2018年4月22日(日)

金曜日のアンビレ釣行に続き、フィッシングパル佐野に来ました。
resize6509
この日も新調したフロッグタックルを使います (・∀・)

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
今回購入したフロッグ用タックル。
ダイワ エアエッジ631MHB&タトゥーラSV TW 8.1L
ラインはサンライン シューター ステューター60lb
使うフロッグはスティーズ ポッパー フロッグJr
まんま、内山幸也プロと同じです(笑)。

アンビレ同様、ここパル佐野でもフロッグでは釣れると思いません。
しかし、使いたいのです(笑)。

さらに、これまでトップ用にメインで使ってきたリール、
01カルカッタコンクエスト100が不調になってしまい、
急遽、修理に出すことになってしまいました。

そこで「エアエッジでトップウォータープラグは使えるのか?」
という課題を持っての出動と相成りました。

ロッドにラインの巻いたリールをセットし、
ラインの先にルアーを結ぶことさえできれば、
極端な重さでなければキャストは出来る。
キャストが出来ればアクションもリトリーブも出来る、はず。

問題なのはキャストフィールや操作感。

エアエッジ631MHBはとにかく硬い。
ルアーの重みをティップで感じ、少ない振り幅で弾道は低く。
というようなキャストは出来ません(苦笑)。

自分が必要とする距離をキャスティングしようとすると、
普段バスフィッシングではしないような、
極端な例えですがソルトウォータープラッギングのような、
たらしを長くとって遠心力を使って投げる、みたいな。
そんなイメージのキャストになってしまいます。

コントロールと着水音は若干残念ではありますが、
この投げ方でも飛距離は問題ありません。

アクションに関しては決して扱やすいという事は無いけれど、
ロッドの使い方次第でどうにかなるもんです。

しっかり食ってくれればフッキングも無問題!
resize6510
POP-Rで記念すべきファーストフィッシュをキャッチ!

その後も何度かアタックは有りましたが、
まともにバイトしてくれないのでロッド性能云々以前の状態でした。

一通り使ってみて検証
エアエッジ631MHBでトップウォータープラグは使えるのか!?

その問いの答え
使えない事はないけれど積極的に使う気にはなれない。

釣り竿の好みは千差万別十人十色、
あくまでもワタクシの私見という事でよろしくお願いいたします。

こう書いてしまうと専門性が強く使い勝手の良くないロッドのようですが、
使うラインをPE4号ではなく、ナイロンやフロロカーボンにした場合、
今回の印象とは異なる結果が出そうな気がしております。
トップウォータープラグが!?ではなく、
ジグ&ワームのカバー撃ち、という方面で気になっております。

とは言っても、フロッグゲームではPEラインが必須との事なので、
1本で併用するというのは現実味は有りませんけど(汗)。

で、釣りの方はといいますと、
4月というのに夏日、ここ佐野市の気温は14時に29.8℃をマーク。
ほぼ30℃、真夏日です (◎_◎;)

釣りをする我々人間にとって厳しいコンディションなのですから、
まともなカバーの無い管理釣り場の中のバス君たちは言わずもがなです。

足元のカバーを中心にフィネスワームで攻めてポツポツ。
180422c
それでも釣れれば楽しいのです (・∀・)

再燃したバスフィッシング熱、思うように行かない事もありますが、
それはそれで釣りの楽しみの一つと思って精進します!

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ