2018年10月13日(土)

なんとなーく、バスが釣りたくなりまして、
久しぶりに宮城アングラーズヴィレッジに行って参りました。
resize2311
11月3日からトラウトが始まるという事なので、
これが今シーズン最後のバスフィッシングになりそうです。

丸一日頑張れるのか、俺!?
そんな不安を抱えつつの1日券購入。

そこそこな客入りの隙間を見つけスタートフィッシング!
resize2320

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
再燃したバスフィッシング熱でしたが、
思いの外、すぐに治まってしまいました。

その理由は「釣れないから」です
近場に柴山沼や久喜菖蒲公園といった
県内屈指のメジャーフィールドがありますが、
普通に釣りをしたのでは全く釣れません。
柴山沼プロとか昭和沼プロなんて人もおりますが、
そこまで特化しないと釣れないフィールドという事でしょう。

熱は治まったとはいえ鎮火したわけではありません。
バスフィッシングならでは楽しさは今でも大好きです。

その楽しさの美味しいトコ取り、という意味で、
お手軽な管理釣り場に来てしまうのです。

まずはフラポッパーで様子見。
ボコーン、ボコーン、とチャガー音で誘います。
が、活性が低いのかバスは全然浮いてきません。

手前のブレイクでパクッとルアーが消しこんだ。
resize2315
なんだ、出るじゃん (・∀・)

それならば、と気合を入れ直しキャストをしますが、
意外と人が多くキャストの自由度が低すぎる。

仕方ないので、人がいない所を移動しながら釣り続行。
前回来た時に比べ障害物が増えております。
その大半は草を束ねたカバーなので、引っ掛かっても回収しやすい。
そんなソフトベジテーションの隙間にルアーを落とすと、
ゴボッ!
resize2316
気持ちの良いバイトで2尾目をキャッチ。

朝からフラポッパーで連チャン。
なんか、もう満足かも(笑)

レストハウスで休憩、というか山ちゃんと雑談。
やらせ写真をガッツリ撮影して釣り再開(爆)

フラホッパーでの釣果に気を良くしたままなので、
しばらくトップウォータープラグを投げますが、
当然ながら水面はモワリともしません。

ここで、今シーズン自分の中でちょっとしたブームになった、
ジャンボグラブ(C/#20)のテキサスリグ(5g)を投入。
resize2317
なんとか釣れたけれど、どうにもコレじゃないらしい。

ならばと、ワタクシ的アンビレ最終兵器、
2インチスイングインパクトのジグヘッド(1/32oz)を投入。

これを投げればいくらでも釣れる。
そう信じていたルアーでしたが、まさかの不発(涙)

これが釣れないと次の手はありません。
早くも途方に暮れるワタクシ…

ストレートワームのネコリグや4インチグラブテキサスと、
実績のあるルアー、リグを投入するも、ことごとく不発。
この時点でモチベーションはダダ下がりです。

仕方ないので下池でナマズを狙い、気分を紛らわせます。
resize2323
ナマズが簡単に釣れるか?と言えばそうでもなく、
水温の変化に敏感なナマズは日々の水温変化だけではなく、
朝晩の水温変化でも活性が大きく変化するようで、
時合でないとエサをたくさん撒いても釣れない、らしいです(涙)

ワッキーフックにGulpチャンクのチョン掛けで放置。
ナマズ釣りの知識も経験もロクに無いワタクシが出来るのはこれくらいです。

と、PE0.8号のメインラインがスススッ!と動いた、
思い切りフッキングするとラインの先にすごい重さががが!!!
resize2322
なんと、上がって来たのは和ナマズでした。
アメリカナマズを釣らせる池ですが、和ナマズもいるんですね。

陽が出て水温が上がり活性が上がったのか、
その後、ポポンと2尾のアメリカナマズをキャッチ。

パワフルなファイトはこの釣りの大きな魅力です。
o0420031514283927460
画像はアンビレHPより拝借しました。

もっと釣るぞ!と釣りを続けますが、
気合を入れると空回るいつものパターンが発動。
この後パタリとアタリが無くなりました(涙)

ここで早めのランチタイム。
resize2336
少々肌寒い日はカレーうどんの美味さが3割増しです。

ランチを終えるとライブベイト放流の真っ最中!
これはチャンス、と駆け付けますが、
遅れて行ったワタクシがキャストするスペースは無く、
放流効果が期待出来ない場所へのキャストを繰り返すのみ(哀)

そんな事を繰り返しているとワタクシの活性が下がって行きます…
ストライパーを諦め、トップウォータープラグで遊ぼうと、
釣りが出来るスペースを見つけランガンです。
これなら「釣れなくて元々」、的な感じで精神衛生上好ましい(笑)

足元のカバーや沖のソフトベジテーションを狙っていると、
resize2327
ちっこいのがデカダンスに喰いついて来ました!

さらに、初心者の方に釣ってもらおうと、
スタッフさんがペレットを撒いている場所の周辺でボイル!

初心者さんの邪魔にならぬよう、
ポッパーで遠目から誘ってみるとゴボッ!と派手なバイト。
resize2330
POP-Rは良い仕事をします。

その後もPOP-Rで遊ばせて頂きました。
o0420031514283927481
画像はアンビレHPより拝借しました。

トップへの反応が無くなってきたところでワームで狙ってみましたが、
これが難しいったらありません(滝汗)
超ショートバイトでフッキングする間が無いのです。

スタッフさんによると「警戒心がハンパない」という事です。
そういう意味ではリアクション的なトップの釣りの方がイージーなんですね。
resize2332
トップウォータープラグへの反応が悪くなり、ワームでも釣れない。
そうなるとワタクシに出来る事は何もありません(悲)

立ったり座ったりの沖釣りに比べ、立ちっぱなしというのも疲れました。
少々早目ではありますが、PM3:00に納竿としました。

これで今シーズンのバスフィッシングは終了、
次回アンビレに来る時にはトラウトです。
resize7371

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ