2007年02月20日

週間少年ジャンプ12号の感想

Dグレとネウロのコミックスを揃えたくなった、そんなWJ12号の感想です。

ネウロ連載2周年おめでとうございます。


NARUTO
おい!先週のナルトがあんなに派手にやってたのに角都倒せてないのか!
めっちゃ息ありますよ。
なんかなあ、忍者だったら、「技の破壊力」じゃなくて、正確さというか、一瞬で急所を突いて…みたいな所で勝負するもんじゃないのか。

で、そんな前半がすっ飛ぶくらいの紅さんの違和感。
まず髪型がね、「前髪を自分で切って失敗した私」を見ているようでブルーになります。
誤って切り過ぎたときってどうしたら良いのか真剣に悩みますよね。
いやそうじゃなくて、「妊娠している」のになんちゅう薄着で外出歩いてるんですか。
ノースリーブじゃないですか。 体冷えるよ。
めっちゃ駄目な母親じゃん紅。

…いやひょっとしたら岸本先生の奥さんが妊娠期間にこんな格好だったのかもしれない。
もしそうだったら御免なさい岸本先生。
どんな亜熱帯に住んでるんだよ岸本夫妻って話ですが。

それにしてもですね、夫アスマの死というショック(ストレス)で、紅さんは流産するんじゃないかと心配してたんですが、そんなことは無さそうなので良かった。



エムゼロ
努力・友情・勝利!
これはこれでジャンプ3原則じゃないか!と思ったけどこれは努力・知力・勝利かな。
まあ敵のミスにも助けられたと思いますが、九澄の頭を使った活躍は見てて楽しい。
ていうか嬉しい。
これでクラスマッチ編終了?と思ったら、まだこれは1回戦で、これからは強敵がどんどん出てくるんでしょうね。
あの観月に惚れてるヤツとか。

バトルフィールドが変わったりするんでしょうか。
今回は山の中だったから、次は海とか。



D.Gray−man
ただ笑ってるだけのリナリーは一瞬おかしい子に見えて怖かった。
理由は私にも分からない。

いやしかし星野先生はクロウリーの株をどんだけ上げれば気が済むんですか。
愛しすぎる。
ほんとこの一話でDグレ好きになった。 コミックス欲しくなった。



家庭教師ヒットマン REBORN!
9代目の持ってる杖はアレか。
魔女っ子モノによくある魔法のステッキみたいなものか。

レヴィ・ア・タンとルッスーリア(の幻覚)が登場したシーン、むっちゃ濃いな!
あとルッスーリアが「死になさーい!」って言ってるコマで、ルッスーリアの股間が光ってるのかと思いました。
よく見たらメタルニーでしたけど。



銀魂
なにが面白いって、ジャンプ感想サイトが「筋肉バスター」一色になってること。
なんかこう、いままでマダオもとい長谷川さんてそれこそグラサンの印象しかなかったんですが、この一話で凄く好きになりました。

いやね、巻頭のネウロの早坂兄弟の印象が残ってたから、長谷川さんのヤバイ仕事先で騒動に巻き込まれるのかなーちょっとシリアスでサスペンスな話かもしれないドキドキ…と思った所に筋肉バスターですよ。

もう笑う以外にどうしろと。



太臓もて王サーガ
今週のMVPじゃないですかね本当に。
サブタイトルも秀逸だけど、真白木のTシャツに「主役」って書いてあるのに笑った。
主役は真白木なんだけど、柴と小木の好感度も超上がりました。
特に柴。 この3人の中では一番の常識人ですやね。



ピューと吹く!ジャガー
ふだんは面白くても感想を書きにくいジャガーですが、今週はヒットで大笑いでした。
なんていうか、ジャガーさんというキャラは、カテゴリー的にはネウロだよね?
作中最強ポジション。



まとめ
今週はギャグ漫画がいずれもハイレベルでした。
ミオ先生のカボチャパンツとか、いちいち技にカッコイイ名前を付けてる卓球部キャプテンとか、めっちゃキラキラしてるテニス部キャプテンとか、めっちゃダッシュしてくるゾンビとか、海燕殿の座布団とか、表紙で「プ」から出てるあかねちゃんとか、全体的に心温まるジャンプでした。





zero_sum at 12:54│Comments(0)TrackBack(0)WJ感想 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔