ゼロ速報

mig-14

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/26(火)21:33:51 ID:6Kk
色々懐かしくなったので聞いてくれ
というかヤンキーってイイ人もいることを聞かせたい

open2ch 【【ええ話や…】昔俺を助けてくれたヤンキーに今日出会った話】の続きを読む

img-1

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/21(木)17:58:18 ID:Bhi
今朝弟の顔を見たら?に爪で線みたいに抉った箇所が三つもあって不気味だったんだが弟の家族に対する対応がいつもと全く同じなのがさらに不気味

open2ch 【【いじめダメ】昨日弟(17)がうめき声をあげながら寝ててさ】の続きを読む

1: Hero syndrome ★@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 09:43:19.49 ID:CAP_USER9
shin-godzilla1

2016年7月29日から公開されている、庵野秀明監督の映画「シン・ゴジラ」が、予想以上に大絶賛されている。なかには感動で泣き出したファンもおり、歴史に名を残す名作であることが判明した。

・終電がない時間でも大盛況
「TOHOシネマズ新宿」では、2016年7月28日深夜から「シン・ゴジラ」を上映。巨大スクリーンTCX、IMAX、MX4Dの3スクリーンでほぼ同時に公開し、終電がない時間にもかかわらず、多くのファンがかけつけた。

・観客たちの声
「私は観た!確かにゴジラだった!」
「対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
「シンゴジラおわた! 拍手喝采!」
「シンゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
「やはり歴代最高に心に訴えるゴジラですたね」
「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
「凄まじく新しいもの凄いゴジラがやってきました。この脳が弾け飛ぶような驚愕と興奮は是非劇場で体感してほしい」
「ゴジラすごいよ」

・次回作に対する期待の声
また、ストーリーが続編に繋がりそうな結末であった事から、「続編ある作りだな」「早くシン・ゴジラ2観たい」など、次回作に対する期待の声も出ていた。辛口な意見として「俳優のセリフが棒読みすぎる」という声も出ているようだが、

「むしろ棒読みなのが日本の特撮映画っぽくていい」との意見もある。以下は、ゴジラファンの男性(81歳)の声である。

・ゴジラファンの声
「そもそもゴジラは想像上の生物ですが、長い歴史があるため、すでに命ある生物として世界の人たちに無意識に認識されているんですよ。

それゆえ、ときおり見せる生物っぽさに鳥肌が立つのです。ああ、これは映画だけど「命あるゴジラ」がそこに実在してるんだなって。○○○を○したシーンなんて背筋がゾゾゾッとしますよ」

http://buzz-plus.com/article/2016/07/29/shin-godzilla/

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1469752999/ 【【大絶賛】映画シンゴジラ最高すぎて泣く人続出「今まで生きてて良かった」「鳥肌立った」「歴史に名を残す名作」】の続きを読む

1: Hero syndrome ★@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 01:24:11.72 ID:CAP_USER9
img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611

昨日、竹内薫、堀江貴文、そして炭谷俊樹というメンバーで、大学について話した。その中で、堀江さんが、
大学は要らない、という徹した態度をとっていて、ぼくもまあ、そうなのかな、と思った。
http://blogos.com/article/184607/
参加者の一人が、東大理三に今年の春に入ったのだけれども、秋から休学してMITに行く、という人で、
彼を司会者が「夢のような経歴」と言った瞬間に、私などはどっちらけだったんだけど、堀江はさらに
ひどくて、「MIT行く意味ないんじゃないの」と言った。

「MITの学費いくらなの?」「700万です」「700万も出す価値、ないんじゃないの? 君は何やりたいの?」
「***です。」「じゃあ、自分で勝手に文献読んで、計算して、必要だったら、どっかで実験すれば
いいじゃん。MITに行く意味、ないんじゃないかな。」

議論の背景はこうだ。日本の大学の国際評価が低下、ということが周知されるようになってきて、
今度はハーバードやMITが、日本人の中で「ブランド」になってきた。だから、件の司会者のように、
「理三からMIT」というのをドリーム経歴とか言う(考えの足りない)人もいる。意味なしではないか。

堀江が言うように、「実質」で考えたら、今は大学は国の内外を問わず、一種のvanity businessである、
という側面は否めないだろう。実質何をしたいか、というよりも、授業単位をパッケージで、高価なtuitionで
売る、という感じ。

ビットコインのサトシ・ナカムラによる原理論文は、いきなりネット上に出たし、別にMITとかハーバードに
いる必要はない。生化学の実験とかはラボがないとできないという見方もあるけど、それも、別に大学が
必須じゃないだろう。

今の時代、大学に行くとしたら、かなり自覚的に、何が得られるか、ということを考えて、しかも、大学に
行ったらからと言って緩めないで、いろいろアクティヴにやっていって初めて意味があるのであって、
MIT行ったら万歳、みたいなダサい田舎根性は、堀江の言うように、意味がないのだろう。

逆に言うと、誰でも、どこでも、ネットの上で最先端の情報に接することはできるし、アイデアがあれば
クラウドファンディングもできるし、仲間も集められる。堀江貴文は、自分が今18歳だったら大学に
なんか行かないと断言していたが、それは一つの見識なのだろう。極論ではあるにしても。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1469723051/ 【堀江貴文「あのさぁ!大学なんて行かなくていいんじゃないかなあ、東大・MITとかもうただのブランドでしょ」】の続きを読む

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 11:35:14.74 ID:CAP_USER9
20160728-00000005-pseven-000-3-view

異変の兆しはあった。7月16日の『音楽の日』(TBS系)、18日の『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)、ともにSMAPが出演を見合わせた。

「昨年までは5年連続で両番組に出演していたので、各局今年もSMAPにオファーしたのですが…。
“今はまだ充分なパフォーマンスができない”という理由で、直前にキャンセルが伝えられたのです」(テレビ関係者)

特に『音楽の日』は、第1回から一貫して中居正広(43才)が総合司会を担当してきただけに、ファンの落胆は深く、ネット上には悲痛な声が溢れた。

《彼らにとっても愛着のある番組のはずなのに…》
《この2つにさえ出られないってことは、やっぱもうダメなのかな》

年明けの日本列島を騒然とさせたSMAPの解散騒動から6か月。
5人のメンバーはいま、喫緊の時を迎えていた。

この激動の半年間、日々伝わるグループの動静に一喜一憂してきたファンにとって、“最後の希望”は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)の発言だった。

「解散なんて冗談じゃない。はっきり言っておきますよ。絶対にない。
SMAPはわが子と同じですから。ぼくは命を懸けても守る」

5月3日、彼がプロデュースする舞台の説明会で、ジャニー氏は初めて騒動に言及。
当時、来る9月9日にデビュー25周年を迎えるSMAPの「記念コンサート」の開催可否が盛んに報じられていたが、こう断言した。

「盛大にやるべきです。萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない。必ずやらなきゃいけない」

事務所のトップの発言で、解散とコンサートの問題はひとまず終着した。

「実際、11月から全国ツアーを始めるべく事務所は動き出していた。
東京ドームやさいたまスーパーアリーナなどに打診しており、ツアー日程が決まり次第、新アルバムのレコーディングに入る予定だといわれていた」(芸能関係者)

2014年に開催したドームツアーは観客動員100万人、総売上200億円。
25周年ツアーとなれば、その数字を超える歴史的な興行になることが予想された。しかし──。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160728-00000005-pseven-ent
NEWS ポストセブン 7月28日(木)7時0分配信

※前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469658686/

>>2以降に続く

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1469673314/ 【【芸能】SMAP 「香取の乱」で25周年コンサートが絶望的】の続きを読む

27768efc34507beab1b22287f7e807f81

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/24(日)00:27:09 ID:XnV
殺気を出して「チッ…」って周りにもはっきり聞こえるように舌打ちした後睨んだら幼女が怖がって逃げて行った
これでええんや…俺らは関わり合わない方が良いんや

open2ch 【今日電車でスマホをいじってたら幼女が近寄ってきて話しかけてきたから】の続きを読む

このページのトップヘ