幸せ

August 11, 2013

ヘッセ「アウグストゥス」〜幸せになる力〜

小学生の頃に読んだヘルマン・ヘッセの「アウグストゥス」 と言う話があります。

「誰からも愛される子に」という母の願いの通り、息子は町中の人から愛されるようになる。しかし彼は誰も愛する事が出来ず、空虚で不幸であった。母の願いを解いて欲しいと祈ると、彼は人から蔑まれ誰からも愛される事がなくなったが、心は愛で溢れ、人々の為に生き、彼は幸せであった。
と言うような内容であったと思います。

ずっと忘れていましたが、三十代で一回目の結婚が破たんした頃、思い出しました。

いつか幸せになれる日が来る。
いつか誰かが自分を幸せにしてくれる。
たった一つで良いから「これ」と言う生きがいが見つかれば幸せになれる。

そう思い続けてきたけど、ちっとも幸せになれない。

私は小さい頃からよく人に「恵まれているね。」と言われました。
でも心の中は辛くて辛くて、どうやったら幸せになれるのか苦しんでいました。

お金があっても、好きな仕事に就けても、誰かに愛されても、自分が幸せと思えないので、一向に幸せと感じる事が出来ない。

年を重ねるごとに自暴自棄・自虐的になり、身体・精神・社会的に自分を傷つける行為はエスカレートしました。

質問:どうやったら幸せになれるのか?

「幸せ」とはとても主観的なものです。
自分が幸せと感じられなくては幸せではありません。
だからこそ、まずは自分がどうしたら幸せなのかを真剣に考える事が必要です。

自分に問い続け出たのは
答え:幸せを幸せと感じる力をつけること

誰に愛されなくても何もなくても、生かされている事・周りの人々への感謝を感じられれば、きっとアウグストゥスのように幸せなはず。
だから、幸せを感じる力を育てよう!

そこで毎晩寝る前に、思いつく限り「ありがとう」を言う事にしました。
「今日も事故もなく終わった、ありがとう。」
「美味しくご飯を食べられた、ありがとう。」
「○○さんに成長するヒントをもらった、ありがとう。」
本当は、嫌味を言われたり、理不尽な扱いをされたとしても、とりあえず「ありがとう」と言ってみる。

この事を話したら、笑われた事が何回かありましたが、幸せは人それぞれで、私が笑顔で居られる事が大切なので、全然気にしません。

誰かが自分を幸せにするんじゃなくて、幸せに「これからなる」んじゃなくて、幸せに感じられる自分かどうか。

「いつか」なんて思っていたら、人を羨んだり、受け身で居たら、あっと言う間に人生は終わってしまう。

幸せを感じる事が出来なかったら、立ち止まり、自分に問いかけ、そして動いてみる。
人生そのものが幸せを知る事であり、その行為自身が幸せなのではないでしょうか?

答え:「幸せ」とは「生きる」事

皆さんが、今日も笑顔でいられますように。



zero_0_zero at 02:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

January 21, 2013

加島祥造「求めない」「受いれる」

今朝NHKで、加島祥造さんの新書「受(うけ)いれる」について紹介していました。

加島さんを知ったのは翻訳者としての本を読んでからだと思いますが、老子についても書いていて、前作の「求めない」はベストセラーに入りました。

「求めない」「受いれる」事で、心の安らぎを得て自由で幸せに生きる事が出来る。
多くの苦しみや大切な人を失った悲しみを乗り越えた人だからこその言葉がいっぱいで、心穏やかに幸せに生きるきっかけになる本だと思います。

幸せになりたい。
こんな伴侶が欲しい。
あの人みたいな環境で生まれたかった。
唯一無二の何かが欲しい。
救われたい。

今まで私の人生の中で、色々な願望がありました。
特に人に対しては会社でも家庭でも、「あぁして欲しい」「こうして欲しい」と多くを望んでいたように思います。

願望があればある程、会社でも家庭でも常に不満ばかりでした。

「変わりたい」「今の状況を変えたい」と思う気持ちは大切だと思います。
ただ、無い物ねだりや、神様に子供が願うように自分では何もせずに望む事は、ただの怠惰で、欲深い事だと思います。

結婚・離婚、転職、人間関係、色々な問題を経験して、「これでは駄目だ」と思ったものの、どうして良いかわからないまま、色々な本を読みあさり、色々な人と会い話を聞き、自分自身をさらけ出し、何とか変わろうとしました。

怠惰、欲深さ、傲慢、寂しさ、見栄、etc.
自分では蓋をしている、自分でも見たくない部分を無視し続けると、それらが知らない間に増幅していって、人生の邪魔をしていたと思います。

何かトラブルが起きる原因もこじれる原因も、そういう部分のせいな気がします。

そう思ってからは、そういう恥ずかしい自分を受け入れる事にしました。
その上で、改善策や増幅しない対策をとる方法を学ぶ事に集中しようと努めてきました。

問題解決は問題を認識する事から」とよく言うように、不満や不幸も感情的になって負の感情に振り回されるのではなく、まずは客観的に問題と捉える事で、解決していけると思ったのです。

アサーティブ、アンガーマネージメント、コーチング等。
産業カウンセラーの勉強もそうですし、仕事の為というよりは、自分自身が生きやすくなる為にはどうしたら良いのかを考え、一生懸命勉強してきました。

人を責めたり、すねたり、自分を卑下したり、妬んだり、諦めたり、そんな負の感情に支配されて、自らを不幸にしない為には、そんな自分を直視し受け止める事から。

「変わりたい」と思う心は、「求めている」事になるのかも知れませんが、「変わる」=「本来の自分を取り戻す」と言う考え方が、今の私にはしっくりきます。

テレビで加島さんもおっしゃっていましたが、子供の頃の無垢の自分、その本来の自分に戻る事が、幸せに暮らす事への第一歩なのだと思います。

100%「受いれる」「求めない」事が出来なくても良い。
素直に自分と向き合い真摯な気持ちで一生懸命生きる事が大切だと、加島さんの本を読むと思うのでした。

加島祥造公式HP
http://kajimashozo.com/



zero_0_zero at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 16, 2012

希死念慮と希望の狭間で

"After all, tomorrow is another day."

小説・映画「風と共に去りぬ」の中の有名なセリフです。

「明日は別の日なのだから」
「明日は明日の風が吹く」
「明日と言う日がある」
色々に訳されていますが、私は「明日と言う日がある」が一番しっくりきます。

子供の頃からこの言葉が大好きでした。
どんなに辛い目にあっても、どんなに打ちひしがれても、人は生きていける。
そんな力強さを感じ、自分自身の強さも信じたかったのだと思います。

希死念慮」と言う言葉を皆さんはご存じでしょうか?
(はてなワード「希死念慮」)

私は幼稚園に入るか入らない頃から、独りになると頭の中で色々な声が聞こえるようになりました。
多くの場合、女性がヒステリックに叫んだり私を責めているような声です。
早口で、何を言っているかよくわからい事も多かったですが、怖くて苦しみ、「生きていてはいけない」「死ね」「消えてなくなりたい」と幼稚園に上がる頃には思うようになりました。

詩や絵を描いたり音楽を聴いている時だけは、そんな想いを忘れ自分が生きていても良いのだと思えました。

imback


こういった模様をただひたすら細かく紙いっぱいに描いたり、歌をうたう事によって何とか精神状態を保っていたように思います。

発達障害だったのか何だったのか?
幻聴は20代で聞こえなくなりました。
もっと早く専門家に相談していたら、もっと早く楽になれたのかも知れません。

何度も死のうとした事もあるし、今も幸せなのに「死にたい」と言う言葉が毎日よぎります。
そんな思いに支配されながらも生きてこられた事は、とても幸せだったと思います。
喘息があり「死にたくない」と思える機会があったのも、偶然とは思えません。

そして、これが病気であろうと何であろうと、これに負けない事が私の使命だと思っています。

まずは生きよう。そして今ある幸せに感謝して幸せいっぱいに生きよう。
それは、私の意地でもあります。

それでも、心が折れそうな時、支えてくれる歌をいくつかご紹介。

映画「モダンタイムス」の中の曲「Smile」。(Rod Stewartバージョン)


大好きな映画「As good as it gets」バージョンの「always look on the bright side of life」。


最後に、ブータンの首相の言葉
喜びとは一瞬のもの。幸せとは長く続くもの。

皆さんが折れそうな時の励みになりますように。



zero_0_zero at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 22, 2012

interest-driven learning

TEDカンファレンス。

学術、IT、芸術、様々な分野の専門家がプレゼンするもので、有名どころだとビル・ゲイツなども出演しています。

私はNHKの「スーパープレゼンテーション」で知ってから、TEDのサイトで字幕なしバージョンや英語文のみを読んだりと英語の勉強も兼ね楽しんでいます。

「スーパープレゼンテーション」ではマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長の伊藤穰一さんが司会をつとめています。
メディアラボの研究の仕方について彼が話す中で「interest-driven learning」という言葉が出てきました。

何か目的があってそれについて実験をしたり研究をしていると、それを実現する為に必要な知識が出てきて、それを学び、又そこで新しい気付きやヒントを得て、良い物が出来上がると言った話の内容だったと思います。

興味を追いかける学び」、「目的に向かう為の学び」と説明出来ると思います。

思えば私も仕事をする中で色々勉強をして転職をして今に至ります。

まだまだなりたい自分になるには、学ぶべき事がたくさんあり道のりは遠いのですが、それは未来に向かっての学びなので、辛いどころか楽しみです。

「なりたい自分」は実際に「この仕事」と言えるほどはっきりはしていません。
でも自分が知りたい事、身につけたい事をどんどん学んだり見たり聞いたりすればするほど、やりたい事がはっきりしてくるのがわかります。

そしてそれが小学生の頃やりたいと思っていた事と変わっていない事に驚いたり納得したり。

前の会社に居た時は目の前の仕事でいっぱいで未来の自分の為の努力を忘れそうによくなりました。
今も具合が悪かったり、日々の生活に追われて忘れてしまう事があります。

そんな時、茨木のり子さんの詩を思い出します。
自分で自分を大切にしないで、何が自分の人生なのか。
どうやって幸せになれるのか、人を大切に出来るのか。
自分の心の声に蓋をせず、出来る限りの事をしてなりたい自分になりたい。そしていつか人の役に立てるようになりたい。

TEDで一生懸命楽しんで生きている人の姿を見ると、そんな想いが甦り頑張ろうと思います。

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな 
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ 

※著作権を配慮して途中省略しました。是非詩集読んでみて下さい。

・TED公式サイト:http://www.ted.com/
・NHK「スーパープレゼンテーション」:http://www.nhk.or.jp/superpresentation/



zero_0_zero at 17:31|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

August 09, 2012

幸せを呼ぶもの

普段仕事で私が大切にしているのは「プラスのストローク」。
ストロークは「なげかけ」「働きかけ」などと訳されます。

笑顔、近づく、手を振ると言った非言語のものから、「ありがとう」「あなたが居て嬉しい」などの言語など色々あります。

信頼関係を築く第一歩は「相手を大切にする事」。
丁寧に対応する。
笑顔で接する。
感謝を表す。
「おもねる」とは違う。
人に大切にされたい、良い人間関係の中で働きたいと思ったらまずは笑顔で。
(おもねる・・・人の気に入るように振る舞う。へつらう。)
必ずどのクラスでもこの話をします。

認められたい・好かれたいと思うのは人間の自然な欲求で、それが満たされず多くの人が不安や疎外感を感じています。
相手から理解されていない、慕われていない、尊敬されていない、避けられている、そんな気持ちでは相手に優しくは出来ません。

それは理不尽な事を言う上司や、非常識な言動をとる顧客も同じです。

よく「嫌いな人は自分に似ている」と言います。
自分がやりたいと思っていた事をしていたり、自分が抑えている部分を表に出していたり、自分と同じと思っていた人が自分より良い扱いをされていたり、自分の弱い所をつつかれて悔しい思いをしたり。

いつも人を批判している人がいますが、嫉妬や自分への言い訳のように聞こえる事が多々あります。

そして多くの場合そう言う人は、笑顔が少ない気がします。
仲の良い人には笑顔をみせますが、基本的に顔が笑っていない。
笑顔だけでなく、自分から人に歩み寄る事、非言語のプラスのストロークが少ない。

「幸せ」「人に恵まれている」と言っている人は笑顔が多い。
それは人も自分も認め、自分からプラスのストロークを出せるからなのではと思います。

人は一人では生きていけない。仕事もしかり。
どんな人にも良い処があり、自分にはないものを持っている。
それを認める事が出来ると、プラスのストロークとして相手に伝える事が出来ます。

一緒に居て心地よい人と言うのは、自分を認めてくれる人です。
自分を大切に扱ってくれる人は邪険には出来ません。

なれなれしくしたり、へらへらする必要は全くないと思います。
ただ、人にいつも何かを求めるんじゃなく、まずは笑顔を投げかける事。

そうやって受け身ではなく能動的に生きる事は、上手くいかない事もわかりあえない人も受け入れる冷静さや強さを与えてくれます。
そうなると不平不満が減って、心から笑顔が出ると思います。

プラスのループですね。

私の仕事、講師という仕事には威厳や格式も大切ですが、マナーやコミュニケーション、就職支援を担当する以上、日頃からプラスのストロークを出す事、出す方法を伝える事が必須だと思っています。

講師として自分自身が幸せであるから、説得力のある講座が出来ると思っています。
カウンセリング、コミュニケーション、アサーティブ、交流分析、コーチング、色々なものを学んでそれを積極的に実践し続け、やっと実になってきた気がします。

自分の為に仕事の為に、これからも幸せに貪欲に生きていきたいと思います。

持論:「幸せを呼ぶもの」は自分の行動です。



zero_0_zero at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!