明け方まで曇り&小雪なれど日中は快晴。
昨夜は皆既月食だったのに、、。




制作依頼のキット、次期ロットが先月末に配布される予定なれど未だ編集部からの連絡ナシ。
〆切というおっかないモノがあるゆえ気持ち焦る。



62
先日オクで見つけた教育玩具「プラチカ」、西ドイツ生まれでダッコちゃんのタカラが販売。
じつはコレ私が幼い頃遊び親しんだオモチャなのだ、約半世紀ぶりの再会である。 なんとまぁ、、。

パッケージや名前の記憶はおろか買ってもらったも無く、いつしかそこにあり積極的に遊んだ事しか覚えていない。



63
この玩具は六つの基本パーツをジョイナーで繋いで立体物を作る寸法、他にお化粧パーツや回転パーツが付加されオリジナルな造形ができるというシステムね。
子供でもキッチリ水平垂直直角が得られる優れた設計であり、現在のモデラの目で見ても型ぬけのテーパーがほとんど見られずスライド金型、全体の仕上げ等スバラシイものである。



64
リーフレットのさいしょに記された言葉、「おかあさまへ・・・」。



65
次ページに繋がる文言がおもちゃの説明書とは思えない。
「暮しの手帖」花森安治のような、戦前 戦中 戦後を体験した有識者なんだろね。




66
レパートリーず。
私が持ってた物はどれにも当てはまらないのね、基本のパイプとジョイナー、四角いスペーサーと大小の車輪。 おっきい車輪はトラクタ用みたいだったキオク。
オフクロが友人から基礎セットの一部を譲り受けたのか、、わからない。
ただ基本パイプねらはもっと浅い蒼だったとオモウ。
plastic-antでググったらメーカーが譲渡されてるのね、ほんでもって初期のメーカー製は浅い蒼だったって。




67
約半世紀ぶりに組み立ててみる。 
・・こんなに大きかったかなぁ・・



68
パイプフレームの完成、ここへスペーサーを挿入するのだ。




69
なんか眼がチカチカする色合いだねぇ、



70
完成だ。
この後私の興味はレゴブロック移行し、大事にしてたパイプ玩具がどうなったか記憶にない。 捨てられたんだろうね。

ちなみにこの当時のレゴは今みたいな特殊パーツ満載のマニアックブロックではなく、基本ブロックと色の組み合わせを愉しむ教育玩具だった、なので私は現行レゴは好きクない。 



71
今回セットでの出品だったので計4種類購入したけど、、ラーメソにギョーザなお値段。

しっかし、まさかコヤツと再会できるとは思ってもいなかったよ。



72
ハイ! 今宵もユドーフ♪。