2019年5月11日(土)

GW釣行では残念な結果に終わったLTアジ。
その借りをビシアジで返そうとコチラにやって参りました。
resize8404
そういう時の借りというのは
「同じ船宿」「同じ釣りもの」で返すものですが、
そうじゃないのがC調クオリティなのであります(笑)。

で、ビシアジです。
LTアジではないノーマルのアジです。

ノーマルって何だよwてな感じですが、
ギョーカイ的にそう呼ばれております。

ワタクシ的にビシアジといったら鈴福丸さん

鈴福丸さんはHPの電話番号にSMSで予約可能。
ワタクシ「〇日に伺いたいのですけど大丈夫ですか?」
鈴福丸さん「大丈夫です、お待ちしています」
とまあ、こんな感じで極めてイージーに予約可能、
変に気を使わなくて良いのでなんだか便利です。

ワタクシ沖釣りの到着時間の目安は
出船の1時間半~2時間前と決めてます。

鈴福丸さんのビシアジ船の出船時間はAM7:15。
ということはAM5:15~5:45くらいに着くように出発。

佐原ICを降りてすぐのつり具タックルで青イソメを購入。
resize8402
こちらのお店、土日祝日は早朝5時開店と、
沖釣りファンには非常にありがたいお店です。

いつもは前日に購入していましたが、
今回初めてこちらのお店で買ってみました。

で、AM5:30現地到着。

大船長の指示に従い駐車場にクルマを止めると、
あぁー、今日はこっちの小さい船ね。
いつもの大きな船では無く大船長の船を指さされた。
resize8403
ど、どした!?

この日いつもおの若船長の大型船は貸切のようで、
乗り合いで来た客は大船長の船という事のようです。

聞けばこの日の乗合客は5名とのこと。
小さい船でも右舷3名、左舷2名なら広々です。

船尾側に先行のお客さんが1名。
resize8411

船首側は誰もいません。
resize8410

乗合船というものは混んでいるのは嫌だけど、
空いてれば空いていたでコマセの効き具合が心配。
まったく釣り人なんて勝手なもんです(笑)

船宿に戻り船代を支払い着替えをして一段落。
この時点でAM6:15、出船まで1時間。

船で釣りの準備をするもよし、
カップ麺をすするもよし、
今日はコレ、とSNSでつぶやくもよし。
twitter_2019.05.11
あっという間に出船時間のAM7:15。

快晴ベタ凪、出船です!
resize8414

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!
本日のタックル
resize8407
ロッド:アルファタックル HB AJI
リール:ダイワ 18シーボーグ 300J-L
道糸:4号(よつあみ パワーハンタープログレッシブX4)

ワタクシ的に竿で誘う釣りには左ハンドルがマスト。
フォアグリップに右手を添えるという方法もありますが、
ビシアジの場合それでは思うような操作が出来ないのです。
全てはチームダイワのグリッピングレフトのせいです(懐古)。

resize8431
チドリ No.305式 GLH型 大アジ天秤 48cm×1.8mm
これに1.5mm20cmのクッションゴム。
ビシはYAMSHITAクリーンビシ130号。

ノーマルアジは150号ビシを使うところも有りますが、
鈴福丸さんは130号ビシが指定サイズです。

KAHARA JAPANのラバーネット。
resize8429

LTアジでは珍しいマイタモですが、
ここ鈴福丸さんではそうでもありません。
常連の何人かはマイタモ持参です。
f6658899-s
今はカタログ落ちしているようですので、
大事に使わせて頂きます。

本日のスターター
resize8415
ハリス3号、全長2m、3本針(70cm・60cm・70cm)、
枝ス20㎝、金ムツ11号、ビーズ類無し。
resize8412
まずはベーシックな仕掛けでスタート。
以前はセレブにシーガーGMを使っていましたが、
最近はもっぱらシーガー船ハリスであります(照)

付けエサは朝買ってきた青イソメ。
※鈴福丸さんで支給されるのは赤タンのみ。

赤タンと青イソメはどっちが良いか?
どっちでも問題無く釣れます。

ルアーフィッシングから釣りを始めたワタクシは、
生き物の方が釣れる気がするので青イソメ派です(笑)。

まず到着したポイントは久里浜沖水深50m、
resize8417
船長さんの指示棚は底から4m。

指示棚の1m下と指示棚でコマセを撒く。
と、15秒くらいでゴゴン、ゴゴゴン!

ヤリビシで良型アジは嬉し過ぎます。
resize8416

LTアジでは指示棚で誘いを入れる人は皆無だが、
ビシアジではほとんどの人が誘いを入れている。

もちろん船宿によって違うとは思うけど、
鈴福丸さんの常連は誘いを入れる人が多い。

それで釣れていないのなら気にならないけど、
そういう人が釣るもんだから無視できません。

しかし、活性が高く指示棚に合わせるだけでアタリが出る(激嬉)。

ゴゴゴン!

毎回思う事だけどビシアジのアタリは大きい。
深い水深、ビシの重さ、道糸の太さ。
何がどう作用しているのか分かりませんが、
25㎝前後のアジでもゴゴゴン!と来ます。

序盤なので欲張らず1尾来たら回収。
慌てず、けれど早めに巻き上げる。

天秤を掴むとクッションゴムがビヨーンビヨーン。
LTアジではクッションゴムを使う事が無いので、
いつもここで調子が狂う(苦笑)。

ビシカゴをコマセバケツに入れ、
仕掛けを掴みタモを使って大事にランディング。

アジが口が弱い。
知っている人も多いと思ますが本当に弱いです。
特に30cmを超える大アジになると、
自重で口が切れ船べりでバラす事もあります。
こればかりは技術や経験ではカバー出来ません。
タモを使って大事に取り込むのが一番。

開始早々良型アジ連発でニンマリ。
resize8418

開始から1時間少々でツ抜け達成。
resize8419
全て30cmオーバーの大アジで喜びもひとしお。


アタリが遠のいたところで小移動、今度は水深70m。
船長から棚の指示が無いので底から4m押しで行ってみる。

と、これまた1投目から好反応!
型は一回り小さいがそれでも20cm超の中羽サイズ。

手頃なサイズなので一荷を狙う。
最初のアタリを取ってそのまま待っているとバレてしまう。
テンションが抜けた時に針が外れるのか?

ならばとロッドワークでテンションを掛けつつ待っていると、
2尾目のアタリがズズンと手元に伝わってくる(楽)。
resize8422
小さいながらも狙って釣れると嬉しい。

このポイントではトリプルも出て数が稼げました!

20尾(AM10:00)
resize8424

釣れて来るアジのサイズを考慮して仕掛けを変更。
resize8423
ハリス2.5号、全長2m、3本針(70cm・60cm・70cm)、
枝ス20㎝、金ムツ11号、ビーズ類無し。

0.5号の違いで何か変わるのか?と思いますが、
こういうのは気分の問題ですから(笑)。

40尾(AM11:00)
resize8425

基本の棚を底から4mとして、そこからの微調整。
アジの活性が高いのか底から5m前後が一番反応が良く、
底を取ったら一気に5m巻き上げビシを一振り。
そうすると15~20秒でアタリが出る。
1尾掛かったらテンションが抜けないよう竿を操作し追い喰いを狙う。

同じ釣り方でアタリが出にくくなったタイミングでポイント移動。
resize8421
三か所目のポイントは久里浜沖らしい水深100m。
ビシアジではかなりの深場となるけれど、
鈴福丸さんではいつもの水深だったりします。
前回同様船長さんから棚の指示は無し(苦笑)。

底から4mか、5mか?

まずはベーシックな釣り方で底から4mを狙う。
底から3mと指示棚でコマセを撒いてアタリを待つ。




次に底から5mを攻めてみる。




ヤバいのか!?


この日は特に誘いを入れなくてもアタリが出ていたので、
敢えて誘いは掛けて来なかったけれど、
ここは何かしないとアタリを出せそうに無い気がする。

とりあえずフワフワと誘いを入れてみるが効果なし。

続いて竿で1m上げ一瞬止め元の位置に戻す。
ワタクシの好きなフォールで喰わせる作戦。

戻す時のスピードでフォールスピードを調整。
ゆっくりなフォールには反応が無かったけど、
高い位置からスーッと竿を戻すと
5秒後にゴン!とアタリが出た。

これか!

しかしこれが良いアタリは出るものの
スッポ抜ける事が多くヤキモキ。


ここで潮切れの良さとプレッシャー対策として
ハリス2号の仕掛けに変更。
resize8427
ハリスを細くしたから、というよりも
フレッシュな仕掛けで針先が鋭かったのか、
急に乗りが良くなった、ような気がする(笑)。

棚も絞れて来て
着底→底立ちを取る→4m一気に巻く→コマセを撒く
これで20秒ほど待ってアタリが無ければ再度底を取り直す。

このポイントは水深の変化が激しく、
底を取り直すと水深が2m変わっている事も多かったので、
一回誘うごとに棚を取り直したのが良かったのか?

この釣り方でアタリが連発!

しかしフッキングミスが多い(汗)。

コマセを撒くようにブワッと竿をあおり、
スーッと竿先を下げて待っていると、
ク、ククン、ククク、クン!という感じのアタリが出る。

このアタリは放っておくと居なくなる。
置き竿での巻き上げでは途中でバレる。

そこでアタリが出たらスイープに合わせを入れ、
しっかり針掛かりを確認してからの巻き上げに変更。

巻き上げも手持ちで速度はスロー(ダイワ電動の14)。

上がってくるのは35cmオーバーで、
40cmに達しようかという大アジも混じりました。
suzuhukumaru_000
良型アジ狙いの看板に偽りなし!

PM2:30の沖上がりまで1時間を切っていましたが、
狙った通りにアタリが出るので楽しいったらありません。
俺、釣り上手い!と良い気分にさせてくれます。

大アジを釣りあげるごとに伸びる鼻。
その鼻は房総半島に届きそうな勢いです(笑)。

無我夢中で釣り続けていると、
はい、そろそろ上がります。
船長さんから終了のアナウンス。

釣果:アジ57尾(30cm以上33尾)、サバ2尾。
resize8428
満足です (゚∀゚)

前回厳しかったLTアジの借りを返しました。
本当の意味で借りは返せていないけど、
同じ東京湾だし対象魚も同じアジってことで(爆)

resize8430

この日はなかなか楽しめた釣りだったけど、
仕掛けのハリス号数の迷宮に再度入ってしまいました。

さらに枝ス長やアクセサリーに関しても疑問が再燃。
枝ス長12cmというのはウィリーに近いセッティング。

常に仕掛けを動かし誘い続けるなら短くても良いが、
置き竿にして待つ場合に12cmはどうなんだ?

そういう時には長めの25cmの方が良い気がする。
さらにソフトビーズを使えばフロート効果が期待できる。

あー、悩ましい!





帰宅後船宿のHPを見てさらに鼻が伸びました(笑)。
suzuhukumaru_001


ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!