2019年4月28日(日)

バスシーズンになった宮城アングラーズヴィレッジ
殺人魚雷の盟友エリツィンさんと出撃して来ました!
resize8304

開園1時間前のAM5:00現地到着。

GW二日目、朝の並びはこんな感じ。
resize3993

やっぱり混んでおります(汗)
resize3994

一日券を購入しいざ入場!

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
本日の釣り座
resize3996
ワタクシのお気に入りの場所は、
トラウトでもバスでも同じく川側。
噴水の前付近がベストであります。

特別この場所が釣れるなんて事はありません。
この場所が一番落ち着くんです(笑)。

本日のタックル

ロッド:シマノ 17エクスプライド265ML
リール:シマノ 12レアニウムCI4+ 2500S
ライン:シーガーフロロマイスター4lb

ロッド:シマノ エクスプライド166M 
リール:シマノ 17スコーピオンBFS XG LH
ライン:シーガーフロロマイスター 8lb


ロッド:オリムピック ヴィゴーレ GVIC-562ML
リール:シマノ 01カルカッタコンクエスト100
ライン:ダイワ BASS-Xナイロン 14lb

ロッド:スミス ストラテジーツアラー STS-65DS/SUL
リール:シマノ 17コンプレックスCI4+ C2500S HG
ライン:
シーガーフロロマイスター 3lb

朝イチはトップウォータープラグで!
と張り切って見るものの連日叩かれているのか、
ルアーを見にくるバスは1匹もいません(汗)

最近のオススメはミノーらしいけど、
違うのよ、そうじゃないのよ。

釣れる釣りより釣りたい釣り。
良く釣れるおススメの方法で釣るのも全然アリだけど、
出来るなら自分で釣りたいと思っているやり方で釣りたい。
そういう事です。

反面、とにかく釣りたい!
という快楽主義な一面も持ち合わせております(爆)

そんな釣りたい欲を満たすべく極小ジグヘッドを投入(笑)。
1/20ozジグヘッド+スイングインパクト2インチ
resize4035
ワタクシのアンビレバス必釣ルアーです。

軽くキャストをしてフリーフォール、
フォール中のバイトに集中する。

ラインの動きに変化を感じたらベールを返し、
ラインテンションを掛けつつスイープにフッキング。

ジィィィ!緩めのドラグが小バス相手に鳴り響く(笑)
resize4013
うーん、楽しい。

フォール中にバイトが無ければリフト&フォール。
ロッドを煽ってリフトさせ軽くテンションを掛けてフォール。
コンッ!
リフトとフォールの合間にバイト。
これまた楽しい。

ワームを替えつつポツポツ拾っていきます。
01
ルアーを操作し口を使わせる。
そうした釣った感の高さが良いのだ(笑)。

ここである事を思い出す!
そうだツネキチをするんだった (・∀・)

船キスで胴付き仕掛けを使った釣りが
なんともツネキチっぽい感じだったので、
それを再検証したい、なんて思ったのです。

というわけで、コレ。
resize4043
スイングインパクト2インチ+3/64oz

そりゃ釣れます(笑)
resize4042
ここぞと思うポイントにキャストしシェイク、シェイク。

本来ダウンショット用ロッドのSTS-65DS/SUL。
モデル名にDSって入ってます(笑)。

シェイクのしやすさと初期バイトの乗せやすさ、
それに相反する感度の良さも兼ね備えている。
02
このロッドは元々メバルロッドをベースにした
スモールマウスバスのキャロライナリグ用ロッド。
※詳しくはスミス社員IKE-P氏のブログで

このロッドは釣果以上に釣趣に優れる!
※ワタクシ個人の妄想に基づく感想です(笑)。

胴付き仕掛けのキス釣りも楽しかったが、
やっぱりツネキチも楽しい!


アンビレは釣り場の目玉としてストライパーを放流してます。

ストライプドバス Morone saxatilis モロネ科に分類される魚。
203_main_01
別名ストライパーまたは、シマスズキ(縞鱸)。
河川から海岸近くに生息する大型の肉食魚で、釣りの対象魚として人気がある。
「バス」と付くが、ブラックバスとは科が異なり、近縁種ではない。
※Wikipedia

これが大きくて引きも強くスゴイ!
だけど釣るのが難しい(汗)

そこでストライパーの活性を上げるために、
ライブベイト(生き餌)が放流されます!
resize4019

これでイージーにストライパーが、
なんて思ったら大間違いです。

ストライパーを専門で狙っている変態集団、
も、もとい、凄腕集団の独壇場です。

偶然やまぐれで釣れる事もあるでしょうが、
本気で狙っている人達はスゴイです。

ワタクシはかすりもしません(恥)
resize4024

午後も定期的にライブベイト放流が行われます。
resize4055

が、ワタクシはそれを横目にイモグラブ(笑)。
resize4047

その昔、ワタクシの友人達の間では、
テールが千切れたグラブを茄子と呼んでいました。
fd400153

それが雑誌でイモと紹介された時は
はぁ!?となったもんです。
なぜなら脳内でイモと聞いた瞬間
思い浮かんだのがジャガイモだったからです(笑)
103863

サツマイモだったんですね(恥)。
img_0

でもやっぱり茄子だよなあ。

そんなイモグラブも今はベイトで使えちゃう時代。
最新タックルはスゴイ(汗)

ワタクシの腕前では近距離に限られますが、
スピニングと違い楽にピッチングで投げられるし、
太いラインが使えるから安心してカバーに入れられる。

飛距離が足りなければイモ50にすればOK。
最初から50で行ってもも良いんだけど、
何を使うかはその時々の気分次第です(笑)。

ソフトベジテーションの隙間にイモグラブをキャスト。
着水直後にコンッ!とバイト。
一呼吸おいてクンッとフッキング。
可愛いバス君が顔を出しました。

シーズンの初めはカバーが少ないので、
タックルをスピニングに替えて底をズル引き。
02
釣れる釣りより釣りたい釣り!
なんて鼻息荒く語るのも朝のうちだけ、
渋くなってくれば手段を選ばないのが俺流。

格好悪い?
あーあーあー、きこえなーい。

せっかく来たんだ釣らせろや (#゚Д゚)ゴルァ!!


そんなこんなで…
釣果:36尾
resize4058
まあ満足できる釣果ではありますが、
管釣り初心者や子供連れが多くてキツかった(苦笑)。

GWだから仕方の無いところではありますが、
マナーの悪い客が目立ちましたね。

ま、我慢のしどころってヤツですね~

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ