ガラルの人々のドラマを描いたショートストーリー『薄明の翼』の第2話は、第1話のテレビ中継の向こうでダンデに敗れたサイトウちゃんが主役でした。
第1話からもう一か月以上経ったのですね。早いなあ……。



第1話でもいい味を出していたアーマーガアタクシーでワイルドエリアに降り立ったサイトウちゃんが、敗北の悔しさや焦りから無理な修行に身を投じてしまう姿が描かれています。
テレビ中継で活躍していたカイリキーと、ゴーリキー、ワンリキーの三匹と一緒に、ポケモン並みの修行を自分にも課して強くなろうとしているのですが、焦りで冷静さを失っていて、ポケモンたちにも心配されてしまう有様。

けれど、このサイトウちゃんの姿は、何かしらにのめり込んで挫折した経験がある人ならば、きっと共感できるものがあるのではないでしょうか。
そういう時に焦れば焦るほど空回りしちゃって、思うように伸びないんですよね。

前へ進むには、ただただ我武者羅に走っているだけではいけない。
時には休息して、冷静になる時間も必要なんだという基本が描かれていて、サイトウちゃん自身がそれに気づいて吹っ切れるまでが短い時間の中に丁寧に描かれていました。

それにしても、カイリキーたちも可愛かった&イケメンでしたね。
サイトウちゃんに保存食を差し出そうとするワンリキーの優しさにもキュンと来ました。やっぱりポケモンはポケモンのキュートさあってのコンテンツなんだなって思いました。
最後に晴れやかなワイルドエリアに出てくるシーンもすごく良かった。サイトウちゃんの吹っ切れた心を表しているような明るい景色だったね。

というわけで、今回もいい話だった『薄明の翼』ですが、ますます次回への期待が高まっちゃいますね。
YouTubeのポケモン公式チャンネルでいつでも見られるみたいなので、まだ見てなかったって人はぜひ観てみてほしいです。短いし。

前回の感想はこちらで書いています。


もちろん、ゲームもオススメです。

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

価格:11,000円
(2020/2/24 15:47時点)
感想(66件)



DLC配信もあるし、今年もポケモン方面で充実した年になりそうだって楽しみにしています。
名曲も揃っていたし、DLC配信が終わったらサントラも出ると良いな……。

では、今回はこの辺で。
次の話が公開されたときに、また感想を書こうと思っているのでよろしくお願いします。

2020年2月26日 ねこじゃ じぇねこ