2018年9月22日(土) 中潮

真鯛
日本では古来から「めでたい」として祝事に用いられる事が多く、
高級魚の代表であり、魚の王様である。
resize2258
この真鯛はかなり残念ですね(涙)

そんな憧れの魚ではありますが海外では…
フランスでは「貪欲な下魚」
イギリスでは「ユダヤの食う魚」
中国では「死人の肉を食らう魚」
酷い言われようであります(汗)。

しかぁし!
日本在住の日本人たるワタクシにとって、
真鯛はまごうことなく、魚の王様なのです。

是非、釣ってみたい!

そんな真鯛の釣りといえば最近はタイラバ一つテンヤ
なかでもタイラバは専用コーナーがある釣具屋さんも多く、
かなり人気の釣り方と言えるのではないでしょうか!?

ならばワタクシもタイラバや一つテンヤで!
と、なりそうな話なのですが、
東京湾での主流はコマセマダイ

タイラバや一つテンヤも出来なくは無いようですが、
まだまだこれから、という発展途中の状態です。
船宿さんも手探り状態的な釣りものですから、
ド素人のワタクシは辞めておいた方が無難かと(笑)

というわけで、
初挑戦は米元釣船店さんのコマセマダイに決めました。

いつも
前日に予約のために電話をすると、
えー、マダイ!?と驚かれました(笑)。
resize2192

いつも通りAM5:30現地到着。
現在の米元さんの釣りものは「LTアジ」「タチウオ」「マダイ」の三つ。
安定のLTアジ船、好況が続くタチウオ船は混雑気味ながら、
マダイ船の乗船客はポツポツといったところ。

ワタクシは船長さんの指示を受けるべく左舷胴の間に釣り座を確保。
最終的な乗船者数は左舷3名、右舷4名、と広々。

出船時刻のAM7:15に氷をもらい忘れた事に気付き、
慌てて取りに行き皆さんに迷惑を掛けつつも無事出船(汗)。

ランキングに参加しています
よろしかったらクリックお願いします!
続きを読む