2009年01月

2009年01月07日

FreeBSD 7.1

このエントリーをはてなブックマークに追加
FreeBSD 7.1がリリースされました。

実は昨年、DualCore Atomのマザーボード D945GCLF2で組んだマシンにFreeBSD 7.0を入れようと試みて、オンボードのNICが認識できなくてはまっていた。

このオンボードのNICはのRealtekのRTL8111Cという新型らしい。

ドライバがRealtekのサイトにあるものの、7系の対応は記載されておらず、6.3に入れなおしてして、ドライバをインストールしても認識できず、すっかり挫折していた。

で、昨年末に出た7.1の-RC2に入れなおしてみたらあっさり認識。

hogebsd#pcictl -lv
                    ・
                    ・
                    ・
re0@pci0:1:0:0: class=0x020000 card=0x01008680 chip=0x816810ec rev=0x02 hdr=0x00
    vendor     = 'Realtek Semiconductor'
    device     = 'RTL8168/8111 PCI-E Gigabit Ethernet NIC'
    class      = network
    subclass   = ethernet

hogebsd# ifconfig re0
re0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
        options=389b<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,VLAN_HWCSUM,WOL_UCAST,WOL_MCAST,WOL_MAGIC>
        ether 00:1c:c0:7e:84:0c
        media: Ethernet autoselect (1000baseTX <full-duplex>)
        status: active

そんな7.1もRELEASE版が出たので、これで心おきなく、DualCore AtomのマシンでFreeBSDの自宅サーバが建てられそうです。

一昨年組んだC7のマシンは、やはり貧弱すぎるのと、Win鯖だけだと色々不便。

シェルやPerlのCPANのモジュールとか、色々使いたいものもあるし。

無事にセッティングがすんだら、このブログもそのFreeBSDのサーバへ移行する予定。

楽しみだなと。



zeroaka at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク │設定情報 | 自作ソフトウェア