2010年06月

2010年06月22日

自炊レシピ 漫画スキャンの手順まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPadは漫画ビューアとして最強ではありますが、販売している電子書籍はまだまだ出揃っていないようです。

巷では書籍を自らスキャンして電子化する事を自吸い→自炊というらしいです。

iPadの販売開始とともに、ますます売れている書籍電子化の二種の神機。


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
販売元:富士通
発売日:2009-02-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
販売元:プラス
発売日:2009-09-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

これを使って手持ちの漫画の電子化(自炊)にチャレンジしてみました。

なかなかコツがいるようで、使い始めて試行錯誤した結果、自分流の比較的お手軽な自炊方法を確立したので、書いておこうと思います。

自炊方法を編み出すまでに、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

 ・漫画の電子化の方法

かなり有名になっているページです。

最初、この手順でやってみて少々手こずった部分がありました。 

 ・本の電子化を始めたのでまとめる。

こちらの記事は先程のページから若干改良を加えているようです。

AcrobatでPDFの回転がJpeg出力する時に反映されない仕様の
対処方法が幾つか書いてあります。

 ・自炊技術 Wiki

もっと自炊技術を知るにはこちらのサイトが便利です。

以下、自炊手順まとめ

【前提事項】

以下の完成度(炊き上がり)を前提とします。

・職人レベルの仕上がりは必要ない。

電子である程度読めればよく、多少、モアレったり、
わずかに斜めったりすることも許容範囲とします。

・背表紙は諦める。

背表紙を含めてカバーや表紙を別手順でスキャンするとなると
かなり手間になります。

ここは簡単スピーディな手順を目指すため、
バッサリ背表紙は諦めます。

【用意するもの】
 
1.本を裁断する勇気

最初に、これが一番用意するのが難しいと感じます。

しかし、慣れと電子化するにあたっての考え方で若干勇気が出ますので
自分的な考えを少々。

■本をばらすのは勿体無い。

裁断後、ごみになってしまうので確かに勿体無いです。
本の形で残して大事にしたい物は電子化はやめましょう。

しかし、ブックオフでタダ同然の引きとりになってしまう本とかであれば、金銭的ダメージはほぼ無く、むしろ、電子データが残る分、特した気分になります。

そんな本から電子化を始めましょう。

■本の作者に申し訳ない。

本を粗末にすると、作者に申し訳ないような気がしますが、
良く考えてみると逆かもしれません。

その本をもし、ブックオフとか古本屋にもっていったら、
中古本の流通が増え、新刷の本が売れなくなってしまい、
結果として、作者が儲からないかもしれないのです。

なので、中古流通を作者のために減らすためにも潔く
バッサリ捨ててしまいましょうw。

 ■電子化すると本の紙の劣化と無縁になる。
  
中古の本はだんだん黄ばんでカビ臭くなってきませんか?
電子化してしまうとそんな紙の劣化は無縁になり、
読んでて気になる事がありません。

■清潔。

中古の本ってたまにベタベタしたり、
妙な汚れがついているときありませんか?
それが気になる潔癖症な方には電子化はオススメです。
どんな汚い中古本でも電子化してしまえば読むときに
そんな汚れとは無縁になります。
 
2.ドキュメントスキャナー

先程のScanSnapS1500を使います。
他社のスキャナーも色々ありますが、性能は僅差ながら、
このスキャナーに確実に勝る製品は無いようです。
ただ、他の製品と比べて、このスキャナーに無い機能もあるようです。
(Twain対応など)

3.裁断機

先程のPK-513Lを使います。
定番ですが、弱点もあります。

B6サイズの単行本の厚さによっては、一度に裁断できない時があります。

この理由と値段の安さでこちらの裁断機を使う人もいるようです。
 

PK-513との比較はこちらのブログが参考になります。

4.画像加工ソフト

ChainLPを使います。

画像のリサイズ、回転、グレースケール変換から、
傾き補正、余白削除、 カラーページの自動判別、
バッチ処理等、色々な機能が盛りだくさんのツールです。
 
5.漫画

今回の材料はこちら。

ブックオフで仕入れてきました。

sayuri01

サユリ1号
 
何故1号?
 
タイトルが気になる人は買って読んでねw。

【自炊手順】

1.漫画を分割する。(下ごしらえ)

厚めのB6サイズの単行本など、1回で裁断出来ない場合は、
カッターで分割します。

漫画の電子化の方法」にある通り、
カバーを外してから背表紙を谷折りにして、カッターの歯を入れるとあっさり切れます。

2.裁断する。(カット)

PK-513Lで裁断します。

ここで、先程の下ごしらえが必要ない薄い本などは、
カバーごと裁断してしまいます。

分割した場合は表裏、2回に分けて、本編と同じサイズで
カバーもカッティングしてしまいます。
 
sayuri02

カッティングサイズは 「漫画の電子化の方法」が参考になります。
4,5mmのカッティング幅で大抵、糊の部分ごと、
背表紙が取れます。

3.糊付チェック

最初の1,2ページは糊が付いている場合があるので、
チェックします。

本編まで糊が残っている場合は、
あとあとのダブルフィードで手間取ってしまうので、
再度、もう少し裁断した方が良いです。

4.仕分け

裁断した本はスキャンする単位に仕分けます。
ScanSnapの読み取りは50枚が限界なので、

・表紙、裏表紙+最初のページのカラー原稿

・本文×3

の4分割に仕分けます。


sayuri03

本文にカラーページがある場合は、
そこを本文の仕分けの先頭ページにすると、
あとでカラーページのチェックが楽になります。
 
5.表紙、裏表紙をスキャンする。(出汁とり)

ScanSnapの読み取りモードは下のように設定します。

WS000001

画質は後々の加工での画質に余裕を持たせるため
スーパーファインで。
取り込み速度はファインと比べてもあまり遅くはなりません。
オプションは下のように設定します。

WS000002
 
文字をくっきりしますは必須。

白紙ページの削除はオフにします。
裏面だけ白紙のページの場合、削除されてしまうと
左右ページの丁合いが狂ってしまうので。

原稿の傾きの自動補正はオフにします。
誤判断でかえって傾いてしまう場合が多いです。

原稿の向きの自動判断はオフにします。
こちらも誤判断も多く、
後で一律回転するため不要です。

ファイル形式はJPEGにします。

WS000000 

漫画の電子化の方法」では画質の劣化を考慮してPDFでの
取り込みとしています。
 
しかし、PDFで取り込むと、
結合、回転、JPEG抽出の手間が増えてしまうので、
敢えて、JPEGにします。
しかし、全く画質、表示速度等を気にしないのであれば、
PDF化して終了、が一番早い手順となります。

表紙カバーは折り込んだ状態で読み取らせます。

表面を下に、裁断しなかった側が読みとり方向になるようにセットします。

sayuri06
 
必ずScanSnapの二重取り込みのエラーが出ますが、
無視して取り込みを継続させます。

JPGファイルは取り込んだ漫画単位に
ディレクトリを用意して保存します。

6.本文をスキャンする。(炊く)

本文も表紙と同じ設定で取り込みます。

白黒原稿もカラーで取り込みます。

漫画の電子化の方法」では台紙ページをはさんでいますが、
手順の簡略化と、傾き補正を後で自動でやるため、
作業を割愛します。

スキャン中は、排出された紙がばらばらになって、
順番が狂わないように、
出力部分に何らかのストッパーを当てるようにします。

ScanSnapには、出力トレイもありますが
いまいち安定はしません。
 
自分は適当にマウスパットをストッパー代わりにしていますw。

sayuri05
 
先ほどの裁断時に糊づけの除去があまいと、
二重取り込みで中断したりジャムったりしてしまうので、
スキャン中はなるべく見張っているようにしています。

7.ChainLPに読み込む。(味付け)

取り込んだJPEGファイルを加工するため、
ChainLPを起動し、下のように設定します。

WS000019
 
画像のサイズは利用する環境にあわせて設定します。
この画像サイズは、B6サイズの本で裁断時のカッティング減含めて、
200dpi相当の解像度の計算になります。
 
iPadで読むだけであれば、もっと小さいサイズでもよいですが、
印刷やPC上での閲覧も考慮してこの解像度としています。

設定したら、先程の取り込んだJPEGファイルを全て、
読みこませます。

WS000003
 
回転の方向も、綴じ設定で判断されます。
ファイルはファイル名順に並びます。
 
カラーページはカラーページ設定で出力させるため、
チェクを入れます。
 
WS000008

カラーページを自動判断してくれる機能もありますが、
誤検知も多いので使用しません。

また、丁合いが狂わない範囲で、
不要な余白ページを削除します。
これはお好みで。

8.zip形式に出力する。(煮こみ)

zipファイルに出力する前に、[編集]-[詳細設定]メニューから、
画像を加工する詳細設定をします。

WS000006

ページ補正設定の補正時レベルで傾きと補正と余白除去を選択します。
 
WS000007
 
タイトルと著者名は、出力されるzipファイル名に付与されるので、
入力しておきます。
 
WS000011

設定が終わったら、出力ボタンを押してファイルの出力先を選択します。
 
WS000013

連続で実行したい場合は「バッチ」にチェックを入れてから出力します。

9.出来上がり。 (炊き上がり)

画像を加工しつつ、zipファイルにアーカイブされていきます。
画像ファイルのファイル名は単純に連番が付与されただけのファイル名になります。

WS000014
 
処理はあまり高速ではないです。

自分のPCで実行した際には、単行本一冊分で5分程度でした。
 
WS000016
 
完成したファイルをiPadのCloudReadersで見てみます。

画像 014

むしろページの黄ばみがとれて、きれいな感じです。素晴らしい!

手順は以上。

この手順だと1冊取り込む際の手作業が10分程度で済み、
画像の加工とスキャンを平行してやれば、1時間で5,6冊はzipファイルにできます。
 
しかし、まだまだ改善の余地はあるような気がしています。
 
このブログを見た方で、もっと綺麗、簡単で
よい自炊方法を知っている人は、
是非是非教えてください。

ではでは。

※追記

2014年6月15日現在は以下が最新機種のようです。

■裁断機




コンパクト型は省スペースで便利かも!


■スキャナ


 


zeroaka at 23:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク │設定情報 | PC

2010年06月07日

iPad雑感、その他いろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPadを手に入れてからと言うもの、もう、頭の中はiPad、iPadですよ、こりゃ。いや、なんか触ってて楽しい。

そんな感じで一週間、べったり使って、気になった点や、漫画ビューアー以外の使い方を幾つか書いてみる。

【ハマった点】

・WPAがつながらねぇ。

WPAのパスワードがいくらやっても弾かれる。

IMG_0019


どうも、これ、iPhoneにもある不具合にかなり近い仕様

一度再起動してやるとつながるけど、別のwifi接続に切り替えるとまた同じ現象が。ちょっと何とかして欲しい。

仕方が無いので、WEPでつないでます。

・16進のWEPキーは大文字で。

小文字で一生懸命入力してました。iPadでなくてもよくやる間違い。

【いまいちな点】

まぁ、iPadというよりiPhoneでも同じですが。

・アプリ間のデータ移動が出来ない。

そこまでアプリの囲い込みをしなくても。
なのでせっかくCloudReadersで読みたい漫画をGoodReaderで自宅鯖から落としてきても読めないorz。

・マルチタスクじゃない

アプリによってはボタンで切り替えると終了してしまい、ダウンロードがやり直し(GoodReader)、ログアウトする(Skype)など、めんどくさい。
このあたりはWindowsMobile機ではありえない動き。

・PPPoe接続ができない

    Flets-spotへ接続するにはどうすればいいん?
 
・OpenVPNが使えない

うう、JailBrake必須ですか。
仕方無しにPPTPかL2TPの鯖を自宅のFreeBSDにセットアップしなくては。

・動画フォーマットはH.264のみ

解像度は 1280 × 768 まで。
何故かiPadの画面より大きいサイズまで対応している。
iPadの解像度をいかそうと、その大きさに変換するとなると、結構な時間がかかります。
動画ファイルのフォーマットについては、パソコン並に融通が効けば便利なんですが。 

・JavaScriptのフロートメニューが使えない

これは盲点。
Google Docが動かんのですよ。
たとえばこんな表示は出せないようで、
doc

アクセスするとまず最初にこんなこと言われる。
IMG_0029

【よかった点】

よかった点はiPadに限った話です。

・画面が大きいので、PC用のサイトを見るのにストレスを感じない。

やはり、スマートフォンで拡大しながらPC用のサイトを見るのはストレス感じるのですよ。

IMG_0012

その点、ほぼ、ちょっとしたノートPC程度の解像度があるので、Webサイトを自由に見られる感じ。

・専用アプリの使い心地が良い。

Webサイトで見られるサービスでもiPad用の専用アプリを使って見た方が使い心地がよかったりします。このUIの感触はPCでは味わえない使い心地。

・バッテリの持ちが予想以上に良い。

ノートPCでカタログスペック並みにバッテリが持ったためしがない。
しかし、iPadの電池の持ちは素晴らしく、外で1、2時間使っていて、1,2日充電しなくても、バッテリの減りの心配はほぼなかった。

とそんなところでしょうか。

【使ってみたアプリ】

あとは漫画ビューア以外に、いろいろ入れてみたアプリの感想をちらほらと。
アプリはやはりiPadの解像度に対応したものでないと、使っていて、ちょっと見栄えが悪い。
iPad用のアプリはこれからもっと充実してほしいかも。

GoodReader

  とりあえず入れた。

gr-icon-96

Webからファイルを落とすのにリジュームが効かないのが気に入らないっす・・・。それ以外は使いやすい感じ。

Twitterlator

IMG_0021

 twitterクライアント。アイコンはtwitterrificの方が可愛いのだが、なんとなくこっちの方が動きが滑らかで画面が見やすい気がした。

Evernote
  
IMG_0028

使い始めたばっかりなので、まだすごさがわからん。
PCとiPadやらいろいろな端末で作ったドキュメントがEvernoteのサイトで記録され共有できる。
GoogleDocが使えないとなると、こっちをメインにした方がいいのかも。 
 
・WordPressクライアント

IMG_0023

うーん、どうなんだ。
使えるのか。これ。プレビュー全然できないし。
まぁ、Webの管理画面より軽いのは事実。

・FeeddlerRSS

IMG_0025

こういうRSSクライアントをみると、iPadの便利さを感じる。
とても見やすくて良い。

・ITmedia

IMG_0027

こういうニュースサイトの専用アプリっていうのも結構いい。
見やすい。

AirVideo

PC側にサーバソフトを入れておくと、iPad側へストリーム再生ができる。
iPadが標準で対応していない(H.264以外の)フォーマットの場合、サーバ側でエンコードしながらストリーム再生する。
(なのでPC側には結構なスペックが必要。)
エンコードは予約しておけるみたい。
Bonjourを使うとインターネット経由でもつなげる。
使いこなすとかなり便利?いや、多分回線とPCスペックが追いつかないとみたw。

・Skype

iPhone用しかまだない。
画面が小さくて不便。
早くiPad対応してほしい。

radiko.jp

IMG_0026

 地域限定のサービスだけど、これさえあれば、ラジオチューナ機能いらず。ただしiPhone用。

・Pixivクライアント

これもiPhone用。
iPadだと、Webで直接みた方がいいかも。
 
・ネットジャン狂

IMG_0009

 麻雀ゲームも画面がでかいと見やすいw。

・iHotSpot

IMG_0022

公衆無線LANって認証の手続きが必要で、ちょびちょびアクセスするときは毎回Web画面から認証していると面倒。
こういう一発でつなげてくれるアプリがあると意外と便利。
SoftBankもこういうの早く出すべき。

iSSH

IMG_0007

 SSHクライアント。なかなか便利そう。
 自宅鯖のリモメン用。

iTap RDP
 
IMG_0010

IMG_0011

Windowsのリモートデスクトップクライアント。
クリック操作が独特で、慣れるまで時間かかりそう。
こちらも自宅鯖のリモメン用。


と、長くなりましたが、こんな感じで、いろいろ試し中です。

次回は、iPadを使う目的である、漫画ビューア、電子ブックとして使うことを存分に堪能した結果をレポしてみたいと思います。

ではでは。
 

zeroaka at 11:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク │設定情報 

2010年06月01日

漫画ビューアとしてのiPad vs Kindle

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad、手に入れましたよ!

予約していたので、5/28当日は家でwktk配達を待っていましたw。

使ってみると予想以上に快適な操作性でビックリ。

いじり倒して先週末はあっという間に終わってしまった。

で、何に使うかというと、もちろん、「漫画ビューア」が第一。

その他含め用途としては

・Web閲覧
・家のPCのリモート端末
・ちょこっとゲーム

あたりですが、まずは早速、「漫画ビューア」としてのiPadをKindle DXと比較しつつレポって見ます。

最初にデバイス自体の感想から。

・デバイスの重さ

最初にiPadを手にした時、「重っ!」っていうのが感想。

iPadの重量は今回購入したWifiモデルで680g。

この重量は実はVaio Pとか、Loox Uとか最軽量といわれるノートPCより重い。ちなみに最新のVaio Pの最軽量のモデルは595gです。

そしてKindle DXは525g。

数字にして155gなんですが、携帯電話で言えば、1.5台分ぐらいの重さ。そのせいか、Kindeの方がだいぶ軽く感じる。

自分は毎日持ち歩くのに重たく感じるかどうかのギリギリの重さ、と判断。人によってはダメかも。

・大きさと薄さ

iPadの厚さは端っこからみるとそうでもないんですが、実際は真ん中に行くにしたがって、厚みを帯びていて、Kindleと比べると結構分厚いのです。

CA3A0174

なので薄さはKindleの勝ち!ですが、どちらもノートPCなんかと比べると遥かに薄くて、封筒などにすっぽり収まります。
なのでオフィスにこっそり持っていくには一安心。

・起動、復帰速度

最初の起動時間はiPadもそれなりに時間がかかるので、Kindleとあまり変わりません。しかし、Kindle、意外に復帰速度が遅く、酷いときは10秒ぐらい待つハメに。
その点、iPadは一瞬で復帰します。携帯電話並です。
持ち運びで使う端末では、この復帰速度こそが胆だと考えているのでかなりイイです。

・電源の持ち時間

電池切れの心配がまずないKindleと比べて、iPadはiPhoneやそこらのスマートフォンみたいにあっという間に電池なくなっちゃうんじゃないの?と心配になりましたが、これが意外と持ちます。

1日2,3時間程度の連続使用であれば、2日に1回の充電でいけそうです。


で、いよいよ本題。

iPadで漫画を読むにはまず、ブックリーダのアプリが必要。

今回使ってみたのは2つ。

ひとつは電子ブック販売サイト
eBookJapan
のiPhone用の専用アプリ。

ここのサイトは漫画の品揃えが良く、しかも古本でも入手困難な作品が結構再版されていて重宝しています。
iPhone用のアプリでも、漫画の解像度はiPadの画面に合わせて表示されるようです。

そしてもう一つ、こっちが本命だけど、

Cloud Readers

zip等で圧縮したjpegファイルやpdfを読めるフリーのソフトだけど・・・なんていうか、

漫画ビューアとして最強のアプリ

ですよ。これw。

これを装備したiPadとKindleを漫画ビューア機能で比較すると・・・なんていうか、

Kindleがあまりに可哀想w

まぁ、実際、Kindleのjpeg表示機能なんて、おまけ機能にしか過ぎないので、本気度が違います。

そんなイジメに近い比較をしつつCloud Readersの機能を少し紹介。

・ページの表示

とりあえずパッと見、jpegの漫画画像を表示して並べてみた。

CA3A0172

どっちも漫画がはっきり読めますね。

しかし、Kindleだと

電源ON→表示する漫画jpgのzipファイル選択→表示

までもう30秒ぐらい待たされる勢いです。

iPadの場合、Cloud Readerの起動の手間を入れても5秒程度ですw。

で、さらにページをめくるのが・・・Kindleだと5秒ぐらい待たされるんですが、Cloud Readerの場合、スイスイさらさらと、まるで本当の漫画をめくるようにタッチでぱらぱらと一瞬でめくれます。
次の画像が表示される待ち時間は無いに等しいです。

IMG_0016

そしてページを飛ばした表示もスクロールバーで簡単に。
Kindleには全く出来ない操作ですw。

そして画面の拡大、縮小も指でつまんで一瞬で。

なんていうか恐ろしいくらい自然な操作性です。

画像ファイルは、めくる方向を右、左切り替える事ができるので、漫画であれば、左方向に。
そして、横向きにすれば見開きで見ることが出来る。

Kindleは横にしても、画像をつなげて表示できないので、見開き形式では見られないのです。

・ファイルの管理

Kindleにファイルを転送する場合は、PCにつなげて、USBストレージとして認識させてファイルをコピーするだけです。フォルダも勝手に作っても大丈夫ですが、Kindle上でファイルを選択する際には、PC上で見れるフォルダ階層は無視されます。

  Cloud Readersの場合、ファイルの転送はiTune経由になります。
フォルダの階層分けがなく、管理しづらいな〜と最初に思いましたが、そこは意図的だったようです。

Cloud Readersに登録したファイルは「タグ」をつけることが出来ます。

これで実際はフォルダによる分類以上に便利な整理ができるわけです。

IMG_0013

たとえばファイルに 作者名、作品名、ジャンル、など複数のタグをつけておけば、複数の分類の仕方を選んで、目的のファイルを抽出出来るわけで。なんと便利な。

・ファイル形式

 jpgファイルをzip形式で読み込ませる方法ですが、Kindleだとかなり制約があります。
- フォルダ階層があるとダメ。
- ファイル名が日本語だとダメ。

Cloud Readersだと上記の制約はないです。
しかし、zipファイルをさらにzipでアーカイブしたファイルは読めないようです。 
また、Cloud Readersだと、rar形式でもOKです。

あと他にもCloud Readersにはこんな機能が。

・ファイルのHTTP転送

Cloud Readersの下にある電波マークのアイコンをクリックすると、LANでつながっているPCからCloud ReadersのWeb画面経由でファイルを送る事ができます。

IMG_0014

まとめてファイルを送る事ができないので、普段は使わないかもしれませんが、工夫次第でもっと面白い使い方ができるかも?

・明るさ調節

やはりKinldeと比べるとiPadで白い漫画のページをみるとちょっとまぶしいかも。と感じる時には便利な機能。かゆいところに手が届く感じですね〜。

・Cloud本棚

著作権フリーの作品などをこの本棚にアップロードして、Cloud Readersを使っている全ユーザがダウンロードできるように公開できるらしい。

さすがにiPad販売直後は、予想以上の利用があったらしく、ダウンしていたようです。
 http://satoshi.blogs.com/life/2010/05/ipad_jp.html

そんなわけで、漫画ビューアとしてのiPadはもはや最強なわけで、Kindleさんにはお別れを言うしかなくなってしまいました・・・。
 
あとは漫画ビューア以外のiPadの使い方もぼちぼち試していこうと思います。
 
最後に、eBookJapanのアプリについて、コンテンツの種類は差し引いて、漫画の表示機能として、Cloud Readersよりちょっといい点。

画像 006

見開きが継ぎ目なく表示されるのが良いですw。

 

zeroaka at 00:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク │オススメ