9月26日(日)

暑さと忙しさから自転車に乗れなかった今年の夏
そのブランクを埋めるべく
先週に引き続きショップサイクリングに参加です!
事前情報では
来月のBBQの下見を兼ね二本木峠
との声が聞こえておりました

う~ん、二本木峠かぁ (´ε`;)

強度は大丈夫そうだれど距離が問題か!?
なにしろ確実に100kmを越えコース

足を引っ張りペースを乱してしまうのは心苦しいが
そこはトークで誤魔化そう(笑

気持ち良い秋晴れ
数日前の猛暑日がウソのような涼しさ
それどころか少し肌寒い
山を上ることもアリ
念のためウィンドブレーカー持参
Resize8651

少々早めにお店に到着し
皆さんを待ってると続々と登場
この日は久々に慧氏も参戦
7upジャージがまぶしいぜ (・∀・)
Resize8655

途中まで引率して下さる社長を含め13名で出発
スタート直後の気温は心地良さと寒さの境目
しかしながら少し走れば体が温まり丁度良く感じる
この日の市街地は信号によるストップ&ゴーが多くキツイ…
Resize8665

戸守のローソンで休憩
Resize8682
通常8時組では止まらないのだけれど
体力的に厳しいワタクシ

スタート前から「戸守止まります?」を連発

途中の川島の農道でも確認したりとアピールを欠かさず
見事に休憩となりました
ホントすいません

抜けるような青空とはこういうコトなんでしょうか
気持ちの良い空です (・∀・)

Resize8681


再スタート後、まずは早俣橋
仕掛けろ!とのリクエストに応えるべく
坂の手前から加速
ギアを掛けて一気に駆け上がる
行けるか!?
と思ったその時
右手から次元の違う速度でまくられた
ハタチくんってば速すぎだから orz

無茶なアタックで異常に上がった心拍を見て
さらにドキドキしつつソロソロと先へ進む
しかし早俣橋での無茶なアタックが効いたのか
ズルズルと後退し集団から千切れてしまった
そこに現れた救世主ハタチくん(21歳 w)
機械のように精密な速度調整と安心感のある加減速
まるで魔法のような引きでみるみる先頭集団に追いつきました
ハタチくん、ありがとう (・∀・)

そして清澄GCの坂に突入
Resize8689
ダラダラと嫌な勾配の続く苦手なコース
前回に続く二週連続のトライ
その後の道のりを考えると無理は出来ない
マイペースを心がけて上り始める
ワタクシのマイペースはかなりのスローペース
久々参戦の慧氏は軽快なペダリングで先行する
ワタクシはズルズルと最後尾に落ちて行く ('A`)

やっとのことで上り切ったところで
ここでお昼に家に戻らなければならない慧氏とお別れ

第2休憩ポイントのとうふ工房わたなべ
Resize8694

補給食におからドーナッツを食すお仲間が多いが
ワタクシは水分を取り過ぎているのか食用が湧かない
Resize8696

とりあえずカラダを休ませる
なにしろ次は峠越えだ (`・ω・´)

お店で見つけたお花、なんて花なんだろうか?
Resize8697

わたなべ豆腐を後にして次なるポイント松郷峠を目指す
空は気持ち良い秋晴れ
Resize8702
しかしこれから峠が2本も控えてると思うと
気分的には曇天模様(苦笑

西平の交差点を曲がり、松郷峠登坂開始!
Resize8705
序盤のキツい勾配を抜ける
その時点ではヒィヒィだったけれど
しばらくしてペースを掴むと落ち着いて来た
先週の弓立山登坂のイメージが残っているせいか
松郷峠レベルの勾配はゆるく感じられる
うん、これなら大丈夫かも (゚∀゚)
キツいながらも無事クリア
Resize8706

さすがに山は風が冷たい
下りに備え上着の着用を考えるも
上りでの体温上昇がそれを拒む(笑
結局、上着なしでのダンヒル
心配したほど体温は低下することなく 
自身がまとっている天然装甲板の威力を実感

落合橋を目指す道程は意外にハード
特に目立つ登坂路は無いものの
平坦路ゆえのペースアップと
ゆるい勾配の上り坂が続いたりする
先頭グループから千切れつつ到着
メインの二本木峠に備えてしっかり休憩
Resize8711

二ヶ月ぶりの二本木峠
入口ではジャッキー返しの激坂がお出迎え
ここはダンシングで一気にクリア
頑張った分、心拍数がヤバい状態 (ヽ'ω`)
Resize8716

厳しい勾配はコースのアウト側を目一杯を使ってこなし
平坦エリアはスピードアップ区間ではなく休憩区間に利用
そうやって頂上目指してペダルを回し続ける

しばらくすると後方から声が聞こえて来た
ジャッキーさ~ん、速く走らないと差しちゃいますよ~!
下を見ると青系のジャージがチラッと見えた
S本さんだ!
どうやら8時組初参戦の方のサポートをしている模様
抜かれるのがイヤというコトはないのだけれど
それなりに良いモチベーションになりました

ゆるめの区間で前を行くA元姉さんの姿を捉え
それを目標にペースを維持
後半は腰の痛みに悩まされつつも
S本さんグループに掴まるコトなくクリア
Resize8718

さすがにここまで来ると涼しいを通り越して寒い
全員集合後、早々に目的地に移動
キレイになった道を下り
彩の国ふれあい牧場に到着
Resize8721

到着した頃は日もだいぶ上り日差しが心地よい
Resize8732_2


晴れ渡った秋空、空気も澄んで気持ちが良い
このままここでお昼寝がしたい 
(´Д`)
そんな衝動に駆られる

Resize8727

お約束のソフトクリームを食す方が多かったけれど
Resize8735
カラダの冷えを考慮してここはガマン


下界に戻るべくダウンヒル開始
上着を着用し冷え対策もバッチリ
道がきれいで速度が上がりやすいので
注意しつつ下る
が、どうも変な感じ

リヤのブレーキの効きがおかしい
前後同時にブレーキを掛けているのに効きが悪い
フロントブレーキを強くするのは怖いので
リヤブレーキを強めに掛ける
が、とにかく効きが悪い

ん~、なんだろ…

コーナー入口で速度が落ち切らない
リヤブレーキを強めに掛けてみる

ズッ、ズッ!

いきなりリヤタイヤがロック

ひぇ~~~~~~

さらに悪いコトに対向車線からクルマが来た

うっそぉ~~~~ん

リヤタイヤはロッキング状態でオーバーラン
対向車線にはクルマ

しぬ ((((;゚Д゚))))

あわやというトコロでギリギリ回避
心臓が口から飛び出る
というのはこういうことか!?
というくらい怖かったです
その後、気持的な凹みもあり、そろ~りと下山

下山後バイクを見てみると驚きの状態
なぜかチェーンステーが水浸し

へ!?

なんと原因はシートチューブに固定したボトル
蓋がキチンと閉まっていなかったのです
そのせいで段差の度に中のドリンクがこぼれ出し
リヤ回りを水浸しにしていたようです
どうりでリヤだけブレーキの効きが悪かったはずだ
ともかく無事に下山出来て良かった ε-(´∀`*)ホッ

落合橋の先にあるお仲間オススメのお店でランチタイム
Resize8746

と思ったら
なんと夏休み休業 (ノД`)
Resize8744


いそいそと退散
Resize8745_2 

まさかのお昼抜き!?

ではなく
次なるオススメのお店を目指し小川町内に移動
着いたお店は有機野菜食堂 わらしべ
Resize8757

お店の前に自転車用スタンドのあるサイクリストに優しいお店
外観内装ともに雰囲気があってイイ感じ
お昼のメニューはパスタを中心にしたメニュー
有機野菜の入った魅力的なメニューが並んでいるのだが
ガッツリ走って来たのでイマイチ食欲が無い
出来ればシンプルに行きたい
そこで口をついて出た言葉が

ペペロンチーノって出来ますか?

こんなワガママな申し出を快く受けて下さりました
ランチタイムのパスタセットには
スープ、サラダ、ドリンクの中からひとつをチョイス
ワタクシはオレンジジュースをお願いしました
このジュース、なかなか濃厚で美味しい
ジュースの後に出て来たのは
茄子の味噌和えとパンにチーズが乗ったお洒落な前菜
Resize8753
どちらも美味でした

お次に登場はパン盛り合わせ
Resize8755
ちなみにこれは4人分です
どれがどんなパンなのかは不明でしたが
香ばしさとしっかりした歯ごたえがグーでした

そしてメインのペペロンチーノの登場
Resize8756
これ、すんごく美味しかったデス (゚д゚)ウマー

ランチタイム終了間際のイレギュラーなオーダーにも
笑顔で対応して下さった奥様と
美味しい料理を作って下さったご主人
ありがとうございました (・∀・)
Resize8758


ランチを食べてお腹は満足になったが
残念なコトに脚は回復せず
帰りは嵐山渓谷を経由しての平坦路メインのコースでお店へ戻る
Resize8767

帰りの早俣橋はそこそこに抑え
下りは勢いを利して出来るだけ体力を使わずに
と気を抜いて走っていると
S本さん&あつを隊長にバビュンと抜かれる

ちょ (#・∀・)!

なんだか追い付けそうな感じがしてペダルを踏み倒す
おし、あともうちょっとであつを隊長の後ろに付ける
自分自身に気合を入れ直した直後
あつを隊長再加速 ('A`)

もう踏めません…

グッタリ気分で戸守のローソンに到着
Resize8772

最後の休憩ポイントでしっかりカラダを休めます
そして川島の農道
ここで鬼引きが始まったら即終了です

しかし

ハタチくん先頭の集団は32km/h巡航と
予想外にジェントルな速度で進行
しかも安定感溢れるスピードコントロールで
ツキイチで走るワタクシ的には実にありがたい

もしかして、うどん屋GPまで行けるか!?

ぽわわ~んと、そんな考えが頭をよぎる

そして直前の表の交差点で赤信号ストップ
どうなるんかなぁ~
と思っていると
信号が青に変わった途端
前方の4名が猛ダッシュ

へ!?  ( ゚д゚)

こ、これは、おれも行かねば!
急いで追いかける
メーターを見ると速度は45km/hを越えている

ちょ、これマヂでムリ

みるみる千切れていく
遥か彼方で繰り広げられているであろうバトルも遠く霞む

完全に終了した脚で独りトボトボと荒川の土手を上る
沈下橋手前でようやく先頭集団に合流
さすがな皆様は市街地もスイスイ進行
ワタクシはヒィヒィでした、ハイ
そんなこんなありつつも無事にお店に到着
Resize8778

総走行距離113km、久しぶりの100km越え
距離の分だけ楽しみも盛り沢山でした
ご一緒して下さった皆様

ありがとうございました!

次回参加の際もよろしくお願いします