ガラルの人々のドラマが描かれたショートストーリー『薄明の翼』、その第3話の主役はホップ君とウールーでした。
サイトウちゃんのお話公開からもう一か月経つとは早いですね……。



今回のお話は、第1話の時のようにゲームストーリーを思い出しながら視聴するとかなり心に来る、兄ダンデに憧れるホップ君とウールーの物語でした。
リザードンに対してコンプレックスを抱いたウールーが家出をして、ホップ君がそれを一生懸命探すというお話でした。

ポケモンってどうしてもバトル向きの子とそうでない子がいて、上を目指すとなると好きなポケモンにこだわることが出来ないってこともあるんですよね。
それでも、一匹の相棒をどうにか活躍させている人も多いですが、どうあがいてもガチ対戦では活躍させてあげられないっていう場合も多々あります。

強くなりたいか、好きなポケモンを使いたいか、多くの人がこの葛藤に直面することがあるように感じます。
ホップ君はそんな人々の経験が投影されているようなキャラクターでした。ストーリーの中でも挫折し、空回りし、思い悩みながらウールーを外し、けれど最終的にはバイウールーを手持ちに戻してくれた時の喜びったらなかった。
そのゲームでの思い出をさらに味わい深いものにしてくれたのが、このアニメだったと思います。

それと、タイトルでも言いましたが、現実で動物と暮らしている人の心にも突き刺さりそうな内容でしたね。
というか、特定の動物と絆を結んだ人に刺さりそう。
ホップ君がウールーを探し回っている姿がめちゃくちゃ辛かったな。傷ついているウールーの姿もだったけれど。そして、再会を喜ぶ二人の姿は、アニメ観ながら隣で眠っている猫を抱きしめたくなるほど、うるうる来ました。

ウールーだけに……。
……。

それはいいとして!
ウールーめちゃくちゃ可愛かったですね。羊っぽい鳴き声なんですが、リザードンの真似をするところが最高でした。なんて可愛い生き物なんだ。
アニポケもそうですが、ポケモンの可愛さが際立っている作品ってやっぱいいですよね。
その上で、1話から3話まで短い時間で心に沁み渡るようなストーリーを楽しませてもらっています。いやほんと、期待していた以上だ。次回もめちゃくちゃ楽しみです。

前回、前々回の感想はこちら



ゲームもオススメです。

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

価格:11,000円
(2020/3/18 04:16時点)
感想(69件)



最近はポケダンDXも楽しんでいます。あちらはあちらで色々と心に沁みる内容ですよね。
キャンプ地はリメイク前に今のキャンプ地画面をメニュー画面として追加するっていうのがよかったなぁなどの不満はありましたが、それ以外は大満足でした。
闇と時、空もこんな感じでリメイクして欲しいなあ。

というわけで、今回はこの辺で。また次の記事でお会いしましょう。

2020年3月18日 ねこじゃじぇねこ