月夜に遠吠え

視聴中のアニメの感想や紹介をするブログです。 時々、実写映画や舞台、ゲームのことも取り上げますので、気軽に楽しんでいただければ幸いです。

ガラルの人々のドラマを描いたショートストーリー『薄明の翼』の第2話は、第1話のテレビ中継の向こうでダンデに敗れたサイトウちゃんが主役でした。
第1話からもう一か月以上経ったのですね。早いなあ……。



第1話でもいい味を出していたアーマーガアタクシーでワイルドエリアに降り立ったサイトウちゃんが、敗北の悔しさや焦りから無理な修行に身を投じてしまう姿が描かれています。
テレビ中継で活躍していたカイリキーと、ゴーリキー、ワンリキーの三匹と一緒に、ポケモン並みの修行を自分にも課して強くなろうとしているのですが、焦りで冷静さを失っていて、ポケモンたちにも心配されてしまう有様。

けれど、このサイトウちゃんの姿は、何かしらにのめり込んで挫折した経験がある人ならば、きっと共感できるものがあるのではないでしょうか。
そういう時に焦れば焦るほど空回りしちゃって、思うように伸びないんですよね。

前へ進むには、ただただ我武者羅に走っているだけではいけない。
時には休息して、冷静になる時間も必要なんだという基本が描かれていて、サイトウちゃん自身がそれに気づいて吹っ切れるまでが短い時間の中に丁寧に描かれていました。

それにしても、カイリキーたちも可愛かった&イケメンでしたね。
サイトウちゃんに保存食を差し出そうとするワンリキーの優しさにもキュンと来ました。やっぱりポケモンはポケモンのキュートさあってのコンテンツなんだなって思いました。
最後に晴れやかなワイルドエリアに出てくるシーンもすごく良かった。サイトウちゃんの吹っ切れた心を表しているような明るい景色だったね。

というわけで、今回もいい話だった『薄明の翼』ですが、ますます次回への期待が高まっちゃいますね。
YouTubeのポケモン公式チャンネルでいつでも見られるみたいなので、まだ見てなかったって人はぜひ観てみてほしいです。短いし。

前回の感想はこちらで書いています。


もちろん、ゲームもオススメです。

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

価格:11,000円
(2020/2/24 15:47時点)
感想(66件)



DLC配信もあるし、今年もポケモン方面で充実した年になりそうだって楽しみにしています。
名曲も揃っていたし、DLC配信が終わったらサントラも出ると良いな……。

では、今回はこの辺で。
次の話が公開されたときに、また感想を書こうと思っているのでよろしくお願いします。

2020年2月26日 ねこじゃ じぇねこ


mixiチェック

『少女革命ウテナ』に続き、今度は『オーディンスフィア』の記事を改稿いたしました。
語りつくすようなつもりで書いていますが、各キャラクターやストーリーについては、いずれ別記事でまた深く紹介していきたいと思っています。

改稿した記事はこちらです。



語りたいことがありすぎて、ついつい長くなってしまっていますが、よろしければお付き合いください。
この記事を読んで遊んでみたいなと思う人がさらに増えると嬉しいです。

それでは、今回はこの辺で。また何か書き換えた時はお知らせいたします。

2020年2月25日 ねこじゃ じぇねこ


mixiチェック

【楽天ブックス限定全巻購入特典 & 店舗共通全巻購入特典対象】うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~1【完全生産限定版】 [ ソニー・クリエイティブプロダクツ ]

価格:3,135円
(2020/2/15 02:33時点)
感想(0件)



第6話が放送されましたね。
1クール12話だとしたら、ここが折り返し地点でしょうか。
せっかくなので今回は、これまで放送されたエピソードの中から、とくに印象的だった話を振り返って感想を述べてみようかなって思います。

■『うちタマ?!~うちのタマ知りませんか?~』で印象的だったエピソード🐾

というわけで、第1回から第6回までに放送されたエピソードの中から、ちょっとずつピックアップしていってみます。
わりとどのエピソードも、「あ、このネタは!」となる要素がところどころに隠れているので迷いがちなのですが、どうにか厳選して紹介します!

■「うちのタマ知りませんか?」🐾

記念すべき『うちタマ』の第1話です。
過去のアニメシリーズである『三丁目物語』のエピソードでもあった「うちのタマ知りませんか?」が下地となった内容でした。

公園でタマとポチが遊んでいて、お母さんに似た猫を見つけて追いかけ、ポチともども迷子になるという大まかなお話は『三丁目物語』のものと同じ流れです。
他にもポチが桜で遊ぶところとか、踏切とか、懐かしいポイントがちょいちょいあったので、見ていてとにかく懐かしかったです。

■「海へ」🐾

第2回目の放送の最後のエピソードです。
これも下地となっているのは『三丁目物語』にある「タマとポチの大冒険」という回で、トラックに乗ってしまったタマとポチが海水浴場まで行ってしまうという夏を感じるお話でした。
海辺で体験する内容こそ殆ど違いますが、最後にトラの飼い主であるトメ吉さんに保護されて三丁目まで戻ってくるところは一緒です。

インスタでチェックするモモちゃんたちとか、程よく現代風になっていて面白かったですね。
あと、インスタにあがるタマとポチの姿はめちゃくちゃ可愛かったな。

■「3丁目最強の男」/「3丁目最弱の男」🐾

第3回の放送内容です。独立したお話ですが、繋がりがあったのでまとめて。
お話の下地となるお話はたぶんなかったかなと思うのですが、カードバトル風の演出やノリが面白かったです。
また、キャラクター描写や小ネタなどは過去のアニメシリーズを思い出すようなところもあって、そういった意味でも見ていて楽しかったです。

モモちゃんの闘争心は『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』の「しっぽでゴール!!」を思い出しました。
ちょっとした喧嘩からタマたちがスポーツを楽しむ回なのですが、アイドル枠だと思っていたモモちゃんが意外なほどの勝負根性を見せるところが印象的な回でもあります。

「3丁目最弱の男」でのポチは、エリザベスカラーネタが嬉しかったですね。「王者ポチの伝説」だったかな。ポチ回もなかなか面白かった思い出。
ちなみにゴンが言っていたオオカミはんも、『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』で出てきたネタだったりします。こっちは「売られたヒーロー」という回です。

■「犬のおまわりさん」🐾

クロが3丁目の事件を解決するお話なのですが、マタタビネタが印象的でした。
マジか。あげすぎないように気を付けないとですね。
あと、コマがめちゃくちゃ可愛くてたまらなかったな。玩具をモモちゃんに見てもらおうとあれこれ探すところが子猫らしさある。

■「トラの初恋」🐾

すっかり騙された回でした。
あんまり言うとネタバレになっちゃうから深く触れられないのですが、擬人化をうまく利用した面白い回でしたね。
トラの純粋さも昔からちょっと好きだったりする。

■「仁義なき犬猫 前後編」🐾

最初にバーンと和風のお城が出たところでおお!となったのですが、『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』にあった「猫ノ巣城」ネタが結構あって嬉しかったです。
ハスキー犬の若ちゃまは、ここで登場した憎めない悪役で、この頃からオネエキャラだったんですよね。そのままのイメージで擬人化されているところがすごく嬉しかったな。
最終的にタマたちがご飯のひと言で忘れて解散するところも面白かったし、若の仲間たちも憎めない愛らしさがあって、すごくよかったです。

■昔のアニメネタが満載!過去シリーズともぜひ見比べて欲しい作品🐾

というわけで、第6話までの内容を基本的に1話ずつピックアップしてみました。
今のところ、毎回楽しく観ることが出来ています。ノリが好みなところや、過去のアニメシリーズのネタが入っていたり、犬猫豆知識が挟んでいるところが嬉しい(*´ω`*)♡
ここで取り上げた回以外も結構好きなのが多くて、Blu-ray購入も検討しちゃいますね。

あと、アニメは勝鬨スタジオ版と呼ばれる『タマ&フレンズ うちのタマ知りませんか?』のテレビシリーズや『タマ&フレンズ~タマと不思議な石像~』は、観たことがないので、ちょっと気になっています。
『お願いモモちゃんを探して』も昔見たっきりなので久しぶりに観たいですね。

ただ、『3丁目物語』と『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』だけを覚えている状態でも、かな~り楽しんでみることが出来ています。
何より、小ネタ満載なのがいいですよね。懐かしいなって思った人はぜひとも過去のシリーズも見返して欲しいです♪

うちのタマ知りませんか? オリジナルシリーズ [ (キッズ) ]

価格:3,300円
(2020/2/15 03:26時点)
感想(3件)



3丁目のタマ うちのタマ知りませんか? Blu-ray【想い出のアニメライブラリー 第103集】 [Blu-ray]

価格:17,446円
(2020/2/15 03:26時点)
感想(0件)



にしても、『うちタマ』のお陰でタマ&フレンズ熱が再びあがってきました。
幼い頃に親しんできたからこそ、今の楽しみがあるんだなあって思うと、感慨深いものがあります。

過去作の愛をこめて作ってくれたスタッフに感謝しつつ、今後の放送も楽しみにしています。
擬人化がちょっと不安で観ていないって人もひょっとしたらいるかもしれませんが、大方楽しめる内容だと思いますし、昔のアニメシリーズの内容を覚えていたら、ネタが分かって面白いのですごくオススメですよ!

PVはこちら。


公式サイトもご参考になさってください。



それでは今回はこの辺で失礼します。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

2020年2月15日 ねこじゃ じぇねこ


mixiチェック

昨日お知らせした通り、過去の記事を不定期で改稿することにしました。
その第一弾として、さっそく『少女革命ウテナ』にまつわる二つの記事を改稿してまいりました。

一つ目は作品自体を紹介していたこちらの記事です。



自分が何故ハマったのか、好きなポイントは何だったのかを出来る限り詳しく語ってみました。
この一つだけでウテナの全てを語りつくせているとは思えないのですが、とりあえずウテナがどんな作品であり、どんな魅力があるのかを知る機会になればと願っています。

また記事内でもお知らせしていますが、改稿にあたりオススメ度を☆☆から☆☆☆にしました。

二つ目は主人公である天上ウテナの魅力を語っていたキャラ語り記事です。



作品のなかで最も好きだったのが主人公であるウテナだったのですが、どうして好きだったのかをより詳しく分析してみました。
要するに自分語りでもあるのですが、ウテナが同じく好きだという人に共感していただけたら嬉しいです。

これ以降に改稿していく記事も、今回紹介したこの二つの記事が雛型となります。
けれど、読みやすさや面白さをさらに追及していけたらと思っていますので、気軽に楽しんでいただければ幸いです。

それでは、今回はこの辺で。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

2020年2月12日 ねこじゃ じぇねこ


mixiチェック

いつも遊びに来ていただきありがとうございます。
突然ですが、サイトを少しだけいじってみました。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今回お知らせするのは、今後の更新や予定についてです。
これまで金・土・日に必ず更新してまいりましたが、今後は日付を決定せずに記事が出来てから予約投稿する形に変更しようと思います。

そのため、曜日に関しては、固定ではなくなります。
予約投稿になるのは変わらないため、時間はこれまで通り午前11時を予定していますが、諸事情により前後する可能性があります。

また、過去の投稿につきまして、オススメ度を設定した作品の紹介記事につきまして近いうちに改稿を行おうと思っています。
いずれにしても素直な感想を中心に書いていきますが、記事によっては以前の記事とは大きく内容が異なる場合もあります。

なお、改稿が終わった記事については日付を明記しておきますので参考になさってください。
どの作品記事をいつ改稿するかについては未定ですが、改稿した際はお知らせいたします。
mixiチェック

↑このページのトップヘ