mispureMaybe 5 years is a crucial amount of time for a band to step away from too much exposure and continue to kindle the true impetus that nurtures their creativity. In a world where any band let alone those in the world of extreme music end up loosing their primal impetus to become sucked up into the void we know as the "mainstream," Shai Hulud's new album is a triumph in both spirit and expression.

Shai Hulud was always known for their marriage of complexity and melody, their previous album enhanced this to a further level. Minsanthropy Pure enhances these elements even further than its predecesor. Song structure has reached a zenith in terms of complexity (atleast within their style of music). Melody is so prevalent that there is somekind of melody present all the time, but these melodies are fragmented in the ever-changing flux of song structure. Riffs and melodies here are more like a presentation of discontinuous, spontaneous themes as opposed to the conventional usage of melody as a medium to create cohention. In many ways Shai Hulud's music in the current state as micro-outbursts of ever-changing themes embody their essential motive very well; that is the expression of pure anger against a degrading and self-suffocating humanity. As opposed to a highly coherent song structure that will create a sense of comfort to most ears, their intended fragmentation creates the urgent sense of passion and anger that is here to disturb, that is to disturb the listeners very Being into affirmation of struggle.

As expected from this band, lyrics are of the highest quality in terms of content. It is extremely rare to encounter such intelligence and profound understanding of self expressed through lyrical content not only in hardcore, but in any form of music. For this listener, the appeal of Shai Hulud has always been their unity between creative expression and primal impetus as spirit of truth in revolt and hatred. They have always been a step further than the nature "hardcore" music usually displays in terms of the conscious understanding of the significance of the anger felt towards the world to the self. While most good hardcore bands channel pure anger and discontent against the world without much elaboration; that is they work as a pure medium channeling impetus like water through a seive, Shai Hulud's lyrics bring in the element of deep self-consciousness and meditation upon the significance of this anger in terms of one's own relation to this primal impetus. Yet Shai Hulud's strength remains in the fact that this self-conscious striving for wisdom is united with the primal impetus that it hopes to cradle, as opposed to the ever so present situation where rationally deepened understanding while keeps the motivation, denies to realize that it has killed the impetus.

This unity of rational understanding, spirit and expression is crucial for any music to truly be majestic. Misanthropy Pure reveals a band that tries very hard to continue to be truthful to this primal passion, but the elaboration of their musicality towards complexity may or may not reveal good in the following days. When a band looses touch with the grace of its impetus, they usually try to fill in the need for creation with stylistic development leading to a maturity in terms of a purely musical sense while loosing its original magic that was the true owner of their music. Shai Hulud in this point in time is still able to keep up the unity between the two, lets hope this contiues.

5年間と言う現代の音楽シーンでは珍しいほど長い制作日数がファンやシーンから常に良いバランスで遠ざかる結果をもたらしているのか、Shai Huludは大衆の消費物に過ぎず内的美を外的に構築する美学的・実存的欲求を必ずしも内向しない現代の「メタルコア」の流れに取り込まれていないと言う点では非常に稀に見るバンドだと思う。それは「音楽」を何故やっているのか、それを通して何を成し遂げようとするのか、何を伝えたいのか、全てにおいて明白な自己意識、そしてその自我を超えた「飛躍」の媒体としての存在両要素を兼ね備え続けている根源的「意思」の現れなのだろう。

前作でも十分と言って良いほどの楽曲構成の複雑化が目立っていたが今回のアルバムではそれがさらに拍車がかかっているのが一聴して分かる。多くの場合創造性を生み出す溢れ出でる泉である根源的「飛躍」を失ったアーティストはその心の欠落をスタイルと物理的楽曲構成の発展によって埋め合わせる傾向があるが(多くのバンドがその円熟期において初期の飛躍的創造性へと立ち返ることが出来ずその代わりに複雑化するのはこのためだ)今回のShai Huludは非常に微妙なバランス点で彼らの根源的「意思」との統一を保ちつつスタイル的な複雑化にも手をつけている状態だと言えるだろう。逆に言うと今後の彼らがこの際どいバランスを保てるとは思えない。恐らく今後彼らが活動し続けた場合より直接的に「意思」と「表現」が統一されやすいハードコアパンクの元来の直情性・単純さへとある程度先祖回帰するか、もしくは「意思」の飛躍としての現れそのものを見失い「動機」のみが残る理性的に過ぎない表現媒体へと移り変わってしまうかの瀬戸際にいる感じを受ける。それは表現者個人の内的理解と実存的葛藤、純粋なる意志の遂行の問題そのものなのだが。もちろん今後の彼らに微塵でも音楽に対する迷いが生まれた場合、「飛躍」は彼らの身を離れてしまうだろう。

Hearts Once Nourished with Hope and Compassionのころと比べてもギターのメロディー演奏の比重は凄まじく増加しているが、現時点でのShai Huludのメロディー利用の興味深い点はそれが楽曲における統一性を作り上げるためのものではないことにある。むしろメロディーやリフの殆どはせわしなく動くスタート・ストップリズムと共に小刻みにまた絶え間なく変化するため一般的な耳が心地良いと感じる統一的流れを作ることを拒んでいる。むしろこの細切れな瞬発的爆発のような曲展開は彼らの「怒り」と言う感情の自然な流れを表現し得ているとは感じる。そう言う意味でも「同じ物の繰り返し」である社会的価値観に埋没することを完全に拒否する彼らの精神的姿勢、「協調性」の名を借りた人類の停滞に不安を抱かせるべき「変化」の力を追う彼らの姿勢が到底一般的な耳には不快に感ぜられる曲展開にも内向されているように思える。彼らの影響を受けた多くのメロディックなニュースクールハードコアバンド達がその後加速度的に10代の少年少女の自己愛の塊に過ぎない自らに向けた哀れみを本質に持つ耳あたりの良いエモコア的なメロディーの利用へと移り変わっていったのとは対照的だ。

Here's to you who ruin creation

See here blind men, we mean to bring you sight.
Gaze long upon your wasteland,
Into the eyes of the limbless, grieving and slain.
Pray you justify such suffering.
See here blind men
You will see here.

創造されたる世界を退廃させるお前たちに言おう

さあ見よ!盲目な者たちよ、我々がお前たちに視界をもたらそう
自らが作り上げたこの荒地を見てみろ
手足を失った者達、悲観に苦しむ者達と死者の目を見つめて見るが良い
これだけの苦しみをお前らは正当化しているのだ
さあ見よ盲目な者達よ!

"The Creation Ruin"より抜粋

歌詞の内容は相変わらず素晴らしい。今日ハードコアやメタルに限らずどんな音楽でもこれほどの知性と「意志下の怒り」、また限りなく純粋な精神とそれら全てに眠る「真の愛」を垣間見せる歌詞を書けるバンドは非常に稀だ。元々自分がShai Huludを愛して止まないのも彼らがはっきりと自己理解を通してハードコアの根底にある「怒り」や「憎しみ」が何の為にあるのか、何が出来るのか、その本質を理解したうえでその自己意識が彼らに音楽を作らせる根源的なる自我外の「意志」との自然な調和の下にそれが血肉になっている点にある。アルバム名が表明する通り今回も非常に人類そのものに対する憎しみが強くテーマとして表れているのが分かる。

Understand,
Contempt born of clear perception is birthright to those who channel it toward progression

Preserve life through loathing
Awaken hope within hatred
Wrest insight from outrage

理解しろ、研ぎすさまれし視界より生まれる「軽蔑」はそれを「前進」へと向ける者たちにとっては生得権である

嫌悪を持って「生」を守り
憎しみを持って希望を目覚めさせ
怒りから洞察を得よ

"Misanthropy Pure"より抜粋

「生命」の真の前進的意志と精神的完成への道のりを永遠回帰と奴隷道徳の連鎖へと押し殺す世界への完全なる宣戦布告。そう言った本質的には何ら建設的でもなくまた「善」が不在である世界、その安易な価値観を飲み込み毒牙を幾重にも表面的に綺麗に過ぎない包み紙に包み知らぬ内に他者へと広める精神的弱者の群れから抜け出し、何があったとしても根源的なる「飛躍」に純粋に生きようとする姿勢を貫く彼らの意志は健在だ。

The truly weak spread venom. The truly strong digest it.
真に弱き人間は毒を撒き散らすに過ぎない。真に強き者はその毒すらも消化する。

"Venomspreader"より抜粋

Shai Huludよ君たちの純粋なる想いは本物だ。その純粋さを今後も表現と調和していけるのか?真に君たちの強さがそこに試される。共にこの毒に沈む世界を相手に戦うことを誓った一人の人間として君らのようなバンドが真に良い音楽をこれからも作り続けてくれることを心から願う。君らのような音楽こそがこの世界をその闇より救い上げ真に美しくするのだから。