May 08, 2005

THE SLIDER // T.REX

B000059Z4Cスライダー
T.レックス

1. メタル・グルー
2. ミスティック・レディ
3. ロック・オン
4. ザ・スライダー
5. ベイビー・ブーメラン
6. スペースボール・リコシェット
7. ビューイック・マッケイン
8. テレグラム・サム
9. ラビット・ファイター
10. ベイビー・ストレンジ
11. ボールルームス・オブ・マーズ
12. チャリオット・チューグル
13. メイン・マン

Amazonで詳しく見るby G-Tools


「僕は30歳まで生きないと思うよ」(マーク・ボラン)

前作「ELECTRIC WARRIOR」でグラム・ロックの代表格となったT.レックスは、
この「THE SLIDER」にて、”ラディカルなロック”と評される前作より更に
ポップ色を強め、独自のスタイルを飛躍させていった。
妖しい雰囲気漂う、如何にもグラム・ロックに相応しいジャケットは、ボランと
親交のあった元ビートルズのリンゴ・スターによる撮影であることは有名。
※一部、トニー・ヴィスコンティー撮影説もあり
(1972)

このアルバム発売直前のボランのインタビューでは「僕は新しいレコードよりは、
ハウリン・ウルフのブルースを聴いて、インスピレーションを得ることが多い」
と語っていたそうだが、彼の生み出すブギー中心の曲にブルース色は殆どなく、
いい意味でやはり軽い感じの印象が強い。
このアルバム発売前に、自らのレーベル”T.レックス・ワックス・カンパニー”
を立ち上げ、その第一弾シングルとして発表した「Telegram Sam」はいきなり
全英1位を記録。つづく第二弾「Metal Guru」も同1位を記録した。
T.レックスの曲名は、マーク・ボランの感覚的な造語で意味不明なものが
多いが、それらがこの摩訶不思議な雰囲気を助長させているともいえるだろう。
続いて出されたこのアルバムはトップこそ逃したものの、予約だけで25万枚を
超え、話題性も抜群だった。

この絶頂期を支えたのは「ELECTRIC WARRIOR」同様、プロデューサーである
トニー・ヴィスコンティーの存在が大きい。彼の手による何とも不思議な
感覚を受けるコーラスのダビングやストリングスのアレンジなどは、T.レックス
ならではの独特の雰囲気を更に増幅させることに成功している。

イギリス本国では成功したT.レックスであるが、アメリカで同じように浸透
したとは必ずしも言い難い。このアルバムで全米17位まで浮上したものの、
それがT.レックスのピークで、シングルもこのアルバムからでいうと、
「Telegram Sam」の67位が最高である。このアルバム以降、下降線をたどる
T.レックスは、シングルとして全米で売れたのは結局「Get It On」のみで
あり、70年代後半よりターゲットをアメリカに合わせ、大成功を収めた
デヴィッド・ボウイとは対照的なものとなった。

75年にバンドのパートナーであるミッキー・フィンの脱退により、解散状態
だったT.レックスは、77年新生T.レックスを結成。再起をかけていた
ボランだったが、同じ年の9月16日、不運にも交通事故により死去する。
マーク・ボランは東ロンドンのハックニーにて、1947年9月30日生誕。
事故死したのは、彼が口癖で言っていた”30歳”をあと2週間で迎えようと
していた時だった。



zeppelin_2 at 01:24│Comments(5)TrackBack(5) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. THE SLIDER/T.REX  [ OBSCUREDESIRE ]   May 16, 2005 01:37
9月16日はマーク・ボランの命日。ということで、この時期は集中的にボラン関係の曲を聴くことが多い・・・なんて事をもう何回も書いたような気がします。さっき調べてみたらこのサイトも四年目に突入しているんですね、自分でも驚きました。 三年前の9月は「FUTURISTIC
2. T−REXの幻の映画!  [ 昔の洋楽が好きなのでつ(^^) ]   May 23, 2005 20:46
リンゴ・スターが監督した、T−REX全盛期の記録映画が、 ようやくDVD化することが決定されたそうですね〜!(≧∀≦)ノ http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/listen/20050521/lisent004.html ボラン好きのワタシとしては、これは絶対ゲットしなければ
3. T.Rex [ The Slider ] 1972  [ Music Life ]   May 27, 2005 21:10
'''T.Rex [ The Slider ] 1972''' これはまさにT.Rex全盛期の作品。 後になって怪しげな音源のいい加減なアルバムが沢山出て いますが、まずはオリジナル作品をちゃんと聴かなきゃ駄目! このアルバムのライナーノーツでマーク・ボランは
4. T〓REX 「スライダー」  [ 昔の洋楽が好きなのでつ(^^) ]   July 08, 2005 15:19
本日のジャケ画は T〓REX 「スライダー」 このジャケ画はリンゴ・スターが撮影したとのことですよね〓♪ オシャレでインパクト大!ヽ(・∀・)ノ サウンド的にもノリの良い曲と、心に染みる曲とのコントラストが、 各曲の良さを、より引き出しあってますネ
5. 【音楽】「The Slider」T.REX(1972)  [ 特別-the blog- ]   February 15, 2006 01:51
The Slider T.REX 1972 エロティックでゴージャス、グラマラ...

この記事へのコメント

1. Posted by zeppelin_2   May 08, 2005 17:12
<個人的な感想>
ベスト盤とかも手っ取り早く、T.レックスのよさがわかるのでいいと思います。
2. Posted by mint   May 10, 2005 13:07
T-REX、ジミヘンはたいていの人が通る道ですが、
私は意外にも通り過ぎてます。
ギターに興味がなかったからか、なんやわからん。

カリスマ的な存在の人間は何故か悲運な運命ですわな。
なんでやろうね、神様の悪戯か。
3. Posted by zeppelin_2   May 10, 2005 13:30
>mintさん
それは誤解ですよ。ジミヘンを通り過ぎるのはわかりますが、T.レックスは
別にギターが前面にでてるわけではありません。
なんせ、ストリングスやコーラスを多様してるぐらいですからねぇ。
mintさん好みのアーティストかもしれませんよ!
4. Posted by ちかちー   May 17, 2005 18:30


ワタシ、この盤がT−REXの中ではイチバン好きだったりします♪
メイン・マンがすごく好き♪
というか、以前、T−REXはベスト盤で済ましていたのですが、
あまりにも同じような曲が多いため、正直なところ飽きてしまうこともあったりしました(^^ゞ汗
で、アルバムを聞いてみたところ、バラエティに富んだ内容だったので、
ボラン・ワールドにハマった次第です(^^ゞ

5. Posted by zeppelin_2   May 18, 2005 09:51
>バラエティに富んだ内容だったので、ボラン・ワールドにハマった次第です
僕は今度、ティラノザウルス・レックス時代のベスト盤でも買ってみようかと思っております。
・・ま、これもいつになるかわかりませんが。わっはっは〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Archive
QRコード
QRコード