apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

FK310LA Sport! いわゆるモペット!!。

ドラの APOLLO インチキ!  いわゆるモペット!


 天気晴朗なれど風強し。 

脚腰はだいぶ回復してきた様子。 しかし未だ油断はできない。
元来過度な心配性なタチな故、毎日アレコレ悩みまくり。 精神状態はめっちゃ危篤。



心身のリハビリを兼ねたモペットでの「河川堤防ツーリング」通称 ”土手ツー”、ぽこぽこ走る。


33
身近の一級河川を巡るソロツー。 時速30kmでまったりと。 これは寒河江川。 
基本土手と農道・田舎道。 信号機のある交差点は避けるので、60kmを超える道程でも家から家まで信号機はゼロである。


35
この川には魚道が点在する。 鮭?鮎?。 雪解け水によるダム放流の為か水量と勢いが激しい。


34
さっきの写真、タテヨコ違いで。
空が広いよね。 
お空の広さは人類共有資産、天の贈り物。 どんだけ享受しても無料なんだぜw。 
ココロが洗われる。


36
前回のログにて紹介した物件。 詳細ぞなもし。


38


37
ダレぞ情景仕立てるか?。

40
こいつレックスか?。


39
ドラのAPOLLO、ううううう。



またも「ばいくちゃんねる」に載ったぞ。 なんで?。

ドラの APOLLO インチキ!  その他?


 晴天が続く。 朝は寒いが。
坐骨神経痛の再発で足腰が痛み、立たない。 肺がヤられてるのか疲労と全身倦怠感に悩まされ、肉体的にも精神的にもキビシー状態が続く。 クルマの運転でも両脚が攣り、痛いしあぶない!。 ひょっとしたら「更年期障害」の可能性も捨てきれず。
ま、しばらくはゆっくり休養しようとオモウ。 ここ数年間の疲れを癒さねばなるまいて、、。
でも、何をやっても無味無感想で食事もおいしくない。 生きる喜びや希望、日日の生活の中に潜み現われる光や輝き。 それらが全く消え失せ、ザラザラとした不安と恐れ、脱力感があるのみ、、。 模型だってここ1ヶ月完全に遠ざかってる。 ヤル気が失せた。




そんな中、唯一の楽しみがモペット。 
早朝に田んぼ道へ繰り出し、川原の土手を走る。 河川管理用の細い舗装道路を下りのんびりと走る。
4
土手道が途切れたら農道を渡りふらふら彷徨う。
国道はもちろん県道、幹線道路をもスルーし、ひたすら淋しい道を繋ぎ渡る。 当然信号機等も無いので、たった速度30kmなれど短時間で驚くほどの距離を巡航してる。
川の流れや木々の佇まい、風と空気、なにより圧倒的に広い空が気持ち良い。



 6
昨日みつけたスンバラスィ情景。 あまりにもテンプレな構成にビックリしたぞw。


5
ホラ。 廃車フェチ、錆びマニアもってこいダロ♪ 意図的に設えらたにしても出来すぎなカンジ。
森永マミーのコールドケースが花を添えてる。 つか、ナショナル坊やも隠れてる!!     ありえねー!。

事実は情景模型より奇ナリ・・?。



7
模型するぞ。
心機一転、新しいカッティングマットを買ったよ。 過去の自分とはオサラバだ!。


8
ドラのAPOLLO、SMのコルゲートカバーを作ろうとオモウ。 t=0.5mm、巾4mm、間隙0.5mmで短冊並べたいのだけど素材(部材)をこしらえるのはメンドウ。


9
エバーグリーンのプラ短冊がぴったし。 こいつインチサイズなんでメートルとは微妙に寸法ズレるんだけど、そこはソレ、「テキサス式照準(テキサスビンテージ)・大まかに狙って撃つべし♪」でやろうぞ。


10
ベースの幅は決まってるからね、いかにピッチを保ちながら なおかつ水平を出せるかが肝心。


11
ほうほう。
どこぞの赤き妖怪ネコの、、ハラマキみたい。 ピッチ管理と幅合わせは上手く行った。


APOLLO9号 ガムドロップ。 こいつの表現は至難が予想される。 
でも、リハビリはいつまで続くかわかんないし、いつまでもウダウダ悩んでいて非建設的。 足腰はダメだけど、お手手は極力前向きに動かそうとオモウ。

   

イロイロ


 先週は再びの「うちゅのみゃー!」出張でへべれけに。
天候も気温低下と猛吹雪で真冬に逆戻りのよう。 
それはそれは北関東をも含めた大荒れ、うちゅのみゃーからの帰途は散々だったよ。




そこそこ積もった雪も消え、今日は上天気。 それなりにあたたかい、、。

34
冬眠から叩き起して引っ張り出したぞ  のモペット!。  うん、走ったよ いっぱい。
こいつ、非力なのはウワサにより重々承知。 でもそれは、バイクとして眼鏡をかけちゃうからそうなるんであって、私みたいにハナから「自動チャリンコ」として対峙すればホラ、何とも快適なノリモノだったよ。
25kmあたりから怖くなるが MAX35km出る。 路面からの振動&ショックはあるもの太いタイヤのおかげで自転車より軽い感じ。 親からもらった二本の脚でサポートすれば発進もスムース。 下手な原付よりも立ち上がりがスムース。 
ちょっとした丘も脚サポート(疲れない)でヘッチャラなのだ♪。 
ただね、幹線道路等の交通量が多い道路はキケンだ。 路地から路地へチマチマまったり走るのが吉。
ほんでもってかなり目立つ。 3時間程の走行で写真撮られたり、送り狼や声かけ等複数回だったよ。
これは神経質だけど面白い乗り物だと思う。 



32
インチキAPOLLO、窓造作に悩んでたんだけど、悩む必要なんて1%もなかった。 キッパリ切り捨て。 耐熱シールドをフタして次に進もう。


33
ハッチ! 9号のハッチはホカとはちょっと違うみたい(?)
治具で筋彫りの後、次なる攻略方法を模索するべぇ、、。



27
先日リサイクル店で見つけたガラクタ3点。 ランプがふたつとお酒の小瓶。 これでセンエンちょっと。 ハオハオ。


30
汚い中型の吊り下げランプ、その芯ホルダの内部、内側に印刷が見えるよね。
これはプリントミス、あるいは製品化されなかったブリキ材料をリサイクルしたんだね。 昭和40年頃まではよくあった事例。 私が幼い頃に遊んだティントイ(ブリキ玩具)も内側にはプリントがよくあったキオク、戦後の貧しかったニッポン工業の忘れ形見だヨ。


31
ホレ、磨けば光る!。 ホヤ磨きは得意だよ。 うん、古いものを蘇らせるのは愉しいね。


26
赤い豆ランプ、70年代後半のTAIWANか後のシナだろう。 芯ぐりが不能なんでオーバーホール。 


25



ここは芯ぐり(芯の出し入れ)の心臓部。 星型の歯車で芯(丸芯)をオペレートする。
普通ならちょっとの調整で済むハズだったのが、芯棒の穴の移設やら大手術となって候。


29
ハイ、めでたく退院後、私の愛用の豆ランプとツーショット!。
えぅ? まさかの豆ランプ、恋の予感??!


28
これはナンだ?。
テキーラなのだろうか?。 ガラスのサボテンがワンダフル。
ううう、飲めるのか????

いわゆるモペット!!ヘルメット4 完成!。

 本格的な雪が降りやがった。 っとは言っても軽いジャブみたいなモノだけどね。
ここ暫くぶりにお日様顔を出したんだけど、まだ寒い。

6
こう云う寒い晩は「鱈のザーメン汁」にかぎる!♪。




1
ホイ、1/1 WW2 U.S. タンカースヘルメット(初期型)の完成だ。
工作バリバリ不安だったけど、良い感じに仕上げる事が出来た。 うん、メッチャいいぞ!。 
しらべてみると、WW2 U.S. タンカースヘルメットのレプリカあるんだね。 後期型でおそらくシナ。 かなりチープで2マン7シェンエン?。 今回のこれは手持ちの皮革と縫合材を使用し、買ったのはヘルメット自体とヘッドバンドの革ベルト、それにホックを少々。 全部で5シェンエンでお釣りがいっぱい。 ま、わるくないぞ。♪


2
ウシロ。
4種類の皮革、1mmプラ板、ゴムバンド、ホック。 皮革は縫合をメインとし、帽体への結合はG17ボンド、いわゆる「鼻くそボンド」を多用した。 このボンドテクは「こまったちゃん」が得意とする分野けれど、私はなかなか上手くできないんだ。



3
正面。
縁のおでこに当たる部分の革。 これがアクセントになる。
乗用保安帽なので、厚みのある発泡スチロール製ライナー(20mm程)により、実物よかひと回り大きい外観を呈している・とオモウ。 でも、そのライナーのおかげで着用具合、フィット感は十二分良好。
オマケのゴーグル。 手持ちのM1944ダストゴーグルが行方不明なのでフランス製?ゴーグルを添えてみた。
これはオートバイ兵やらパイロットやら、ドイツ軍やらメリケン軍やら、、多種多様に使われた、まぁ いわゆるゴーグルみたいだね。 違いはヘッドバンド。 幅広いのがパイロットなにがし用なのカモ。
映画「ヒューリー」のクルーもこれと似たようなの付けてたっけ?。

模型を作るのは楽しいけど、こう云ったクラフトワークも愉しいぞ。




4
この茶色いバイアル瓶はナンだ?!。 今日、私の兄ィから渡されたものなれど、、 臭素?。
宮城県の秘境・奥新川。 その「新川」沿いに有名なニッカウヰスキーの工場がある。
そこで入手した「シングルカスク」だという。 宮城峡モルト20年か?。 おおお、元祖タル野郎もビビッてるぞ。



5
バイアル瓶、なんかおチューシャしたくなるねw。
お尻に皮下注してあげよう。 ならんで♪。





私、Twitterしてみました。 
忙しいのでログの更新もままならず、そんなら手軽な「ピーチク パーチク」にでも、、と。

うーん  タンポポ黒うさぎ?  



いわゆるモペット!!ヘルメット3。

 今日はお休み。 なれど邪悪な低気圧のせいで終日ミゾレ降りちょびれ。 寒いし ヤ になる。
先日パンクが見つかった冬タイヤ。 ガススタで修理してもらったり(2本!)、食料品のお買い物 だったり、お酒や何やらの補充もしたればマンエン札が綺麗に消えた。 ううう。




95
モペット用ヘルメット!WW2米軍タンカース仕様。 チマチマの連続の甲斐あって全てのパーツが揃ったナリ。
あとは連結させるべくチクチク縫うのだ♪。


96
♬ソーイン ソーイン イッツ ソー ハッピー♫、、、。
めんどくせー かったりぃー の 疲れるぞ!。
ま、長いこと「作る」をしてたから、根気を要する単純作業は慣れっこになってるよ。 本来短気な気性なんだけど、「短気な奴ほど辛抱強い」「釣り人には短気が多い」みたいな?。 クライマー、山屋さんなんかはどうなんだろね?。
短気=飽きっぽい・では無いのかもしれない。 気が短いからこそ作業の工夫、効率を求めたり治具の工夫をするのかも、、。 ホントのヤヴァイ短気はそう云う事をスルーして力任せで突っ切るのかもしれない。
同じワークの切出し 整形、延々なる削りと研ぎ出し。 模型、特にスクラチにとって避けることが出来無い地道な作業、繰り返し。 短気であれなんにせよ、歳をとって経験豊かな古狸になったアカシなのかもしれない、、。


 97
カタチになったよ。 あとはヘッドバンドとネックバンドを取り付ければ完成。
手持ちのドットボタン(ストロングホック)が切れちゃったので買いに行ったら何処も扱ってないのね。 ショック!。 アマジョンでポチって、今週中に届く予定。


98
ウシロ


99
ヘッドバンドを載せてみた。 
このヘルメット、実物は皮革と樹脂で構成されていて、軽くスリムで良好な実用性を持ったデザインだとオモウ。
狭い戦闘室内で使用する為にギリギリのサイズ。 おそらくこのタンカースヘルメットのうえにM1ヘルメットのアウターシェルを被る事が出来ると私は思っている。 日本軍の戦車帽も軽くて優れた構造なんだけど、雨に濡れたら崩れるみたいだね。 
このいんちきレプリカは、小型二輪用の乗車ヘルメットをベースにしてる故ひとまわり以上大きい。 発泡スチロールの緩衝材が有る故致し方ない。 かなり残念なんだけど、、、。



100
耳あてのレシーバー部がさみしいので、それらしいのを入れてみた♪。
ウイスキーのキャップね。 2.7Lのペット用なんだけど、ぴったりだ。w

いわゆるモペット!!3。


昨日は雨降り、今日も雨降り。 ココロに苔が生え候。
ブログのタイトルを、モペットの製品名から「いわゆるモペット」へ変更。
ググルで画像検索するとスゴイ事になっちゃってるの。 先週末だと99.8%が私関連の画像。 肉まんまで、、。
今日は96.8%程度か?。 なんにしろヤヴァいし、ある意味テロでもあるからして。

94
モペットのナンバーを取得。 市役所行ってね。
手続きカンタン! 無料でオーケー 手間要らず♪ のハズの予定だったんだけど、
役人(♀)「メーカーどこですか?」
私    「フキ・プランニングです。」 
役人(♀)「そんなメーカー知りません。 ホンダとかヤマハじゃ、、」
私    「自転車ベースのモペットですから。」
役人(♀)「自転車には交付できません。」
           「少々お待ちを、、。」
その後、上司が出てきてあーだのこーだの、。 ポンポン知らない世代じゃないハズなのだが、、。
結局、メーカーの取説見せたら納得(コピー取られた)してくれた。
まぁ、かつてライフの登録時にも現行の黄色ナンバー出されて面食らった覚えがあるのだが、、、。
よく云われる「ゆとり」ってあるんだけど、世の中全てが「ゆとりっている」んだとオモウぞ。




「フューリー」って映画。 もうじき公開!。 面白そうだね。
というか、、これ西住流じゃんw。 イイのか??。 なんにせよ行進射、出来無いハズなんだけど、、照準器のレチクルはM4なれど、距離が、、。
私のウインタージャケットはA2もしくはタンカース。 タンカースはおっさんジャンパーに間違われること多大ゆえ、キッチリ機甲師団パッチを肩に縫い付けてる。 階級はプライベート。 派手なシマシマの特務軍曹など野暮この上ないね。 いいとこ技能曹長(Tコーポラル)だ。
ふふふ、来年はww2米タンカーブーム襲来か?。 タンカーズヘルメットなんてレプリカすら売って無ーぞw。

 いわゆるモペット!!ヘルメット2。

 三連休のハズが、、無慈悲な出社命令。 明日は仕事だ。 ゥオゲェェェ!


90
ヘルメトー、ちまちま セコセコ少しづつ作る。 
基本は皮革細工、過去に買い集めたハイドステッチングツールを引っ張り出す。 これはエングレーバー。 本来の目的は、ステッチの糸をを革に埋没させ、擦り切れを防止するためのミゾを掘る道具。 縁飾りのミゾにも使用するのだけど、、、。 皮革工作の源は「武具馬具」であって、メリケンだと圧倒的に「馬具」、次いで「ホルスタなどの銃器関係だ。 おのずとミリタリも含まれ追従する。
このエングレーバー。 レザークラフトでバッグやらウヲレット作ってるヒトでも所持、使用してるのは少ないみたい。 ま、厚=2mmを越える「武具馬具」にのみ必須なのだろう。 本気コイてハイドやるには必要不可欠なんだけどね。


91
ミゾをなぞるようにステッチホールを穿つ!。 これは専用のポンチ(?)歯が3本あるのだが,内1本を既存の穴に合わせピッチをキープする。 つまり一回に2個づつしかパンチ出来無い=かったるい作業なのだ。 3歩進んで2歩ryみたいな?。 このポンチの歯は菱形になっていて、ステッチの並びが美しくなるように出来ている。   ハズ。


97
これはビーズワックス、いわゆる蜜蝋。 糸に擦り込んで防水と摺動性を持たせ擦り切れを防止するの。 糸は普通「麻」みたいだね。


92
まづはネックガードの完成。 きれいすぎて違和感バリバリんちょ!。 色はクレオスの12番、航空オリ−ブドラブ。 もちっと茶色を強くしたいんだけど、うん、私、瓶生派だから♪。


96
これは両サイド、耳あて部分のインカム押さえ。 ううう、チープ臭ばりばりだねw。


94
革の垂れ部に縫い付けよう。 ますますチープ。 いんちきレプリカみたいだぞ。 
東京レプリカやどこぞの商品みたいだ、、。


93
ちなみにこれがステッチャー。 ぼすぼす刺して裏から別糸をくぐらせミシンステッチみたいにする。 ミシンステッチは片方(裏表)のどちらかが切れると全体がホツレルので「武具馬具」では非推奨。 2本の針で交互に縫うのがベストなのね。 だけど、このステッチャーによる擬似ミシン縫いはラクチンなのだ。


95
ちまちまとー チマチマとー、、。
 かなり疲れる、、、。


 いわゆるモペット!!ヘルメット。

 建設的な重労働は一休み。 代わりに汚れ仕事が続く。  ヤダ。

登録もせずに越冬を決め込む我がモペット。 
未だ本格的な冬の到来でもなく、春はうんざるするほど彼方にある。



84
乗用ヘルメトーを購入、 ホムセンでの安物。
ダックテイル(ダグテイル)と謳っているがインチキだね。 ダグテイルはこんなシルエットじゃない。
ま、これをベースにして改造するのだ。


86
縁をカットして、いわゆる半キャップ(ガキンチョ仕様)にする。 ほんでもって発泡スチロールのライナーを無理くり剥がす!


85
こっからがタイヘン! パーツを作るぞ。 これはネックプロテクタだ。
t=1mmの☆★プラ板を貼り合わせて曲面を安定させ、2mm厚の部品をこさえる。


87
こいつね、皮革を多用するの。 むかしに買い集めてた革を大集合。 
ナニを作ろうとしてるのか? って、、。 うん。


88
ボチボチとパーツをこさえる。 完成出来るか未知数で不安だし、材料も足らない。
それなりに機転を利かせて中古部材など揃えているが(革ベルトトカ)、予算もキビシー。


  で、どんなヘルメトーを作ろうとしてるのか?、、
ww2アメリカンタンクヘルメット!。 しかも初期型!!。
 かつて実物を所持していたんだけど手放してしまい、資料としての写真も2枚だけ。
でもね、実物が手元にあった時に作ったミニチュアがあったのサ♪。

89
これ。
緻密に再現したハズだ。 十二分参考資料になるぞ。 しかも立体。

ゆっくり作るのだ。 春はうんざりするほど先だから、、。





 いわゆるモペット!!2。

終日雨降りで寒い。 低く、厚く垂れ込めた雲は暗く重く、、。 気が滅入る。
痛めた足は、ギプスのままでハードな仕事に耐える。 もう松葉杖も必要無い。



66
モペット!。 素組み終了。 ナンバー取得すれば走れる状態。
ただね、こいつインチキだよw。 手作り風味満点なのは致し方ないが、電装の取り廻し等がアチャラカぷう。 配線はインシュロックで固定、ギボシ端子が剥き出しのままね。 うん、雨って云うのが降るんだヨ ニッポンでは。
それと、各部のネジやボルトは増し締め必須。
うん、こいつマッチョでグラマーだよ。 サドルも大きいし、ハンドルも広く、左右ナックル一個分ワイドだ。
元々はビーチクルーザーって云う自転車らしいのだが、基本大きいモノなのか、狭い室内に置いているから大きく感じられるのか?。


73
インタフィスをフィットさせる。
これは左ハンドル。 シマノの変速機(天地逆)、ベル、リアブレーキが付く。
手前の親指に当たるレバーはエンジンチョークレバー。 可変具合を固定出来無いけど、イイのか?。


72
これ右手。 フロントブレーキとスロットルレバー。
農耕機みたいだねw。 バイクみたいに廻して可変させるパーツも安価で売ってるので、留意しておくか。


67
後付けウインカー&ストップランプ(LED) 中華テイストばりばりの安物!。
このモペットメーカーから買うとロクシェンエンなんだけれど、アマジョンで1500エン程度で手に入る。 めっちゃバリバリの「シナ」だけど、、。 自分で苦難を乗り越えられるヒト以外購入禁止!。


68
ホレ見ろ。 ステーの長さが足んねー♪。 


69
ストレージ、バッグを考えよう。 お買い物やらなにやら、収納スペースは要確保。 2stオイルも常備しなくちゃいけないし、、。
これは旧東ドイツの背嚢だね。 完全防水のスグレモノ。 実用性バッチシなんだけど、、ダサいか?。

 70
これはどうだ?。
鈴木妙子スペシャル!。 ナチュラルな皮革カラーとボクシーな大正モダーン!w。
だけど用量プアw。


71
こいつは予備燃料携行缶。 
本体は1.5Lのチープなフュエルタンク、しかも混合榛名。 予備燃料は必須だゾ。
この水筒はイタリア軍の2ℓの大型。 アルミでカバー付き。 カコイイぞ。

ドレスアップで残る問題はヘルメットだね。 どうすべえ、、。



いわゆるモペット!!。

 先日まで、「日中晴れてあったか!」だったのが今日は終日曇天。 おまけに雨も降りちょびれ。
それほど寒くはナイのだが、冬の到来。 気が滅入る。
骨折したる足指は順調に治癒中(?)。 びょーいんの待合室には「聖おにいさん」がそろってるので時間潰し良好、かつ通院が楽しみでもある♪。

私、自転車大好き。 かつての若き日は一日で20や30kmの行脚はヘイチャラだったし、今だって市内の小路細道、縫うように走りながらね、街の空気や季節の移ろい、旧態依然の路地に漂う生活臭&佇まいを立体的に肌で感じながら走る。
私の住む街は盆地の扇状地。 南北はホボ平らなれど東西には傾斜がある。 某SF「龍の卵」で描かれた中性子星世界の住民、チーラたちが磁力線に縛られるがごとく、、自転車には厳しい。
ひと月ほど前だったか、いつものように自転車で出かけたがダメだった。 脚と腰の不調でメロメロ。
体力はあるもののバランスがおかしい。 漕げないの?。  もうダメか?。

これは原付バイクにでも乗るしかないか?? と思案したんだけど、いまさらバイクもキビシー。


58
で、コレだ!。 買ったぞモペット。 デカい箱で本日納入。
箱のままで二階の我が巣へパックラットしようとしたんだけど、、重い、がさばる。 


59
玄関で開梱。 おおお。

60
独力で二階へパックラット成功!。 この後ゆっくり組み立てるのだ。 ほこほこ。


62
ううう、ひとつひとつのパーツがジャマでやっかいだねw。


61
これが心臓部、31ccのエンジンぞなもし!。 ←非力だろうね。


63
取説!。

こいつをひと冬かけてドレスアップしようとオモウ。 痛みに耐えてがんばった自分へのボーナスだ。


64
これが素組みした姿。 メーカーカタログ画像。 
どだ、カッコイイだロ♪。 オサレだロ。

57
発注時のカタログではフロントブレーキがママチャリ非力キャリパだったんだけど、納入されたコレは強力スポーツVブレーキだった。 これはうれしい仕様変更。

ま、ゆっくり仕上げるべ。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

apuro

Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
エンフィールドNo1 Mk掘
月着陸船のヒミツがココに!
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ