2019年6月29日(土)

気が付けば俺鯵9まで2週間。
LTアジをメインにした沖釣りの釣り会、
楽しむことが第一義なのは百も承知です。

しかし毎回「竿頭賞」なんてものがあるので、
やっぱり気合が入っちゃうのであります。

管釣りではイマイチ存在感を示すことは出来ませんが、
沖釣り、特にLTアジは周りより早く始めたので、
それなりに結果を残すことが出来ている。
今では得意な釣りと公言しているほどです。

とはいうものの!
カサゴ、LTウィリー、ヒラメ五目と、
直近の釣行も別の釣りモノばかり続いております。

LTアジで沖釣りの楽しみを覚えたにもかかわらず、
覚えてしまったが故に他の釣りをしてしまう。

アジの釣り方は分かっているつもりでも、
その釣りから長い時間離れてしまうと、
腕が落ちるというか感覚を忘れるというか、
うまく言い表せませんが釣れなくなるのです。

で、米元釣船店さんで特訓です(笑)。
resize8601
いつもより少々遅いAM6:00現地到着。

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!
本日の釣り座
いつもの左舷、トモ2番。
resize8603
大ドモはベテラン氏が気合の2本出し。

本日のタックル
resize8604
ロッド:ダイワ アナリスター ライトゲーム 64 M-190・Y
リール:シマノ フォースマスター 401HG
道糸ライン:シマノ Tanatoru8 2号

ワタクシがLTアジ用として溺愛しているロッド、
シマノ ライトゲームCI4+ TYPE64 S210
良いんですが普通の竿を使ってみたい。
そんな衝動に駆られてしまい竿を新調しちゃいました。

沖に出ると予想以上の風と波(驚)
移動中はキャビンに避難しないとずぶ濡れです。
resize8606
雨は覚悟していましたが、それも予想以上(汗)

本日のスターター
resize8610

仕掛けはコチラ
resize8607
ハリス1.5号、全長2m、3本針(70cm・60cm・70cm)、
枝ス20㎝、金ムツ9号、夜光ソフトビーズ0号。
今回は普通の竿なのでえ普通の仕掛けにしてみました。

ポイントはお馴染みの赤塔沖。
resize8613
なのだが、なかなか船が止まらない。
良い群れが見つからないのだろうか?
スタート前から不安になってしまいます。

ようやく船が止まり釣り開始。
水深30m、底から3mでやってみて下さい。
さらに
水深が変わりやすいのでマメに底を取り直して下さい。
というアナウンス。
どうやらいつもとは少々違う場所の模様。

コマセを撒く基本に忠実な釣法か、
それともコマセを撒かないじゅんちゃん式か。
まずはコマセを撒かずに様子見。

厳しいかも、という予想とは裏腹に
アジの反応は良く開始直後からポツポツとヒット。

初めて使うアナリスターM64は思っていた以上に柔らかい。
試しにコマセを撒いてみると
40号ビシはシャープに扱えません。
のいーん!という感じ(どんな感じだw)

ライトゲームCI4+よりも強いと思っていたけれど、
想像よりもしなやかな竿でした。
resize8619
アナリスターライトゲーム64M190・Y+40号ビシ

手感度、目感度共に不足は感じませんでした。
これまでLTアジには色んな竿を使ってきましたが、
感度という面では竿以上に釣り人の慣れも大事な気がします。
色々と経験を積むことで前アタリやモタレが分かって来る。
最近になってそういうもんなんじゃないかと感じてます。

弘法筆を選ばず
なんて偉そうなことは言いません。
スペックは良いに越したことは無いと思われます。
ただそういう道具はお高いんです(汗)

そういう向きは一点豪華主義で行けば良いんでしょうけど、
アレも気になるコレも気になるという面倒な性分なので、
どれか一つに決められなかったりします。
実際、LTアジはTYPE64S210で決まり!
なんて言ったそばから新しい竿を買っちゃってますし(恥)

まあ、これぞC調スタイルということで御容赦ください。

で、肝心の釣りはといいますと、
底から3mという船長さんからの指示通り、
コマセを撒かず底を取ったら一気に3m巻き上げて待つ。
水深が変わりやすいとのことなので30秒を目安に棚の取り直し。
この時は活性が高かったのか棚に合わせ20秒前後のアタリが多く、
少し待てば2点掛けも狙えるほどでした。

こんな状況が長く続いてくれれば良いのですが、
そんな美味い話があるはずもなく、
ほどなくして当たりは遠のきポイント移動。

AM9:30で20尾達成。
resize8614

その後は赤塔周辺で移動を繰り返すも
活性の高い群れに遭遇することが出来ないのか、
船を止め釣りを開始しても反応無くすぐに移動。

こんな時こそ!と細ハリスの仕掛けを投入。
resize8616
ハリス1.2号、全長2m、3本針(70cm・60cm・70cm)、
枝ス20㎝、金ムツ9号、夜光ソフトビーズ0号。

ハリスを1.5号から1.2号に替えたところで、
急に釣れるようになる訳が無い事は分かってます。
しかし、わずか0.3号の違いに望みを託す。
そんな事が気分転換になるんです(笑)
で、釣れたら「な!」と鼻の穴を広げるのです(爆)

しかしながら1.2号ハリス仕掛けが火を噴くことは無く、
周りの方々と同じペースでしか釣れません…

朝イチはまずますの好況だっただけに、
その後の低調ぶりが身に染みます。
resize8620

分かりやすいアタリが少なく、
ゴンッ!と強く当たったのに針掛かりしなかったり、
竿先がフルフルフルとなるだけで、
こちらからアワセてやらないと掛からなかったり、
テクニカルで面白いっちゃあ面白いのですが、
思うように掛けられない事の方が多く、
アタリの見極めやアワセの未熟さを思い知らされます。

誘いを掛ければ反応するかと色々試しましたが、
どの誘いも上手くハマらず効果なし。

LTアジが得意だと思っていたけれど、
どうやらそうでも無いという事のようです(泣)

AM11:00、30尾到達。
resize8615
後半頑張れば50尾行くか!?

その後さらに反応は減り厳しい釣りが続きました。
沖上がりのPM2:00までの3時間で追加できたのは5尾。
LTアジで3時間5尾はシビレます(笑)

釣果:35尾
resize8628
船中3番手でしたが竿頭次頭ともに2本竿だったので、
まあまあ健闘したんじゃないかな、と。
それに20cm前後とサイズも揃っていたし(言い訳)

今回の釣行でLTアジの難しさを再確認してしまいました。
道具のセッティングや取り込み等々、
通り一遍の事が出来たからって”より良く”釣れるもんじゃない。

喰わせる棚、コマセの撒き方、アタリの取り方、アワセ、
それぞれきちんとイメージ出来ているか。

海況が良ければ釣れて、悪けりゃ釣れない。
そんなんじゃ面白くない。
悪ければ悪いなりの釣りをする。

海況が悪い時のアタリの出し方取り方、
仕掛けの仕様云々は卒業して、
その先を考えられる釣り人を目指そう!

船宿HP
≪釣果≫
18~27cm/7~39尾

≪ポイント≫
赤灯沖30m前後

≪コメント≫
朝から雨が降ったり止んだりで梅雨らしいお天気
北東の風も次第に落ち着いて帰りにはベタ凪ぎになった土曜日は…
海がボチャボチャしていてアジポイントへ着くまで波しぶきを被りながら航行~。
いつもの赤灯沖のポイントに到着して魚影を捜索開始!
最近のお気に入りの30㍍周辺を探すも…見当たりませんね…( ̄▽ ̄;)
しばらく探して少し浅い水深にやっとこさ発見!
「はい!どうぞ~!」のアナウンスをして一投目にアジちゃんとご対面~♪
あまり長くはなかったですがモーニングサービスがあって皆さんににアジが釣れて(^_^;)ホッと。
ところがその後は…動いて仕掛けを入れて、数投コマセを撒いて、アジを見て、続かなく移動!
の繰り返し…( ̄▽ ̄;)ラストのポイントでパラパラっと釣れるも終わりの時間になりました(^_^;)
トップは39尾♪続いて二番手37尾、三番手35尾、四番手34尾、五番手28尾
平均22尾で皆さまにおかずは確保が出来ました(^^)d

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!



先日、釣友エリツィンさんが永眠されました。

彼とは2013年冬のキャンベルカップで初めて挨拶をかわし、
すぐに意気投合し一緒に釣りに行くようになった。
2014年の夏にこれまで苦手だった海に誘ってもらった。

その後も様々な釣りに誘ってくれて、
これまで未経験だった釣りをするが出来た。
結果、ワタクシは沖釣りにハマってしまいました(苦笑)。

大病を患い体力が落ちたと言ってはいたけど、
会えば明るく元気な姿を見せてくれていた。

クセの強いワタクシの性格を理解してくれていて、
ウマが合う、と云うよりも、
いつもワタクシに合わせてくれていた。


そんな彼の訃報、なんとも表現できません。


ただただ「ありがとう」、それだけです。
PB100023