2007年04月25日

転職先物買い!地球に優しくカッコイイあの業界を徹底解剖

【VHS】ベイビー・アインシュタインベイビー・ダ・ヴィンチ/からだのなまえ
[ITキャリア]厳選☆転職の穴場業界 リサイクル技術

地球に優しい循環型社会を目指す機運が、世界中で高まっている。環境、ゴミ、資源、エネルギーなど、解決困難とされるさまざまな課題をクリアすることこそが、新しい21世紀を創り出すからだ。その基幹技術として注目されているもののひとつに、リサイクルがある。

業界動向:政府・企業が熱い視線を送るリサイクル技術の将来性

エコロジーが叫ばれ、使い捨ての大量消費社会から、無駄を省いた「循環型社会」への転換が世界で図られている。
日本でも各業界や企業が自主的に進める一方、経済産業省は3R(Reduce:廃棄物発生抑制、Re-use:再利用、Recycle:再資源化)政策を打ち出し、新たな技術開発の支援に乗り出した。 循環型社会の実現に向けた取り組みは、加速度的に進展している。

現在、日本で特に重視されているのは、リユースとリサイクルだ。自動車、家電製品、パソコンなどのリサイクルを義務づけた法整備や、社会システムの枠組みがつくられる一方、空き缶やペットボトルなど資源ゴミのリサイクル技術でも世界に先行している。
その方法も、溶解などによる工業製品の材料への加工だけでなく、資源物質の選択抽出によるリユースや廃プラスチックの燃料化など、近年では多様化が進んできた。 昨年開催された愛・地球博におけるゴミ発電もその一例だろう。これらリユース、リサイクルの次世代技術開発はこれからが本番だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆アインシュタイン関連ブログ記事
人の表情にそっくりロボット - ウェル指圧マッサージ鍼灸院 (4月25日2時21分)

数学板よりRev.4 - ダンボールハウスの中で (4月25日1時45分)

気づかないから見えない - 腐海プロジェクト (4月25日0時51分)

冷たく静かに事物を見つめていかねば... - 私の好きな戯言の集まり。 (4月25日0時4分)

脳のトレーニング.com - プチ・ミニ・ライターMaiko☆彡 (4月24日23時36分)

エスプリの教科書「ユダヤ・ジョーク... - 珈琲とギターの日々 (4月24日23時12分)

想像する時間 ★ - Flower works ★ 花火 (4月24日22時33分)

特異な体験をしたアメリカの小説家カ... - インターネット徘徊 (4月24日21時30分)






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔