2015年07月22日

7/19-20小豆島クライミング

小豆島クライミング報告
2015年7月19日(日)〜20日(月)
メンバー:ムネ山・O野・S川・M瀬

7月19日(日)
朝6時に京都発。10時5分発の日生発のフェリーに間に合うようにと、中国道の混雑を見越しての時間です。台風一過の後、晴天を期待していましたが、赤穂に向かう高速では雨も降り出し、時に強くなったりして、小豆島では登れるのかなと不安になる。
10時5分日生発のフェリー1時間で小豆島大部へ。
IMG_1349

吉田ビレッジでキャンプの手続きを済ませて、買い出しに。以前なら近くの福田港に小さなスパーが有りましたが、潰れて無くなり、坂出方面まで車を走らすことになりました。
買い出しを終え、ビレッジに戻り宿泊準備の後、吉田の岩場に向かう。ダムサイトに着いて見ると、ビレッジに着いた時に岩場に向かった車が有りません。岩場に向かった時に理由が分りました。まだ、台風の雨の影響で濡れている所がほとんどでした。
IMG_1358

我々は、それでも登れそうなルートを探して、何とか「京都ロック」が登れそうなのでトライすることに。「悲しい色やねん」5.10cとその左2本、下が濡れていましたが何とか登り、交互にTPでトライして終了。ビレッジに帰り焼肉の準備。過ってきた肉やお酒は、親切にもビレッジの冷蔵庫で冷やしてもらいました。
IMG_1363

7月20日(月)
今日は、親指岳「赤岩クラック」の登攀。8月の「剣岳 チンネ」のトレーニングを兼ねてのクライミングです。吉田ビレッジを6時に出発。同じように親指岳を狙っているパーティが1組。昨日、吉田の岩場に向かったけど居なかった方たちです。彼らが先に車で取りつきの村に着いたのですが、我々の方が先に「赤岩クラック」の取り付きに到着。彼らは、諦めて「ダイヤモンドクラック」の方に行きました。二番目でしたら、2〜3時間遅くなっていたでしょう。
IMG_1364
取り付きから赤岩クラック、晴れて乾いているように見えました。
1ピッチ目。下部は濡れており、1ピンまでが遠く緊張させられました。2パーティのつもりが4人で1パーティになり、二人目は、ロープの中間でグローブヒッチで登ってきてもらいました。
2ピッチ目。短く切る。3ピッチ目。松の木のテラスまで。4ピッチ目。松の木テラスから左に回り込んで凹角を登るのですが、よく濡れています。ビビりながら、A0で凹角の上の松の木にシュリンゲを投げるようにしてセット。終了点は、広く乾いたテラスでホットする。以前は、ここから右に登った記憶が有ります。
IMG_1368

5ピッチ目。今回は、左にトラバース。6ピッチ目は、ハーケンがよく打たれたフェース。M瀬君は、このピッチリードしたいということでトラ、無事登ってきました。
IMG_1371

7ピッチ目は、出だしが、被っているような感じですが、乗り越せば傾斜もゆるく、カンテを乗り越せば、終了点は直ぐです。
無事、4人全員頂上に立つことが出来ました。
IMG_1374
海をバックに登るS川氏

IMG_1377

7時半に登り始め、11時30分に到着。4時間の登攀でした。暑さを覚悟していましたが、登っている最中は風も有り、暑さでバテルことは無かったです。しかし、終了点近くでは、、風と霧が出てきて、風はバランスを崩しそうな強さが有りました。
早く終わったので、帰りは1便早く、15時25分発のフェリーに乗船することが出来ました。


zero1992 at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔