apuro

模型の制作、 ミリタリーコレクション

入院 おたんこなす!

MAN on the MOON 再開?? 入院費!


 今日は終日曇り空、気温もそこそこ(と、言っても4度程度)で雪解け進む。



IMG_0206
APOLLOルナスーツの生命維持装置PLSSを操作する箱、胸に付けてるPLSS REMOTE CONTROL UNIT (RCU)を表現、、、。
このね、メリケン漢字文化無いから3頭文字で略すの大好き・4文字以上だと「韻」というか読みの流れを意識してムリクリ誂えがちで、、。 バクスタのSF小説「スタープレックス」だったっけ、地球人の韻踏みにヴォルダフード族のジャグが不満たらたらだった様子。
このRCU、複雑なカタチなので箱組みの仕方に悩んだの、二段の重箱重ねにしちゃったけれど本当なら良く無い方法だとオモウ。 側面のツラ合わせ等に手間と支障かかる。



IMG_0208 (2)
つるんと角落とす。 平面に不安がある所はt=0.3mmの板あてがってサポート、それなりに誤魔化そう。



IMG_0207 (2)
上面の操作部、インジケータを表現。 こう云う造作のデッサンと寸法出しはアタマ痛くなる。


IMG_0210
紙に描いてプラ板に貼り付けてカットする。 私は貼り付けにはスティック糊使ってるよー。

この手の採寸、例えば立方体の縦横奥行き寸法を得る場合、資料の立方体の縦横アスペクト比とスケール化した場合の寸法を測り互いのアスペクト割合を基に計算すれば近似値得られるハズ。 立方体に付随する凸凹は定規で測るの良いがデバイダでも大まかな比率得ること出来る。 デッサンでペンシルかざして対象物の割合角度測るのといっしょ、むかしの砲兵やシューターもおんなじあんばいで戦ってたもよう。


IMG_0209 (3)
RCUの裏側、ルナスーツとの勘合部。 めんどくさいねー、最終的にはファブリクで包まれて見えなくなるんだけどねー。 でもチラりと見える可能性あるので作る必要アリ。 いっつもそうだ、5%のチラリのために86%の表現。 コスパ悪いが妥協は出来無い!。



IMG_0211 (3)
雑記・今日はお休みだったので先日入院した病院へ支払いに行った。 予想した費用より2マンエン多い請求にショック受けたがヨシとしよう。 加入してる生命保険の還付受ければトントンになるか?。
画像は協会けんぽからの入院治療費用の明細、食費から検査、使用した薬剤と器具が6pにもわたる詳細で提示された。 昨年末に保険の改正?があって入院時の食費が値上げしたらしいけど、こう云った保険内容の開示も改正されたんだろうか、、。 以前の屈筋腱断裂手術入院時には無かった。



Baidu IME_2019-1-24_16-24-33
先日のブログアクセスカウンタ、ブッ壊れマキシマム! 1日でヨンセンハッピャクマンアクセス・アフリエイト咬ませば一気に大金持ち!!。


DSCN3941
オマケ、先日の通勤経路なんだけど雪の踏切に捕まった の図。 ケンケン鳴ってるけど列車来ない、踏切の表示では「上り」なんだけど列車の姿は待てども見えず。 4分以上待った時警報収まって遮断機上がる。 ハテ?なんかトラブルあったのか?。





入院! おたんこなす2? 五日目・    

 画像で綴る入院生活、2019版。  五日目 2019 1/15のログ ケンケンケン♪。

ログタイトルが”おたんこなす”となっているが前回の初回入院&手術は自己のミスによるものだったんで「おたんこなす」なんだけど、二回目の入院手術は医師とリハビリ士のミスであるしぃ今回は感染症による扁桃腺炎よるものでけっして「おたんこ」ではないとオモウが如何に。
今扁桃腺炎も最初に受診した内科医もインフルエンザと誤診したし、私も十二分に注意して生活してたつもりであった。 ここ20年来インフルワクチンの接種をしてないのにも関わらずインフル罹患は一度だけで乗り切ってる。
でも、扁桃腺が腫れただけで(充分苦しい)即入院になるとは思っていなかった。 ミナサンも油断めさなるよう、、、。



IMG_0173
05時頃、ぶり返した痛みに耐えかねて鎮痛剤を服用。 ロキソニン系で食前の服用可なので助かる。 06時起き。
07時にネブライザ吸入、読む本もなくなり院内彷徨も手詰まりとなりヒマを持て余す。


IMG_0178
朝ゴハン!、キノコと大根おろしの和え物、蒸した白身魚とスナップエンドウに高野豆腐と野菜煮、ご飯とおつゆ。
このレベルの朝食なら見た目は貧弱なのかもしれないが文句言う事出来無いハズ。


08時にオフロ、点滴管から開放されてるので入浴フリー♪。 広い浴室内でぱんつ洗う。
(洗面所での洗濯が禁止されている)。


10時に点滴開始。 セオリの左腕だったんだけど看護師が針挿入に失敗してるのがわかる。 静脈下部に突き抜けて、、再トライしたれば横チョに抜けて点滴開始したれば液溜まってぷっくり膨れて、、「ダイジョーブだヨ、こっちの好きなトコ選びな」と右腕を差し出す。 私のゲソムスメも看護師の修行中なので無下には出来無い、いくらでも笑顔で協力するぞ。

病棟内の診察室にて退院のスケジュール与えられる、明日午後にも退院できるとのコト。
予想より早くてラッキー。


IMG_0182
11:45、オヒル!、メンチカツ&クリームコロッケ、とろろ、野菜和え物、ビミョーな炊き込みご飯、オレンヂ。 小袋のソース付いて普通にオイシイ。 


IMG_0184
持ち込んだラプトプPCに入ってた映画観る、「これは私の兄ィがダウンロードしてたモノ。
1968年の東宝作品?とってもチープな作品なんだけど主役の92式重機関銃がスゴイ、本物?。 
嵐山のヤツとか六研ムトベ氏の一品物とかの混在なのかねぇ、、。


IMG_0185
続いてオネアミスを観る。



IMG_0186
晩ゴハン、肉野菜炒め、キューリとトマトの春雨サラダ、ご飯とおつゆ、カボチャ。 さすがにカボチャは半分残したよw。



IMG_0187
ベッド全景。 まぁね、今時のニンゲンは運良く行けばこう云うとこで死ぬんだよね、運悪いとアスファルトの上なんかでご臨終。


IMG_0191
これ病室ベッド備え付けの照明、LEDクラスタで照射範囲が狭く非常に暗い。 もともと暗いベッドだったんで読書や写真撮影に支障きたすことマキシマム。 食事の画像に影多くイマイチなのはすべてこやつのせいなのだ。





  ハイ!画像で綴る入院生活、2019版。  六日目 2019 1/16のログ ケンケンケン♪。 退院だよー。


IMG_0189
05:30起き、即検温。
07時のネブライザの後採血。

前夜より引き続きラプトプでDVD観る。 おおかみこどもの、、。


IMG_0188
朝ごはん、とろろ、ブロッコリとタマゴベーコン巻き、ひじき煮、ご飯とおつゆ。 味付けしっかりしてる。


10:10、最期の点滴抗生剤。  点滴終えれば即抜管。



IMG_0190
オヒル、牛丼風のなにか、おひたし、骨付き鶏のフライ、リンゴ、ご飯におつゆ。 最期の食事。 骨付きフライドチキンとは斬新だ。


この後荷物のまとめと退院手続き、私服に着替えちょこっと外徘徊。 ニョーボのお迎えにて帰宅。

5泊6日の入院生活終了である    ケンケンケン!。

入院! おたんこなす2? 四日目・


   画像で綴る入院生活、2019版。  四日目 2019 1/14 ケンケンケン♪。


前夜は点滴再開され21:30頃寝。 夜中と明け方に痛みと尿意で目覚めたがその後深く寝たらしく06時の検温で起こされた。

四日目になると沙婆時間から入院時間に切り替わりペース配分がのんびりとなり時間の進み方が速く感じるようになる。 ヒマなのは相変わらずなのではあるが、、。


IMG_0163
07:45、朝ごはん。 ボイルウインナとレタス、野菜シチウ、野沢菜漬け、ご飯におつゆ。 これはイマイチ、特にウインナが凹だったけどマヨとフリカケで凌ぐこと出来た。
こーゆーメニウに対面すると「パンにシチューにミルクにお新香かよ・」って漫画「アキラ」のセリフが思い浮かぶ、いつでも♨。


読書、本を求めて院内彷徨う。 階下から始めて上登る、各病棟付随の書架から引き抜いてパックラットして読み終えたら自己の病棟本棚に突っ込む。 おかげで私の病棟の本棚パンパン。
各病棟にて手塚治のコミックと椎名誠の文庫本多いんだけどイマイチなんだよねぇ、「安生正・生存者ゼロ」を読む。
うん、おもしろかったけど「滅びの笛・西村寿行」みたいでアレだった。



IMG_0164
本を求めて病院を登る。 これは最上階からの眺め(北北西)。


IMG_0165
こちらは西側、右手の道路は城址公園の大手門に至る。



IMG_0166
東側。 つまんないね。


用意した下着が底着いたので洗う.。 私は兵隊さんなので何でも自己完結がモットー、足臭くなりそうなんで売店より台所用スポンジ買ってきてゴシゴシ洗う。


IMG_0171
オヒル!。 マーボドーフ、カリフラワサラダ、しなびたレンコン挟み揚げ、オレンジ、ご飯とおつゆ。
充分おいしい。


喉の痛みは改善されないが受身で過ごすしかあるまい。 抗生剤による肝機能値が低下してる様子なのが気にかかる。


IMG_0172
ホレ 晩ゴハンの時間だ。 赤魚の煮付け+牛蒡、おひたし、野菜の煮付け卵あえ、赤飯とおつゆ。 成人の日の特別食か?。
病院食でのお赤飯、もち米比率少ないけどしっかり赤飯してたよ。



IMG_0170
19時すぎに点滴確保、抗生剤滴下。 点滴終われば針抜いて就眠、21時に寝。

    四日目の終わりである。 


入院! おたんこなす2? 三日目・  

 画像で綴る入院生活、2019版。  三日目 1/13 ケンケンケン♪。



前夜は20:30あたりに点滴メニウ終了し抜管、21:30頃に寝る

06時起き、外は暗い。
病室の洗面台前通路が水浸し、天井の空調ダクトからの漏水か?、過去居た事業所で何度も出張処置したキオク案件。


IMG_0159
06:30、お風呂入る♪。 前回入院した所と同じ様な浴室。 「点滴抜いてるから浴槽使って良いよ」との事なので遠慮なく湯張りしてとぷん・と浸かる♨。 


IMG_0160
朝ゴハン!。 ちいさなオムレツ、ブロッコリ、温サラダのようなおひたしみたいなの、舐物(ゴボウ味噌?)、おつゆにご飯。
ブロッコリにはマヨで付随したドレッシングはパス。 私は一日三食年中無休でおさんどん・ご飯作りしてるから黙って寝てても定時に上げ膳下げ膳、バランスとれたゴハンは有り難く大歓迎!よほどでない限りモンクは言わない主義なのだ。 同時にこの手の給食業務もちょこっと経験あるから献立調理配膳配食の煩雑さと苦労、裏方の実態は良くわかってる。 学校給食やお店のミールは吊るしの量産型だけど病院食は各個人向けのセミオーダーみたいなのよね、これらは”健常者の普通食”なんだけど量や好き嫌い等の要求にも対処しうる柔軟性があるのだ。 老人介護施設なんかだとエグい様相となる。



IMG_0168
徘徊中年が行く!、病棟のローカ。 左手にトイレがあり少し進んだ左壁に一週間の献立表がある。



IMG_0167
180度廻ってウシロ、左が私の病室。 6人部屋。 



IMG_0169
ベッド!。 ここ狭い!。
3床x2列の真ん中でなんとも暗い。 壁から伸びるアームスタンドはLEDクラスタなんだけど極狭スポットで暗いことおびただしく画像撮影や読書に難渋する。 
ベッドに伏せた書物は「西遊記 下巻」 上巻は無かった。

日課のネブライザとうがい、看護師による検温問診、「ハイうんこでました、ゴハン平らげました」etc・・。


IMG_0161
オヒル!。 お饂飩、カマボコと野菜の和え物、キス・イカ・茄子の天ぷら、バナーナ。
天ぷらおいしい。



IMG_0176
西遊記の挿絵、良い味出してる。
西遊記はお話しの前半は良く知ってて馴染みあったけれど後半に関してはイマイチだった。 ドラゴンボールは問題外だけど般ピーの認識は似たりよったりだよね、今回初めて”西遊記の物語り後半部を得ること出来た。


IMG_0175
カメの背にのって河渡る・の図。 この絵師イイ。

午後より腫れと痛みがぶり返し苦しい。
あまりに酷いので腫れた患部へ注射針を入れて膿疱の有無をチェックされた。 キシロカインで簡易麻酔し注射器ぢくぢく。
結果膿の存在認められず。



IMG_0162
晩ゴハン!。 焼きサンマ(135g)、ふきとエダマメ、おひたし、おつゆとご飯200g。
このミール、一日三食で1.850kcal、タンパク質75g、塩分8g。 まぁお米のご飯だけでカロリーの2/3に相当するみたいなのだが8gの塩分の采配が考慮されてるカンジ。 ミール全体に塩分振り分けるのではなくメインの副食に重点配分して結果美味しく頂ける様な塩梅。
それとね、前回の入院食のログと比較したら一品多いのね、これは昨年末に入院食の価格改定で50エンほどUPした結果の采配なのかもしれない。 360エンから410エン?の値上げ。
良く解からんが・・ のケンケンケン。


    神はこれを見て良しとされた  三日目の終わりである   創世記。









入院! おたんこなす2? 二日目・


 画像で綴る入院生活、2019版。  二日目 1/12 ケンケンケン♪。



前日の17時から開始された点滴は夜通し行われ、睡眠導入剤を服用し21時寝たのだが2時間おきに液パケ交換と巡回がありその都度目覚めることになった。

05:20頃起きて外へ散歩、あたりは真っ暗。

IMG_0146
07時に朝のネブライザ。 ネブライザ吸入は1日3回、07時、15時、19時。
耳鼻咽喉頭頸部外科と小児科が一緒なので至るところににマンガや絵本のキャラが溢れてる。 同時に幼児の鳴き声が満ち満ちてニギヤカである。


IMG_0149
朝食。 鮭、野菜炒め、納豆、おつゆにオカユ。
前日普通食への切り替えお願いしてたのだが朝食には間に合わなかったらしいがオカユに納豆とは如何様にせよ、、と。
入院生活はヒマとの戦いなのだがヒマというのは元気な証拠、高熱や激痛、肢体の不自由がなければこその贅沢。 私はTV観ないので読書しかないのだが病棟の本棚は極めて貧相で先が思いやられる。


IMG_0147
病室から見える市外北部、遠くに月山が見える。

IMG_0148
こちらは東側の様子、築半世紀の百貨店の萎びた外壁に圧迫される。

IMG_0151
その手のマニア受けしそうな風体。 w

IMG_0150
萎えた黄色いちんちんみたいなダクトが花を添えている。 このちんちんダクト、夜はちゃんと屋内に収納してるんだね。w



IMG_0157
お昼ゴハン。 切干大根と厚揚げ煮、おひたし、白身魚、おつゆにゆかりご飯、キウイ。 そこそこしっかりとした味付けでゆかりご飯も塩味付いてた。


IMG_0156
今回用意した入院食サポートキット。 こんだけあれば問題なかろう。



IMG_0152
院内の売店。 ヤマザキなんだけど狭くてイマイチな品揃え、ただ前回入院した所が大きくて充実しすぎてたのであってこれでも立派な部類なんだとは思うのだが、、。 まぁ道路挟んでスグの処に百貨店あるしね。


ぶっ続けの点滴、抗生剤と鎮痛剤のおかげか痛みと腫れが薄れて来る。
15時のネブライザを終え只只読書(蠅の帝国)で過ごす。


IMG_0153
院内徘徊。 土曜日なのでダレもいない。 奥にドトールコーヒーがあるがお呼びじゃない。

兄ィが見舞いに来てくれてスマホ置いていってくれた。

IMG_0154
ダレもいない。



IMG_0158
晩ゴハン。 里芋の煮付け、おひたし、豚ソテー35gX2+レタス、えのきの澄し、ごはん200g。 味付け薄くショーユとマヨの出番であった。


薬のせいなのかウンコ出ない。 水分はじゃぶじゃぶ摂取(腕からも)してるのに、、腹は張ってるのに、、。
就寝まえに無理して気張ったら出た♪。

   




入院! おたんこなす2? 初日・

 画像で綴る入院生活、2019版。  始まりはじまりー  ケンケンケン♪。



最初は喉の違和感だった。 風邪みたいに右上咽頭がカサ付くカンジ。
それが次第に強くなりしっかりとした扁桃腺の痛みになって、風邪であろうと判断。 手持ちの消炎鎮痛剤を服用したのだが改善されず。

発症3日目、触診しても解るレベルに腫れ上がり猛烈に痛み出す。 右の喉周囲、耳孔周囲も痛み出し嚥下はもちろん就眠にも支障をきたすようになる。 
インフルエンザの疑いもあるが発熱は37.8度程度で関節痛頭痛も無く、右の扁桃腺のみの炎症、かつ気管支炎の兆候も認められないし鼻粘膜にも異常はなく鼻水出ない。

4日目、内科医に受診したが「風邪であろう」との見解。 しかし激烈な痛みは収まる兆しすら無く取って置きのボルタレンカプセル37.5mgを服用するが全く効果なし。

5日目、これはヤヴァいとセカンドオピニオン、耳鼻咽喉科に行く。
鼻腔カメラ挿入されたれば中咽頭の右半分が膨張し塞がれている様子。 「紹介状作りますので指定の総合病院へ今スグ行きなさい」「入院デス!」  と。 アラそーなの?・・・・

お家帰って下着やら何やら取りまとめて紹介された総合病院へ向かうことにする。
用意したもの
    下着  上下X2  筆記用具とメモ帳(前回入院時の) 記録用デジカメ  タヲル&バスタヲル+歯ブラシ  老眼鏡  就眠時の愛用目隠し  BOXティシュー ラプトプPC+DVDドライブ&ソフト少々 保険証  印鑑  抗痛風剤と手持ちの眠剤少々。



IMG_0137



IMG_0138
外来へ紹介状を提示し耳鼻咽喉科へ。
ここで診察しオリエンテーションのスタート♪。


IMG_0139
検尿!。

IMG_0140
胸部X線、X線CT!♪。


その後入院説明受けた後乗ってきたクルマを自宅へ戻すため外出許可を取り一時帰宅(市中心部の病院で駐車場制限あって入院患者のスペース無しの為)
途中コンビニ寄って醤油、マヨ、ふりかけ、お茶購入、徒歩で病院へ戻る。 (洗面器とボディソープ買うの忘れる。)


IMG_0141
ベッド割り振られ点滴確保され立派な入院患者となるのだ。
点滴は生理食塩水と抗生剤、生理食塩水は点滴のルートを確保する為のものであろう。


IMG_0142
晩ゴハン・ なんてこったオカユだよー(´・ω・`)柔菜食・  嚥下の痛みに配慮した采配なんだろうが、、食い意地は痛みをも克服するのだ! 普通食喰わせろー!!。
オカユ300g、大根のソボロ煮込み、ポテトサラダ、茶碗虫、白玉ダンゴ、おつゆ。



IMG_0143
入院時の夜は長い、未明に着替えて周囲を徘徊。 点滴の袋ぶら下げての”外徘徊”はさすがにヤバい、以降大人しく引きこもることにする。w


IMG_0145
静かな待合室。
ここは市中心部なので以前入院した所と異なり周囲は繁華街で田んぼや川原も無く無機質この上ない。 まっことつまらないことおびただしいし、、寒いのだ。

   1日目の終了である。

ジムボタンは君だ〜〜♪


 台風が近づいてる。 日本海側を北上中とな?。
今夜から明日の未明にかけてワレの直上通過らしいが、、。




今日病院にて左小指、先端骨と屈筋腱を繋いでたワイアとボタンを除去して来た。
PM08:40の受付、呼び出されたのが09:35。 処置室にてのー処置なんだけどーほっそいワイア切るのに出て来たニッパ、L=25cmの大型。 うおおおお、もっと小さな電工用無いの?・・・ なんだけど「滅菌済みの外科用デス」と。
ボタン上部のネジネジ部分を大まかにカットされてボタンを摘出。 残ったワイアの処理をどうするのか 不安半分ワクテカ半分で見ていたら、、「引っ張ってみましょか」とイキナリの処置。 痛いのなんのって30mm程のワイア、小指内部に収まってたのを引き抜くんだよ。



92
記念にもらってきたるボタンとワイア。
このワイア、老眼マナコで0.3mm以下 0.2mm以上と見積もって「0.2mmデスネ」と言うと「0.28mmです、すごいですねぇ、何で」と。 モデラーなめんな!w。
看護士もテンション上がって袋に入れてくれた。




93
束縛から解放されあらわになった左小指の様子。
なんか複雑な様相を呈し ちょっちグロ。



94
ステンレスのボタン、ホボ3ヶ月苦渋を共にした愛いヤツ。
私がだいじに熟成する「ボタン箱」に保管しようぞ。



95
今日あらたに付加されし強制治具。
小指の「伸ばし」をサポートする装具なのだ。


96
樹脂のバネ性でストレッチ。 ちょっと痛いが、、もう慣れっこだ。



97
フィギュアの小銃、トリガーの位置がダメだったのを改修。


退院後の雑多なおはなし。


 終日曇り(一時雨)なのに暑い。 朝からクーラーのインチキECOモード。


二日に一度の通院ノルマはヤッカイだけど、リハビリせにゃなんねー。

と、今日のシャワー時に気付いたんだけど、、手首に2本現れるハズの腱が親指側の1本しか無ェ!。
物心付いて以来馴染み親しんだ我が手首の造作にエラい違和感。 まるごと切り取って移植したのかい?!。
   こりゃ一本とられたぞィ♪   じゃねェーーーー!(#゚Д゚)/。
まぁ 無くても代用が効く腱なんだろうけれど、、かなしいぞ。



57
抜糸前のありさま、33針チクチクされた模様。
抜糸時は結び目を引っ張ってのチョキン。 直線部はなんともないんだけど三角形の頂点が痛かった。 特に小指第一関節の頂点は激痛であった。



58
片手で模型GO!。
あんましムリすると再再断裂の危険があるのでやわらかく、、慎重に。 
怪我して分かる左のお手手の重要性。 指の関節も各々左手の方が太いと気付いた今日この頃。 



61
切出しがね、辛いのサ、定規とワークの保持がままらなない。 定規がすべらないように両面テープで保持してみたぞ。



59
これはボウガンの矢入れのつもり。
私は西洋古武具には疎いから、勝手なイメージで作ってる。 まぁ矢入れなんて単純な円筒に突っ込めばそれらしくなるんだろうけどそれじゃつまらない。 単純円筒に装飾加えてゴージャスな表現も良いのだが如何せん我のオツムはプアぞなもし。

でもね、このねずみヤローが何を好んでナニを求めるのか考えてみるのが「漫画的模型」のオモシロさね。
丸い筒、四角い筒、エトセトラ。 ダンジョンRPGならば訪れた村の武器商人からいくばく(?)かのゴールドで手に入れる。 
これにしますか?

  YES

NO

  もどる


62
塗装前の下ごしらへ。
私の木部表現はマーカーが基礎になる。 あとはヒミツ。 たいした技じゃない。



60
キンチャクの加工。


左の小指、経過は良いよ。
腱の移植は良い判断だとオモウし重篤な癒着も無いようだし、親身なリハビリのおかげで順調だ。
あとは本人の努力しだいなのはぢゅうぢゅう承知なんだけど、努力で解決出来る問題じゃないのがこの現実。


けっ 前向きに受けて立とうじゃないかい!。

おたんこな 再入院!?。6  引越し?


 今日は曇天。



51
昨日の朝餉、塩鯖。
半身1/2でたっぷりなサバ。 塩気は少ないけれど、お醤油あるのでおいいしいぞ。



52
これはお昼のエビピラフ。 冷えてはいるものしっかりピラフしてる。 病院食のピラフとは、、、。



昨日の午後、突然の病室交換依頼。 術後の患者が個室を必要する故移動を願いたいと。
まさかの大部屋への駆逐か?と身構えたのだが個室だと言う。 移動に伴う書類を渡され明日の午前竜までに荷物をまとめよと。


53
予定が早まり朝食後に引越しした先がこれだ。
一泊10,800エンのお部屋。  広い、広すぎる、。


54
ワイドTV(無料)、クローゼット、応接チェア。 基本有料の冷蔵庫もタダ!。


55
キッチン。 ←ナニを調理せえ と、。
ふふふ、私がやんごとなきモノであることがバレてしまったようだ。
   くるしゅうない よきにはからへ♪。
 


56
ユニットバスもある。 ←お風呂使って良いのか?。

病院側の交換依頼なので使用料は以前の個室料金のまま。 うほほほほ
こんな棚ボタ、残り一生あるかないかの稀有体験。 良いのかこれは、、。
残念なのは今まで漏れていた野良wifiが使えなくなったということ。
まぁのこりあと数日の入院、我慢しなければ。

しかし一泊1マンエンの個室、どこぞのお偉いさん用なんだろうけれど1月だと30マンだぞ。
シャンペンでも買ってくるかナ。

おたんこな 再入院!?。5


 朝は雲量多かったが後に晴れ渡る。
風は甘くかおり気持ち良い。



Netはつながるが速度と容量貧しい。


46
やたらと腹が減り間食にいそしむ。 朝のお茶とセンベがおいしい。 身体の毒気(アルコール)が抜けきった様子。



48
午前5時のロビー、外科総合待合所の様子。
退院後はここに通わなければならないのだが、2時間待ちはアタリマヘ。 憂鬱になるぞ。


45
ここは病棟の中央歓談コーナー。
自販機とオーブントースター、電子レンジが設けてあるぞ。
まだ早朝で誰も居ないけれど連休中はお見舞いのひとでニギヤカになる。



42


43
昨日のオヒルと夕食。
ハンバーグはちっこいけれどしっかり洋食してたし、夕食のサンマ唐揚げはおろしソースがおいしかった。




44
手首の縫合痕。 10mm程度の穴を閉じた様子。
これが5cm間隔で3こ。 手のひらと小指の縫合は撮影不可ね。



49
日々ヒマとの戦い、寝てりゃ良いのだろうけど身体が鈍るしメタボが捗る。
入院生活にも慣れちゃったけれど、受身の生活は辛いものがあるね。 TV三昧・三食昼寝で「これが天国」と思う歳にはまだ早すぎるし、そうなったらニンゲン終了のサインだろうね。 



50
すぐ近くのコンビ二。 夜になるとサイネージがワレを招く。 ♪こっちのビールは冷ったいぞ♪
退院前夜あたり抜け出して買いに行こうかナ。



47
先の外科総合待合所の一角にある冷水サーバー。 待ちくたびれた人たちへのサービス?。
私は夜な夜な暗くなった頃にここへ妖怪のように出没する。 小型の保冷水筒へ詰めて持ち帰るのだ。 就眠前、夜中に起きた時、冷たい水はありがたい。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

apuro

Blog Modelers

最新コメント
Categories
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
エンフィールドNo1 Mk掘
月着陸船のヒミツがココに!
ww2英軍装備のガイドブックだよ。
計器パネルが盛り沢山。
航空機のコクピ歴史。オススメ!
人体デッサンの基礎知識!
アポロ指令船のピカイチ資料!
これ 便利!
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ