2012年05月15日

ふしぎなサケの物語1

ザ・ノンフィクション 20080323
ふしぎなサケの物語 〜子供たちとの6年間〜


【ザ・ノンフィクション◇第16回FNSドキュメンタリー大賞特別賞を獲得した「サケのかおなし」の特別版。富山県にある大門町立浅井小学校は、近隣の3つの小学校との統合が決まり閉校になった。この小学校では、地域の恵まれた水環境を生かして、毎年ふ化場からサケの卵をもらい、稚魚になるまで育てて庄川に放流してきた。5年前の春、ふ化したサケの中に1匹だけ顔の一部がへこんだように見える稚魚がいた。子どもたちはこの稚魚に「かおなし」と名付け、かわいがった。閉校までの4年間、この「かおなし」を通して子どもたちの成長する姿を描く。】


廃校になる小学校の話。いい話だったのだが、宮崎あおいのナレーションが嫌い。どうしてこの人は「私は宮崎あおいです」というような声のナレーションしかできないのだろうか?どうしてザ・ノンフィクションはこの宮崎あおいを使い続けるのだろう。もう6年前にやったこのどうしようもない番組(宮崎あおいが出たモルジブのドキュメンタリー)は忘れられないし、私は「あれはひどい」と語り継ぎたい。
で、今回だが、内容はよかったが宮崎あおいのナレーションのせいで星はひとつしかあげれない。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あおいちゃんの声は素晴らしい   2014年05月19日 17:59
あなたは何もわかっていませんね。あの声にプロデューサーの味谷さんを始めスタッフが一発でやられてしまったのですよ。だから何年もやっているのです。あの声の奥深さがわかりませんか?邪魔にはならず、色も付けないけど静かに盛り上げる声と力がありからこそ、ザ・ノンフィクションやNHKの番組や映画でナレーションを依頼したがるのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Description
かつては、このblogでは通勤時にzero3で見たテレビ映画とドキュメンタリーを、その後はスウェーデンにてロケフリを使用し視聴したテレビ映画とドキュメンタリーを淡々と記録していました。2010年に帰国した現在では、通勤時にXperiaで見たビデオ(映画とドキュメント)の淡々とした記録となっています。かなりの量の映画とドキュメンタリー番組が積んであり、最古では2006年のものがまだ未視聴ですが、古いものからではなく気分で見る順番が決まります。
No. of Views:
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: