2015年9月23日(水)秋分の日

今回の釣行はリベンジではなく再チャレンジなのです。
たしかに前回は海のコンディションが良くなかったですが
それ以上にワタクシ自身の準備不足が大きかった。

そうなると、気分的にリベンジ(復讐)とはなりません。
しっかり準備をしての再チャレンジなのです。

当然、お世話になる船宿は前回と同じ沖右ヱ門丸さん。
resize1240

釣り座は左舷胴の間に確保。
割と混んでおりましたが、そこそこスペースが確保出来たのと
右隣の方が見るからに釣りウマなのでトラブルレスで進行できそうな予感です。

前回の経験を生かし釣り座周りをセッティングし、いざ出船です!

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

まずはイナダ狙い
前回は水深が分からず電動リールで攻めましたが
20mという浅い水深に色々と困惑してしまいた。
その時の反省を生かし今回は手巻きリール、仕掛けは4号3本針。

ポイントに到着し、船長さんから
「水深20m、底から3m上げて10m誘い上げて」
これまた前回同様の指示が出ました。

ロッドを下45度下げた状態からシュッとしゃくって
リールのハンドルを一回転させながら下45度の角度にロッドを戻す
そこでポーズ、間合いを3秒とって再度しゃくる。

このアクションで10mほど誘い上げます。
すると、下から5mほど誘い上げたところでククンというアタリの後
ロッドがズドーン!っと海に刺さりました。

な、なんじゃこりゃ~

フッキングする余裕もなく必死でハンドルを巻きます。
中乗りさんにネットを出してもらい、無事ランディング。

経験している人にとっては慣れたもんなんでしょうが
初体験のワタクシにとってはイナダといえど
その引きの強さに正直ビビりました ((((;゚Д゚))))

さすが青物ですわ

その後は入れパクというほどでは無いものの良いペースでアタリます!
開始から約2時間、クーラーには10本のイナダです。
resize1241

いやぁ~、やっぱり青物ってスゴイっす!

イナダの反応が薄れてきたところで次はアジ狙い。
ここでも前回の反省を生かし電動リールにチェンジ。

ポイントに着くと船長さんから
「水深70m、下から3~4mまでを誘って下さい」
という、これまた前回同様なアナウンス。

イナダが良い日はアジも良いようで、こちらもイイ感じにアタリます。
サイズも35cm前後のデカアジばかりで釣り味も最高です!

同じ沖右ヱ門丸の船とロープで繋いで仲良くアジ釣り(笑)
resize1243

ワタクシが乗る船が潮下なので、明らかに釣れてます。
アタリがあったらダブルを狙ってゆっくり1mほど上げるんですが
なかなかダブルで掛けられません (;´∀`)

それでもイイ感じに釣れ続け35Lのクーラーは満タン!
1443515446297

まだ時間は11時30分、沖上がり予定は午後1時。
これ以上釣れても、もうクーラーに入らないぞ!

と、船長さんからアナウンス
じゃあ、最後にもう一度イナダを狙います!

釣りはしたいけど、クーラーは満タン…

ここで船長さんに、お店にトロ箱があるか確認すると、
大丈夫ですよ、発泡スチロールの箱があるから
バケツに20本でも30本でも突っ込んで帰りましょう!

い、いや、20本も30本も釣る予定はないんですけど (;´∀`)

イナダのポイントに戻り、張り切って釣り再開です!
指示棚は朝と同じ「底から3mの棚から10m誘い上げる」
と、一投目からココンとバイトです!!!

タモですくってもらおうと思っていたら
皆さん釣れたらドンドン抜いちゃって下さ~い!
と船長さんから厳しいアナウンス(笑)

たしかに、他の釣り客も十分以上に釣ってますんで
ここは効率重視で行こうっていうコトでしょうか!?

しかし、3mの仕掛けは長い!
ビシを掴んで手を伸ばしても一度では届かず、
さらにもう一回手繰らないと魚を取り込めない。
その上、掛かったイナダが暴れるのでハリスが指に食い込む (>_<)

取り込んだ後の血抜きも一苦労です。
左手の親指を口から、差し指をエラから入れてイナダをホールド
その状態でエラにハサミを入れてバケツに投入。
イナダに歯は無いもののフィッシュイーター独特のザラザラのお口なので
突っ込んだ親指が次第にボロボロになっていきます。
その削られ具合たるやバスどころの騒ぎじゃありません。

クーラーは満タン、釣れても取り込みや血抜きで一苦労。
だったら釣りをやめりゃあ良いだけなんですが
楽し過ぎてやめられません!

強烈な引きの割には意外に繊細なバイトを感じたら
ビシッ!と大きくフッキングして、ひたすらゴリ巻きです。
強引すぎる釣りだったのかフロロ4号のハリスがブレイク!
途中から5号ハリスを投入。
食いが落ちるかと思いきや無問題でした(笑)

結果、後半1時間で13尾のイナダをキャッチ (゚∀゚)
resize1239

釣果:イナダ23尾、アジ25尾、サバ3尾、ソーダガツオ2尾

ど、どうすんのコレ(笑)
DSCF2431
※画像は沖右ヱ門丸さんのHPからお借りしました。

前回釣行時は“何が何やら分からず”仕舞いでしたが
今回は良い意味で“何が何やら分からない”結果です(笑)

それと、今釣行は“MPG SHIBUKI190”の真価が発揮された感じです!
サニーチビライト40号使用のLTな釣りにもかかわらず
イナダが掛かったらオマツリしないように回収しなければならない
パワーが必要な今回の釣りにはベストマッチでした。

イナダのダブルにもビクともしないのはさすがでした!
まさに広告に偽りなしですな

感度が必要なシチュエーションでの使用感は好みに合わなかったけど
今後は手持ちの竿の特性を見極め、それぞれにマッチした状況で投入できるよう
使い手の自分自身の成長が必要な感じです (;´Д`)


ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!


使用タックル
ロッド:アルファタックル MPG SHIBUKI 190
リール:シマノ バルケッタBB 301HG
道 糸:PE1.5号

ロッド:アルファタックル アルバトロスファーストライト180ML
リール:シマノ フォースマスター401
道 糸:PE2号