2019年6月1日(土)

急遽、日曜日に予定が入ってしまい、
楽しみにしていたイベントをキャンセル (´Д`)
ということで土曜日に出撃。

釣りモノはLTウィリー五目。
五目となっておりますが狙いは解禁初日のイサキ。

界隈の船宿さんでも軒並みイサキ狙いの船を出してます。
しかしどんな道具で釣るのか良く分からない(困)。

そんな中、ムツ六釣舟店さんはHPに詳しく書いてあります。
PEラインは2号厳守、ビシは通常40号を使用、
水深・潮流により60号を使用します。(皆様統一します)
小型天秤・ビシFL40号・FL60号(二種類お持ちください)
クッションゴム1.2mm/30cm
※ビシサイズはFLサイズまで、Lサイズは使用禁止です。
仕掛け・ハリス1.5~2号・全長2.5~3.0m・ウィリ-巻きチヌ針1号

こういう案内があると安心します (´∀`)

特別変わった物では無いけれどワタクシは持っていない。
サニービシのFL40号とFL60号も持っていない。
というわけでクッションゴムと併せて事前に購入。

仕掛けも購入しようとお店で探しましたが、
案内にある仕掛けが見つからない(汗)
船宿でも購入可能との事なので現地で買う事にしました。

で、AM5:20到着。
resize8554
タチウオで何度かお世話になっているので、
出船前のローカルルールは把握しております。

釣りモノの看板の前にクーラーを置いて順番取り。
剣崎のイサキ解禁初日だから激混みか!?
と思っておりましたが、それほどでも無い様子。
resize8510
ワタクシは5番目でした。

AM5:30にスタッフの案内で並んだ順に船に乗り込みます。
resize8512
いつもの左舷トモ寄りに無事釣り座を確保。

準備万端整えてAM7:00に出船!
resize8520

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!
本日の釣り座
左舷トモ2番、大ドモは超が付くほどの常連さん。
右隣にはとても気さくな方で楽しい予感しかしません!
resize8521
船首側に竿、船尾側にコマセ、コレが基本です。

本日はこんな新アイテムを用意。
resize8514
まあ何と言いますか話題といえば話題の商品です(笑)。

本日のタックル
resize8515
ロッド:ダイワ 剣崎MT 30-200
リール:
シマノ バルケッタCI4 301HG ( PE 2号 )
道糸:よつあみ パワーハンタープログレッシブ X4 2号

本日デビューのニューロッド (゚∀゚)
購入の経緯は別の機会に書きます。

本日のスターター
resize8523
船宿さんで購入したウィリー仕掛け。

詳細が一切記されておりません(汗)。
resize8518
全長3~3.5m、ハリス1.5号、チヌ1号、枝ス10cm。
こんな感じだと思われます。

出船直後「アジを狙います」というアナウンス。
朝イチで剣崎沖に行くと思っていたので少し拍子抜け。

船は鈴福丸さんではお馴染みの久里浜沖を探索。
ほどなくして船が止まり釣り開始。
棚が上から25mとだけアナウンスされる。
水深のアナウンスは無し(苦笑)。

アジ狙いでウィリーってどうすりゃ良いんだ?

シャクリの幅、スピード、ポーズの間合い。
何一つ分からないまま釣りを続ける。
と、しばらくしてクククーンという感触。
resize8525
20cm級のアジがヒット。

その後も同じように釣り続けるが一向にアタらない。
不慣れなウィリーだからかと思いきや
大ドモの常連さんを含め左舷では誰も釣れている様子はない。
お土産を釣りに来てるのに
なんだかヤバいぞ(汗)

あっちこっち移動を繰り返すものの全く反応は無い。
一緒に移動をしている同じムツ六の仕立て船、
こちらもLTウィリーらしいが完全にお通夜状態。
resize8533
アジ狙いで3時間以上釣りをして20cmが1尾。
これは痺れます。

これまで水深20m前後を中心に攻めていましたが、
情報でも入ったのか一気に水深50mのポイントに移動。

こりゃタマランと電動リールにチェンジ。
resize8538
リール:シマノ フォースマスター 401HG
道糸ライン:シマノ Tanatoru8 2号

このポイントでも水深の案内は無く上からの棚の指示のみ。
相変わらず何をどうやって良いのか分からないまま釣りをしていると、
大ドモの常連さんに大アジがヒット。
スゲー!と感心していると
ズドドドドドド!とワタクシにも激しいアタリが!

上がって来たのは35cm級の大アジ。
しかし長い仕掛けにテンテコ舞い(汗)。
いつものビシアジのようには行きません。

さらに針が小さいせいか巻き上げ時にバレまくる(悲)。
抜き上げようとハリスを手繰ると枝スが切れる(泣)。
掛けたアジの半分以上ロストした気がします(号泣)。

アジが釣れ出してからの釣り方は
LTウィリーでも何でもありません、いつものアジ釣りです。

仕掛けの長さを考慮して狙う棚は底から5m、
底から3mと4mでコマセを撒いて狙った棚で待つ。
ウィリー的なシャクりは一切しません。

実際には待つ事も無く棚に合わせれば喰ってきました。
待てば多点掛けも可能だったけど
ハリス1.5号の5本針仕掛けでの多点掛けは、
取り込み時のハリス切れのリスクと、
取り込んだ後の手前マツリとで効率が悪すぎます。

地道に1尾づつ上げていくのが一番と判断。
アタリが出たらスイープに竿をあおり、
しっかり針掛かりしたことを確認してスローに巻き上げ。

手返しは良くないけどバラシのストレスは軽減。
resize8539
そんなこんなでアジ17尾、サバ2尾を確保。

アジを狙うLTウィリー船では、
アジ用仕掛けと付けエサ、
これを絶対に持って行くべし!

時計の針が11時30を回る頃いよいよ本命のイサキ狙い。
resize8541
剣崎沖には船団が形成されておりました。

しばらくグルグルとポイントを探索し釣り開始。
船長からの指示棚は15m~20m。
どうシャクったら良いのか分からないまま
シャクリの強さはこんなもんか?
ポーズは取った方が良いのか?
頭の中には無数の「?」

イサキを狙い始め30分以上が経過、
何のアタリもなく船内の雰囲気もどんより。

時折指示棚のアナウンスがあるくらいで、
船長から特にこれといった情報はない。

すると、ククククーンとアタリが来た。
おっかなびっくり巻き上げてくると
仕掛けに記念すべき人生初のイサキ!
20cm弱ですが感動ものです。

ワタクシが釣れたと同時に数名が掛けていました。
大ドモの常連さんは素早い手返しで連チャンヒット。

しかしその後はまた長い沈黙…
イサキって回遊魚なんか!?

そしてまたしても唐突にクククーンとアタリが!
なんとダブルで掛かっておりました。
resize8555

これからバンバン釣れちゃうのか!?
なんて思ってしまいましたが、イサキは1尾を追加したのみ。

最後の最後に沖メバル狙い?をして納竿。

釣果:イサキ4尾、アジ17尾、沖メバル1尾、サバ2尾
resize8553

イサキってイージーな印象を持っていましたが、
思っていた以上に釣れない魚でした(悲)。
後で調べてみると全体的に厳しい日だったようです。

剣崎松輪の有名船宿もトップがツ抜けしておりませんでした。
B面丸0~8尾、D松丸0~9尾、D五郎丸0~4尾。

イサキビギナーのワタクシが4尾キャッチ出来たのはラッキーでした。
resize8546

イサキを釣りたいから解禁初日に来たわけですが、
どうにもこうにも日が悪かったようです。

数日後、各船宿のHPで釣果を見てみると、
トップ40尾とか50尾といった景気の良い情報が出ていました。

色んな魚種が狙えるウィリー五目。
狙う魚種や海域によって仕掛けや釣り方が変わるらしい。

たしか知り合いの釣具屋店長が得意だったような…
今度会ったら色々聞いてみよう (・∀・)

船宿HP
mutsu6_01
mutsu6_02
mutsu6_03

CAUTION
PEラインの号数は必ず守りましょう!
ムツ六さんは号数指定を守らない人が多く
この日も太い糸の人が迷惑を掛けまくってました。

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!