August 11, 2013

ヘッセ「アウグストゥス」〜幸せになる力〜

小学生の頃に読んだヘルマン・ヘッセの「アウグストゥス」 と言う話があります。

「誰からも愛される子に」という母の願いの通り、息子は町中の人から愛されるようになる。しかし彼は誰も愛する事が出来ず、空虚で不幸であった。母の願いを解いて欲しいと祈ると、彼は人から蔑まれ誰からも愛される事がなくなったが、心は愛で溢れ、人々の為に生き、彼は幸せであった。
と言うような内容であったと思います。

ずっと忘れていましたが、三十代で一回目の結婚が破たんした頃、思い出しました。

いつか幸せになれる日が来る。
いつか誰かが自分を幸せにしてくれる。
たった一つで良いから「これ」と言う生きがいが見つかれば幸せになれる。

そう思い続けてきたけど、ちっとも幸せになれない。

私は小さい頃からよく人に「恵まれているね。」と言われました。
でも心の中は辛くて辛くて、どうやったら幸せになれるのか苦しんでいました。

お金があっても、好きな仕事に就けても、誰かに愛されても、自分が幸せと思えないので、一向に幸せと感じる事が出来ない。

年を重ねるごとに自暴自棄・自虐的になり、身体・精神・社会的に自分を傷つける行為はエスカレートしました。

質問:どうやったら幸せになれるのか?

「幸せ」とはとても主観的なものです。
自分が幸せと感じられなくては幸せではありません。
だからこそ、まずは自分がどうしたら幸せなのかを真剣に考える事が必要です。

自分に問い続け出たのは
答え:幸せを幸せと感じる力をつけること

誰に愛されなくても何もなくても、生かされている事・周りの人々への感謝を感じられれば、きっとアウグストゥスのように幸せなはず。
だから、幸せを感じる力を育てよう!

そこで毎晩寝る前に、思いつく限り「ありがとう」を言う事にしました。
「今日も事故もなく終わった、ありがとう。」
「美味しくご飯を食べられた、ありがとう。」
「○○さんに成長するヒントをもらった、ありがとう。」
本当は、嫌味を言われたり、理不尽な扱いをされたとしても、とりあえず「ありがとう」と言ってみる。

この事を話したら、笑われた事が何回かありましたが、幸せは人それぞれで、私が笑顔で居られる事が大切なので、全然気にしません。

誰かが自分を幸せにするんじゃなくて、幸せに「これからなる」んじゃなくて、幸せに感じられる自分かどうか。

「いつか」なんて思っていたら、人を羨んだり、受け身で居たら、あっと言う間に人生は終わってしまう。

幸せを感じる事が出来なかったら、立ち止まり、自分に問いかけ、そして動いてみる。
人生そのものが幸せを知る事であり、その行為自身が幸せなのではないでしょうか?

答え:「幸せ」とは「生きる」事

皆さんが、今日も笑顔でいられますように。



zero_0_zero at 02:09│Comments(4)TrackBack(0)clip!幸せ | 人生

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by にゃおん   August 11, 2013 17:29
5 ありましたね。私も読んだ記憶があります。
小さかったから意味が解らなかったけど、今言われると深い話ですね。


『幸せ』は自分にしかはかれないですよね。
人からいくら『幸せでいいね』と言われても自分の『幸せ』の秤がマイナスなら幸せではないですし。

今は私の周りの人が生きていてくれる事が、そして何気なく親切にしてくれて、私もその親切に答えられた、その事が幸せに感じる事になりました。

去年友達が結婚しましたが、聞いているだけでも普通の人が数年で起こる全ての事が半年の間におこり、でも『幸せ』と言える彼女。
幸せは『お裾分け』するものだからと、大変なのに私や他の友達にも色々親切にしてくれて、本当に彼女には敬服しました。

私もぜろさんや彼女のように自分で幸せを感じて『ありがとう』が毎日言える人間になりたいです。
2. Posted by ぜろ   August 13, 2013 19:11
にゃおん様

そう思えるにゃおんさんもお友達もとても素敵ですね。

幸せって自分がどう感じるかだけれど、一人よがりなものではなく、人を思い遣る気持ちなのかなと思います。

その人がいる幸せ。
その人に関われる幸せ。
色々な人達と関われる幸せ。
一人じゃない幸せ。
そんな世界に居る幸せ。

一人でいても、一人じゃないんだって思える時、心が温かくなりますものね。

幸せって、ささやかで静かなもののような気がします。

こうやってにゃおんさんとつながっているのも幸せ。
いつもありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
3. Posted by にゃおん   August 14, 2013 01:07
5 何でだろう?
ぜろさんのお返事を読んだら嬉しくて涙が出てきました。

私もぜろさんに会えた事に感謝です。
そしてぜろさんに逢わせてくれたとRちゃん(Pちゃん)に感謝しています。

4. Posted by ぜろ   August 14, 2013 15:01
にゃおん様

色々な想いを抱えつつ、それでも前を向いて明るく生きようと言う、にゃおんさんの心意気をいつも感じます。

さん、Pちゃん、も同じかな。

天国のPちゃんに喜んでもらう為にも、私達も笑顔で思い遣って、でも無理し過ぎないよう体をいたわって、生きて行きましょう。

いつもありがとう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔