apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

番外編? 鉄道模型 16番? その2


 昨日の降雪を伴う前線も通過し今日は晴天。
自治体による除雪とお天道様のおかげで幹線道路の雪は少ないが日陰の路面がブラックアイスバーンになってる。
 



84
前回の続き。
これはカツミのブラスでバラキットと云う物。 バラキットと言うのはボディーのみの商品で完成体にさせるには別途にパンタグラフや連結器、パワートラックやら碍子やらホース、サボやら何やらユーザーは個別に選んで購入しなけりゃなんないの。
例えるならビュッフェスタイルみたいなんだけど、、ちょっと違うか、、。
これは厚手の真鍮パーツで組み上げるには半田必須だけどプラには望めないシャープなエッジと表現がある。 半田作業と言う厄介な事を克服し、一度味をしめたらやめられなくなるのは保証する。

↑ ちなみに18.900エン w



85
ワールド工芸のトータルキット。
これは薄手の真鍮板エッチング、板を曲げる重ねる折りたたむで立体を作るモノ。
トータルキットってのはパワートラック(車輪やモーター)が同梱セットになってる物。 (注、パンタとカプラは別なのはデフォルト)



86
ワールド工芸のブラスキットは瞬間接着剤でも作る事が出来るのを売りにしてる。 しかし丁寧なインストでは半田付けを推奨し「ハンダは最高の瞬間接着剤であります」と謳ってるのである。




89
客車のブラスキット、ナマコとかカマボコと言われるもの、Uに曲げたボディーと雨樋や窓枠、ドアと妻があるだけの簡素な内容なれどパーツを付加するに付け、つるんぺろんなカマボコ素材が立派な客車に変貌するのはマジックである。
ただしドレスアップには屋根のベンチレータ、床下機器、台車、サボ、カプラ。 内部表現するならばシートや照明など様々多数の3rdパーティーによるパーツが必要になる、わんさか。



83
これはペーパーキット、レーザーカッティングのモノ。
お値段お手軽なんだけど、、素材は与えた あとは勝手にしろ な世界。 上にあるインスト図面が全てであり何ら解説ヒント無し。 



88
途中放棄した「山形交通高畠線のモハ1」。
これはフルスクペーパー、プリンタで光沢紙に出力してカット&積層したボディーにいろいろと、、。



95
ケケケ、取材はバッチシなのだ。

つか、これはワレか・ワレの友か?。wwww



90
これストラクチャランドスケープ在了の瓦屋根とブリキの波板。
水道蛇口から何からあるのがHO模型。



91
シノハラのフレキシブルトラック、ターンナウト。
フレキシブルってのは手前で好きにレールはべらせバラスト(線路のジャリ)からなにまで構築しシーナリーやレイアウト作る派の素材。

どうでぇ、鉄模やってみたくなったかい?。





メスス ノ ダンハ


 曇りのち晴れ。
夜間の冷え込みを心配したけれど杞憂に終わった様子、今週頭に降った雪もずるずる溶けてくれる。




作例製作に全振りしてる為にログネタ得られずに埋め草もネタ少なくログの更新おろそかになってしまった。
痛し痒しな現状、なれど所々よりお叱りのコトバ賜っているので、、、、

73
メスス ノ ダンハ、 私の半田付け環境と手法の一部をログろうとオモウ。



79
これは長年愛用の半田ごて、55wの中型。 HOの鉄道模型でブラスキット制作用に購入したもの。 以前は20w以下のちっちゃい電子工作用を使っていたんだけど真鍮ワークには熱量足らず。 ちょっとした真鍮工作には最低限50wは必要かとオモウ。 この中型コテの先端ビットはφ5mmの銅丸棒を任意に加工して取り付けてある。 ブラスの客車における窓枠等の幅広・長尺なロウ付けにはマイナスドライバ形状でかつ首が60度程お辞儀した形状に加工したりもする。 

コテスタンドはあるに越したこと無い、天井からコテ吊るして作業するのもアリだけど肝心なのはスタンドに付随するスポンジ。 水を含ませたスッポーンジでコテ先の酸化したハンダをリフレッシュさせたり余分なハンダぬぐったり、なにより加熱し過ぎたコテ先を冷却させるのだ(一瞬の温度低下だよ、ワークに触れさす数秒間の温度管理)。



80
あると便利な変圧器、無くてもイイがコテ先の温度が上がり過ぎないように頻繁に確認&プラグの抜き差しが必要になる。



 76
これはフラックス、半田付け促進添加剤・?。 
左は無洗浄タイプの液化松脂みたいな? 右は正当強酸性。
強酸性フラックスは金属表面を侵食し半田合金の良好な食い付き&濡れ性を確保してくれるのだが事後の洗浄が極めてヤッカイなのである。 入念に流水洗浄したつもりでも済美に残った残滓が経年により悪さをしでかす。 強アルカリで中和するのが良いのか知らんけど電子部品に使っちゃいけないよ。

無洗浄は前記した強酸性に比べ経年劣化は低いんだけどワークへの浸透性というか濡れ性弱い。

さぁ選べ!  w



82
フラックス用の筆、フラックすると毛筆はボロボロになる(しばらくした後)。 私は某コスメ店よりひっそりガメて来た面相筆を使っている(ムスメがヘビーユザーなのでモーマンタイ?)。




75
下書きに合わせワークを固定する。 この下書きはエッチングマスク用なので描写がユルいが、、。
ニンゲン腕とお手手はふたつポッキリなのでハンダ作業はやるせない、もう一本腕とお手手があったなら、、。
  なので  ワークのカットと保持、強度と垂直水平を最低限な作業で得ることを重視し、、ヤル。



81
あー これでどうだ ヒューストン ピー 。


78
他のモノめら、、。


77
ほんでもってベンドする。
イモ付け大集合の線点付け構成なので曲げ加工はマジヤバイ。

ヤバイ曲げ加工のヒントはそのうちに、、



プラチカ! 

 明け方まで曇り&小雪なれど日中は快晴。
昨夜は皆既月食だったのに、、。




制作依頼のキット、次期ロットが先月末に配布される予定なれど未だ編集部からの連絡ナシ。
〆切というおっかないモノがあるゆえ気持ち焦る。



62
先日オクで見つけた教育玩具「プラチカ」、西ドイツ生まれでダッコちゃんのタカラが販売。
じつはコレ私が幼い頃遊び親しんだオモチャなのだ、約半世紀ぶりの再会である。 なんとまぁ、、。

パッケージや名前の記憶はおろか買ってもらったも無く、いつしかそこにあり積極的に遊んだ事しか覚えていない。



63
この玩具は六つの基本パーツをジョイナーで繋いで立体物を作る寸法、他にお化粧パーツや回転パーツが付加されオリジナルな造形ができるというシステムね。
子供でもキッチリ水平垂直直角が得られる優れた設計であり、現在のモデラの目で見ても型ぬけのテーパーがほとんど見られずスライド金型、全体の仕上げ等スバラシイものである。



64
リーフレットのさいしょに記された言葉、「おかあさまへ・・・」。



65
次ページに繋がる文言がおもちゃの説明書とは思えない。
「暮しの手帖」花森安治のような、戦前 戦中 戦後を体験した有識者なんだろね。




66
レパートリーず。
私が持ってた物はどれにも当てはまらないのね、基本のパイプとジョイナー、四角いスペーサーと大小の車輪。 おっきい車輪はトラクタ用みたいだったキオク。
オフクロが友人から基礎セットの一部を譲り受けたのか、、わからない。
ただ基本パイプねらはもっと浅い蒼だったとオモウ。
plastic-antでググったらメーカーが譲渡されてるのね、ほんでもって初期のメーカー製は浅い蒼だったって。




67
約半世紀ぶりに組み立ててみる。 
・・こんなに大きかったかなぁ・・



68
パイプフレームの完成、ここへスペーサーを挿入するのだ。




69
なんか眼がチカチカする色合いだねぇ、



70
完成だ。
この後私の興味はレゴブロック移行し、大事にしてたパイプ玩具がどうなったか記憶にない。 捨てられたんだろうね。

ちなみにこの当時のレゴは今みたいな特殊パーツ満載のマニアックブロックではなく、基本ブロックと色の組み合わせを愉しむ教育玩具だった、なので私は現行レゴは好きクない。 



71
今回セットでの出品だったので計4種類購入したけど、、ラーメソにギョーザなお値段。

しっかし、まさかコヤツと再会できるとは思ってもいなかったよ。



72
ハイ! 今宵もユドーフ♪。



番外編? 鉄道模型 16番?

c96dabb9.jpg

 連日の寒気で世界は凍る(|| ゚Д゚)。
道路はバス&トラックのチェーンによって凹凹アイスバーン。
生活道路もクロネコめらによって市中もれなく凹凹アイスバーン。
ちょっとした上り勾配でさえスリップ続出立ち往生。
私も先日やらかして(巻き添え被害者)顰蹙を買う。





現在の模型生活は”模型誌作例依頼”のキットに入魂(?)集中真っ最中なのだが箝口令がある為ログ出来ず歯痒いのである。

なので埋めグサとして鉄道模型のせかいを少々ログろうとオモウ。




60
過去すこしばかりかじった鉄模はHOゲージ、線路幅が16mmなので”16番”とも言われている。
がぞうはKATOのユニトラックターンナウト、つまりは道床付きポイントね。 この手の道床付きトラック(レール)は簡単に組み立てられて遊ぶ事が出来、撤収も容易。 昔はブリキの金属道床(カツミなど)が主流だったけど劣化すると導通が悪くなり運休・事故案件になる。 それより昔は木製道床(天賞堂など)があったらしい。




59
これはシノハラのフレキターンナウト。
フレキってのは文字通りフレキシブルなのだけどポイントやクロスみたいな物は特殊となる。
直線だと80cm位のものが用意されて任意の曲線を得ること出来るのだが別途曲線Rも用意されている。 それは鉄道の規格でカーブのRが定められており○○本線等の本線規格、通過速度や加重を考慮してRと勾配(カント)を決めているのでそれに沿ったRのカーブフレキがあるのだとオモウ。




45
これは台車、車輪のセット、スタンプに見える通りいろんなサイズと規格がある。
客車や貨物、加重によってイロイロ、わけわからん。




46
これはねパワートラックといって動力台車、線路に載せてデンキ流せばすたこら走るスグレモノ。 
花の銀座の天賞堂製でWB31ってのはホイールベース31mmの略。 私みたいな二軸4軸機関車大好き にとってはマストなモノ。 上部にチラ見する端子は照明何やらの導通用意なんだけどモーターを介する為にノイズあるよ。




47
パンタグラフ!。
国鉄私鉄、交流直流様々あるので千差万別。 良いキットだとインストに注意書きあるがマレである。 それにプラスして碍子の選択も必要。
私が通ってた鉄道模型店のあるじは手練のソムリエバーテンダみたいにこちらの求める物を的確に選んでくれたなぁ。



61
「その場合○○電鉄ですのでパンタグラフはこちら、碍子は直流なのでこちらですね。」と、、。



57
連結器、カプラ、ナックル。 
これは大人気のKDマグネチックカプラ。
トラックに設置した磁石によって連結を開放出来る。 形状もリアルでナックルの設置間隔を選べるのだ。



次回に続く、、、






Let's  お掃除! ガスコンロのお手入れ?。


 ここ数日晴天が続き路面の雪もなくなって快適♪。
今日は雨天だったのが夕方になって雪。
 明日の天気は大荒れ?。   くわばら、、、





35
ガスコンロ・ガステーブルの清掃(レストア?)。
これはいわゆるドブ拾案件、ドブから拾ってきたようなモノ。(私的な表現)
如何様に料理に専念(だらしなく使っていたのか)すればこうなるのか関心が深い(人間性を疑う)モノであるし、こんな”磨けば光る”良い物(ゴミ)を買い取ってきた店長さんの眼力はスバラシイ。(アホタレ)


なので今回はこのドブ拾ガステーブルを教材としてお掃除ノウハウをログろうとオモウ。
        しかし汚い、、。




36
まづは天板のこびりつきヨゴレを剥離する、これはスクレイパー(ヘラ・皮剥ぎ)が便利。
以降スクレイパの出番は多いぞ。

近年のガステーブルの塗装は進化して丈夫になってきた模様、10年程前の焼付塗装とは大違いでスクレイパ程度のガシガシには十二分耐えてくれる。 けどやりすぎは禁物ね。

おおまかに堆積付着物を除去すると汚れの詳細が明らかになってくる、これは焦げ付き<油汚れ・だ。


この油汚れ、硬く硬化してグリセリン状態?。 こうなると如何様な強力洗剤も弾き硬くてヌルベトはやっかいだ。

一応強力なアルカリ洗剤(特製業務用)はあるのだが、それでも歯が立たない。
ほんでもってこのログは「ご家庭にあるものでやれる!」お誘いのつもり。
チートなツールは使わずに仕上げてみせるのでヨロシク候。(スクレイパはナイフ包丁で代用できるよ)




37
こう云う硬くなった食用油は灯油で溶かす!、うそみたいに溶けるよ。 
スチームクリーナーも有効だけどアップ時間長いし効力範囲狭く怒涛の突撃に対するスナイパみたくチマチマやってられない。 ここは毒ガス撒いて広範囲にイチコロさせるのだ。
食用油と灯油は仲良しだよ、灯油がお手手に付いちゃって中性洗剤で洗ってもニオイ取れない場合はサラダ油でお手手こすってから中性洗剤。 だよん。




38
グリル。 ここもガビガビだねぇー、水受けも油脂が堆積してるねー。




39
コンロに載せて、、煮る。 
少々の中性洗剤を加味した水で加熱すれば頑固な油脂もゆるゆる溶けて剥離する。
焼き網はスポンジタワシでこするのだ。 洗剤はマジックリン程度でヨシ!。





40
グリルAseyの洗浄終了。 新品みたいダロ♪、 テクなのだ。




41
五徳、これが一番やっかいね。 焼き付き激しいから。
そのやっかいな五徳めらの仕上げがコチラ。
これは重曹水に漬け込んで焦げ付いた汚れを軟化させる。 同時に油脂が分離してくるので分離した油脂は中性洗剤で除去し、軟化したコゲはスクレイパ&金属タワシでこするのね。




42
洗浄、仕上げ完了したガステーブル。(ドブ拾)

これがリサイクル、お客は納得し喜んで購入し感謝される。 イイのか?。

フフ、詐欺師なんだよ。 良心的詐欺師を自負してる。

ライトサイクロン! イグニションコード?


 薄曇りなれど気温高く午後から雨。





227
銀色インモーにあらず、イグニションコードなのだ。
これはギヤケース周囲のトーラスから各気筒のコンデンサ(?)に伸びるヤツであるのだが、微尿にクネっていやがる。 こう云った表現には糸錘りがモッテコイ!なのであるが残念な事に適度の太さが見当たらない。 市販の糸錘り・チューニングシンカー(太)でも細く一般的なハンダ(ヤニ入り・無し含む)では太すぎる。
なので今回はφ=0.8mmの洋白線を使用するのだが、洋白はそこそこ固く形状を整える事は難儀である(なんせ9セット)。
まずは寸法形状のお手本をひとつ作って、それに沿わせる形で量産すべえと目論んだ。




28
目論見は上手く行きサクサクと、、。 次なるコンデンサから前面プラグへのコードも無事終了。
プラグコードはクリアイエロでメタル感を保たせる。 ←本当は樹脂コードなんだろうがこれは見た目の演出だゾ。




29
背面のプラグコードも。
たいていの航空機レシプロエンジンはデュアルプラグ使用。 オペレートするマグネトーもデュアルで二個備えてある様子。 これは万が一のフェールセイフでもあるだろうし高高度で希薄な大気内で稼働させるレシプロエンジンには必要な装置なんだろね。
酸素濃度が希薄な場合気化器に送る燃料の濃度(量)を薄く(少なく)させる必要がある。 燃焼に必要な酸素が足りないと不完全燃焼を起こし出力が低下する。
なのでスロットルユニットにはミクスチャーレバーがあって気化器に送る燃料の量を調整するのだ。 ← リッチ(いっぱい)・リーン(すくなく)。

いわば燃料ケチって投与するからして当然着火為難くなるしシリンダ内の部位によって燃焼具合に差異が生じる事もあろう。 当然出力低下。
なので、、ふたつのプラグの強烈なるスパークにて無理くり点火してやろう!ってのがデュアルプラグ。
このプラグ、普通のバイクや自動車みたくシングルスパーク端子じゃないよ、ふたつみつ。 
もうなんとしても燃やしてやるゼな。 でも出力はそれなりに、、。

後に過給器が登場するまでこの悩みは続いた。 コンプレッション高めるべくロングストロークピストンなんかあるけど回転数の問題や早期発火(ノッキング)やらオクタン価の問題やら。




31
インテイクマニュホルドを接合、同時にウシロのケーシングも。



32
これキャブレターなんかい?、ワカランがインタフィスなレバーやなにやらがイモの天ぷら状態なので削り落とす。
ここもメタルに置き換えようぞ。



33
横から見ても星型空冷エンジンっぽくなってきた。



34
前からみても星型空冷エンジン!。
下にアゴみたいな垂れ下がりあるでしょ、おそらくオイル受け、静止状態のシリンダに潤滑油が下がって溜まるのを防ぐカラクリ?。
水冷倒立エンジンも同じくドライサンプの航空レシプロ、オイルが溜まるのよ。
このオイル抜くにゃ手動でペラ回してじっくりやるしかないらしい。 よく動画で排気管からぼんぼん炎吹き出す始動シーンあるけど、、アレはダメ!。 
   なのだとオモウ 。



レッツDIY! ファンヒーターの修理(ダイニチ)?


 今期最大の放射冷却?、早朝の室温3度。 
世界はキンキンに冷えている。



ここ最近ファンヒーターの修理が多く、最初は試行錯誤おっかなびっくりでやってたのが次第に理解が深まり色々な不具合をリカバ出来る様になってきた。

23
ダイニチノファンヒーターを修理する、こいつはE13エラー表示で着火不良、ケム吐くやつ。 よくある症状だが売り物になんねー。



             14
前面パネル外して燃焼室のカバーをリムーブ、バーナーとフレームロッドが現れる。 ダイニチは構造がシンプルでメンテし易いよん。



15
白くなったフレームロッドを磨く、これはよくあるシリコン付着案件。
室内でヘアスプレー等を常用してると気化したシリコンが吸い込まれ燃焼し周囲に固着する。
これはまだ良い方。



 
26
燃焼室カバーの内側に付着したシリコンのケース、真っ白。
これくらいになるとフレームロッドやバーナーのメッシュに付着堆積し、炎で焼き固められガビガビになる。



15
磨く。 
かなり強固に固着してる故難儀な作業。 



16
お次は燃焼燃料系統を。
左のブロウリターンと右の電磁ポンプアウトを外す。



17
二本の固定ネジを外せば気化器ユニットがお出ましになる。
 「見な、こいつがモツだぜまだ熱いから気をつけな。」 ←ナナチふうに。



18
左上方方向にのびるシリンダが加熱気化器バレルで左下に向かう細いのがジェットノズル。
「ゆっくり引っ張ってやんなよ、大事な所がでてくるからよ。」「ここをこう挟んでまわすんだ。」




19
バーナーのジェットニードルアセンブリ、カーボンが付着してる。
「んなぁー、、ひどいなぁ  カーボンがみっちりだぁ。」




20
このカーボン除去はガスバーナーで炙るのが一般的対処だけどカッターや紙ヤスリでも充分オッケー、スチールウールで優しく磨くのがベストだとオモウ。



21
モツを戻して配管を絞める。


22
ホレ、安定した燃焼を取り戻したぞい。
この後しばらく稼働させ確認する。



24
これはシリコンフルな個体、やっかいだ。


25
ニードルもガビガビ。
まぁ皆こんなもんなんだけどね。
便利屋でも開こうか、、、、?。



ライトサイクロン! 雑多な事?。


 昨夜より急激に冷え込んだ、深夜に起きた時星が輝いてたので覚悟してたけど予想通りの放射冷却。
めっちゃ冷えるし窓凍るし道路はツルツル。


雪国の自動車運転は戦車に似ている?。
窓は凍って視界狭く速度はハチキュー並、急制動や不用意な方向転換すると滑るし(履帯切れる)。
ブレーキはモチロン神経質なアクセルワークを要求される。 アクセル踏めば自動的に進む・と云うお花畑な思考だと一発で75mm砲で火ダルマ。
路面(地形)の凸凹を的確に把握しないとヤラれるし最悪カメノコになる。 40km/hの速度なんておっそろしいスピードなのだ。




9
エンジンのフィンに墨を流しバルブロッドを組み付ける。
墨はガンダムマーカの茶を使用、黒い墨はきらいなので、、良いか悪いかわからない。




7
バルブロッドを組み付けイグニションコンデンサ?を。
コンデンサ?は黄色っぽくすべえか黒にすべえか悩んだけれど青にしてみた。



8
エンジンの周囲を取り巻くイグニションコードスリーブとプラグの塗装。
このプラグは18個、ドリルレースにてチマチマと。
プラグコードは釣具の糸オモリ)太)でやってみたけれど細いね。 0.8か0.9mmの洋白線を打診すべえ。




10
先日釣具店にて仕入れた鉛材、板と糸錘。




12
今日管材線材を整理した。 その都度求める材料をあれこれ探してたんだけど、まったくもっての「お馬鹿」。 
それぞれ計測して分別しタグを付けた。 ナゼ今までやってなかったのか!。
時期を別とし重複して購入した部材多すぎ!
  アホタレ。



11
先日の麻婆豆腐、ホールのホアジョー(花椒)入手したんでウキウキ加味。 
こいつSBなんかのパウダに比べ花椒本来の効果が得られるぞ。 味は無いが香りと刺激がある。
舌や口内が痺れるカンジ?、豆板醤のチリペッパ的辛味だけじゃなく麻婆豆腐の”麻”を体験できるのだ。




13
クロネコドーナツ。
ポイント制度が去年暮れで廃止されたので急遽変換。 いつもならミニカーだったんだけど今回はお菓子で。
ドーナツみっつ、、、、ミニカーの方がよかったのかなぁー、、、。




14
今日の夕げ、骨付き鶏モモの水炊き、お餅も入れたぞ。
かゆつ子ジャーにてあつあつな状態で楽しむのだ。

ライトサイクロン! 塗装で凹凹?


 ここ数日は気温がおだやかで雪の代わりに雨だったりする。





100
塗装に悩んだ末シリンダ部とヘッド部を分けるとする。
シリンダ部は鋳鉄に鋼のインナー、ヘッドはアルミ合金だろうからして、の選択。 
出荷時には全面黒塗装になるのだろうけど、、。
ラッカー系で発色が良いガイアのシルバーを。
駅前模型店の凸店長さんから教えていただいた「濾過」を試してみる。 ま、粒子を整えると同時にクラスタを除去することにより吹き付け時の目詰まりを防止するのが主眼?。
吹き付け濃度は薄めで浅くが良いみたい。



1
うん発色はいいね。 だけどビカビカでハレンチな仕上がりになっちゃったね。 うーん。



2
これじゃぁクロムメッキだね、Gee Beeみたいなレーサーならば良いのかもしれないが決してアルミ合金削り出しではナイ。



4
バラシてマスクのやり直し。 凹む。 ミスタカラーのアルミをぷぅ。



5
画像ではよくわからないが少々落ち着いた。 



6
バルブヘッドはガイアシルバを残してみたんだけどマスクの手間に見合う仕上がりになったか?ワカラナイ。w



3
ユドーフ!。
リサイクル店でインサイダした未使用「かゆっ子ジャー」定番の調理器具になっている。
これはほんとう便利、ちまちまと加熱してゆったりと熱熱湯豆腐を楽しめるのね。


ライトサイクロン! 気力喪失?


 昨日より(文章的にはさくじつと表現したいが昨日と言う文字だけではきのうとも読めてしまうのがカンシャク)気温が上昇し夜間でも雪解け捗る。
私の660ホンダライフ(ハムスタ号)、車体が軽すぎるのかスタッドレスタイヤは貧相なのか、あるいはFFケーなんてそんなものなのか不明だけど雪道(アイスバーン)で滑るしトラクション掛からないしマジヤバイ。 サイドブレーキ引いてもフロント動輪のクリープでズルズル前進する場合アリだしケツ振りまくり。 以前乗ってたコガネムシやナンキンムシは4WDだったからねぇ、、。






98
おととしは重度の欝に加え手術&入院、昨年は積極的リハビリに勤しんだ関係上おうちの整理を放棄してた。
その結果がこのザマだよ。 私の居室とカーテン一枚で区切られた隣室、ゴミ置き場と化しているw。
同時に生活費の足しにするべく専念したヤフオク出品のせいでもあるが、、春になったら整理しよう。




99
自A隊の缶詰を発掘、これはまだ喰える!。 ほこほこ




90
ライトサイクロン、パーツの切り出しと研ぎ出しはエンエンと続く。




92
プッシュロッドが揃う。
18本、アルミだよメタルだよ。




91
こんな感じになるよ。



あとは塗装と組み立てなんだけれど、、このあたりでモチベが萎縮する。
んなぁー だりィー やってらんねー これほんとうにつくるのかぁ (ナナチの声で)。

93
この星型エンジンはライトサイクロンと称してるけれどライトのなにがしR○○○○を名乗ってないのね。
散々画像検索やっても当たりはおろかニアピンすら出てこない。 
同時に発動機背後の機器表現、パイピングを完全放棄してるんだわさ。 

それと、これは個人的スキルとイメージの問題なんだけどね「色」がわからない。
シリンダは鋳鉄なので防錆塗装で黒なんだけどアルミ合金たるシリンダヘッドはデフォルト出荷時は無塗装だったのか、とか。

それなり高価で手に入れたキットだけどなんか意気消沈。



94
そういえばこんなお手付きあるね、ハセのミュージアミーシリーズ、クルジェエンジン。
フィンの成型を完了し細かいパーツも研ぎ出ししたんだけど、、



97




95
このバルブスプリング表現で頓挫したキオク  んなぁーー。



96
ここで力尽きたのかもしれない♪。


まぁ(んなぁー)ちょっと中休みしようか。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
エンフィールドNo1 Mk掘
月着陸船のヒミツがココに!
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ