2014年05月12日

あこがれの萩往還

5月3日・4日で山口県の「第26回山口100萩往還マラニック大会」に参加してきました。
夕方6時出発して翌日午後6時まで制限時間24時間で140kmを走りきります。
とはいえ、萩往還は歴史ある街道で大半は山道、激しいアップダウンがありとても走り続けることはできません。
100kmを超える大会も初めてであり、ナイトランも初めての経験で大変感慨深い大会となりました。2014050120350000

zenyan750 at 20:19コメント(1)トラックバック(0) 

2014年01月02日

謹賀新年


あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します


zenyan750 at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月23日

久々のLSD

念願のGPSを購入したのでテストランに出た。
9月下旬とはいえまだまだ日中は30℃近くまで気温は上昇するようだ。
朝のうちは調子良かったのに後半はバテバテ・・・
全行程約61km、所要時間8時間49分
2013092316440000

zenyan750 at 19:33コメント(0)トラックバック(0) 

2013年06月10日

走ってきました

飛騨高山ウルトラマラソンに出場しました。

20130609043031

運悪く?晴天に恵まれ、30℃近い暑さと、累積標高差1500mで日本屈指のアップダウンコースに翻弄されながらも何とか完走できました。
20130609153919
20130609110530
20130610074459

しばらくリハビリに専念します・・・。

zenyan750 at 23:30コメント(3)トラックバック(0) 

2013年04月08日

春の嵐というべきか・・・

20130407080536四万十川桜マラソンに行ってきました。
低気圧の通過により大荒れの天候になることは予想されておりましたが、主催者はやる気満々だったので遠路はるばる窪川まで出向きました。
前日からしょぼしょぼ降る雨はけっこう冷たく、当日も町の温度計は6度を指しておりました。
スタート直後から風も強くなりレース中盤では暴風となった時もありました。
25kmの関門付近までは好調な展開でしたが、一時ミゾレ混じりの冷たい雨に体温を奪われだんだんペースダウン。
低体温で意識も朦朧となり、フラフラの走りで貯金も全て使い果たし4時間を30分近くオーバーしてしまいました。


zenyan750 at 19:07コメント(2)トラックバック(0) 

2013年03月03日

久々の大麻山

練習怠け続けて早くも3月となってしまった。
今日は気合入れて大麻山アタック!
でも、いつものフルコースはやめて近道でうだつ峠から。
最近指先の痺れが気になり、血流が悪くならないように普段より多めに着込んで走ったので汗だくである。
天気は良いのに体感温度は低く、早々に指先が痺れ始め物もつまめない状態。
山頂まで上がって温度計を確認したら「0℃」を僅かに下回る氷点下であった。
2時計
2大麻山







zenyan750 at 15:23コメント(2)トラックバック(0) 

2013年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます
旧年中はたいへんお世話になりました
本年もどうぞよろしくお願いします

zenyan750 at 18:14コメント(3)トラックバック(0) 

2012年12月08日

暗い夜道にご用心

久しぶりにまとまった時間が取れたので、ちょっと長い距離を走り込もうと計画したのがいけなかったのか・・・。
自宅からバイパスを抜け、市街地まで約30kmのナイトランに出発した。
ちょっと早いペースかなと思いながらも体の調子が非常に良かったもので、文字通り「調子に乗って」いた。
吉野川を横断する長い橋を渡り徳島市内に入ったところだった。
橋から堤防を下るスロープでスピードが乗った頃、歩道の段差に脚を取られてオットットと歌舞伎役者のようによろめいて、そのままアスファルトにヘッドスライディングした。
年のせいか思うように受身を取ることができずにモロ顔からいきました。
顔面血みどろで前歯が一本割れたようであった。
ちょっと距離があるが進行方向に夜間診療ができる救急病院があるのを知っていたのでそのまま2〜3km血みどろで走っていった。
すれ違った人達の驚いた表情は何とも言えず恥ずかしかった。
幸い、傷口は深いものの擦り傷だけで裂けたり骨折したりしていなかったので良かった。
翌日、友人の歯科医を訪ねて前歯のレントゲン撮ってもらったが、これも折れてはなかった。
割れた部分の修正をしてもらって処置完了!
しばらく風呂にも入れず汚い症で我慢するべし。

zenyan750 at 18:31コメント(3)トラックバック(0) 

2012年11月29日

トレラン最高!

阿讃山脈縦走路トレイルランニングレースに出場してきました。
トレイルランニングとは通常のマラソンとは違い「山の路(トレイル)」を走る競技です。
傾斜の急な登山道もあり平坦路の何倍もの負荷がかかります。
20121125074538

私なんかは登り坂が大嫌いで、景色を楽しみながら走る(歩くとも言う)方なので200人足らずの出場者の中では最後の方から数えたほうが早いくらいの成績でした。
しかし、赤く色付いた山の小路を最高の気分で完走できて幸せ・・・

zenyan750 at 20:10コメント(2)トラックバック(0) 

2012年07月31日

丸太一本乗り

今年もやってきました「木頭杉丸太一本乗り大会」!
本大会には天候にも恵まれ100名に及ぶ参加者が清流那賀川の奥地木頭村に集結しました。
丸太2

丸太5

名人の称号を目指しこの日のために練習を重ねて参りましたが
やっぱり丸太はクルクル良く回る・・・
1級の名に恥じないような競技が披露できればとのプレッシャーを負いながらスタートしたのだが
目指す「瀬」の入口であえなく撃沈・・・
今年の夏は燃え尽きたのでありました。
丸太3

丸太4

名人ともなるとこんなもんです

zenyan750 at 01:51コメント(5)トラックバック(0) 

2012年06月13日

走ってきました飛騨高山ウルトラマラソン

第一回という案内に釣られてエントリーしてしまいました「飛騨高山ウルトラマラソン」は6月10日の日曜日に開催されました。
週末から天候が思わしくなく心配しておりましたが、当日朝は雨も上がりマラソン日和かとも思われました。
高山10

午前5時には気持ちよくスタートしたものの、小雨しょぼしょぼ一時は土砂降りの雨にも見舞われどうなることかと思われました。
高原の涼しい風も吹き、カンカン照りよりましかとお気楽に流して順調に距離を進めていきます。
飛騨山脈や御岳が眺望できると聞いていたが曇ってどれだか判らず仕舞。
標高差約800mっていうのは伊達じゃなく、登り坂は素直に歩きました。
高山15

こんな感じの坂道が随所に・・・。
結果的には100kmず〜っと走り続けるよりも適度に歩いて休憩出来る方が効率よく、なんと今回ウルトラ自己ベストの12時間が出ちゃいました!
大会の運営も第一回によくある不手際も無く非常に良かったと思います。
贅沢を言えば、エイドステーションでの食べ物の配置がちょっとショボかったと思う事かな?
もっと地元の特産品とか味わえると期待してたのに・・・。
ま、とにかく怪我無く無事完走できてめでたしめでたし!

zenyan750 at 19:18コメント(3)トラックバック(0) 

2012年05月28日

地下足袋王子杯トレイルランニングレース

5月26日 土曜日(晴れ)
地下足袋1

木沢村ファガスの森から43km、徳島県最高峰剣山の向の山の家まで走ってまいりました。
一言で43kmと言いますが、平地でもフルマラソン以上の距離があり、GPSでの計測は斜距離の補正が必要ではと突っ込みたくなるような急勾配の山道を走破する設定となっておりました。
大会規定では3箇所の関門を規定時間で通過し克つ9時間以内でゴールしなければなりません。
1月の千羽海崖に比べて階段が少ないと聞いておりましたので多少距離があっても楽かななんて甘い気持ちでエントリーしておりました。
しかしまーなんですね〜・・・そんな甘っちょろい考えなど吹っ飛ばしてくれる過酷なレース展開に必死で挑みどうにか完走することができました。
当初目標の100位以内か7時間台なんて目標はぜんぜんおよびもせず、なんとかゴールに転がり込んだ次第でした。
しかし、こんな楽しいレースも有るのかと久々に感動し、来年の大会にリベンジを誓うのであった・・・。
地下足袋2


zenyan750 at 20:16コメント(5)トラックバック(0) 

2012年04月17日

サッカー野郎逝く

突然の訃報であった。
娘のサッカーチームの監督が亡くなった。
原因ははっきりせず、突然死の類になるらしい。
3年前、娘たちを日本一に手が届くところまで引っ張って行ってくれた偉大な指導者であった。
私より一歳上、若すぎはしませんか。
また一緒に全国大会行きたかったですね。
どうぞ安らかに、そして娘たちを見守ってやって下さい。

zenyan750 at 20:58コメント(1)トラックバック(0) 

2011年12月11日

気がついたら師走

大麻山温度計

この間までTシャツ1枚でいたのが変だったのだが、やっと12月らしい気候になってきた。
いつものランニングコース 自宅→大坂峠→うだつ峠→大麻山(登山道)→大麻比古神社→自宅 を走ってきました。
通常4時間で一巡します。
先日徳島でも初雪を観測しましたが、標高538mの大麻山山頂では少し雪も残っており温度計は2℃付近を指しておりました。
手袋をしておりましたが、末端は血流が少なくなりとても冷たくなります。
体調管理に注意しなければ・・・。

zenyan750 at 12:26コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月26日

旧車ミーティング

20111120114105

11月20日、高松空港付近の公園で香川県のグループが主催するミーティングに参加した。
特に何をすると言うわけではないが、近県から集合した約200台のオートバイを各々が各々の見方で観覧し批評しその技法に感動し勉強した。
私の目当てはもちろんZ2であるが、それはそれはたくさんのZ2が集まったものである。
A4以後のなんちゃって仕様もあり、たいへん参考になりました。


zenyan750 at 20:42コメント(2)トラックバック(0) 

2011年11月15日

科学の勝利!

一年ぶりに健康診断にいってまいりました。
例によって科学の粋を結集した測定装置に乗っかってきました。
体内年齢23才って数字はちょっとうれしい(´∀`*)
内科医によればまだ標準体重になるには5kgも落とせとおっしゃいます。
無理せずぼちぼちメタボしましょう。。。img004


zenyan750 at 18:01コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月08日

徳島マラソン2011

4度目の正直を心に決めて挑んだ徳島マラソン。
3年連続でサブフォー達成出来たのはマグレか実力か?
例年ほどの走り込みは無いまでもそこそこ練習はしたつもりである。
しかし、結果は残酷なものである。
15km付近での経験したこともない喪失感で大きくタイムロスをし、復帰した20kmから「カトちゃんぺ!」と「赤い彗星のシャー」のコスプレ野郎との三つ巴のバトル・・・。
30km付近で余力のあるカトちゃんぺ!は1抜けし姿も見えなくなってしまった。
残った赤い彗星とのデッドヒートは制したかに見えた。
しかしゴールの陸上競技場に入りゴールゲート目前で奴はスパートかけてきやがった!
さすが策士である「戦いとは2手3手先を考えるものだ」とは奴の名言だった。
結局、目標の3時間50分を20分もオーバーしてゴール。
着替えて後夜祭会場へ行く。
例によって写真が張り出されているのを探す。
いつも思うのだが、どうして他の人のようにニコヤカな表情ができないのか・・・。
死にかけの顔では情けない。
三陸産の秋刀魚が振舞われていたので賞味した。
お姉さん慌てずゆっくり焼いて欲しかったのだがやはり生焼け気味だった。
久々の秋刀魚は美味かったので許してやろう・・・。
1尾350円成り!
来年は東環状大橋開通記念でコース変更があるので楽しみにしている。
抽選方法は何とかしてもらいたいものだが1万人とすれば余ることはないであろう。

既に気持ちは次のレース、1月の千羽海崖トレラン目指してがんばるぞ!

zenyan750 at 23:11コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月19日

LSD第2弾決行!

以前から考えていたLSD第2弾を決行した。
10月になれば大会が目白押しになるため、その前の9月の連休に行うものとして考えていた。
折しも台風の影響で天候は不安定であったが中日の18日は一時回復するとの予報に期待した。

朝まで雨が降っていたので決意は揺らいだが、今日しか無いと自宅を出発したのが午前9時。
青空と雨雲が混在する怪しい空を見上げながら走り出したが、逆にその御陰で涼しさを感じるほどであった。
案の定徳島市を抜けるまでの約20kmはシャワー状の心地好い雨や激しいスコールに時折見舞われながらトントコ走る。
最近仕事が忙しくて練習サボってばかりなので急な長距離は負担が大きいのと、本来怠け症なのですぐに歩いてしまう。
こんな調子ではとても目的地にはたどり着けない!

中継地点と考えた桑野町の友人宅で水道を借りた。
芝生に寝っ転がって浴びたシャワーは最高でダメージはかなり復活した。

JR福井駅に到着したとき真剣に悩んだ。。。
この駅を過ぎればJRと国道は離れ、変更は難しくなる。
1.「ここで引き返す」
2.「日和佐まで鉄道で行ってズルをする」
3.「初志貫徹!がんばる!」
で、結局がんばって続ける事にした。

ここから国道は山に入りかなりのアップダウンがあるため、やはり・・・歩いた。
山肌の擁壁の水抜き穴から勢い良く流れ出る水が冷たくて美味い!
大腸菌検査などしていないが地層に濾過された水は透明度が高く、そこらのミネラルウオーターより格段に美味い!

由岐町の分岐付近で面白い人に声をかけられた。
身の回りのいろんな事を取材してHPにUPしているそうだ。
国道をひとりエッチラオッチラはしっているおいらを見つけて、車を止めて待っていたそうだ。
自分のHPに載せても良いかと言うがもちろん承諾した。
別れを告げて再び走る。

そういえばこの区間は最近国土交通省がヘリから視認できるように国道の路面に距離表示をペイントしているのだ。
おかげで1kmごとの進行が良く判り走りやすかった。
そして遂に第23番札所薬王寺が見えた!
20110918175042

当初、時間の余裕があればお参りもと思っていたが、この疲労度ではお寺の階段を昇るのもままならない。
その時、国道横をJRの列車が追い抜いていった。
あわてて駅を目指して追いかける。
先の台風被害で日和佐駅で折り返す事は知っていたので停車時間は長いだろうと考えていた。
この便を逃すと1時間待たなければならない。
必死に走って列車に滑り込んだ。
運転手に発車時間を確認すると「もう出るところだ」との事。
飲み物を買う時間待ってほしいと頼むと待ってくれた。
田舎はいいね〜!

本日の出来高
09:00 自宅出発
17:58 JR日和佐駅
走行距離 約70km
所要時間 9時間

JRで最寄りの駅まで帰り付いたのが20時30分頃
家内に迎えに来てくれるようメールしたら拒否された。
バスで帰ろうとバス停に着いたのが20時37分。
時刻表をみたら「20時37分」との表示。
あれ?と思い前方を見たがバスの姿は無い。
ちょっと待って見ようと数分待つが来ない。
定刻より早く通過するな!と怒っても後の祭り。
家まで歩く事50分。

21:30 自宅到着

風呂へ入って爆睡しました・・・

めでたしめでたし!

zenyan750 at 11:43コメント(3)トラックバック(0) 

2011年05月28日

鯖街道ウルトラマラソン

5月22日、福井県小浜市から京都までの鯖街道76kmを走破するウルトラマラソンに行ってきました。
(オバマ大統領の胸像)
20110521175628


朝6時
文字通り鯖街道の起点がある商店街からのスタートです。
20110522055445


まあ凄い所を走るもんだと関心しました。
標高800m程の山を3つ越えて行きます。
もはや人が走る道ではない!
20110522082044


山道は嫌いではないので苦にはならないが、やはり練習不足でバテバテでした。

結果は目標タイムを大幅にオーバーして10時間30分以上かかってしまいました。

スタッフの皆さん
ボランティアでサポートしてくださった皆さん
応援してくださった皆さん

ほんとうにお世話になりありがとうございました!




zenyan750 at 20:38コメント(2)トラックバック(0) 

2011年05月10日

阿波の池田は遠かった

GW中に決行しようと密かに企んでいた「阿波池田LSD」を実行した。

子供を学校に送ったりして出発が遅れ、家を出たのは午前8時40分だった。

序盤はすこぶる快調!

友人が店長を勤める脇町の某スポーツショップを目標にハイペースで走る。

黄砂の影響なのか、単に田舎だからか、町に市民ランナーらしき姿は全く無い。

黙々と走って第一目標に到着したのが正午を5分ほど過ぎた頃。

GPSは持っていないので所要時間から推測して約35kmだと判断した。

正確では無いものの脇町が東西の中心だと思い込んでいた事が後ほど大きな誤算となってしまう。

20分ほど雑談して第二目標の美濃田の淵キャンプ場へ向けて出発!

しかし、行けども行けども進んだ気がしない。

町村合併による地名の認識不足もあり距離感は狂いっぱなしである。

ついに目的地、吉野川ハイウエイオアシスに隣接したキャンプ場に到着したのは4時間30分後であった。

キャンプを楽しんでいた友人は「本当に走ってくるとは思わなかった」などとホザキ、子供たちは「スゲー!」を連発。

休憩しながらしばし優越感に浸る。

最終目的地の阿波池田駅にはまだ10kmも残っている。

JRの時刻表を確認して最終の徳島行きの特急にはじゅうぶん時間が有る事を確認してラストランに出発。

とうとう到着したのが午後6時10分。

全行程の所要時間は9時間30分!

後から地図で足し算すると約70kmの道程であった。

20年ぶりにJR四国の列車に乗った。

思ったより乗車券特急券は高かった!

着替えやドリンクを入れて背負ったバックは普通の大きなディバックだったので非常に重かった。


しかし、これで後々の自慢のネタが増えた・・・


zenyan750 at 23:10コメント(2)トラックバック(0) 
Recent Comments
Profile
ぜんやん
  • ライブドアブログ