ゼロ速報

タグ:座席

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 00:11:57.06 ID:???*.net
20150921-00000007-xinhua-000-0-view

台湾・東森新聞雲は18日、かつて日本に4年間留学して帰国、その後約9年日本から遠ざかっていた台湾のタレント・劉至翰さんがこのほど久しぶりに訪日したところ、
以前に比べて日本人のマナーが大きく退化したとの印象を抱いたと報じた。

劉さんは18日にFacebook(フェイスブック)に書き込んだ文章のなかで、久しぶりに訪れた日本の印象を綴った。
かつては台湾と日本ではその進歩ぶりに大きな差があると認識していたが、
今回の日本訪問では「実際もはや大きな差はない、食べ物の面で日本に追いついていないぐらい」との感想を持ったようだ。

また、地下鉄に乗車した時の画像を掲載。写真には赤ちゃんを抱いた女性が優先席の前に立っているにもかかわらず、
優先席に座っている若い客が席を譲らない様子が映っている。

この光景に対して「6駅もの間、誰も譲らなかった。日本も台湾も科学技術が発展しつつ、風景は相変わらず美しい。
しかし、残念なことにどちらも人と人との関係が退化し続けている」と嘆いた。

そして、あるユーザーへのリプライとして「より台湾のことを愛するようになった」とも記した。

FOCUS-ASIA.COM 9月21日(月)22時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00000007-xinhua-cn

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442848317/ 【【芸能】日本人のマナーが大きく退化した・・9年ぶりに日本を訪れた台湾人タレントが感じたこと―台湾メディア】の続きを読む

1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 22:50:55.63 ID:???*.net
20150519-00042290-r25-001-1-view

4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARIが7月18・19日に日産スタジアムで開催するライブ「Twilight City」。
その座席の名称がすごいと話題になっている。

「Twilight City」は、2日間でのべ14万人を動員する予定の大規模ライブ。
公演名を含めてライブの詳細が不明のままチケットが発売され、すでにソールドアウトとなっていた。

そんななか、5月17日にライブのタイトル「Twilight City」が発表されるとともに、特設サイトがオープン。
さらに「スタジアム内MAP」として、ネオンサインを模した文字で、座席エリアごとの名前が書かれたスタジアムの地図も公開された。
その座席エリアの名前は以下の通り。

アリーナ席「天空橋」「月光駅前」「鬼屋敷三番街」「花村街」
スタンド1階席「銀河街」「二手観音寺」「稲荷図市」「ゲテモノ横丁」
スタンド2階席「大蛸港駅」「とまと区」「幽霊屋敷跡地前」「三日月街」

いずれも、アニメやゲームに登場しそうなネーミングで、
ツイッターでは、「なにあの題名、あの、座席。あの世界観。行きたくなるぢゃんか!!さすがだな」
「セカオワのライブ座席名称が厨二全開ですごい」「セカオワのライブ情報にテンション上がり中~♪
それにしても座席の名前が独特すぎる!!笑 早くライブ行きたいなぁー(^-^)」
など、いわゆる“中二病”的な雰囲気を感じつつも、ファンたちはその世界観を楽しんでいるようだ。

2014年の4月から6月に行われたアリーナツアー「炎と森のカーニバル -スターランド編-」では座席に星座の名前を付けたほか、
同年秋に富士急ハイランドで開催された「TOKYO FANTASY」でも、座席エリアに「月」「太陽」「ヴィーナス」などと名付けていたセカオワ。
個性的な座席名も、ファンにとってはライブの楽しみとなっているのかもしれない。

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150519-00042290-r25

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432129855/ 【【音楽】セカオワ、ライブの座席名も「中二病」】の続きを読む

このページのトップヘ