本日は「Pokémon Day」
初代ポケモンこと『ポケットモンスター赤/緑』が発売された日です。
1996年のこの日にポケモンは登場しました。

ま、私が初めてポケモンに触れたのはそれからしばらく経ってからなんですけれどね。
「ポケモンボックス」というフィギュアを買ってもらい、小学館の学年誌で連載されていたピカチュウとかが登場していた子ども向けのギャグマンガを読み、アニメの放送が鹿児島でも始まり……と、じわじわ触れていったので、実際にゲームで遊んだのは翌年の初秋あたり。

しかし、二十年以上楽しませてもらっているコンテンツなので祝わないわけにはいかない。
そんな日です。
ということで、今回は「Pokémon Day」とこのブログではすっかりスルーしちゃった猫の日をかけて、初代から剣盾までの猫ポケモンたちについてガンガン語っていこうと思います!

🐈ペルシアン黄金期!「初代」の猫ポケ🐈

まずは初代の猫ポケモンについて語りましょう。
何が思い浮かぶかって言ったら、ポケモン好きなら誰だってニャース!って答えるのではないでしょうか。
その通り、初代はニャースとその進化形のペルシアンがいますね。生まれてこの方、猫大好き人間だった私も、ニャースとペルシアンが大好きでした。

しかし、私が最初に遊んだのは赤バージョン。
初代世代ならお分かりいただけるでしょう。赤にはニャースが出ないんです( ;∀;)
代わりに登場するのはマンキー。マンキー……。
ガーディ&ウインディは可愛いのですが、代わりにロコン&キュウコンも出ません。
なんか、どっちかというと、女子受けしそうなポケモンが出てこない印象。あ、ナゾノクサとかは可愛いと思いますけどね。

ともあれ、しばらくの間、私にとってニャース&ペルシアンは伝説のポケモンよりも憧れのポケモンでした。
通信ケーブルとか持ってなかったし!
ちなみにその直後に私が遊んだのはピカチュウバージョン。
初代世代なら(以下略)

結局は金銀発売前に緑や青も手に入れて、ニャースペルシアンを思う存分愛でることが出来たのですが、小学生にとっての一分一秒は本当に長いので、やっとこの日が……って感じでした。

ちなみに初代でのペルシアンの強さについても触れておきましょう。

「ポケモンスタジアム」というソフトがあったのですが、初代は選ばれし40匹しか参戦できず、その中にペルシアンはいませんでした。
とはいえ、このソフトで遊んでいた頃は私にとってのニャースペルシアンが伝説のポケモン扱いだったので問題なかったです。ウインディとかプテラ、ブイズでいってたんだったかな。あと、波乗りピカチュウも何度も挑戦しました。駄目だったんだけどね。

その後、「ポケモンスタジアム2」になってからは151匹すべてが参戦できたのですが、この頃には緑や青があったので、思う存分ペルシアンを使えました。

初代で猛威を振るっていたのは誰かといえば、ケンタロス
これは、ポケモン対戦の歴史に興味がある人ならよく知っていると思います。ケンタロスの破壊光線で全てが吹っ飛ぶと言われるくらい強かったんです。
第4世代になるまでは物理と特殊がタイプ依存でしたし、初代は破壊光線で倒せば反動なし。しかも、急所率が素早さ依存でしたからね。

けれど、ケンタロスは手に入りにくいというデメリットもありました。
青バージョンならCOMと交換できるので、当時の強い人たちも「ぎゅうた」という名前のケンタロスばかりいた印象ですね。
とはいえ、誰もが青バージョンを持っているわけではない。

そんなケンタロスの代わりとして活躍していたのが、ペルシアンでした。
ペルシアンは素早さが高く、急所率がとんでもないことになっていた「きりさく」をタイプ一致で使えます。
破壊光線よりは弱くとも、ゴーストタイプや岩タイプ以外はさくさく切り裂けるというのは非常に強かった。そもそも、ゴーストや岩ってそんなにいないからね。ゲンガーも通信ケーブルの関係で幻のポケモンだった人が多かったりするし。

そんなわけで、初代はペルシアン黄金期でもありました。
強さとは関係ないけど、「ポケモンスタジアム」のペルシアンの美声とニャースの猫そのものな鳴き声が大好きでした。可愛い。

🐈後のパートナーとの出会い!「第2世代」の猫ポケ🐈

金銀が発売され、ポケモンの数は251匹に。
第二世代では道具を持たせられるようになったり、鋼や悪という新タイプの追加や卵システムが登場し、これまでレアだったイーブイ系を増やせるようになったり、卵技が追加されるなど、ますます奥が深くなりました。

そんな金銀で登場した猫ポケが、ニューラ
女怪盗みたいな印象の見た目にメロメロになったのを今でも覚えています。

けれど、当時は弱かった。
何故なら、悪タイプも氷タイプも特殊扱い。けれど、ニューラの種族値は物理寄りだったのです。
どうあがいても強くはない。受難の時期でもありました。

ちなみに、三犬と呼ばれるスイクン・エンテイ・ライコウ
この三頭も、よくよくモチーフに注目してみれば、豹・獅子・虎といずれもネコ科なんですよね。
三犬で通じるわけだけれど、猫なんだよなあって思っちゃいます。

それともう一つ、第2世代で追加されたブイズの進化形、エーフィ&ブラッキー
エーフィはみるからに猫なんですが、ブラッキーはウサギ??いや、なんだこれって感じですよね。
けれど、ネットの何処かで月と密接なイメージのあるウサギやネコを混ぜた感じの見た目って紹介されていて、なるほどなーってなりました。
ブラッキーの目って、たしかに猫なんですよねえ。この二体も猫ポケでいっかあ。

ともあれ、ブイズは犬と猫とウサギといった人間に愛されるコンパニオンアニマルをいろいろと混ぜた感じをイメージしているのかもですね。
だから、ウサギみたいな時と、犬のような時と、猫のような時があるんだろうなって。

そうそう、それとハネッコもよくみると猫なんですね。
当時持っていたフィギュアをぐるりと回して気づきました。可愛い。進化したら変わっちゃうんですけれどね。

ま、それはいいとして。猫ポケですよ。
ニャース&ペルシアンの強さは、金銀でもそこそこ健在でした。ただし、急所率の仕様が変わっちゃったので、初代ほどのチートぶりは発揮できなかったんだったかな。

🐈愛すべきペット!「第三世代」の猫ポケ🐈

ルビーサファイア発売の頃は中学生でした。
そろそろ卒業しようかとも思っていたのですが、舞台であるホウエン地方が九州モデルだと知って、卒業の考えも吹っ飛びました。地元じゃーん。
性格や特性が追加されたり、努力値のシステムが変わったりして、ますます対戦が奥深く。

そんなわけで、ルビサファですが、始める前からエネコに一目ぼれしていました。もう、何処で出るのかばかり注目して、出会ったときは歓喜&歓喜。

でも思っていた以上に弱かったですね、エネコ&エネコロロ
「ポケモンコロシアム」のストーリーモードでは、エネコロロのダークポケモンを最初のボス級トレーナーが使ったりもするのですが、やっぱり微妙。

何が足りないってもう何もかもだよ!!
最近になって種族値がちょっとあがったけれど、全然足りないよ!!

そんなわけで、エネコロロが自力でスキルスワップできる日を夢見ています。

あとは、ネコイタチポケモンのザングースとかかな。
でも、この子、マングースだし。ネコっぽさはないですね。

ところで「ポケモンコロシアム」ではニューラのダークポケモンも登場しました。
このニューラを移動させていってリボンコンプとか目指すことも可能なんですが、あまりにも果てしないので諦めています。
それはともかく、金銀⇒ルビサファでは絶望の互換切りもあったので、ニューラとは感動の再会でもありました。あと、「ポケコロ」の相棒はエーフィ&ブラッキー。さらに登場する準伝もスイクンたちだったので、猫まみれ感があってよかったですね。

エネコの話に戻しましょう。
強さのほどは本当に微妙というか弱いのですが、デザインが好きなので、強さとは関係なくいろんな機会にペット感覚で育てていました。
なので、ポケダンでエネコが主人公枠にいたときはすっごく嬉しかったです。しかも、ここでのエネコは超強いんですよね。何が強いって、おうふくビンタが強い。

🐈念願の進化!「第4世代」の猫ポケ🐈

GBA世代もなんだかんだで遊びまくっていましたが、時代はDSへ。
ポケモンも10周年となり、究極のポケモンことダイパが登場しました。
この世代は本当にうれしかった。
まず、タイプ依存だった物理と特殊が技ごとになったこと。これで救われたポケモンはかなり多かったです。ニューラもそのひとりでした。しかも、ニューラは念願の進化まで果たし、微妙だった立場からドラゴンキラーの称号を得るまでに……。

「バトルレボリューション」というWiiのソフトも登場したことで、ネット対戦環境も整い、私も育てたマニューラと一緒に何度か対戦したものでした。
そういえば、エネコ6体って人もいたな。猫好きとして尊敬します。

ちなみに、ダイパで登場した新ネコポケは、ニャルマーとブニャットというのもいました。
ニャルマーの時は本当に可愛いのに、ブニャットになっちゃうのよね。ブニャットはブニャットで可愛いという人もいるだろうけれども。
あと、コリンク系もネコ科といえばネコ科ですね。ジャングル大帝っぽくて好き。

🐈新アイドル登場!「第5世代」の猫ポケ🐈

DS時代の後期はブラックホワイト&ブラック2ホワイト2でしたね。
この世代には夢特性と呼ばれる隠れ特性が追加されましたっけ。ドリームワールドに浸って夢ポケモン狩り……うーん、悪夢でした。いまでは良い思い出だけど。

ブラックホワイトは殿堂入りまで過去ポケが一切出ないという思い切りの良さのため、マニューラともしばしのお別れでした。
でも、クリア後のエリアであっさり登場して嬉しかったけれどね。
動くドット絵は本当に究極って感じで、すごく好きだったな。

ちなみにここで登場した新しい猫ポケは、チョロネコとレパルダスです。
序盤で登場することもあって、クリアまで一緒にいたなあ。チョロネコが特に可愛いのよね。泥棒猫というかイタズラ猫というか……あ、そういえば、「いたずらごころ」による害悪戦法も問題になっていましたよね。懐かしいなあ……。

レパルダスも可愛いのですが、やっぱりチョロネコ派でした。
「いたずらごころ」だと進化前でもそれなりに動けるのが強い。
でも、映画でチョロネコが立って歩いているのを見た時は、お前立てるのか……ってなりました。次の世代からは何事もなかったかのように二足で立っているのを見てちょっと面白かったな。

🐈強い猫が登場!「第6世代」の猫ポケ🐈

時代は3DSへ。メガシンカが追加されましたが、猫ポケでメガ進化するのっていたっけ。思い出せませんね。
ちなみに新しい猫ポケは、ニャスパー系でした。進化形のニャオニクスは♂と♀で姿が違い、技や特性も結構違うのですが、ニドラン♂♀とは違って同時選出できないのが残念でしたね。どうにかできませんかねえ。

ちなみに対戦面で強かったのはニャオニクスの♂でした。
理由はやっぱり「いたずらごころ」ですね。先制壁貼りが強力で、ダブルでもシングルでも活躍できました。剣盾でも夢特性が解禁されているので、さっそく育ててみようかな。
♀の方はアタッカー寄りなんですが、うまく使えないのですよね。デザインは圧倒的に♀の方が好きなんですけれどね。オシャレさんだし。

さて、XYのあとはルビサファのリメイクであるORASの登場。
めちゃくちゃ期待したのですが、エネコ&エネコロロにメガシンカはなし( ;∀;)
マニューラもメガシンカしてほしいんだけどなあ。ダイパリメイクでメガシンカ復活しないかなあ。それかキョダイマックスでもいいよ!!

ちなみにORASは「猫の手」がめちゃくちゃ可愛かったです。

🐈ついに御三家に!「第7世代」の猫ポケ🐈

3DSの後期はアローラ!
Z技が追加された世代ですが、なんと、御三家に猫ポケモンが登場しました。ニャビーです。最終的にはトラになっちゃうのですが、猫なので問題なし!
ゴツくなることが分かっていましたが、一発目で♀だったので女子プロ選手の名前を付けたんだったような気がする。

ガオガエンはただでさえ強かったのですが、夢特性の「いかく」でもっと強力に。
ニャヒートの状態だと猫らしさがかなり残っているので、なおいいですよね。きせきニャヒート好きでした。剣盾でも解禁されているし、3シーズンでは使ってみようかな。

そうそう、あとソルガレオもライオンなので猫。
どっちかというとルナアーラが好きなんですが、後ろ姿がたまんないです。

ちなみにマニューラの強さも健在。
ランドロスやガブリアスがいることもあって、A特化&命の珠&「こおりのつぶて」が強力でしたね。
ガオガエンとマニューラで、悪タイプPTにますます興味を持ち始めたのもこの頃。いや、まあ、悪タイプ縛り自体はブラックホワイトでもやっていたんですけれども。

そうそう、この世代ではリージョンフォームも追加されましたっけ。
アローラニャースは可愛いけれど、アローラペルシアンはかなり独特なんですよね。好きな人は好きって感じの見た目。あれ、この感じ、ニャルマー系と一緒だなw
でも、普通に強いので、この際だし育ててみようかな。悪タイプだし。

🐈ペルシアンと共に!「ピカブイ」の猫ポケ🐈

第7世代と第8世代の間に登場したピカブイ。
いつものポケモンというよりも、相棒と一緒に旅をしながらコレクトしていく昆虫採集&愛でる方面に特化したソフトでした。
相棒のピカブイが可愛いのはもちろんなのですが、それとは別に一体だけ連れ歩きできることがたまんなかったです。HGSSでの連れ歩きを思い出しますね。また復活するといいなあ。

でも、昔の連れ歩きと違っておお!ってなったのは、ポケモンに騎乗すること。
ペルシアンに乗って移動できると分かったときは感動がすごかったです。色違いも粘ったなあ。ちなみにこのときに捕まえたニャースの色違い(今はペルシアン)は、剣盾に連れてきちゃいました。

🐈鋼の精神!「第8世代」の猫ポケ🐈

とうとうswitch時代へ。
イギリスがモデルであるガラル地方では、ところどころにイギリスっぽさがありました。イシヘンジンとか。その中の一つがニャイキング。
一瞬、猫の王様?って思っちゃったのですが、これヴァイキングですね。ペルシアンどこーってなったのですが、見慣れてくると普通に可愛い。
ニャイキングは大会のために育ててみたのですが、「かたいツメ」も「はがねのせいしん」もなかなか強くて頼もしかったな。

そしてそして、ニャースはお金稼ぎで大活躍!
早期購入特典でしたが、キョダイマックスニャースののび~る感じがたまらにゃい。しかも、犬山イヌコさんの声なのがいいですよね。
ピカチュウ&イーブイが喋ることだし、特別なニャースも喋ったらいいのになーなんて思いながらキョダイマックさせてみたら……w
今でもお金稼ぎの相棒です。可愛いなあ……。

ちなみに対戦方面の相棒であるマニューラはちょっと微妙な状況。
活躍のさせ方を模索中です。ガブもランドもいないことが逆風になっていますね。タイプ有利なはずのドラパルトも返り討ちにされることもしばしば……。

エネコ&エネコロロはHOMEに封印中ですが、ポケダンのリメイク登場で主人公ポケとして復活。
急に存在感が増していてちょっと嬉しい。
解禁された時は何かしらの強化があるといいなあ。

🐈猫ポケを愛でよ!🐈

そんなわけで、初代から剣盾までの猫ポケモンたちを振り返ってきました。
ニャースに始まりニャースに終わっている感じですね。もちろん、ニャースだけじゃなくて相棒ポジションのマニューラとも長い間一緒にいるわけです……。
そう思うと感慨深いものがあるなあ。

最近はめっきり育てていない子もいたりするので、機会があるときにそれぞれ育てていこうかなと思っています。
あと、ここで取り上げそびれた猫ポケがいるかもしれませんが、気づいた時に追記しておきます。

それでは今回はこの辺で。次の記事でお会いしましょう!

2020年2月27日 ねこじゃ じぇねこ