apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

おたんこな 最終回?


 今日は朝に少々の雨降るも、終始曇天のモヤモヤした天気。 
駅前の百貨店へ買い物へ行き、わりかしセレブな(当社比)お惣菜を購入。 218円/100gの”切り落としハム”とか187円/100gのソーセージイモサラダなど十二分セレブであろう。 ソーセージ&イモサラダをドイツふうに言えば”ブルスト カートセルファ サラト?。 
中国産タケノコや見切り厚揚げ等をも購入し、二種類の煮物をこさえる。
左のお手手が使えない故、ちょうどお休みだったニョーボには包丁を担当してもらい、私は加熱調理に専念する。

夕刻のお風呂、日頃十分に洗うこと出来無い背中と右腕、ここ数日痒さがつのるのでニョーボに頼んで洗ってもらった。  ガシガシこすってもらう。 亀の子たわしでも良い具合。 




  5月15日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。


昨夜の就寝時、21:00すぎだろうか、重くて厚い病室の扉を閉めて消灯したんだけど、空気が重たい。 
目を閉じてウツラウツラするとあたま左側から瞬光を感じた。 不規則不定期な光。 左目だけで感じてるので左側からの現象だ。 暗い中起きて確認するも光るものは冷蔵庫のパイロットランプのみ。 点滅はしない。 大きな窓の向こう、道路を行き交う自動車のヘッドライトか?と思ってみたがネガチブ。 アポロ計画でバズ オルドリンが体験したナゾのフラッシュか??。 
原因がよくわからないまま寝てしまったぞ。


04:00目が覚めちまった。 夜間出入り口より散歩へ抜け出す。 さすがに周囲は薄暗く風冷たい。
夜中あれほど騒がしかったカエルたち、薄暮のこの時間はひっそりとしてる。
病室のベッドへ戻りスマホいぢる、身体が冷え切ってる。 二度寝、看護士に起こされたのが 06:30。


95
07:40 アサゴハン、ヤサイイタメと納豆。 なんか質素だね、牛乳も付かないのか、、。
この朝食が今回の入院騒動最後の食事、きっかり一週間の入院体験。
経度の怪我なので行動と食事に制限が少なかったのでスッキリと入院生活を楽しめたとオモウ。
うん、愉しかったよ。 

10:00すぎ、 兄ィにお迎えしてもらい 退院。 連れられた実家にて昼食。 オヒルはピザとお蕎麦。
200%ツボを突いてるぞ。 病院食の真反対なメニウ、やられたぜ。


96
夕げ、コンビニで購入したるジャンクなものたち。 
一週間ぶりのビールも旨い!。 


 これにて7日間の入院記録はこれにておしまい ケン! 
   これからのお話はそこにおられるみなさんの胸の内に続くでしょう のケンケンケン  水飴買わない子はいないよねー。
     注意一秒怪我一生! どちらさんも十分注意、明日は我が身をお忘れなく のケンケン。
      
   
   
97
主治医がノリノリで早期抜糸、まだ塞がってないのに、、。
バンソーコーで固定。 いいのか?これで、、。
傷口が縮んで来てる。 縦15mm以上、横も7mmほど、。


おたんこなす8?

昨夜は準熱帯夜?、今日も暑く気温は28度を上回る。 家中暖房機具片付けて無いってのに今日は半袖だ。
私の住む処はストーブの片付けと扇風機の出現がイコールなのだ。



今日は自動車運転免許の更新に行った。 5年ぶりなのにわずらわしー。 怪我の入院で遅れた更新。


免許更新の後、ヒマ+精神状態がイッパイイッパイなので田んぼ道をドライブする。コストコでホトドグ喰ったり、、。

93
こういうモノを下から見上げるのは初めてだ。


92
ナゾの建造物、用途がワカラナイ。 消防団の手押しポンプ置き場だったのだろうか??。




5月14日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。


89
快晴!。
05:00に起き、河原へ散歩。 めちゃめちゃ気分が良いのでうんと伸びをしたら立ちくらみ、ひっくり返って尻餅をつく。 左手首の痛風が痛い。


86
07:45 厚揚げのソボロ炒め、半熟タマゴ。 ソボロ炒めにタマゴをマジェるとウマイ!。

09:00 午前のリハビリ。
リハビリから帰ると同居人は退院していた。
午後の回診にて患部のガーゼを除去。 少々昼寝。

94
11:45 オヒルゴハン。 盛りソバ、天ぷら(鶏のから揚げ)、モロヘイヤ。
お蕎麦はパサついてモサモサなれど口に新しくオイシイ。 蓋付お椀には減塩そばつゆ、(私はお蕎麦に蕎麦ツユ使わない派なので薄味そばつゆはモーマンタイ)。 パック入りのわさびもあるぞ(私はお蕎麦にわさび使わない派、お蕎麦には一味ぞなもし!)。

13:30 午後のリハビリ。 
後はひたすら暇との戦い、一体何をして時間を潰すのか、、。 慣れっこになったけど、左手のごく一部以外は健常なゆえ、なんとしても辛いね。


90
17:40 晩ゴハンだぞコノヤロウ!。 酢豚、おひたし。 中華の比率が多いのはたまたまなのか?。
酢豚は肉肉しくてコンビニの弁当なぞよりゴージャスだ。 塩分控えめ甘さ控えめだったけど食べごたえがあっておいしいね。 
なかよしヨーグルト、じゃんけんしてるじゃねーか。 戦う気マンマン!。
この健常者食の一日のカロリーは平均1、870程度(週間メニウ表表記)。 ゴハン200gでのカロリーが約300みたいなので、白米だけで一日の献立カロリーの1/2になってる計算?。 甘いデザートや果物もあるからして副食のカロリーが低すぎやしないか?。


87
四人部屋を独り占め♪、一般病棟がロイヤルスィートになっちゃった。 左奥の窓際が私のベッド。 結局プリペイドTVと冷蔵庫は使わなかった。 窓からは素晴らしい景色が得られるし、本もいっぱい借りられる。 冷えた飲み物が欲しいなら一階の総合フロアにある冷水機から水筒に水を汲んで来れば良い。

図書室から借りたる書籍も読破し就眠に備える。


91
このベッドで寝るのは今夜が最後。 翌朝リハビリを終えれば退院だ。

22:00ごろ寝。

おたんこなす7?


5月12日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。 今回はグロ画像あるぞ。



 昨夜は21時すぎに寝る。 病棟の廊下に響く心電図のアラーム音がうるさく寝られない。 病室の重い扉を閉めさせてもらいようやく就眠。

05:20 起き。 朝の散歩、空気が冷たく駐車場の車窓に結露が見られた。 自販機のコーヒーを呑むけど不味い。


81
07:45 朝ごはん、納豆と野菜炒め。 鰹節は納豆に入れるのか?私はナットにカツブシ入れないな。

食後の散歩、河川敷のバスケットコートで見つけたテニスボールで遊ぶ。

09:00 午前のリハビリ。 指の甲が痛いし晴れっぽい感じ。

散歩、本の返借。 本を読んでウツラウツラしてるとホレ、、
82
12:40 オヒルご飯の登場だ!。 チキンカツ、シェルマカロニサラダ、ナムル?
毎度なれど、まともなソースかお醤油あればよかったろうに、、。

13:30 午後のリハビリ。 だんだん判を押したような生活になってきた。
散歩の頻度と行動距離を稼ぎ、川原の魚道の飛び石伝って対岸で遊んだら看護師に注意された。 「それは散歩じゃありません、外出になります!。」 あらららら。


84
17:45 夕食。 マーボドーフ、シウマイ、おひたし。 病院食でのマーボドーフ、斬新だ!。 
このあたりから薄味に慣れてくる。

食後の検診。 検診は検温と血圧、問診(ご飯食べたか排尿排便回数)。
今回は患部のドレッシング交換が付いていた。


      グロ注意だよ。










83
施術の縫合痕!。 すっげーギザギザ。
腱の切断後の挙動により切れた腱が手首方向へちゅるちゅると縮んだんだろうね。 それを見つけ出し引き出すため&縫合の強度と治癒後の動作、引き攣りを考慮しての切開なのであろう。 
どーだ カッコイイだろろ♪、皆んなマネしちゃいけないよ。



18:30ごろニョーボコドモが来室、ナゼか甥と姪もいっしょ。 遅い時間なので談話室で導き面会するが、何か上の空。 何しに来たのか?この御一行。


85
河川敷のバスケコートが目的だったぜコノヤロー!w。
薄暮の中ケタケタ戯れるやつら。 うん、遊べ遊べ。

19:40 夜の散歩、病院西側の駐車場へ行く。 駐車場の西は田畑が広がっており、田植えを控えて水を張った田んぼからカエルの合唱が響いて来る。 その自然な喧騒と湿った夜風に漂う田んぼの匂いが懐かしい。

おたんこなす6?

5月12日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。 今回はめし画像ばっかりだぞ。


昨夜は20:30頃寝る。
05:40起床、河原へ散歩。 断酒のおかげか気分が良い。
兄ぃに借りたスマホ、やっとこブログへログイン出来た。 スマホ用画面ではなくPC版画面だと良いのか?。 スマホは良くワカラン。


80
07:45 朝食。 食パン二枚に卵サラダ、苺ジャム、コンソメ野菜スープ。
朝食は白米派なので生食パンはがっかりな気分、せめてトースト、、、。 卵サラダを挟んで卵サンドにするのか?。 食べ終わってトレーを戻しに病室を出たら、こんがりトーストを手にする患者さんの姿が、、。  各階に設けれれた談話室に電子レンジとトースターがあったことを思い出す。

09:00 シャワーの予約。 

09:00 午前のリハビリ。

10:15 ヒマだぞ。

79
11:40 昼食。 親子丼、キャベツサラダ、パイナポー。
わりとしっかりした味付け、毎食ベジタブリーな采配に恐れ入る。
お昼の散歩、日差しがやわらかく風が実に心地良い。 新緑の香りが周囲に満ちる。

13:30 午後のリハビリ。 手の甲の筋肉が痛くなる。 普段鍛えてない部分、筋肉。メチャクチャ痛い。 
「リハビリは辛いですよ」と云う主治医のコトバが身にしみる。

15:30 シャワー。 過去の虫垂炎では一週間以上の入浴禁止にてクサイ痒いで難儀した故週に二回のシャワーはうれしいぞ。


78
17:40 晩御飯。 カレイのから揚げ、フキの煮物、煮豆。 
これも減塩なれどしっかりした味付け、普通のお醤油あれば「のりたま」の出番の必要ナシ。
食事中に我がニョーボが見舞いに来てくれたんだけど、私の様態状況より病院食に全身全霊だった様子。 特に”煮豆”がオイシソだったみたいでしっかり記憶、帰り道どっからか全く同じものを購入したらしい。 おそるべきおなごの食い意地♪。

77
18:40 夕日の河原と市街。

もともと痛かった左手首の痛風発作が悪化し爆裂痛い。 リハビリでの過負荷による可能性もあるんだろうけれどなんともワカラナイ、入院時での問診にて処方された同等品のジェネリック(ジクロフェナク25mg)では対処不能でニョーボが届けてくれたボルタレン(ボルタレンSR37.5mg)を服用。 院内の医師、薬剤師との疎通と協議にすったもんだがあったようだけど医師・用量違うねコレ、ボルタレンが良いよー 薬剤師・おんなじだよ 看護士・サンドイッチ。 私・効かない物は効かないのだ。 

20:00頃兄ィ来室。 仕事が大変なのに有難い。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今日は外来でのリハビリ、全て予約制になってるんだけど、メチャメチャこんでいて 09:30の予約で整形外科、外科医の診察が10:50、本命のリハビリ開始が11:30。 大きな総合病院はヤだね、これだから、、。

おたんこなす5?


5月11日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。


同室のヒトのイビキ激しく01:00ごろ目が覚める。 ウツラウツラで寝られない。
05:30ごろ起き、外へ出る。
夜間出入り口より建物正面にまわり河原へ。 小雨が降っている。

朝食まで何も無いので読書(河童が覗いたインド)に更ける。
図書室にはハードカバーから文庫本、漫画が4棚ほどあって入院患者用としては立派なのだが、80年代から90年代にかけての発行物が大半を占める。 写真集や図鑑、ムック等もあるんだけど基本病室のベッド上で見る、故大きくて重い書籍はスルーするしかない。 右手だけで紐解くのも十二分に制限となるし、、。 コミック5:活字本1の比率で一回につき8冊ほど借りる。 この図書室のおかげで無駄なTVに頼ることなく入院生活を過ごす事が出来たのね。


71
07:40、朝ごはん。
和風オムレツみたいなタマゴの蒸し物、ブロッコリ、、とダイコン野菜煮。 
ううううう、この(しかも低塩分)副食で200gの白米と如何に対処するってのか、、。 幸いな事に”マヨ”があったのでおいしく平らげたけれど、今後何らかの援軍が必要だ。


70
夜用装具。 損傷した小指だけはなんとしても曲げた状態を保持。 
伸ばすのは良いが自力でのグー厳禁。 繋いだ腱が切れちゃうよ!。

昨夜見舞いに来た兄ィより借りたスマホでブログへアクセス。 コメントは書き込み可能なれどログイン不能。 なして?

08:30ごろ売店「オアシス」にてTカミソリ購入、トイレ脇の洗面所にて4日ぶりのヒゲソリ。 完全片手だと洗顔しづらいのね。 毎食毎に付いてくる使い捨てのオシボリを使わずに取っておいて、入眠前の顔や脚、おケツやチソチソの払拭に活用する。 

72
09:00のリハビリの後、オアシスで”のりたま”購入。 この力強い援軍により減塩食事との戦いは我が方の圧倒的勝利になるハズ♪。


73
ぐぉ! やられたぜ ハヤシライスだ。 ヌルいハヤシライス、、。

外は小雨なれど朝より降りが強い。 散歩がてらに総合窓口などに顔見知りが居ないか眺めるも居る訳ナシ。 まことにゆるゆるなれど院内独特の時間の流れ、何もせずとも時間は過ぎてゆく。

13:30 午後のリハビリ。

76
17:20の問診の後、17:40。 晩ゴハン。 鮭の西京焼となんちゃってナムル、大学芋。
大学イモって副食だったのか!? デザート? それほど甘くないけれど炭水化物。 デリヘルで♀トドやってきて、「それでもワタシ 女よ」みたいな?、、。

74
のりたま参上!。 うほほほほほほ。


75
夜来たる。
兄ィに借りたミリタリーなドキュメントをめくりながら消灯時間を待つ。 ネットからダウンロードしたA4両面印刷ペーパー、一枚一枚めくって読む。 ゆったりと流れる時間と戯れよう。

入院生活も捉えようにとっては愉しいものだと感じた一瞬。 
小指一本の軽度なケガだから言えるんだけどね、、。


 

おたんこなす4?


 5月10日の画像と手記で辿る入院生活記。 ケンケンケン。



61
5/10は6:10に起床、前夜に所望し処方された入眠剤により快適な睡眠を得ることが出来た。
7:00ごろ検尿と採血。 散歩に行きたくも外は雨、ポツポツと。 散歩用にと売店にて傘を買う。


62
7:40の朝ゴハン。 タケノコの野菜煮だけど味薄し。 卵焼き?用のマヨが主役となる。

9:00 図書室に本を返却し、新たに漫画本数冊借りる。 浦沢直樹のプルートー全巻+etc。 ハオハオ。

66
リハビリルームにて装具を誂えてもらう。 
これは断裂縫合された屈筋腱の保護と施術箇所の癒着を防ぐ為のモノらしい。 自力によるグー、収縮動作は最断裂の危険がある故厳禁で、ゴムのテンションにてグーすべし!と。 

65
アナログ感(パンクっぽい)あふれる外観!。 
これを装着してパー、開くのは苦しいのだ。 グー、握力は常日頃自然と鍛えられてるけどパー、開放は鍛えてるヒトはいないハズ。 例えればワニさんの顎、閉じる力は数トンだけど開く力はホボゼロ。 


64
最初のグーパー数回で悶絶。 同時に損傷した小指に激痛。 軽度の癒着が剥がれた様子でその後は順調。 1時間おきに15回のグーパーを課せられ一日目のリハビリは終了。

63
オヒル、鯖の味噌煮と大根野菜あんかけ。
向かいのベッドへ入室者あり、右手の手術患者なのだがコミュ症&イビキ激しいヤロウにて難儀する。

12:30 シャワー。 これはありがたい!。 入浴介護が付くがお断りする。 患部の防水処置さえしてもらえれば片手で充分。

13:30 午後のリハビリ。 経過は順調だそうだけど痛いぞなもし。

67
晩ごはん。 肉じゃがと五月菜のおひたし。
お浸しなのにマヨが付く。 これはラッキー♪。


68
窓より見える河川敷、バスケットコート。 この若者は16時から19時までこの様子。 なにしてるのかねぇ、、。

69
寝床を整え入眠剤1/2を服用し、入眠フェーズに入ったのが20:30。


日曜日に無事退院して今日は第一回目の通院。 術後10日が経過したと云う事で抜糸される。 チクチク痛い。
その後リハビリルームへ行く。 経過は順調!。




おたんこなす3?

 何事にも「魔が差す」瞬間がある。
悪い企みや行動ではなく、一瞬のミスや誤算。 仕事や運転、日々の生活に潜む「魔」の瞬間。

5月8日の20時頃にその「魔」がやって来た。 不注意が大半を占めるのだろうけど、痛風発作で低下した握力を失念した事も大きな要因かとオモウ。 左手に保持したモノが滑り、左手甲の薬指から小指の第一関節部(手相における感情線にあたる部分)を切ってしまった。
傷は真横に25mm程。 出血は激しかったけれど、粉末止血剤を常備してたので5分程の処置の末応急処置を終える事が出来、一晩だいじにすれば縫合も要らないであろうと、、。
しかし、小指が異様に突っ張ってる。 曲げようとしても曲がらない。 触ってみると薬指側の感覚が麻痺してる。 「やっちゃった」 「とんでもねー事しちゃったい」。
PCで休日診療所を検索、トップの病院へTELしたれば「外科なら○○か△△にどーぞ」と。 
○○へTEL、「ヒューストン こちらapuro 左小指の腱と神経切っちゃいました ピー」「オーライ apuro」。
本来ならば堂々ときうきう車案件なんだろうが、止血は完璧だし、、実家やニョーボに連絡してなんとかニョーボから連れてってもらった。 

診察は”安易な(?)救急車じじーによって後回しにされ、40分程待たされた。
52
診断結果「左小指屈筋腱断裂・左小指神経断裂。 緊急手術とのこと。
丁度お手手にあかるい外科医が居るから速攻手術オッケーだよーん。 らしい。 身ぐるみ剥がされ車椅子、右手には点滴確保!。 おぱんつと毛剃りはまぬがれた。
手術台でバイタル確保され、左上腕部からブロック麻酔。 エコー画像見ながらの腕部局所麻酔。 この時の注射、豚針をグリグリ挿入されるのが痛かったんだけど、怪我する1時間ほど前に対痛風用として服用していたボルタレンにより怪我、処置、診察待ち、施術、施術後・の痛みのほとんどが中和されてたような気がする。 逆にその副作用で麻酔が効かなくなるのでは?という不安もあったが。
上腕部に巻いたエアバッグで動脈をブロック、前腕をゴムバンドで巻いて絞り込むように血抜きをする。 手術開始が22:30ごろ、メスが入ってるのが判らない 痛くない。 刻々と過ぎる時間、バイタルの数値を観察する。 イロイロ面白い。 術中の患部は見えないように目隠しあるんだけど、隙を見て覗いてみる。 
うーん、カエルの解剖みたいにお手手1/5が切り開かれてザクロのような切開面が見える。 お手手は脂肪がほとんど無いので実に真っ赤っか。 薬指の屈筋腱が確認出来たゾ♪。
小指の屈筋腱は断裂し、上下にちゅるちゅると縮んだ様子で、引っ張り上げた筋を注射針でマチってる様子も伺えた。 手術開始80分あたり「スコープ」の声、神経の接合フェーズへ入ったと。 神経接合はわずかな時間で終わり表皮の縫合。 
トータル120分で手術終了、日付を回って0:30。 車椅子と点滴で回復室へようこそ。 祝ご入院!。

ベッド数6?の回復室には私一人。 まな板の鯉の連続なので感慨は無いけどぜーたくであろう。



53
お手手。   


57
午前に病室移動、入院患者になる。
ゴールデンウィークで手術&入院予約制限されてたおかげか外科病棟はガラガラ、個室(トイレ有り無し)も全て空いていて選び放題。 四人部屋に私ひとり。 ハオハオ。


翌朝、7:40分あたり予定の朝ごはんが来ない!。 8時過ぎても音沙汰なし。 しばらくしたら「緊急入院なので朝食予約なってません」。

54
9時にオープンの食堂へ行きモーニングセットを。 セットなのにコーヒーは別途。
そこそこ旨かった。

55
病室へ戻ると簡易朝食がサーブされてた。 この簡易朝食は見舞いに来たニョーボが持ち帰り。


60
私のベッドは窓際東側、行室そのものが外科病棟の中でも眺めの良いトコロらしい。 
たしか真正面には市街があり、遠くの山並みが一望に出来、なんといっても私の大好きな川が間近に見る事が出来る。 これは素敵だ。


56
院内には図書室があって小さいながらも多種多様な図書漫画を借りることが出来る。 ぞんぶんに利用させてもらったぞ。 こんなマニアックなものが、、。充実してるフシギ。





58
ヒルゴハン、チャーハンだ。 美味しそうだよね。 実際美味しいけれど病院食。 味付けは悲しい程の低塩分、健常食の成人用たる200gの白米、オカズとしては中々キビシーものがある。 この病院、全国展開のグループで食事はおいしいとの評判、かつて私が虫垂炎でお世話になったのもこの病院。 病院食でのチャーハン、うん、斬新だ。



59
17:40晩ゴハンだ。 
入院生活は自分でスケジュールを構築してタイムラインを得らにゃなんないとオモウ。 定期の問診、検温や血圧測定、お茶の配給と各個病室の給餌。 
今回は3人生回目の入院。 経験値を重ねるつもりで受け入れたつもり。
たかだか1週間の入院だったけれどイロイロ感慨があった。
しばらくは模型もできないので入院経過のログをするよ。 毎食の記録もしてたから一緒に入院を疑似体験してもらおうじゃないかい♪。
「魔が差す」のは避けられない、なんであれダレにでも襲いかかるヤッカイな事象。 くれぐれもご注意めされよ。!!!

おたんこなす2!

今日も快晴、汗ばむ陽気。 病室を抜け出しての河川敷散歩が心地よい。
怪我のリハビリは順調で、痛みはあるがモーマンタイ。
ただ三食上げ膳下げ善なのが極めて心苦しい。
ひとそれぞれなのだろうが、私はそゆのキライ。
入院中という状況だけど、入浴介護とか食器の蓋開け、こまかなetc。
無傷なおててが一本在るんだからほとんどの事は自分でやる。
甘えちゃいけねー。
   ↑ こういうヤツが要介護じじーになると逆に始末が悪い。



51

これは昨日のオヒル。 親子丼。
薄味なのが何とも悲しい。 あたりまえなのだけど、、。
売店で購入した「のりたま」(必殺兵器 )があるんだけど、
丼ものには対応不能♪。


49



病棟通路をノゾム。 一番奥が私の病室。
四人部屋に二人の快適環境・・なのだけど同居人のイビキがかんしゃく。
ま、あと2日の辛抱だ。


50


怪我。 左手の切傷。 大馬鹿ヤロウだね、とんでもねぇー。
この装具は傷口保護とリハビリ用。 就寝時のレストカバー状態。

詳細は今後のログで説明する予定だけど、トコトン馬鹿ヤロウなのだ♪。
今朝バンデージ交換時、傷口を観察したけど酷いアリサマ。
動きの激しいタナゴコロ部なので縫合は多く、2 0針を越える。
本来の傷は30mmも無いんだけど、施術の際に4倍ほどかっさばいたのね。

うん 、大馬鹿ヤロウなのだ。

おたんこなす!

昨日までの風 も治まり今日は快晴。


48

気分はよろしい。 実に健康的である。


47

先日夜バカやって中怪我しちゃい、緊急手術+入院。
久しぶりの大バカヤロウなのだ。

今、兄ィから借りたスマホからログしてるんだけど、
なかなかログインできなくて今朝やっとこ繋ぐ事が出来た。
ボチボチ打ち込んでるけど勝手が違うねぇ。

今日で入院四日目だけどヒマとの闘い。
ウホホホ なのだ。

心配ご無用ダゾ。

ムシャクシャな ケッテンクラート! QQQ?


 GWはお休み無しで過ぎ去った。

今日は朝から荒天で風と雨、夕方になって晴れ、 気温は高い。

 最近救急車のサイレンがひっきりなしだ。 私の住まいは県都なので設備の整った医療機関、大病院が多いので他市や市町村からの搬入も多いのは事実。 なれど過去に比べれば多すぎる。 これも高齢化社会の顕れなのだろうかねぇ、、、。


ミニマムなラジコン玩具があるね、コントローラのデンチから本体にチャージして遊ぶヤツ。 
下はUFOキャッチャの景品から高価なドローンまでイロイロあって愉しいんだけれど、構造的問題なのか製造的問題なのか、短期間でぽんぽん壊れるのが多すぎる。 短期間のスパンをどの程度に設定する?事により論点が変わるのはごもっとも。 UFOキャッチャの景品を度外視すれば概ね10年(未使用だと15年)としたいのが私の意見。 昭和のオヤジだったら納得してくれるとオモウんだけど、、。
たとえばね、デンチのおもちゃが動かなくなった、直してくりゃりんこ♪。 アナタならどこから不具合原因を推理する?。(不具合対象はデンチ&モーター駆動の単純なる玩具、ミニ四駆でもヨシ)。 まずはダレでもデンチを疑い新品と交換するでしょう。 その後電気的回路・接点、ギア等の摺動部分。 そして最後にモーター、、、、なんだけど、モーターを疑うヒトは無いとおもうよ。 我らが日本 マブチモーターの偉業のひとつ、モーターは壊れない。 日立モートルも同様!。
なんだけど、現在巷にはシナ製モーターが溢れてる。 モロいんだよね。 すぐ壊れる、壊れなくともトルクの低下や発熱、危ないったりゃありゃしない。 いっしょに基盤も電子部品もシナシナシナ。 樹脂はおろか半田すら低品質なんだね、パカっと割れるんだよ。 フラックスの品質と管理もダメで半田箇所&基盤が腐る。

45
腐った基板、劣化したフラックスで腐食、回路をブリッジ、半田剥がれ。 


46
Qシリーズ。
ホバQ ヘリQ コンバットデジQ。 全て不稼動ぞなもし。
コンバットデジQは充電不能でリチウム水素デンチを交換すれば生き返る様子。 
こいつ用のリチウム水素デンチは高価でそこいらでは売ってないモノ。 まぁそのうち直してみよう。


40
ホイ! ケッテン。
ボディーのモールドに「?」 こんな帯あったのか? この帯はサイドだけでフロントはパイパンなのだ。 イロイロ調べたけれどワカラナイ。 削り落とす?


44
そんなメンドッチー事はパスだぞ。
サイドとフロントを繋げよう。


43
キャビン内部の修正。 パテパテパテだ。

38
転輪、ホイール。
でっかくて合いが悪い。 トコトン大味。


39
ひとつひとつがこの大きさだ。

41
ほんでもって合いが悪い。 削っても削ってもヒケが出る。
パテパテ&パテ。
「駆逐してやり、、一匹残らず!」と言いたいトコだけど、、戦意が続かねぇー。


なんだかスナック「スピン」喰いたくなってきたぞ。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
ミニチュアドールハウス
私は強い!誰よりも! 予約開始
エンフィールドNo1 Mk掘
バレー部復活!
月着陸船のヒミツがココに!
しんかい6500
スケッチトラベル
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
岩表現にバッチリ!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ