apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

スカルピこねて、、ベースを作ろう?。


 今日も通院、リハビリだ。 
前回のリハビリより装具(スプリント)から解放され、新たなメニウも追加された。
大型の洋式トイレみたいな水槽で42度のバブル攻撃受けながらひたすらグーパーの15分。
その後はいつものストレッチマッサージね。 
ほんの少しづつなんだけど小指の可動範囲が広がっているこのごろ。 今日は手首の回転も試された。

でもね、腕筋肉の減少がヤバいんだ。 左の二の腕の筋肉が溶けてしまったようなアリサマ。 腕を振ると残った皮膚と皮下脂肪がタプタプゆれる。 
「握力10kgあるでしょうか、、?」とリハビリ師に尋ねると・ 「10kgもありませんよ♪」。




2
アガチス飾り台(15)を購入。 ベースにしたよ。
アクアな流木を立ててみたればイイ感じ?。 ←流木は洗浄して乾燥させたよ。



3
流木は下成りが直角水平だったのでイージーボンド留めしたんだけど、後々の補強を踏まえビス穴をホガしておいた。
1mmのドリルでアタリを付けて10mmの木工錐にてビス皿のアサリを取る。 その後3.5mmのドリルで貫通。 L=45mmの木ビス、コーススレッドで固定する用意ね。


4
じぬんのファンデーション。
今回は我らがダイソーの石粉ねんどでやってみたよ。 久しぶりに購入したる石粉ねんど、めっちゃ量目減ってるぞ!、このサイレントな値上げはユルセナイ!。


5
アクアな流木ゆえ基本カピカピ。
これを情景としての大木を表現する場合、あまりにもカピカピなんだよね、、。


6
で、ちょこっとクリア吹いてみた。

これをどのような「木」に仕上げるか、絶賛悩み中。
 まぁ基本は枯れ木なんだけどね。

スカルピこねて、、台風一過?。


 昨夜に過ぎ去った台風サン・テグジュベリふうに言えば颶風?。
横殴りの雨が酷くちょっと不安な夜だったけれど、日付が改まったコロには穏やかになり月も出た。
今朝は涼しい風が吹き初秋のよう。 しかし日差しはキビシー。


私はスポーツ苦手(体育2)なんだけど、オリンピックはそこそこ観てたよ。閉会式のTOKYOプロモーション、面白かったね。 
ゲームやアニメキャラとコラボするってのはちょっとヤボったいんだけど、従来定番だった「歴史と伝統」「民族やらなんたら」だけのプロモに混ぜればアイキャッチと効果はバツグンなのかもしれない。
あのプロモ観て、あのアニメ、このアニメはニッポン製だったの?!と認識するヒトも億人単位でいるかもしれないし、ニッポンってブラジルの裏側にあったのか!! と驚くヒトもいっぱいいたでしょうね。
ただ、あのプロモで私個人が気になったのはアーチェリーやフェンシングを異様に押していた事。 
その2種目を強化し誇るクニがどこぞにあるらしいが、、、なんか気持ち悪かった。
でもね、逆に受け止めれば「マイナー競技にもリキ入れてるからな」って意思表示なのかもしれない。 自転車もあったし。
ともあれ フジヤマ ゲイシャ テンプラ スキヤキ ハラキリ、定番イメージを払拭したのはマチガイナイ。
  半面ネットやyou tubeまんまのイメージかもしれないが、、。



左のお手手は親指と人差し指での保持のみ。 握力が無いのと手首の捻りに制限があるのが辛く制作意欲も低下、一回の作業は5分以下なありさま。
と 云うか 気分がノらない鬱状態
98
おのこの下半身、脚を削る。  結局の削り出しだね。 ゆっくりやるべえ。
今回のおのこ、8等身に近いスリム体形なので従来の「寸詰まりキャラ」とは勝手が違う。
いちばん近いのが過去作のサガ君なんだけど、彼は たっぷりゴハンでしっかり鍛錬の軍人型?で、狩って喰って狩って鍛えたみたいなのが今回のおのこ。 なのか?。
正直ムズカシイ。


99
現時点でのヘッド。 
うん、私はニンゲン作らないから。


97
先日ムスメが贔屓にしてるハンドメイドコスメショップに行ってきた。
お試しフリーゾーンにあった極細筆、メッチャ良さげなので頂いてきたぞ。 まだテストしてないけど使い捨てでこの細さはイイかもしれない。


100
アイディア商品(?)鼻毛カッター。 さっぱし切れない使えねぇー。


ここんところ精神的にも肉体的にも金銭的にも完全に余裕がねぇー。 全てにおいて火の車。
ずっとカチカチ ぼーぼー聞こえてるんだが、、、、、、
1




スカルピこねて、、どうするか、、。


 明け方に雨降りだったせいで蒸し暑さに拍車がかかる。

昨日より下半身の強化を図るべく両の脚にウエィト付けてトレーニングしたのだが、、腰に来た。 



新たなる情景を作ろうと購入した素材。
90
これはアクアリウム用の流木ね。 ペトショプ等の専門店で購入出来る。
前作の「カヘル」では根っこを近所の公園からほっくり返してきたのだが、良い表情の素材はそうそう簡単には手に入らない。 流木だと海岸や大きなダム湖に行けば手に入るかもしれないけれど時間と手間がタイヘンだ。


89
脳内イメージに合致しそうなブツを購入。 これで1000エン。 
高価かもしれないけれどお店で選べてお手軽購入。 水槽の大きさに合わせて用意されてるのでサイズもお手頃。 同様にアクア用の石(岩)もあるしムシムシ用や小鳥&小動物の木々もあってペトショプはだいじなのだ。


92
フィギュアを作るべくスカルピる んだけど、芯材を模索する。
今までは発泡スチロールかバルサを芯材として使用してたんだけど、今回はコルクを使ってみるよ。 百均の鍋敷きのコルク、お手軽だね。


93
良いのか?これで、、。 モンダイは吸水による膨張と熱による崩壊なんだけど、、。



94
うん、少々膨張による亀裂が入ったけれど軽微な損傷。
従来は削り出しによる造形だったのだが、今回は盛り付けでやってみようと、、、、、

削り出しと盛り付けの差。

似たようなものだけど私はチガウとおもう。
盛り付けの良さはコテの表情を活かせるのが最大のウリで、次に材料を節約出来ること  だろうか?。
一方の削り出しの利点とはなんなのか  なんだろうねぇ、、
でも私は削り出しが好きなのでそればかりやってたのね。
それがナゼに盛り付けするのか?
それは左手。
削り出しの作業を例えるなら「餅つき」だとオモウ。 右手は杵でペッタンペッタンの役で左手は杵の合間でお餅をひっくり返す役割。 もしくは野球のキャッチャーか?。 右手(利き手)はカッターの角度とストロークを管理し、左手はワークを保持し回転させながら阿吽の呼吸で次なる切削面を提示する。 
うそだと思ったらまな板の上にリンゴ置いて(リンゴがしっかり固定されてるとする)サ、片手で皮むきしてごらんよ。

ってな理由での盛り付け。
うーん。 どうもイケネェ。


95
複数回の焼成、茹ででの造作。 硬化した芯材スパルピへの多層盛り付け。 だんだん泥沼になってくる。


91
アタマ。 モチロンどーぶつヘッド。
ここは盛り付けによる表現をあきらめ、目下削り出し中。 削り出し良いわぁー   なれど絶賛凹みちう。


96
うううううう。
盛り付けを諦めて削り出しに移行したいんだけど、、。 もう ムリ?。
過去作 股間のモッコリ具合を恐れて平坦すぎた「サガ・サガミハラ」筋肉の表現にまけないように思いっきりもこもこにしてみようぞ♪。

今回ね、美術書の人体解剖図見ながら肉体表現しようとしてるんだけど、なんかダメだねぇ。 胸筋や肩甲骨なんかの表現が平べったくなっちゃうのね。 2Dの図版では3Dのイメージは掴みづらい。 それだったら自分の脳内にある3Dイメージの方が良いじゃん。  って。

うん、ボチボチ作ってみるからね、ゆっくり凹みながら、、。

 

ねずみ! 完成。


 台風の接近による雨天を期待したのだが、、暑い。
早朝のミンミンゼミも鳴き方をわすれたのかミーーーーーーーーーーーーーーーーと芝刈り機のよう。

今日は小指と付近の手の平が猛烈にカユイ!。 ゴシゴシすればエクスタシー♪。




86
ねずみ 完成。 この程度でユルシテやるから消えて失せろ。 w   
                                                                   
82
ねずみの冒険者? 宝石をみつけた! の図。


83
ミギカラミル。
クロスボウと巾着。 クロスボウはテコによるコッカー付きの高級品みたいだね。 背負った矢入れも特注品とみたゾ。 ただしこのキンチャク、旅に必要なモロモロが詰まってるんだろうけれど、膨らみ具合からしてたいした物はないであろう。 こいつパンツ履いてないし、、イイとこ硬いチーズや干し肉程度?。

88
クロスボウ。 良く手入れされてるぞ。



84
ヒダリ。 
腰にハンドアクス。 正面からは見えない位置に忍ばせてるね。
至近戦での必殺武器、見せびらかして威嚇するのはチンピラの手業。 このねずみ、、手練だぞ。 ご注意めされよ。


 
85
ウシロ。
シッポが胴体色になってない、普通のねずみならシッポは無毛でハダイロピンクなハズ。
こやつ何者?。


87
この情景は洞窟内部を想定。
お外ならなんであれ緑があるはず。 でも砂と岩だけ。
本来ならば背景の「岩」と天井を表現すべきなのだろうけれど、、片手ではキビシー案件&めんどっちー。
なのでヒントとして置いてみたのがこの燭台。 ねずみ君はこのローソクの明かりをたよりにここまで来た・の設定。 


81
ハイ、ローソク光る。
1.5vの極小フィラメントだけどしっかり灯るし電球ならではの暖かい光。


80
ついでに宝石も光る。
3vのLEDを調光して輝度を下げてみた。
これはヒゲを植える前に撮った画像、ヒゲがあったらどんな様子になるのか未知数。

そういえば どーぶつにヒゲ植えるのは初めてだナ。


次はナニつくろうか、、私はウケを狙わないガラパゴス的なモケイがポリシー(?) 作りたいモノ、突如アタマに浮かんだイメージを追い求める。 時折り資料を山積みにして宇宙機なぞにトライしてるけれど基本はワガママな「漫画的表現」なんだとオモウ。

うん、次はナニ作ろう。
イメージはそれなりにある、、。



ねずみ! ちまちまと イロイロ。


 うん、夏らしいことはさっぱりしてないぞ。 ただ暑いだけ。
一日おきの病院通い、リハビリでのカルテに記されたタイムラインのみが日々と時間をおしえてくれる。 気が付けば田んぼの稲穂がふくよかになり夜の虫虫、鳴き声がにぎやかになったところか、、。
なんとも虚しい夏である。




76
ねずみ君の矢入れ、まっことテキトーなデザインね。
矢とは云ってもねずみ君のはボウガンだからして矢は短いハズ、ほんでもって命中精度の良さからして厳選された矢をそこそこ所持ではなかろうか、と。
さいしょは「筒型の矢入れ」にするつもりだったんだけど、なんだかんだでこうなった。


77
これで良いのか?。
たった8本?。 一撃必中なのだ。
この扇形の矢入れ、収納位置によって異なる矢尻の形状や重さを配置、選べるのかもしれない。
このねずみヤロー  侮るべからず!。 


78
矢入れを加え、残る表現はスカーフのリボン(結び目)のみ。   のハズ。
鉛を伸ばしてサフを吹いたよ。 サフはホルツの板金用白。
ホルツの板金用は密着性が低いので鉛のような柔らかいワークには不向きなんだけど、プラ用よりは安心だ。


80
左のお手手ASSY。
小指の不自由(引き攣り 癒着 etc)に加え移植用に摘出された腱の欠損による握力低下。 それに加わる長期に渡る下腕の固定による運動不足。 いやぁ細くなっちゃったよ  の ヒダリ腕♪。 これヤバイ。 
手首に負荷が掛からないようにウエイトトレーニングを始めてみた。 たかだか1kgの負荷なれど結構コタエル。 主治医の許可もらってないので短時間のテストみたいにしてるんだけどね、、。


79
ニョーボの実家の実家よりいただいたゴチソー!「鯉だコイ」 鯉の甘露煮。 田舎の老舗の逸品。
鯉は美味しいんだよ モリアーティー教授も言ってるだろ「公園の鯉でもタンパク質は蛋白質だ!」と、、、。


日々雑多な事。 ドールハウスとか、、、。


 昨日今日と暑いのね。
ドカっと夕立が欲しい毎日。



左手が使えない事で日々の生活に難渋し、模型なぞもってのホカ。

調理は「切る 洗う」等両手必須な作業をムスメに委託(助手)して、それなりに出来るのが判った。
でも正直刃物に対しては軽度なトラウマになっちゃったみたいで、自分より未熟なるムスメの包丁さばきには不安がいっぱい。 まことに刃物はおっかない。

ここはもともと模型のブログ故、ネタも枯渇し更新もままならない。
まぁ、最低週に一度のウメグサログでごかんべんを、、、。



先日病院にてお手手のゴムバンドを除去、解放された。
爪に接着されたフックも外されたんだけど小指のボタン部、剥離は困難だと言う。 小指の爪と骨を貫通して、腱(深屈筋腱)を留めたるステンワイア、その先端のネジネジが接着剤(瞬間接着剤)と深く合わさって一筋縄ではダメなそうな。 
たしかに0.1mm程度のワイアがねじねじになってて、多量の接着剤でガチガチになってた。 フックをそのままにしててもイイけどあちこち引っかかってお手手がヤバイしチクチク痛い。
71
おうちへ持ち帰ってこの通り。 モデラーなめんな!w。


72
ねじねじ部分が怖いので(引っかかる)丸く纏めた後カバーする。
ボタンのメタルテイストを維持すべくハセのミラーフィニッシュにてオーバーレイ♪。
ラノベやアニメなら、このボタンからケモノを召喚したりマホーな光線出せるのだろう・とホクホク?。←オロカモノ!




69
先の日曜日、蚤の市で入手したちりめんの火鉢。
ガシガシな網目と中途半端なお餅がラブリーだ。 いっこ100エン。


70
なんか物足りないので火箸を追加。 ただの虫ピンだけどほっこり感が増したぞ。


73
どこぞのダレかが和のドールハウスにチャレンジしてるらしいんだけど、和の場合「畳」の表現がムズカシイと云うかネックだよ。 百均でもドールズハウス専門店でも畳は用意してあるがスケールに合わないんだね。
これは手持ちの「ディアゴ、和風旅館を作る」の畳。 本物のイグサを素材にしてるけれどオーバースケールだ。 
ドールズハウスの発祥地は欧米なのでスケール基準は当然インチになるからして帆船 鉄道 ミニカー と同じようなスケールになるらしい。 1/6 1/12 1/24 1/48 1/76 1/144・・・
プラモデル等の黎明期にHOスケール、1/72 1/75 1/76 1/82 1/86が混在するのは鉄道模型の罪。 エゲレス国内だけでもいろんな幅の線路があったので同一ゲージの線路を走らせるには車両の尺度を変えるしかなかったからだと言う。 トミカのミニカーと似たような事情?。

うん、まぁ、そんなワケで西洋のドールズハウスのスケールは1/12が主流らしいんだけれど、この和風旅館は1/20みたいだね。 畳のタテヨコが45mmx90mmから換算した結果だけど。 


74
十年以上前の製品なんだけど、開封したらイグサのニオイがスバラシイ。 
この畳、本イグサらしいんだけど目の幅が約5mm、おっきいよね。 やっぱスケールを重視してなおかつ質感を求めるならば独自の工夫が必要なのかもしれない。 ローラー作ってパテをゴロゴロとか、、。


75
手持ちの「クサ」があふれそうなので整理する。
紙創りからカトーのグラス、ウッドランド、ジョーフィックス、プリザやなにやら。
ばらばらに放っておいたヤカラをひとまとめにしたよ。


術後の経過はいまのところ良好。
小指の引き攣りと朝の固着、慢性的なしびれと痛みがあるけどタマネギの皮を剥ぐようにすこしずつ回復してる。 100%はムリだろうけど。
接合した腱の再断裂の危険ゾーン、3週間目を過ぎて安定期に入ったけれど油断は禁物。 もう後は無いからね。

日々雑多な事。 エロえんぴつ?。


 不安定な天気、午後からは雨。
隣県及び周囲の地域は豪雨と雷らしいが私の処は穏やかな雨。
高校総合文化祭広島大会に出場したムスメ、帰りの新幹線が心配である。



63
ムスメが留守の間お世話を任されたハムスタ。 暑さにダラケてこの有様。
四肢を突っ張って仰向けになってた時はおどろいた。 ダレでも死んでるとオモウだろうよ、、。
日中の室温を鑑みながらクーラー付けてやってるのだが、、、。




66
お手手がアレなんでお絵かきをしてみた・の第二弾。 ペン入れしてみたぞい。
これは彩色用なのでボールペンを使っている。 モノクロ漫画ならば使い捨てのマンガペン(万年筆タイプ)。 ボールペンの場合は入りと抜きの筆圧によるタッチが出せないので、線を重ねてうそんこタッチふうにしている。 ほんとう10数年ぶりのペン入れなんだけど、、デッサンおかしいねぇ。 ←下着姿のキャラなんて己がムスメにケモホモおやじと言われるワケじゃん!。



67
かつて愛用していたファーバーだったかスワンだったかの色鉛筆セット(36色)が行方不明になって10余年、新しく買ったよ。
溜まりに溜まった文具店のサービスカードを使ったのでオサイフ安心。 でもミツビシの色鉛筆ってどうなんだろうねぇ、、。 鉛筆は安心安定なんだけど。


68
うーん、重ね塗りのタッチが汚いカンジ。 イヤ私が下手っぴーになったのだろう。
   


66
行方不明になっていた刀剣登録書が出て来た。 戦死したじーさんの軍刀ふた振りなんだけど本来ならば銃刀に貼り付けておかないとイケナイ物。 よかったよかった。


64
おまけ。 これ何だかわかるかナ?。 
ムスメの部屋の床に落ちていた物なんだけど、一瞬????だったよ。 


退院後の雑多なおはなし。


 終日曇り(一時雨)なのに暑い。 朝からクーラーのインチキECOモード。


二日に一度の通院ノルマはヤッカイだけど、リハビリせにゃなんねー。

と、今日のシャワー時に気付いたんだけど、、手首に2本現れるハズの腱が親指側の1本しか無ェ!。
物心付いて以来馴染み親しんだ我が手首の造作にエラい違和感。 まるごと切り取って移植したのかい?!。
   こりゃ一本とられたぞィ♪   じゃねェーーーー!(#゚Д゚)/。
まぁ 無くても代用が効く腱なんだろうけれど、、かなしいぞ。



57
抜糸前のありさま、33針チクチクされた模様。
抜糸時は結び目を引っ張ってのチョキン。 直線部はなんともないんだけど三角形の頂点が痛かった。 特に小指第一関節の頂点は激痛であった。



58
片手で模型GO!。
あんましムリすると再再断裂の危険があるのでやわらかく、、慎重に。 
怪我して分かる左のお手手の重要性。 指の関節も各々左手の方が太いと気付いた今日この頃。 



61
切出しがね、辛いのサ、定規とワークの保持がままらなない。 定規がすべらないように両面テープで保持してみたぞ。



59
これはボウガンの矢入れのつもり。
私は西洋古武具には疎いから、勝手なイメージで作ってる。 まぁ矢入れなんて単純な円筒に突っ込めばそれらしくなるんだろうけどそれじゃつまらない。 単純円筒に装飾加えてゴージャスな表現も良いのだが如何せん我のオツムはプアぞなもし。

でもね、このねずみヤローが何を好んでナニを求めるのか考えてみるのが「漫画的模型」のオモシロさね。
丸い筒、四角い筒、エトセトラ。 ダンジョンRPGならば訪れた村の武器商人からいくばく(?)かのゴールドで手に入れる。 
これにしますか?

  YES

NO

  もどる


62
塗装前の下ごしらへ。
私の木部表現はマーカーが基礎になる。 あとはヒミツ。 たいした技じゃない。



60
キンチャクの加工。


左の小指、経過は良いよ。
腱の移植は良い判断だとオモウし重篤な癒着も無いようだし、親身なリハビリのおかげで順調だ。
あとは本人の努力しだいなのはぢゅうぢゅう承知なんだけど、努力で解決出来る問題じゃないのがこの現実。


けっ 前向きに受けて立とうじゃないかい!。

おたんこな 再入院!?。6  引越し?


 今日は曇天。



51
昨日の朝餉、塩鯖。
半身1/2でたっぷりなサバ。 塩気は少ないけれど、お醤油あるのでおいいしいぞ。



52
これはお昼のエビピラフ。 冷えてはいるものしっかりピラフしてる。 病院食のピラフとは、、、。



昨日の午後、突然の病室交換依頼。 術後の患者が個室を必要する故移動を願いたいと。
まさかの大部屋への駆逐か?と身構えたのだが個室だと言う。 移動に伴う書類を渡され明日の午前竜までに荷物をまとめよと。


53
予定が早まり朝食後に引越しした先がこれだ。
一泊10,800エンのお部屋。  広い、広すぎる、。


54
ワイドTV(無料)、クローゼット、応接チェア。 基本有料の冷蔵庫もタダ!。


55
キッチン。 ←ナニを調理せえ と、。
ふふふ、私がやんごとなきモノであることがバレてしまったようだ。
   くるしゅうない よきにはからへ♪。
 


56
ユニットバスもある。 ←お風呂使って良いのか?。

病院側の交換依頼なので使用料は以前の個室料金のまま。 うほほほほ
こんな棚ボタ、残り一生あるかないかの稀有体験。 良いのかこれは、、。
残念なのは今まで漏れていた野良wifiが使えなくなったということ。
まぁのこりあと数日の入院、我慢しなければ。

しかし一泊1マンエンの個室、どこぞのお偉いさん用なんだろうけれど1月だと30マンだぞ。
シャンペンでも買ってくるかナ。

おたんこな 再入院!?。5


 朝は雲量多かったが後に晴れ渡る。
風は甘くかおり気持ち良い。



Netはつながるが速度と容量貧しい。


46
やたらと腹が減り間食にいそしむ。 朝のお茶とセンベがおいしい。 身体の毒気(アルコール)が抜けきった様子。



48
午前5時のロビー、外科総合待合所の様子。
退院後はここに通わなければならないのだが、2時間待ちはアタリマヘ。 憂鬱になるぞ。


45
ここは病棟の中央歓談コーナー。
自販機とオーブントースター、電子レンジが設けてあるぞ。
まだ早朝で誰も居ないけれど連休中はお見舞いのひとでニギヤカになる。



42


43
昨日のオヒルと夕食。
ハンバーグはちっこいけれどしっかり洋食してたし、夕食のサンマ唐揚げはおろしソースがおいしかった。




44
手首の縫合痕。 10mm程度の穴を閉じた様子。
これが5cm間隔で3こ。 手のひらと小指の縫合は撮影不可ね。



49
日々ヒマとの戦い、寝てりゃ良いのだろうけど身体が鈍るしメタボが捗る。
入院生活にも慣れちゃったけれど、受身の生活は辛いものがあるね。 TV三昧・三食昼寝で「これが天国」と思う歳にはまだ早すぎるし、そうなったらニンゲン終了のサインだろうね。 



50
すぐ近くのコンビ二。 夜になるとサイネージがワレを招く。 ♪こっちのビールは冷ったいぞ♪
退院前夜あたり抜け出して買いに行こうかナ。



47
先の外科総合待合所の一角にある冷水サーバー。 待ちくたびれた人たちへのサービス?。
私は夜な夜な暗くなった頃にここへ妖怪のように出没する。 小型の保冷水筒へ詰めて持ち帰るのだ。 就眠前、夜中に起きた時、冷たい水はありがたい。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
ミニチュアドールハウス
私は強い!誰よりも! 予約開始
エンフィールドNo1 Mk掘
バレー部復活!
月着陸船のヒミツがココに!
しんかい6500
スケッチトラベル
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
岩表現にバッチリ!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ