apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

グンゼのHONDA CR110。


 朝から曇天で寒い、正午近くから雨。 日中の最高気温は14.8℃、最低気温13.7℃。






IMG_0010
グンゼ産業ハイテックシリーズHONDA CR110、製作を始める。
こやつはクラブマンレーサー仕様でジャンル的には好きでないがマシン的に面白そうなので手に入れた。





IMG_0011 (2)
プラインジェクション部品が12個に対し亜鉛合金部品が多い。
イチイチ確認して小袋から取り出すのはメンドなのでトレーに分けて目で見る管理とした。 
この亜鉛合金部品めら、元からなのか経年劣化なのかは不明だけど表面が荒れていて酷い。





IMG_0010 (2)
最初にメインのラダーフレームを半田付けする。
半田より融点の低い亜鉛合金なので今までやってなかった加工だけどテストを兼ねてTRYしてみた。
部品は歪みと表面の荒れが甚だしく、研いでも研いでもスが目立つ。 ある程度研いだ後板金用サフで目止めする。




IMG_0016
未だ細部に荒らさあるが、見えない部分なのでヨシとする。
濃い目の赤ラッカーの後に中程度の濃度のラッカーを吹いて整えた。





IMG_0015
エンヂン。
スが荒く磨いても磨いても滑らかにならない。




IMG_0014
この手のアルミや亜鉛合金の研ぎ出しへの研磨剤は厳禁。
灰化した様になり光沢が失われる。 だったらどうするのか?、オノレのアタマで考えよう。

 私がこの様なメタル工作が好きなのは、素材が持つ金属光沢を如何にして引き出すか?の魅力があるからだ。 プラの塗装も良いけれど、油まみれの中華や洋食では無い素材そのものの味を引き出す「模型的和食」なのかもしれない。 それぞれヒトの持つ好みは異なるから各人お好みでどうぞ。





IMG_0018
ああ、このタンクにあるラインは手前で好きにヤレと。




IMG_0017
マスキングベースをこさえてみたけどどうすべぇ、、。





IMG_0012
ここでグンゼハイテックに於ける鬼畜さの本領を紹介しよう。
これはバイクの保持スタンドなのだが図面の一コマで「テメーが作れ♪」と。 一応Φ1.0mmの鉄線が用意されてるけれど有り難さに泣けるねぇ。




IMG_0013
ハイ、作りましたよ。
オークションではハイテックシリーズがそこそこの入札合戦で賑やかだけど、それ本当に作れるのか?と問いたい。 転売もあるみたいだけど、単にストックして満足なのか?。 チャレンジするのか?。





789b98a0-s
田んぼの稲刈りが済んで肌寒い季節となった。
私の過去漫画ハージェストリッジもこの時期が舞台。 欝欝とした田んぼ道の中で生まれた世界。







雑多な事、サンマ?。


   終日快晴。 日中の最高気温は27.7℃ 最低気温は13.2℃。



 IMG_20221002_083248
朝一で蚤の市へ行くがナニもナシ、もう終わりだよこの業界。
常連のジジー達の姿も見えず、タヒんじゃったのか身動き出来無い様なのかは知らないが来なくなったのは事実。



 グンゼの陸王を終えて、お手手がさびしいのでホッタラケだったバルサキットをいぢってみた。

IMG_0050
過去にブコフで得たジャンクキット、200エン。
部品の欠品あるらしいのだがイザ確認すれば胴体部分の欠品甚だし。 でもヒマなので取り掛かってミタ。






IMG_0005
プラモデルとは異なり、ライトプレーンや帆船模型、鉄道模型には原寸図面が付いてくる。
これをトレス乃至コピーすれば部品複製のテンプレートとなる。♪





IMG_0001
バルサ材のコピーと切り出し。
過去に駅前模型店で入手し、ストックしてたバルサ材は柔らかくて木目に沿って割れやすい。 なのでホムセンより硬いバルサ材を得たんだけどバリ硬い!。





IMG_0002
勢いに乗ってぽんぽこ切り出したら、、、翌日に猛烈な腕の筋肉痛。w バルサナメてた、、。




IMG_0003
結局胴体部分は100%自作となりし候。





IMG_0006
図面と合わせながらの作業。





IMG_0004
で、ここまで作ったけれど、手間と苦労の割に大味でつまんない仕上がりがヤになった。
最初は模型用049エンジンでも載っけて雰囲気を楽しもうかと思ってたのだが適用エンジンはCOX02。 COX02なんてレアなエンジン持ってるワケ無ぇーだろ!のバカタレ(COX049やテスターの049は何個か持ってる)。

 こゆふな模型は中学あたりまでしか純粋に愉しめないのかも知れない、Uコンやラジコン等。 でもこの手のバルサキットは根強いファンが居る様子だけど、それらは高齢者が多く製作途中でお亡くなり、もしくは作業不能になってリサイクル店へ持ち込まれるのが多々見受けられるがこいつもそうなんだろうか、、。

 ざんねんだけどこの作業はキッパリここまでとする。 ワリに合わない加工は無駄である。 でもここまでバルサキットと本気で遊べた事は良かったとオモウよ。





IMG_0045
で、お次はナニか?と漁ってみたけれどロクなモノしか無ぇー。
グンゼのハイテック・メッサーシュミット?。 こんなのベースがクソなので却下!。 もう二度とハイテックには手を出さねー!。




IMG_0010
なのでコレ、君に決めた!。♪           ww




FeCduLrVQAUGQB9
ニョーボが河沿いの道の駅に行きたいと言うのでナビった。
河川敷で河の流れに癒されたのか暫し呆然としてたよ。 ここは私が過去に精神を病んで土手走った時に癒された処。 ニョーボも何かを感じたのであろう。
今、上京中のムスメが仕事の苦労で精神病みかけてるので、近い内に河の癒しを行う事で合意した。






FeCRk-pVQAAw62V
これはオヒルのどんどん焼き。♪




IMG_0011
早朝の週末市場で得たサンマ、一匹100エン。
細いけどサンマだ。 一年ぶり位で塩焼き喰ったよ。





陸王、完成。  古い航空写真!。


  終日雨降り。 日中の最高気温は22.9℃ 最低気温は20.3℃。




IMG_0034
燃料パイプの加工指示。
コイルスプリングにコードを挿入して使へ・なんだけど、入らない。 マイクロドリルのΦ指定は0.5mmなんだけれどこれも0.6mmじゃないと入らない。 一応コードは経年劣化で太くなったとしておこう。




IMG_0035
コードの替りに釣具の糸錘りで。




IMG_0039
ブレーキ、クラッチ、アクセル等と共にワイヤリギングを終えた様子。
マルチマテリアルならではの質感があるものの、プラでも充分だとオモウ。





IMG_0036
最終局面なるFブレーキassyの組立に入るがこの指示はナニだ?。
Φ0.8mmのスチールロッドへ0.5mmのコードと0.3mmのステン線をイモ付けセヨと??。←バカですか?あんぽんちんデスカ?。 これはキットの良し悪しより企画自体がおかしい案件で、これを「ハイテック」と冠されちゃおちんちんに毛が生えてないモデラーを泣き寝入りさせてたのか?。 これが雪山登山のガイドだったら全員遭難死レベル。





IMG_0038
私はおちんちんにお毛毛あるベテランだから対処したよ。
Φ1.2mm、内径0.8mmのアルミパイプにコードを入れて内径を1.0mmに拡張した後に1.0mmのスチル線をインサートした。





IMG_0040
シートを付けて完成。





IMG_0041
カタチにはなったけれどダメダメだよ。





IMG_0042
ハタ目では整っているかもしれないが、補修と修整、タッチアップでメタクソだ。





IMG_0043
今回はキットと説明書の不備が重なって目茶苦茶難儀したのだけど、自身の老化による老眼の悪化に加えテクと集中力の低下があるのだと思う。





IMG_0044
まぁそれでも見えないマナコで1.0mmの丸棒へ0.8mmのドリルを穿つ事出来たのは両のお手手のなせるワザ。♪

 今回はなんとか完成出来たけれど、もう模型のapuroは駄目かもしれないね。
 でも完成出来た事だけでも模型の神様に感謝します。








帰省したムスメがハムスタを連れてきたので久しぶりのハムいぢめ。♪
こやつ♂♀不明らしいがムスメの部屋がハム臭いので♂と想定。 本体は全く臭わないのだがオシッコが臭う。




Baidu IME_2022-9-24_14-6-23
ついったのフォロアさんから教えていただいた国土地理院?の全日本航空写真サイト。
これは昭和50年頃の航空写真なんだけど、私が5歳まで暮らした社宅が記録されてる。 過去の航空写真は過去に幾度と調べたんだけど、今回得たサイトはググルマップ並みで素晴らしい。 ひたすら眺めまくってる。





Baidu IME_2022-9-24_14-7-3
この赤い矢印は引越し先の家。
北の方に田畑が広がり最果ての地だったけれど、いつかはここにもデパート出来て繁華街になる・と田んぼ見ながら妄想してたよ。 でもその後に商業住宅地となって黄色の四角にはぢゃすこが出来た。w

 この時分の航空写真は国土開発の為に全国くまなく撮影したんだと思う。 画像から見て取れる道路や橋、河川の改修。 ググルマップと照らし合わせれば良くわかる。 如何に先人達が国土の発展を思い生活環境を重視して開発と改善に努めたのか。 弛まず続く国土の改善とインフラ整備、明日の社会への投資。 どこぞバカ政治家が移民を招いてるけれど、彼らは自身で自国の国土改善せずに先進国の築年整備されたインフラに只乗りしようとしてるんだけどそれで良いのか?。
このテの話は私のブログに合わないのでこの辺にすべぇ。


雑多な芋煮、 陸王。


 午前中は暑いほどの快晴だったが午後には曇って風が強まる。 日中の最高気温は32.1℃ 最低気温は20.2℃。 




IMG_0021
ここ最近、ノールックの飛び出しや右折する四輪や後方確認せずにバックする大型トラック等多いのでバイク用アクションカメラを購入した。
ヨド・バシ!で4kエン程度、メモリは32gbのマイクロSD850エン。



IMG_0027
付属の防水ケースに収めると音が記録出来無いらしいので、マイク付近に穴を空けた。
付属のアタッチメントでヘルメット取り付けたんだけど目立つ!、笑える程に目立つ!。 例えるなら戦国のお殿様。w




 録画モードを80分のループにし、解像度や記録フレームの時間等を設定しテストしたよ。

風切り音は後に対処するがドラレコの代用としては十二分だとオモウ。
対向車のドライバはお殿様に驚き恥ずかしいんだけど、利点もある。 後方から追い抜きを図る四輪ドライバがヘルメットカメラに気付くと大きく右に幅を取って行くのね。 バイクのボディに付けるのもアリと考えてたんだけど、ヘルメットになら振り向いたり視線に沿うからね。 




IMG_0023
とーほぐ芋煮合戦2022が開始された。 
我が最上軍は孤立無援なれど豚汁や鶏、味噌味には屈する事無く孤高の存在なのである。♪ まぁ一度食べ比べする、実際に河原に出向いて観察するもヨシ。 いろんな意味と味覚に驚く事であろう。(大した味ではないんだけど、出汁を使わずにバランス取れてる事が重要)






IMG_0026
陸王はログする事すらためらわる。
チマチマとパーツを整えて組み付けるだけ。




IMG_0025
点火プラグへコード這わせるが接点の指示が無い。
プラグコードの長さは15mmと記載されてるが、短すぎるでしょうよ。 結局オルタネーターっぽい部品にイモ付けしたけどイイのか、これ。




IMG_0024
タンク載っけた。
テクと手間を求められ、本来ならば前のめりに意欲を傾けるべきなのだが、とことんモチベ下がるキットだぞ。






FcvITk1agAElBxu
先日朝のバイク徘徊で見つけたナゾの遊具。
ハタから観察するに動きそうもない形だけの遊具と思いきや、、



 閲覧注意!!!!!

始めは「オモシロ」だったのに、たった一周しただけで猛烈に酔った。 猛烈に酔って胃液吐いたよ。 ←歳だね

この映像みても酔うぞ、再生は自己責任で。w






陸王、雑多なきび団子?。

 終日快晴秋の空。 日中の最高気温は28.9℃ 最低気温は19.0℃。 


 ヒマとストレス解消のために毎日バイクで田んぼや土手を徘徊してるよ。

FckwwsSagAA9li0
田んぼは広く、空は高くて心癒される。





IMG_0013



IMG_0014
陸王のボディ下回りをあつらえる。
デカいステップとチェンジペダルの基部。 目に映える製作の進捗具合が芳しく無い事に加え、微小な摺り合わせ作業にココロ萎える。





IMG_0012
チェンジペダルとその基部。
ペダルの歪みが酷く、修整するとポキ折れる事は想像がつく。





IMG_0015
エンジンオイル系のパイピング。
1.0mmのアルミ棒三本をベンドしてクランクケースへ這わせる。 この際排気管と干渉するので一度排気管を外さねばならない。 




IMG_0016
神経質にうねるパイプ、もうヤになっちゃう。





IMG_0019
フロントフォークassyの組み付け。
インストではもっと手前で組み立てる指示があったが、ボディ加工が一段落するまで待っていた。 兎にも角にもネチネチとした加工と調整+修整の連続。 私は良く模型を登山に例えてるけど我ながら言い得て妙だとオモウ。 孤高のクライマー、まだ巓は見えない。





IMG_0020
陸王の実車は5.6台見た事ある。 
間近で触れたのは中学の同級生の親が営むスクラップ屋でメグロと一緒に見たのが最初。 その陸王はハーレーとのニコイチだったのかタンクにはハーレーのステンシルが付いてた。 あとは理容店の店主が店先に実働車を停めていたり、バイク店に修理で置いてあったりしてたね。

 ただ、当時の陸王には悪い噂があって、陸王オーナーや中古販売する店に圧力を加えるヤカラが居るんだと。 何か教祖様みたいなオヤジが君臨してて教祖様に認めてもらわないと修理はおろか販売も自己所有も難しかったトカ。

 私の友人に旧車(廃車)を集めてたヤツが居て、彼がアジトと称する戦前の戸建にはかつての名車が並んでいたっけ。 ブリジストン、トーハツなどたくさんあって玄関前には朽ちたキャブトンがあった。 かれは実働のメグロも持ってて一度運転させてもらったよ。 シート位置が前よりでフットブレーキが逆だったけれど、あっという間に順応出来たのは若さのおかげ?。 当時も旧車ブームで私はホンダC73250買った。 サドルシートの二気筒、フロントはカブみたいなスィングアームでバンク出来ずで曲がらねぇー!だった。w




FcfvKXPXkAAk6LJ
先日の彷徨で目にしたナゾの植物、直感で稗粟きびなる雑穀と判断。
結果きびと判ったけれど、雑穀だいすきなので検索すればヨド・バシで販売してた。 




IMG_0018
もちきび、120gで280エン程度。
これはあの伝説なるきび団子を作ってみなければ!。 
 調理はカンタン、きびを6分煮てすりこぎで潰すだけ。 桃太郎のきび団子は100%のキビなはずで白玉粉やらきなこ、あんこ入の吉備団子とは違うハズ。 茹で上がったきびに少々の塩を加え、ひたすら撞きまくる。 するとだんだんもちもちになって来るではないか。♪ かなり緩いが手水で丸めよう。





IMG_0017
ハイ!きび団子の完成。
もちもちしてるが粒が残る食感だけど、美味しくも不味くもない。 うん、こんなもんで鬼と命張り合うのはワリにあわないね。
ニョーボが興味津々で砂糖かけたりごま塩付けて一個食べたんだけど、鬼ヶ島送り決定ね。w ニョーボは剣道の有段者で全国大会まで行ったから戦力になるにちがいないけれど、、。w





 

陸王、雑多な事。


 曇りのち終日快晴秋の空。 日中の最高気温は29.0℃ 最低気温は19.5℃。 





IMG_0009
陸王のリアブレーキフロントassy。
進捗のログがスローペースなのはキットのせい。 チマいメタル部品を摺り合わせて磨き、コートして組み付ける。 同時に説明不足な組付位置と合わない寸法+寸法の実測を繰り返す。
 メタル部品の凸部を研いで径を測定し、受けの凹をマイクロドリルで整えて挿入し、位置と角度を確認してから接着。 これを何度も何度も、、。 作業の為にボディを保持するだけで崩れるパーツと歪んでくるメタル部品の数々。 この作業の為にノギスやマイクロメーターは常時手元に置かねばならないのは良いとして、0.1mm単位別のマイクロドリルは作業毎に選別収納しないと混入する。
 雪山の尾根を一人登る。 深く積もった雪を単独でラッセルし、一歩一歩確実に歩む。 地図とコンパスは不正確で、頼るは自身の経験と感。 そそり立つ岩壁にハーケンやピトンを打ち込みザイルを繋いで登る。
 ロッククライミングや山登りはやった事無いけれど、喩えとすれば良いかも知れない。 以前なら単独無酸素で新ルート登頂出来たと思うけど最近はダメだね、滑落寸前の低体温症。 






IMG_0007
タンクの加工、エンブレム位置決め。
はてさてめんどくさい。 エッチングのエンブレムにはガイアのクリアレッドを流してから研磨したよ。  





IMG_0008
こいつステンレスなのでランナー(PEなので何て言うの)の整形処理がメンドクサ。
接着は危険性多分にあるけれど瞬着にて。 アル中で震えるお手手(?)で一発で決める!。


 登山に例えれば八合目付近で悶えてるカンジ。 未だ頂は見えない。





FbnksHzVUAQ_3jJ
先日の朝走りで市内に見つけた戦前の建物。
ここは老舗の人形店で、小さな店舗があった事は半世紀前より知ってはいたがこんなに古い建物だったとは、、。





Baidu IME_2022-9-2_12-57-10
これは同角度のググルマストビュー。
テントとお化粧看板でボロ隠ししてたんだね。




Fbnkp3bVQAAOMDo
取り壊される様子だけど悲しいね。
M字に歪んで崩壊間近なんだけど、パンツ剥がされ老いて醜い姿をさらされて泣いている様に見える。
市内にはまだまだこの様な古い建築物があるんだけど、どこかに移築して保存できないものかねぇ。




 以下ググルマストビューにて。
Baidu IME_2022-9-2_12-58-23
このビルも道路拡張工事により解体されることになった。
私が未だ幼少の頃にここの3階にあった中華レストランで唐揚げ食べた思い出がある。 食紅で赤く色付けされた唐揚げだったよ。





Baidu IME_2022-9-2_16-11-20
駅前にあったラーメン店もなくなっていた。





Baidu IME_2022-9-2_13-0-24
去年無くなった駅前模型店もストビューでは健在・・・。





陸王、エグゾースト関連の加工。

 終日降ったり止んだり晴れたり曇ったり、日中の最高気温は32.4℃ 最低気温は24.6℃。 とうとう9月だよ。





 最近巷で富に増えてきてる無人の冷凍餃子販売店が自宅近くに出来たと云うので行ってみた。 過去に一度だけ6km離れた同系列店で惣菜購入した事あったけど、ググルマのクチコミで得た情報を確かめに。


FbhprieUEAEgulU
深夜から朝までひとつ500エンの弁当と惣菜が二個で500エンと、これは安いね。
トマトと卵炒めと鶏のカシューナッツ炒めにエビマヨの三点盛り+甘辛冷やし中華。 500エンでこの内容ならビンボー嬉しい。♪ 24h営業なので早朝にも行けるのが良い。





IMG_0058
グンゼの陸王、排気管部品。
恐れていた事が現実となってしまった。 亜鉛ダイカストのイオン化脆性によるポキポコ案件だ。 ベンドすると折れる。 まぁ30年以上前の部品だから用心してたけれどあっさり逝きやがった。 これは全てをゴミ箱へダンクシュートだよね、普通なら。





IMG_0059
ワレはビンボでモッタイナイ精神旺盛な上に、そんじょそこらの青瓢箪とは違って両のお手手に染み付いたテクがある。
Φ3mmアルミ丸棒をドリルレってリカバするよ、嵌合用にカコイイ凸部付きだゼ。♪





IMG_0060
あ、ちなみに亜鉛合金やアルミ材の仕上げにコンパウンドは御法度なのは知ってた?。
切削研磨面に研屑が入り込んで黒ずんだ汚い仕上がりになるのよ。 ならどうするんでぇ・
トコトン研磨してティッシュやレシート紙、皮革で磨く。 亜鉛合金の場合は滑らかな金属でこするとヨシ。 酸化防止のクリアラッカコートを忘れずに。





IMG_0001
排気管の欠損部とマフラが繋がった。 ホコホコ♪。




IMG_0002
アレ?、ダメじゃん。
マフラがナナメってメインスタンドへ干渉してる。
ううむ、これはもっと三次元的な曲線が必要だけどメンドっちー。 

 この排気管系統は元々超人的な予測と見切り配分、微妙な曲げによるリーチ確保すべきな様子で元々の長さ足りないヂゴク案件。 まぁいいよ、今までクソキットと軽く扱って来た事を謝ろう。 ワレは本気モードに移行する。



モケイの呼吸その一! 新たなるドリルレース。 モケイの呼吸その二!曲げ!ドリルチャックに噛ませての曲げェ!!。

IMG_0004
おわかりいただけただろうか、、。









陸王・・・・・

 雨のち晴れ、日中の最高気温は23.0℃ 最低気温は18.7℃。 まだ8月だと云うのに冷たい風が吹く。





6XGCcZul
今日のオヒル。
ニョーボと共に国道沿いの24hドライブイン(弁当屋)に行く。 このチキンカツ定食は目玉人気商品で、380エン。 以前にニョーボを連れて行ったらお気に入りになった様子。 私はじじー故オヒルにこの量では胃もたれするのでカツ一つをニョーボに与え、ゴハン1/3を残しちゃったよ。





FavtzfaUIAAlnVV
マルドゥックスクランブル、冲方丁・ハヤカワJA全三巻。
これは近未来のSFなんだけど暇つぶしに読んだら面白かった。 甲殻機動隊みたいなアクションサイバーパンク作品なんだけれどグイグイ引き込む著者の手腕が心地良い。 特に後半の山場となるカジノシーンは素晴らしく、ルーレットやポーカー、ブラックジャックに於ける闘いや静かなる心理戦の描写が克明でカジノルールも覚えられる。 けっこう古い作品なんだけど知らなかった。





Baidu IME_2022-8-26_16-13-27
これアニメにもなってたんだね、早速借りてきて観たよ。
こいつはウフコックと言って改造されたネズミ。 例えるならドラエモンの四次元ポケットを人格化したみたいな、、。 スパコン並の賢さを持つふわふわなジェントル。 これも全三巻のDVDなので興味ある人は観ると良いよ。




IMG_0051
陸王、リアフェンダーとメインスタンドの取り付け。
このスタンドは固定器具が無くて宙ぶらりん。 アホか?。





IMG_0052
まぁイイや、このフェンダによりリアassyの組み付け強度が向上するハズ。 油断は禁物だけど。






IMG_0053
フロントフォークassyも組み付けたけれどガタガタだ。




IMG_0057
リアブレーキのロッドがフェンダに干渉する。
もうどうでもよくなったよ。 模型的リハビリとモチベアップを計って大枚叩いて得たキットだったけど、愉しく無い!。 こんなんだったらレベルの芋キットの方が十倍楽しいし努力と工夫に答えてくれる。 
 
 ま、顔面パンチしてゴミ箱に叩き込むのは簡単だけど、もうちょっと付き合ってやろうとオモウ。





IMG_0054
過去に作ったメグロ、同じハイテックシリーズのマルチマテリアル作品だけど劣化と崩壊が激しい。
模型は完成した瞬間より劣化と崩壊が始まるのは十二分承知してるのだけど、悲しいね。




IMG_0055
・・・・・




 ウェーブの瞬着がヤワになり硬化速度と強度が極端に低下した。 湿気ってどうのでは無く明らかな能力低下。 同時に★☆のアクセラレータの効力も低下。

IMG_0056
アクセラレータの劣化を疑って新しいのを得た結果がコレだ。
左2108、2021の8月製造、右1505、2015の5月製造で琥珀色になってる。 劣化するんだね。 同時に百均で得たセメダインスーパー3000使ったら超高速高強度だったよ。




 私のブログ記事にてツイッターとの重複ありますが、当ブログへ訪れる全ての閲覧者様を考慮しておりますのでご了承下さい。


陸王、リアASSYの組立塗装。

  終日晴れ、日中の最高気温は32.3℃ 最低気温は22.3℃。 日差しは強くて暑いが秋の風が吹く。

 朝の散歩は休まず続けてる。 おかげで腰痛と股関節に痛みから開放されて、早朝の空気と季節の移り変わりを実感してるがここ数日で日の出が遅くなってるのね。 同時にヒマつぶしの土手や田んぼ走りでも稲穂の具合等季節の移ろいを肌で感じてる。 もう秋だよ。





IMG_0039
Fバンパーの留め具をベンドする。
硬いPEパーツを丸く加工するのは小さくて滑るので扱いがヤッカイだ。 この部品によりFバンパのセンターと位置が決まるのだが、問題発生。 図面通りに作ったFバンパの開口部とバイクフレームの幅が合わないのでFバンパ開口部を切り落としての再調整。 まったく、、。





IMG_0043
バンパの留め具と一緒の警笛なんだけど、モールドがヌルいよね。





IMG_0046
こんなカンジだちくしょーめ!。




IMG_0044
Rフェンダーの取り付け。
お化粧のメッキモールの取り付けと位置決めが面倒でイライラする。 目も見えねーし、、。




IMG_0045
時間を掛けてじっくり真正面から向き合っているのにちっとも巧く進まない。
自身の老化による懸念は拭えないけれど、テクとメソッドは確かなはず。 安易にキットを悪者にしてはいけないね。




IMG_0042
メタルパーツやステンレスPEパーツの切り出しは工具を選ぶべき。
安易にプラ用ニッパーを使用すると痛い目にあう(精神的懐的に)、たとえ0.5mmの真鍮線であってもである。 高価なニパ子ちゃんがキズモノになったらショックでかいよね。 なので電工ニッパーを使おう(右上)、確かな物ならΦ1.0mmのピアノ線でも切れる(でもペンチかワイアカッター使おうね)。 

 今回はステンレスPEの切り出しが多いので特殊工具を用意した(右下)。 これの正式名称は知らないんだけど、半導体リードフレームのカットニッパーである。 他のニッパと異なり部材と水平にアプローチして直角にカットするのね。 ←見た事無い? うん、PE用特殊工具だからね。 こいつ研ぎと調整難しいのよ。




IMG_0047
リアアセンブリにタイヤ嵌めてみたがセンター合ってない。ww 
まあハナから期待はしてなかったけどよ、こいつはヒドすぎるんじゃねーの?。 
  オイラは力場見てっからヨ、自分でなんとかしちゃいな。・・・・

お釜!  陸王?。

 終日晴れ、日中の最高気温は35.0℃ 最低気温は25.3℃。




 ニョーボが最近アクティブになって、方々へドライブに誘われる。 昨年中古のe-Powreな普通自動車を得てから夏季に入って、突如活発になった。
 元々普通二輪(中型)免許持ってたり、ゴルフやってたのは知ってたが再燃したみたいである。



 先週は「峠の大滝を見に行きたい!」と遥々訪れた。 私は県内の要所は熟知してるので道案内を申し出るが、頑なにカーナビを頼る頑固者。 だけど要な箇所では私に頼る。

 今朝も「お釜に行こう!」と私を誘って意気揚々。

FaAZDx3UsAA-4CL
お釜、蔵王山のカルデラ火口。
 ここは半世紀程前に叔父に連れられて一度訪れた事あった。 今は直通有料道路や駐車場に展望台とレストランが整備されてるが、当時は展望台はもちろん転落防止用の柵すら無かったキオク。 
私は高所恐怖症なので石だらけの広い斜面から見渡すお釜の姿を見て腰が抜けた。w 文字通り腰が抜けてヘタヘタと座り動けなくなる。 お釜を見ないように四つん這いで歩くしかなかった。
 今回もそれを恐れたが、意外になんともなかったが、今思うと高所恐怖症に加え広所恐怖症のミックスだったにちがいない。

 私はこのお釜の風景を無線で地質学的に説明し、受け手の地質学者へ伝えるにはどうするか?。 「なだらかに隆起した中央部に湖水があり、北東の斜面はそそり立ち玄武岩の地層が見られる・・・・」apollo16&17のクルー達は地質学を学び、軌道から月面からその様子を伝えた・と言う逸話を思い出したよ。



FaAZcQ8UIAAV6YJ
隣接する展望レストランの味噌ラーメン。
スーパーのフードコートレベルの物で、茹で麺を湯煎した物だろうね。 スープも業務用の物で、二十代にバイトしたフードコートの味噌ラーメンと同じ香りがした。 これで900エン、ニョーボが選んだお蕎麦も同額だったけどスープはぬるいが標高1.700米でならば致し方あるまい。 
 ただね、標高1.600〜1.700では肺への酸素分圧は充分低いハズ。 なのに皆サンしっかりマスクしてるので、こやつらアホか?と思ったよ。




IMG_0030
陸王、Fタイヤにホワイトリボン付けた。




IMG_0033 (3)
このPE1パーツをベンド中に飛ばしてしまった。
作業中はこの手の事故を予測してソーナー感度バリバリ、ブツの着地点の距離と方向及び着地した際の音で大まかな落下地点を予測するのだけど、行方不明。




IMG_0031 (3)
作りましたよ、ええ。
t=0.3mmのPE枠材を焼き鈍しの後、0.2mmまで削って複数の治具と手順により複製終了。♪ ←二度とやりたくね〜




IMG_0032 (2)
フロントフォークの穴あけ。
ツルツル滑るアルミ材なので簡易治具に固定、採寸し穿孔。




IMG_0035 (2)
マイクロドリル(何度も言うがピンバイスではナイ!)用の位置決めに使ったポンチ、蓄音機の針を鉗子に挟んでハンマー。




IMG_0034 (2)
ある程度マイクロドリルとピンバイスで穿孔したら電気ドリルでGO。
電気ドリルの自重で望む深さを得る。





IMG_0037
現時点でのFフェンダ。

 このキットはほんとうにヤッカイだね。 メッキ部品も点点あって曇ってたりPEパーツの寸法もいいかげんだ。 でもまぁ、最後まで付き合うよ。




 我がニョーボがアクティブになったとは前記したが、You Tubeで車中泊の動画に感化されたらしく色々装備を整えてる。

IMG_0038
バッテリパックやアルコールバーナー。
買うのは良いけどワレに一声かけて相談しろよ。 おめぇーのダンナはアウトドアの豊かな経験者で、かつ装備品もいっぱい持ってるんだからサ。 つか、朝一で「アルコール持ってるよね」と来て、だいじな医療用エタノールかっさらってメタノールバーナーに使いやがった。w
コッフェルやメスティンも何でも持ってるんだよ、あんたのダンナは。w


参加中のブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

apuro

Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
エンフィールドNo1 Mk掘
月着陸船のヒミツがココに!
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
  • ライブドアブログ