ゼロ速報

2018年11月

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 17:02:53.05 ID:CAP_USER9
20181130-00000015-pseven-000-1-view
なぜゴルゴは一生遊ぶカネを蓄えているのに、働き続けるのか。元外務省主任分析官の佐藤優氏と、『ゴルゴ13』作者さいとう・たかを氏が、
「ゴルゴ(通称G)のインテリジェンス」を読み解く短期集中連載。最終回は、人間関係を築く上でいちばん大事なことを語り合う。

 * * *
佐藤:先生とゴルゴの共通する部分でいえば、“約束”に対する態度もそうかもしれませんね。ゴルゴはお金を稼ぐために働いているわけでもない。

さいとう:とうに一生遊んで暮らせるカネは蓄えているからね(笑)。

佐藤:セックスも好きなようですが、色欲で行動を変えるわけでもない。殺すことが好きなサイコパスでもない。
ではなぜ、ゴルゴがスナイパーを続けるかといえば、そのモチベーション維持には「約束を守る」ということがあるように思うんです。
ゴルゴは異常と言ってもいいほど、約束を守ることに固執しますよね?

さいとう:これは、私自身が「はみ出し者」であることも影響していると思う。中学3年の時の担任に「東郷」という先生がいましてね。
これまで私は、テストになんか意味がないと思い、ずっと白紙で提出していました。
ところが東郷先生が白紙の答案用紙を持ってきて、私の机の上に置くと、こう言ったんです。

「白紙で出すのは君の意思だからかまわない。しかし、答案用紙を出すのは君の義務だから、その証明として名前を書きなさい」

ショックでしたね。ああ、約束事とはこういうことなんだと。それから私は人間の約束と責任を考えるようになりました。
この先生の名前を借りて、ゴルゴは「デューク東郷」という名にしたんです。

佐藤:ゴルゴの名はそこから来ていたんですか! でもこの体験は本当に大きかったのですね。
私が作品を通じて感じていたのは、実は「人間の信頼」だったんです。
古代ローマの根本概念でもある「ローマ法」の基本概念に、「合意は拘束する」という話があるんです。
現在の国際法の大原則にもなっているのですが、「約束したことは絶対に守る」ということです。
ゴルゴは約束を違えません。ゆえに依頼者との間で「人間の信頼」が保たれる。ゴルゴは、命中率も100%ですが、約束遂行率も100%です。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00000015-pseven-life
11/30(金) 16:00配信

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543564973/ 【【話題】ゴルゴ13、一生遊べるカネがあっても働き続ける理由 】の続きを読む

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/30(金) 13:45:39.80 ID:CAP_USER9
2018.11.30 キャリコネ編集部
https://news.careerconnection.jp/?p=63437

フリーアナウンサーの魚住咲恵さんが11月28日、自身のブログで見知らぬ人に「虐待」と言われたことを明かした。翌日には、自身が虐待だと判断する基準について考えを述べた。

魚住さんは子ども2人が風邪を引いたため病院へ行き、薬局へ向かっていた。2歳児の長男が空腹や鼻水のつらさなどで、病院を出てからずっと大泣きしており、「分かるよー、やだねぇ。お薬もらいに行って、ご飯食べようねー」とたしなめていたら、知らないおじさんが「どうしたの~!?何で泣いてるの?」と話しかけてきた。

魚住さんが「なんででしょうね~、気に入らないことがあるんだと思いますー」と返したところ、「まさか、虐待じゃないよねぇ~」と言ってきたというのだ。

■「何で泣いているのか分からないときは沢山ある。親だって泣きたいときだってある」
no title

画像は公式ブログをキャプチャ

これに対して魚住さんは「ちょっと!変なこと言うのやめてください!」と怒った。本当に虐待の場合があるので地域の目は必要だと述べているが、「冗談になりません。かわいくて、大事に大事に子どもを育てている親に虐待なんて言葉、絶対かけて欲しくない」と憤りをあらわにした。
子どもについて「何で泣いているのか分からないときなんて、たくさんあって、泣いている子どもを前に、親だって泣きたいときだってある」と記す。

「長男の意味不明な涙には2年付き合ってきているので、もう涙くらいじゃ、うろたえたりしないけれど、もし、新米ママだったら……産後のホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になっている時だったら、最悪の一言です」
「虐待は見落として欲しくないし、見落とさないようにしないといけないけれど、むやみやたらと、虐待という言葉を使うのは、やめて欲しいなと思います」
と強く訴える。まさか自身が「虐待」という言葉をかけられるとは思っておらず、ショックを受けたようだ。

■ 虐待と躾の見分け方は「明確な答えが見つからない」

これに対してコメント欄では「本人は正義のつもりなのかもしれないけど、痛い失言!」と共感の声や、同じような経験をしたというエピソードも多く寄せられた。「最近親が叱らないと躾がなってない、叱ると虐待……わけわからないです」というように、何をしても周りから注意を受けてしまうと嘆く声もあった。

コメントを受け、翌29日には再度ブログに投稿している。魚住さんが考える虐待の見分け方について「端的に言える明確な答えが見つからなかった」と述べた上で、通報するのであれば、
「・冬の寒空に、裸足や薄着で外に出されて家に入れてもらえない
・毎日、毎日、家から半端ない泣き声が聞こえる
・明らかに痩せていたり、身なりがおかしい」
の3点をポイントとして挙げた。

これらのことは日頃から気になり、目に入るものであるため疑いをかけるものだという。自身が見知らぬ人から「虐待」と言われたことについては、「初対面の相手にかける言葉ではない」と言うものの、
「でも、もし、万が一、前に書いたようなこと(虐待)が私の息子におこっていたとしたら、毎日、毎日、子どもの様子がおかしいと思っていたのなら、通報をして私の子どもを救って欲しいと思います」とコメント。
「もちろん、もちろん、私はこれからも、大切に2人の子どもを育てていこうと思っていますけどね!」と記した。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543553139/ 【【※事案】魚住アナ激怒「むやみに虐待というのはやめて」…大泣きする息子に、通りすがりの男性が「虐待? 」と声かけ 】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 08:56:26.15 ID:CAP_USER9
no title


木村拓哉(46)と工藤静香(48)夫妻の次女で、モデルのKoki,(15)がインスタグラムで、フランスのアーティストのジャン=ポール・グード氏(77)の展覧会を訪れたことを明かした。

今月28日から12月25日まで開催されている同展覧会は、「シャネル」のビューティアンバサダーも務めているKoki,が告知フィルムに登場するなどして話題になっていた。

Koki,は27日にインスタグラムを更新し、「I was so happy to be able to see Jean Paul Goude again! (ジャン=ポール・グード氏ともう一度会うことができてとれも嬉しかったです)」とコメントし、
展覧会を訪れ、グード氏と談笑している自身の動画を公開した。

当日、グード氏は自らKoki,をナビゲートしたそうで、動画にはグード氏の言葉に年相応の笑顔を浮かべている場面も収められていた。
Koki,はこの展覧会について「The exposition was fabulous, funky and fantastic(展覧会は素晴らしい。ファンキーで素晴らしかった)」とつづっていた。

この投稿に対しネットからは、「格好良すぎ!」「フランス語も喋れるんだ…すごい!」「本当に世界に通用するモデルへと一歩一歩着実にしっかりと歩んで行ってるのがわかる。
とても素敵な笑顔!」といった声が集まっていた。Koki,のさらなる成長にも注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1590176/
2018.11.30 07:34 デイリーニュースオンライン

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543535786/ 【【芸能】Koki,、フランス人芸術家の展覧会に出現で驚きの声「仏語も話せるの凄い」「格好良すぎ!」 】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 08:48:47.58 ID:CAP_USER9
apfaspfapsf
業界タブーと言われたら、余計に知りたくなる! タレントの今田耕司が24日、MCを務める読売テレビ「特盛! よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」で、
一部で明らかになったタレントのCMギャラについて言及した。
発端は渡辺謙や武井咲ら大物のCM起用で話題になっている「ハズキルーペ」の社長が、週刊文春の取材にギャラを公表したこと。
一説には渡辺は2億円、菊川怜は7500万円、新CMに出演中の武井咲は7800万円で、舘ひろしは8000万円という。

これに今田は「業界としてはタブー。不信感につながる」とした上で「この値段は、絶対タレントさんはいただいていないんで、タレントさんのプロダクションへの不信感につながる」と危惧した。

代理店関係者も同調する。「ギャラは都市伝説のようなもので、週刊誌でもよくリストが掲載されることがありますが、確たるものではありません。
今回はCM起用した会社のトップ自らの暴露ですから、ガチンコもガチンコ。しかもあの値段は業界の相場と比べて異様なほど高い。通常ギャラの1.5倍以上でしょうか。
あの価格が一人歩きしてしまうと、渡辺さんにしても武井さんにしても『高い』というイメージが付いて、今後のCM起用に影響を及ぼす可能性があります」

かつて渡辺は女優の吉永小百合や故高倉健さん、元SMAP・木村拓哉と並び、CM1本当たりのギャラは業界最高峰の1億円以上と言われてきたが、
不倫報道により「8000万円に値下がりした」(同)とのこと。武井と菊川は「せいぜい3000~4000万円程度」(同)というから、いかにハズキルーペのCMが破格かわかるだろう。

では、ほかの芸能人はどうか? 吉永小百合クラスに達しそうなのは「世界のキタノ」ことビートたけし。
ただし、これには裏事情がある。
「最近愛人女性がギャラに口出ししてきて値段を吊り上げているんです。1本1億円を要求しているとか。
今までのたけしさんは頓着なかったのですが……」(テレビ関係者)。

もっかテレビに引っ張りダコのお笑いコンビ「千鳥」も高い。一部女性誌では2人セットで「1億円」という報道もあったが……。

お笑い関係者は「さすがにそれはありえない。

関連イベントへの出演料や交通費を含めたとしても、高すぎる」と異論。
1億円クラスだと「ダウンタウン」や明石家さんまら大物芸人と肩を並べることになるだけに、本人たちも各方面で「必死に火消ししている」という。
女性アーティストでは今年9月に引退した歌手の安室奈美恵と、宇多田ヒカルがぶっちぎり。ともに1億円に近いギャラが支払われている。

ケタ違いなのはスポーツ選手。すべての著名人のトップに君臨するのが、男子フィギュアスケートの羽生結弦と、大リーズエンゼルズの大谷翔平だ。
別の代理店関係者は「2人とも年間契約で3億円近いのでは? 羽生さんの女性ファンは即購買活動に動くため、企業も大金を支払うだけの価値はあると考えています。
大谷さんは世界的なスーパースター。ワールドワイドに宣伝効果が期待できます」と話す。

ちなみに「2018年上半期TV-CMタレントランキング」(エム・データ調べ)で、CM契約社数1位に輝いたのは俳優の高橋一生で10社。
続いて、9社に出川哲朗や遠藤憲一、「嵐」のメンバーが続くが「ジャニーズを除いて、選ばれたタレントは“コスパが良い”ということ。
ギャラはお手ごろ価格で、高橋さんは4000万円ほど、出川さんに至っては3000万円に届かないでしょう」(同)という。
とはいえ、いち庶民にとっては途方もない金額だが……。

http://dailynewsonline.jp/article/1591124/
2018.11.30 08:00 トカナ

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543535327/ 【【高杉内…】渡辺謙2億、武井咲7800万円はありえない! キムタク、千鳥、羽生結弦…トップ芸能人15人のCMギャラ全暴露! 】の続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/29(木) 23:28:48.36 ID:CAP_USER9
0e6b9c97389c922a95527c61dae90e3c-1

酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の
罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が
29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、
時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。
横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。

入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。
起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。
弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。

証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。
弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、
夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べた。

検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、
さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。

被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。

検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、
事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。

免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。
事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。

最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、
同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1205017/

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543501728/ 【【悲報】吉澤ひとみ、“酒断ち”できず…「(飲酒量)急激に減っています」 検察「全くではなく?」 「そうです。急激に減っています」 】の続きを読む

このページのトップヘ