が発売になりました。
IMG_0269
[写真]いしおかモンブランサンド・いしおかマロンサンド

マロンクリームサンド2
[写真]=新商品=いしおかマロンクリームサンド


「いしおかサンド」この取り組みが始まってまだ1年半ですが、気がつけば当店は11種類も発売していました。
「発売期間があまりに短い」とのお叱りの声も聞こえてきそうですが、例えば栗ひとつをとってみても加工業者の居ない地元の栗を、この秋の短い季節、また、お祭り、彼岸、お月見、敬老会等と続くこの忙しい書き入れ時の仕事の合間を縫って行うマロンペーストや栗の渋皮煮づくり・・・
道具も無い機械も無い、ただ包丁で一つひとつ栗を剥く。。。しゃもじと篩を使って裏ごす。。。
今どきの菓子屋の作業の範疇をゆうに越えてしまっています。
おのずと仕込む量は限られてしまいます。
仕込んだ地の食材が底をつくと、次の季節の食材へと・・・自転車操業のような商品開発と食材の仕込み・・・
気がつけば11種という結果になっていました。
その間にも商品のブラッシュアップやバージョンアップは怠らず販売開始時と販売終了時では味や見た目が進化した商品も多々ありました。

通常商品ではないスペシャルバージョン!も
たとえば・・・
松襲スペシャル

第3弾その2の松襲スペシャル

洋01

第2弾鄙の都路−洋−のクリスマススペシャル

和01

第2弾鄙の都路−和−のクリスマススペシャル

いしおかサンドde happy birthday

第1弾ブラッシュアップのバースデースペシャル

いしおかサンド・夏

第1弾の季節のいしおかフレッシュサンド デザートスペシャル


やっぱり考えるのは楽しいですねー!
食べる人の笑顔を思い浮かべて「こしたらもっと美味しくなるんじゃないか」とか「こうやったらもっと喜んでもらえるんじゃないか」とかね!
でも商品になるまでにはやっぱ大変です。
取捨選択・・・これからが本番のような気がします。