オススメ

2011年02月22日

iPadやAppleTV、Galaxy TabでYoutube動画を見まくるために

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近巷ではKaraの解散Kara騒ぎwで賑わっておりますが、如何お過ごしでしょうか?

ワタクシ、昨年末にふと、唐突にYoutubeがTVの大画面で見たくなりまして・・・。

買ってしまったのですね。

Apple Apple TV MC572J/AApple Apple TV MC572J/A
アップル(2010-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 
はい。

こいつで早速、Youtubeを見始めたところ、なんか美脚のお姉ちゃん達が正確無比な動きのダンスしてる動画があるじゃないですかw。

 
 
なんだこの喜び組みたいなのwと思って見ているうちに、K-popにすっかり洗脳されしまい、気づいたら少女時代やKaraの動画を貪るように見続ける自分がいるではないですかwww韓国恐るべし!

そんな訳で突如、Youtube大好きっ子のヘビーユーザになってしまったのですが、YoutubeをAppleTVで見続けるには以下の物足りない点があることに気がついたのです。
  1. 再生リストが使えない
  2. 連続再生ができない
  3. フルHD画質で見られない
 その他にも細かいバグ等あるのですが、主にこの3つ。
 これらを解消するため、以下のような試行錯誤をしてみました。
  • iPadでAirPlayしてみる。
     
    iPadのAirPlayを使えばYoutubeアプリからAppleTVへ映像を送ることができるのである。なので、1の再生リストが使えない問題はクリアできる。
    しかしiPadのYoutubeアプリは連続再生に対応していないので別途、連続再生ができるアプリを使ってみた。

    「Explore Youtube」
    explore

    しかし、このアプリからは何故かAirPlayでAppleTVへつないでも音しか出ない。
    AirPlayはなんと映像の再生はApple純正のアプリしか出来ないというとんでもない制約がorz。

  • iPadからHDMI出力してみる。

    無線がだめなら有線で、と言う事で、こんなケーブルを用意しました。

    サンコ- iPad/iPhone4用HDMI変換アダプタ IPDHDMIAサンコ- iPad/iPhone4用HDMI変換アダプタ IPDHDMIA
    サンコー
    販売元:Amazon.co.jp
    クチコミを見る


    このケーブルであれば、サードパーティアプリの映像再生もHDMIで出力できるのである。これは便利!
    これで、ようやくYoutube動画を連続再生して見る事ができるように!
    更にはなんとYoutubeだけでなくニコニコ動画の動画もサイトから再生するとHDMIに出力できるのである。
    (再生できるのはiPadで対応しているH.264フォーマットの動画に限りますが。)
    ただ、残念なのは、肝心のコメントはTVではなく、iPadの画面の方に残されて表示されるのであった・・・。

    nikoniko

    そしてそもそもiPadもフルHDには対応していないので、解像度はAppleTVと変わらない。なので、どうしても、どうしてもフルHDでyoutubeを見たい場合は次の手を使うしかないのである。

  • Galaxy TabからHDMI出力してみる。

    実はGalaxy TabはオプションのHDMIドックを使うとフルHDで動画出力が出来るのでした。

    SAMSUNG 純正 docomo GALAXY Tab SC-01C / SAMSUNG GT-P1000 専用 HDMI マルチメディア・ドック ECR-D980BEGSTASAMSUNG 純正 docomo GALAXY Tab SC-01C / SAMSUNG GT-P1000 専用 HDMI マルチメディア・ドック ECR-D980BEGSTA
    SAMSUNG
    販売元:Amazon.co.jp
    クチコミを見る

    これが最適解!と言いたいところですが、なんとAndroidのYoutubeアプリ、フルHDどころかHD画質にも対応していないのですorz。
    せっかく連続再生もできるのにねぇ・・・。しかし、一旦、こんなアプリでダウンロードしてしまえば、あとは問題なくフルHDで鑑賞できるのですよ。(ちょっとカクカクするけどw)
    けど、やっぱりダウンロードするのめんどくさいですw

  • やはりPCが一番?

    結局、PCもTVにつないでんだから、グダグダ言わず、PCで見ればいいじゃん。PC用サイトだったらフルHDで連続再生もできるよw。
    しかしPCでの場合、もっとひどいことにFlashがGPUの動画再生支援機能を使えないという大問題がorz。
    なのでPCでyoutubeをフルHD画質で見ようとすると全然カクカクしてしまい、iPadやGalaxy tab以上に使えないのですw
と、色々試してきましたが、結論として、完全な解消には至らず、iPadをHDMIケーブルでつないで、Explore Youtubeで見るのが比較的便利でした。

しかし、この「Explore Youtube」、不安定で落ちまくるのと変な広告動画がたまに入るのを何とかして欲しいものです。

ただ、AppleTV単独でYoutubeを見るのも、連続再生できないものの、ちょことだけ、手軽に見るにはなかなか快適です。

よってしばらくはこの2つを使い分けて、K-POP三昧の日々を過ごそうと思う今日この頃でありました。

ちなみに自分が少女時代、Karaペン(ファン)と思われたら癪なので最後に言っときますが、ワタクシは最終的にすっかり2ne1ペンでありますw。



2ne1最高!!!!ということでw

zeroaka at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年11月08日

iPad とポータブルWifi。モバイルなWifi環境を求めて。

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad、漫画ビューアとしての利用ばかり考えていたので、wifiモデルを買ったものの、むしろネット環境は使いまくりw。

その大画面のおかげで、Webページを見るのもストレスなく、今では殆どノートPCの代わりに使ってます。

そんな使い方なので、買ってからというもの、Wifiモデルで如何にモバイル通信環境を整えるか、あれこれ試行錯誤する羽目になってしまいました。

今回は、その顛末をまとめておこうと思います。

今からiPadの購入を検討していて、予算に少しでも余裕がある方は、とりあえず、3Gモデルをオススメかも。

それでもSoftBankの回線が貧弱で頼りなく思ったり、何故か個人的に嫌いというネトウヨな方にはSimフリー版をオススメしておきます。

正直、買い換えようかまだ検討してたりしてw。

Apple iPad Wi-Fi + 3G ★64GB★ (海外SIMフリー版、日本式電源プラグ付)
Apple iPad Wi-Fi + 3G ★64GB★ (海外SIMフリー版、日本式電源プラグ付)
アップル
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS
日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS
日本通信(2010-04-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

bモバイルは料金プランの設定が良心的ですよね。

さて、本題ですが、iPadのWifiモデルでモバイル通信をするにあたり、以下の3つのパターンで使ってみました。

【接続パターン】

・その1
 iPad + TouchDiamond(S21HT)


 
・その2
 iPad + URoad-7000

シンセイコーポレーション DIS mobile WiMAX接続専用 WiMAXデータ通信Wi-Fiモバイルルータ Uroad-7000SS/DM
シンセイコーポレーション DIS mobile WiMAX接続専用 WiMAXデータ通信Wi-Fiモバイルルータ Uroad-7000SS/DM
シンセイコーポレーション
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 


・その3
iPad +  ポータブルWifi(DWR-PG)

BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG
BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG
バッファロー(2010-06-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 
【使用レポ】

3つのパターンを比較してまとめるとこんな感じ。


S21HT URoad-7000 DWR-PG 
 回線キャリア イーモバイルBic Wimaxdocomo 
 費用
 速度
 電池の持ち×
 エリア

以後、使ってみた感想を詳しく書いて行きます。

・ その1 S21HTで通信する。

使用方法:

イーモバイルの携帯 S21HT に、こちらのソフトを入れて無線LANルーター化します。

 
splash-main

有料($19.99)ですが、その値段以上の価値を発揮します。
 
WWWrouterはWindowsMobileではかなりメジャーなソフトなので、導入、設定はこのあたりが参考になります。

良い点 : 既存で契約している携帯がそのまま使える。

この接続方式にしたのは、そもそもS21HTの2年縛りの契約が残っていたからです。

イーモバイルは2年縛りの抱き合わせ商法や、解約のめんどくささ等(参考:たけくまメモ)が悪評ですが、そもそも端末代がそれなりにすると覚悟すれば、意外とよいキャリアです。

縛りも、最近はどこのキャリアも結局、契約更新月をすぎると沢山違約金とられる方式だし、解約手続きも、イーモバイルショップに行けば簡単に終わります。(そのショップがほとんどないのが問題ですがw。)

PCや外部機器からのデータ通信は、携帯単独からのネット接続と同じ定額料金内で使えるのはイーモバイルだけで、非常に良心的かと。

他のキャリアでは未だに外部機器からの通信料金は別料金でかなりぼったくり。

使っているとあっという間に1万円超えちゃいますwww。

スマートフォンをルータがわりに使うのを「テザリング」というのですが、SoftBankのiPhone4などは、この接続方式が本来出来るのに、キャリアの都合で使えなくさせていたりしますw。

通信の体感速度も他のメジャーな3キャリアと比べて実は速いです。

エリアも最近は増えてきて、地下や、田舎の町でもつながります。

そして、S21HTは、よくあるモバイルルータよりも、小さくて軽いです。

という訳で、結構理想な環境じゃね?と最初は思ったのですが・・・。

悪い点:バッテリーが全然持たない。

信じられないくらい持ちませんwwww。

もともとS21HTはバッテリーの持ちが恐ろしく悪く、純正の大容量バッテリーに交換していたのですが、焼け石に水です。

フル充電の状態から、連続して1時間程度使用すれば、もうバッテリ切れです。
WMwifiRouteのソフト自信が、バッテリ残量が一定量以下になると使用できなくなるため尚更速いですwww。

しかも、電気カイロか!!っていうくらい発熱しますwww。

これはあまりにも実用的でないと思い、次の方式に切り替えた訳です。

・その2 URoad-7000でWiMax回線を使う。

使用方法:

URoad-7000はいわゆるモバイルルータタイプの製品です。

WEPやWPAの設定をしておくだけで、あとは必要な時に電源ONするだけで、Wimax回線につながり、無線LANアクセスポイントとして使用できます。

起動時間は30秒ぐらい。

WMwifiRouterを使う手前から比べるとだいぶ簡単便利になりました。

良い点:接続料金が安い

Wimaxのサービスは、UQ-Wimaxが回線を提供して、何社かがMVNOサービスをやっています。

ただ、料金はほとんど変わらず、提供されている機器が若干違うくらいです。

しかし、3G携帯キャリアと比べて、注目したいのは、良心的な料金設定。

まず、契約期間の縛りがありません。

いつ解約してもOK。

これだけで十分すばらしい。

自分が申し込もうと思ったきっかけは、ビックカメラがやっているプロバイダが、1ヶ月料金無料+3000円を商品券でキャッシュバック+1年間利用料金割引きのキャンペーンをやっていたから。

縛りもないので試しに使ってみればいんじゃね?と、即契約ですw。

悪い点:やっぱりつならがない。

使ってみたところ、通信速度は電波状況がよい場所だと確かに速いのですが、場所によってかなり速度にばらつきがあり、大抵の場所では、イーモバイルより、ほんの少し速いかも?というくらいでした。

特に屋内の奥まった部屋だと繋がらなくなる事も多く、地下街では全くつながりません。(最近は徐々に改善されているみたいです。)

また、URoad-7000の機器自体にも、若干不満がありました。

通信が無いとスリープ状態になるような、スタンバイ機能が無いのです。

電源ONの状態でほっといても、回線につながりっぱなしで電池をどんどん消耗してしまいます。

結果、電源ONにしとくと、3時間ぐらいしか持たないので、電源を切り忘れると大抵、電池がなくなっているという、悲しい結果に。

よって、この方式も諦める事にしたのでした。

・その3 ポータブルWifiとdocomo回線を使う。

使用方法:

ポータブルWifi (DWR-PG)については、実は、同じ機器で3パターンの商品が売られています。


・Buffalo純正(DWR-PG)

・光ポータブル

・docomo BF-01B

この3パターン、実は微妙に仕様が違います。

光ポータブルはFlets光ユーザに提供されているオプションサービスのレンタル製品がなのですが、simフリーのバージョンがあり、イーモバイルやSoftBankでも使えてしまう。

Buffalo純正も、噂ではsimロック解除方法があるらしいですが、よくわかりませんw。

そして、docomoのは無論、simロックが。

自分が入手したのは、Buffalo純正でしたが、docomoの携帯コーナーで売っていたため、最初、docomoブランドの製品と違いがわかりませんでしたw。
 
モバイルルータとしての使用方法は、基本、プロバイダへの接続は設定済みの状態で販売されているため、wifiの設定さえすればすぐ使えるのは、他の製品と同じかと。

起動の時間は1分くらいと、弱干、長め。 

ただ、Buffalo製品だけあって、機能の豊富さでは、他のモバイルルータ製品より一歩抜きんでている感じです。

例えばこんな機能が。

・有線ルータ機能  
   →付属のクレードルに刺して有線LANにつないでルータとしても使える。

・接続先自動切り替え機能
   →接続先を公衆無線LAN、3Gと自動で切り替えてくれる。
  
・コンテンツダウンロード機能
   →なんかネット上のHPとかのデータのダウンロード予約ができるらしい。

DDNS
   →モバイルなのに、しっかりついてるw。

他にも色々あるのですが、殆どが、あまり使う場面がありそうで無いので、使ってませんw。

なによりも、スタンバイ機能があるのが便利です。

無線LAN側からの通信が無い時は、省電力のスタンバイモードになり、電源をつけっぱなしにしていても、電池が長持ちします。

良い点:とにかくつながるdocomo回線と長持ち電源。

さすが、docomo回線。繋がらない悩みはほぼ無いです。

しかも、docomo回線というだけで、NTTの公衆無線LANスポットが安く使えるメリットがあります。

公衆無線LANのスポットは普及しているもので大きく、SoftBank系(BBモバイルポイント,livedoor Wireless)と、NTT系(Flet's SPOT,HOT SPOT,Mzone)があります。

SoftBank系は、マクドナルドなどで使えますが、基本月利用料金が安く、しかもiPadを買うと、2年間使えるIDをタダでもらえたりします。

しかし、NTT系はFletsの回線やdocomo携帯のプロバイダ(mopera)を契約していないと、月、1600円ぐらいします。moperaに入ってしまえば、月315円でmzoneが。しかも、年内に加入すれば一年間無料らしいです。

とりあえず、NTT系&SoftBank系の公衆無線LANが使えれば、公衆無線LANがあるSPOT殆んどを利用出来るので、無敵ですw。

あと、回線を契約する際に、Skypeが使えませんと、念押しされましたが、あまり使っていないので、本当に使えないのか不明

そして電池ですが、結果、通信しっぱなしでも3、4時間。1日つけっぱなしにして、ちょこちょこと通信する使い方で、まる1日は持つ感じです。

しかし、iPadやガラケーと比べるとまだまだ持たない感じ。

よってとどめにこんなバッテリーを買いました。

MUGEN POWER HLI-DWRPGXL BUFFALO ポータブルWiFiルーターDWR-PG用大容量バッテリーMUGEN POWER HLI-DWRPGXL BUFFALO ポータブルWiFiルーターDWR-PG用大容量バッテリー
MUGEN POWER(2010-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これを装備するとこで、電池については、悩み不要の最強状態になりますw。
 
一日つけっぱなしでスタンバイさせておいても、iPadやガラケーと同様、充電は2日に1回くらいで十分な感じ。

これで容赦なく使うことができますwww。 

悪い点:通信速度

docomo回線の速度ですが、正直、体感的にあんまり速くないです。

SpeedTestで測ってみると、遅いときは、1Mbpsくらいでした。

イーモバイルやWimaxだと、1.5Mbps切る事はあまりないので、やはり速度については、一歩劣るのかと。
 
とはいえ、1Mbpsあれば、動画再生等、モバイルでの通信速度としては問題なく、メリットを考えると我慢できる範囲かなと、思っています。

結果、ポータブルwifiでの環境で現在使っていますが、まぁ色々書いたわりには、結局は、そのまま通信出来る方が、めんどくさくないですよねw。

モバイルルータの充電やら、持ち運びやら、そもそも考えなくていいわけですからwwwww。 

しかも、Wifi経由の接続だとiPad側がスリープしちゃったりしますが、3G回線でそのまま繋げば、常時繋がっている事が前提のpush通知があるようなアプリも問題なく使えるわけですしwwww。
 
しかし、モバイルルータ環境であれば、あとからどんなスマホやら、ゲーム機やらを買い足しても、wifiでつなげば、回線1つで済むので、パケット代を節約したい場合は、色々上手く利用したいものですね。
 


zeroaka at 01:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年06月01日

漫画ビューアとしてのiPad vs Kindle

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad、手に入れましたよ!

予約していたので、5/28当日は家でwktk配達を待っていましたw。

使ってみると予想以上に快適な操作性でビックリ。

いじり倒して先週末はあっという間に終わってしまった。

で、何に使うかというと、もちろん、「漫画ビューア」が第一。

その他含め用途としては

・Web閲覧
・家のPCのリモート端末
・ちょこっとゲーム

あたりですが、まずは早速、「漫画ビューア」としてのiPadをKindle DXと比較しつつレポって見ます。

最初にデバイス自体の感想から。

・デバイスの重さ

最初にiPadを手にした時、「重っ!」っていうのが感想。

iPadの重量は今回購入したWifiモデルで680g。

この重量は実はVaio Pとか、Loox Uとか最軽量といわれるノートPCより重い。ちなみに最新のVaio Pの最軽量のモデルは595gです。

そしてKindle DXは525g。

数字にして155gなんですが、携帯電話で言えば、1.5台分ぐらいの重さ。そのせいか、Kindeの方がだいぶ軽く感じる。

自分は毎日持ち歩くのに重たく感じるかどうかのギリギリの重さ、と判断。人によってはダメかも。

・大きさと薄さ

iPadの厚さは端っこからみるとそうでもないんですが、実際は真ん中に行くにしたがって、厚みを帯びていて、Kindleと比べると結構分厚いのです。

CA3A0174

なので薄さはKindleの勝ち!ですが、どちらもノートPCなんかと比べると遥かに薄くて、封筒などにすっぽり収まります。
なのでオフィスにこっそり持っていくには一安心。

・起動、復帰速度

最初の起動時間はiPadもそれなりに時間がかかるので、Kindleとあまり変わりません。しかし、Kindle、意外に復帰速度が遅く、酷いときは10秒ぐらい待つハメに。
その点、iPadは一瞬で復帰します。携帯電話並です。
持ち運びで使う端末では、この復帰速度こそが胆だと考えているのでかなりイイです。

・電源の持ち時間

電池切れの心配がまずないKindleと比べて、iPadはiPhoneやそこらのスマートフォンみたいにあっという間に電池なくなっちゃうんじゃないの?と心配になりましたが、これが意外と持ちます。

1日2,3時間程度の連続使用であれば、2日に1回の充電でいけそうです。


で、いよいよ本題。

iPadで漫画を読むにはまず、ブックリーダのアプリが必要。

今回使ってみたのは2つ。

ひとつは電子ブック販売サイト
eBookJapan
のiPhone用の専用アプリ。

ここのサイトは漫画の品揃えが良く、しかも古本でも入手困難な作品が結構再版されていて重宝しています。
iPhone用のアプリでも、漫画の解像度はiPadの画面に合わせて表示されるようです。

そしてもう一つ、こっちが本命だけど、

Cloud Readers

zip等で圧縮したjpegファイルやpdfを読めるフリーのソフトだけど・・・なんていうか、

漫画ビューアとして最強のアプリ

ですよ。これw。

これを装備したiPadとKindleを漫画ビューア機能で比較すると・・・なんていうか、

Kindleがあまりに可哀想w

まぁ、実際、Kindleのjpeg表示機能なんて、おまけ機能にしか過ぎないので、本気度が違います。

そんなイジメに近い比較をしつつCloud Readersの機能を少し紹介。

・ページの表示

とりあえずパッと見、jpegの漫画画像を表示して並べてみた。

CA3A0172

どっちも漫画がはっきり読めますね。

しかし、Kindleだと

電源ON→表示する漫画jpgのzipファイル選択→表示

までもう30秒ぐらい待たされる勢いです。

iPadの場合、Cloud Readerの起動の手間を入れても5秒程度ですw。

で、さらにページをめくるのが・・・Kindleだと5秒ぐらい待たされるんですが、Cloud Readerの場合、スイスイさらさらと、まるで本当の漫画をめくるようにタッチでぱらぱらと一瞬でめくれます。
次の画像が表示される待ち時間は無いに等しいです。

IMG_0016

そしてページを飛ばした表示もスクロールバーで簡単に。
Kindleには全く出来ない操作ですw。

そして画面の拡大、縮小も指でつまんで一瞬で。

なんていうか恐ろしいくらい自然な操作性です。

画像ファイルは、めくる方向を右、左切り替える事ができるので、漫画であれば、左方向に。
そして、横向きにすれば見開きで見ることが出来る。

Kindleは横にしても、画像をつなげて表示できないので、見開き形式では見られないのです。

・ファイルの管理

Kindleにファイルを転送する場合は、PCにつなげて、USBストレージとして認識させてファイルをコピーするだけです。フォルダも勝手に作っても大丈夫ですが、Kindle上でファイルを選択する際には、PC上で見れるフォルダ階層は無視されます。

  Cloud Readersの場合、ファイルの転送はiTune経由になります。
フォルダの階層分けがなく、管理しづらいな〜と最初に思いましたが、そこは意図的だったようです。

Cloud Readersに登録したファイルは「タグ」をつけることが出来ます。

これで実際はフォルダによる分類以上に便利な整理ができるわけです。

IMG_0013

たとえばファイルに 作者名、作品名、ジャンル、など複数のタグをつけておけば、複数の分類の仕方を選んで、目的のファイルを抽出出来るわけで。なんと便利な。

・ファイル形式

 jpgファイルをzip形式で読み込ませる方法ですが、Kindleだとかなり制約があります。
- フォルダ階層があるとダメ。
- ファイル名が日本語だとダメ。

Cloud Readersだと上記の制約はないです。
しかし、zipファイルをさらにzipでアーカイブしたファイルは読めないようです。 
また、Cloud Readersだと、rar形式でもOKです。

あと他にもCloud Readersにはこんな機能が。

・ファイルのHTTP転送

Cloud Readersの下にある電波マークのアイコンをクリックすると、LANでつながっているPCからCloud ReadersのWeb画面経由でファイルを送る事ができます。

IMG_0014

まとめてファイルを送る事ができないので、普段は使わないかもしれませんが、工夫次第でもっと面白い使い方ができるかも?

・明るさ調節

やはりKinldeと比べるとiPadで白い漫画のページをみるとちょっとまぶしいかも。と感じる時には便利な機能。かゆいところに手が届く感じですね〜。

・Cloud本棚

著作権フリーの作品などをこの本棚にアップロードして、Cloud Readersを使っている全ユーザがダウンロードできるように公開できるらしい。

さすがにiPad販売直後は、予想以上の利用があったらしく、ダウンしていたようです。
 http://satoshi.blogs.com/life/2010/05/ipad_jp.html

そんなわけで、漫画ビューアとしてのiPadはもはや最強なわけで、Kindleさんにはお別れを言うしかなくなってしまいました・・・。
 
あとは漫画ビューア以外のiPadの使い方もぼちぼち試していこうと思います。
 
最後に、eBookJapanのアプリについて、コンテンツの種類は差し引いて、漫画の表示機能として、Cloud Readersよりちょっといい点。

画像 006

見開きが継ぎ目なく表示されるのが良いですw。

 

zeroaka at 00:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年04月04日

Kindle DX

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、勢い余って、Kindle DXを購入。

まだ、日本語対応してないし、購入には、時期尚早かなと思いつつ、そのデバイスの特異さに気を引かれて買ってしまった。

hako


箱はいつものAmazonのダンボールっぽく、iPodとか、Apple製品に比べるとかなり素っ気ない。

開けてみる。

open

画面にシール?いや、すでに画面が表示されているらしい。

default

付属の意外とかっこいいアダプタ

adapter


で電源をいれてみると、画面が変わった。

start

どうやら電子インクというやつは同じ画面を表示しつづけるのは電源がかからないらしい。ほう。

その他箱には電源の入れ方と基本操作を書いた素っ気ない簡易マニュアルしかついてない。

manual guide
 
詳しい使い方はKindleに入っているマニュアルを嫁、と。ほう。

そりゃそうだw。なんせ電子ブックリーダなんですからw。

dear

起動したら私の名前が・・・。

なんと、搬送される前からすでにデバイスにAmazonのアカウントが登録されているらしく、家の住所がすでにユーザ情報として登録してあった。

wireless

右上にはアンテナマークが。

Kindleはオンラインで書籍を買うための通信費用がタダらしく、DocomoかSoftBankの携帯の回線をローミングして使っているとの噂。

なので買って即、オンラインで書籍を買えるらしい。

しかもお得意の1-Clickなので、うっかりどんどん買ってしまいそうで怖い。

shop

買える電子書籍は英語の物しかない。

しかし、これを買った目的はオンラインで買う電子書籍を読むためではないのだ。
 
DXやKindle2からは日本語のPDFやJPG画像を表示する機能があるらしく、これでKindleをPDF&漫画ビューアとして使うつもり。

USBでつなぐと「document」というフォルダがあるのでここに、PDFやzipでまとめたJPGファイルをおけばいいらしい。

早速PDFを表示させてみる。

pdf

おお!

やはりデカイ画面だと読みやすい。

ただ、サイズが大きいPDFファイルだと最初の読み込みにかなり時間がかかるのは難点。

ページの切替にもちょっと時間がかかるな。

そして、いよいよ画像の表示。

manga1 manga2
 
おお!

かなり読めるぜ!これは。

やはり漫画の画像ファイルはこの画面の大きさくらいないと文字を読むのがつらい。

前にZaurusで読もうとした時は、あまりの文字の小ささに読む気がしなかったけど、これなら目も疲れず読める感じ。

ページの切替に1,2秒くらいかかるので、読み取ばしみたい時は辛いけど、普通に読む分には全然実用レベルだ。

外に持ち出すにも、9.7インチだとでかくて重たそうと思いきや、意外と薄いので、ちょっとしたB5の漫画雑誌を持ち歩くと考えればそんなに気にならないサイズ。

というわけで、Kindleを漫画専用ビューアとしてどしどし利用していこう。


最後にちょっと可笑しい仕様。

画像ファイルを読んだ位置を記憶しておくファイルの拡張子が・・・「.manga_save」ってなってるw。

日本のmangaは世界共通語ですかw。

あと画像ファイルは新しいのを開いたとき、表示されきるまでに、前に表示してた画像が表示されてしまうので、うっかり成年向け漫画とか読んだ後は注意だな。こりゃ。
 

zeroaka at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月02日

Google Trends

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Trendsの日本語版がついに登場したようです。

Google Trendsはある単語がどれだけ検索されているかという情報の推移をグラフ見れるサービスです。

あまりマイナーな単語は情報が出てきませんが、有名な単語の検索数の推移を比較していくと、かなり興味深い情報がとれそうです。

また、グラフの動きに影響を与えたようなニュースなども分析され、表示されるのが面白いです。

たとえば、 こんな単語の推移を比較してみます。

単語「Linux」の検索数の推移 



 単語「Windows」の検索数の推移 



単語「Mac」の検索数の推移 



こうしてグラフを見てみると、LinuxとかもうOSとして一般的になりすぎて、昔ほどあまり話題になることが少なくなった気がしますし、Macはスタイリッシュな新機種のリリースで、徐々に人気を上げてきているような気がします。 

そしてWindows Vistaの盛り上がりは、やはりいまいちだったように見えます。


  単語「mixi」の検索数の推移 


こうしてみると、mixi疲れなんて言葉もありましたが、mixiも最近は話題にならなくなった感じがします。


以前紹介したkizasi.jpもそうですが、ネットでの検索数やブログでの言及数の推移のデータは、巷で注目されているかどうかなど、いろいろな傾向をつかむ、いいツールになりそうです。

こうしたネットに流れるデータを分析していくと、いろいろ面白い情報が見つかるかもしれませんね。

こうしたツールをつかって、時代を先取りしたいものです。
 

zeroaka at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月28日

無料のサーバ監視サービス DATAHOTEL PATROL

このエントリーをはてなブックマークに追加
無料のサーバ監視サービス
DATAHOTEL PATROL
うーむ、自宅サーバを運営している自分としては、なかなかありがたいサービスだ。

監視内容は今のところping(ICMP)や特定ポートのTCP,UDPの死活監視のみだが、監視のために常に電源やNWが常時接続された別の環境を用意する手間を考えると、それでもありがたい。






zeroaka at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年08月15日

ウオール街

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、こんな本を読みました。

ウォール街アナリスト物語

原題は"Wall Street Meat"

直訳すると「ウォール街の肉片」

なんかこのブログみたいなタイトル。

話は著者が潜り抜けてきた80年代から始まるテクノロジーバブルから最近のネットバブルの崩壊までという、アメリカの株式市場と、IT業界の波乱な体験を、ユーモラスに小説仕立てに描いたもの。

IT業界にいる自分としてはインテル、DEC、HP,モトローラ、アップル、AMD、Microsoft、IBM,Netscape、任天堂などなど、おなじみの企業がどしどし出てきて非常に楽しめる内容。

あと、IT業界の泡のような株価と利益の対比のとして、乳業メーカのFremostの話がたびたび出てくるのが印象的。

IT業界で注目される新興企業の現状の売上なんて、よくて老舗の乳業メーカとたいして変わらない。

そんな企業に、老舗の乳業メーカの何十、何百倍もの株価をつけるような、価値はあるものなのかと、筆者はバブルの様相を語っている。

実際、今も日本でmixiやら、なんとかエージェントやら、ネット企業が話題を振りまいてますが、それら企業の売上なんて、老舗でレガシーな商売をやっている名も知れぬ中堅企業の売上程度かそれ以下しかなかったりするものだ。

アナリストとか、コンサルとか、横文字の職業は何かと高給取りっぽくて、人によっては憧れの職業なわけですが、話の中にはアナリストの仕事の給料は仕事のわりに貰い過ぎなくらい高給、みたいな事が出てくる。

そうは言っても、実際、この本で登場する筆者や周囲のアナリスト達の活動っぷりをみると、そのストレスやらハードなスケジュールやら、並みの体力の人ではとうてい勤まりそうににない職業がと思ってしまう。

その過酷な生活を乗り切りつつ、筆者のようにモルガン・スタンレーに入社して早々、「君、何年?」(ハーバード大学の何年の卒業生?という意味)と聞かれてしまうような、想像もつかないウォール街のエリートな人々のノリや雰囲気を知るには良い本なのかも知れないと思いました。

 



zeroaka at 00:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年07月16日

イノベーションのジレンマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、こんな本を読みました。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

元MSのスーパーエンジニア中島 聡さんのブログ

「MSをやめるきっかけを作った。」

と紹介されていたのでついついAmazonでぽちっと買ってしまいました。

読んでみたら、こりゃ、大手企業を辞めたくなるような内容です。

大手の優良企業が優良であるがゆえに、新興の破壊的イノベーション技術を持つ企業に負けてしまうシナリオを、ハードディスク市場や米国鉄鋼業界、小売業界などの例をとりあげて説明しています。

そして、大手の優良企業がそれら新興企業と対抗する手段についても書いています。

そのシナリオや手段はIT業界ではもう今現在も繰り返されているものです。

ついちょっと前はMS vs Google がそんな構造でしたが、最近はGoogle自身も防衛側にきている感じです。

新興企業を買収してしまうのも対抗手段の一つと解説されており、Googleがやっている戦略に近い感じです。

あと、読んでて面白いなと思ったのは、破壊的イノベーション技術の需要は最初はだれにも予測できない、ということ。

なので、破壊的イノベーション技術を持つ製品は、新しいマーケットを事前に調査して、十分な計画を練ってから作ったり、売り出すのではなく、とりあえず作ってみたものをいろいろどこかに失敗覚悟で売ってみて、新しいマーケットを試行錯誤で作り上げていくのが有効なんだと、著者は語っている。

最近、技術軽視な風潮があって、物を作る技術なんて有り余っている。頼めば誰でもできる。それよりビジネスモデルを考えるのが大事、みたいに考える人がいる。

物がそこに既にあるからこそ生まれる新しいアイデアやビジネスもあるというのに、ビジネスモデルばかりを先に考えてしまうから、似たり寄ったりの戦略しか思いつかないようにも思えます。

もっと物づくりのモチベーションを大事にしたいです。

そして、まずは作れと。

 



zeroaka at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年06月11日

CodeMonkey

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなプログラマは嫌ぁ〜。

猿プログラマの歌

Code monkey - Wikipedia



zeroaka at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年04月29日

IE6とIE7で検証する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
IE6とIE7で検証する方法

IE7を入れたPCでIE6を動かすスタンドアロン版のIEについて載っています。

参考になりますね。



zeroaka at 02:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年02月26日

kizasi.jp 今日、ブログで話題になったことって?

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近気になるサイトにkizasi.jpというサイトがあります。

巷のブログサイトで流行っているキーワードをランキング表示してくれるサイトです。
サービス内容はテクノラティのキーワードランキングとちょっと近いかも。

ずっと前から、こんなサイトがあったらいいなと思っていたのですが、それ以上に気になるのは、このサイトがCACという、日本の中堅SIerの会社から生まれたからだったりします。

日本の中堅SIerで働く自分としては、いつかこんな新しいWebサービスを立ち上げてみたいかも、と、興味津々なのであります。

こんな開発者さんのインタービュー記事とか特に気になりますね。
「Kizasi Search Engine」開発者/Tech総研

なかなか苦労をされているようで、新しい技術を作る、そしてそれをサービスとして形にするということは根気のいるものだと再認識させられます。

こんなGoogleMapとのマッシュアップサイトも素敵です。

kizasiおでかけマップ

デートコースを考えるときに使うとしよう。

ではでは。



zeroaka at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月26日

ディスク関連のツール バックアップ・パーティション変更など

このエントリーをはてなブックマークに追加
家のPCのハードディスクを入替える際にpartimageというイメージバックアップのフリーツールを使ってみた。

このページに詳しい使い方があり、参考になります。
 
Kinoppixでも使用できるのでお手軽です。

難点はサイズの違うパーティションへリストアを行った場合、ファイルシステム上の認識サイズが変わらないため、バックアップ元のドライブサイズのままになってしまいます。 この場合、別のツールでパーティションサイズを変更するしかなさそうです。
最近はパーティションサイズの変更ツールもフリーであるようです。

無料パーティション操作ソフト「Partition Logic」

パーティションを操作できるフリーソフト「GParted Live CD」

ってここを参考にしたのですが。





zeroaka at 10:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月18日

GooglePreview

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前、見える検索エンジンというものを紹介したが、そもそもGoogleの検索結果が見えるようになればいいじゃん、と思いこちらのサイトを利用して、プレビュー表示するJavascriptを作ってみた。

HeartRails Capture | サイトのURLから画像/PDFを生成

ブックマークファイルにしたソースはこちら

ブックマークを追加して、Googleで検索したあと、ブックマークを開くとこんな感じになる。
GoogleThumbnail

しかし、プレビューの作成は若干遅いので、最初はこんな感じになることが多い。
GoogleThumbnail2

なんとかならんかなぁ、と思っていたら、こんなツールがあるじゃないですか。

GooglePreview

GooglePreview
FireFoxの拡張機能らしいです。

サムネイル画像の表示もサクサク動きます。

これはいいっすねー。





というわけで、一件落着。

ちなみにWebのサムネイル表示サービスやAPIは結構いろいろあるみたい。
今日から、こちらのサイトに登録して、リンクをプレビュー表示してみました。

QQA クイックウェブサム

それでは。





zeroaka at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月12日

Urchin

このエントリーをはてなブックマークに追加
全世界の主要企業が認めた最強のアクセス解析 Urchin(アーチン)

Google Analyticsで採用されているアクセス解析ツールである。

最近、仕事で触れる機会があり、そのときはそんなインパクトをうけなかったのだが、Googleで採用されている事例を聞くと、なんかすごいのかも?と思ってしまうのは完全にネームバリューに脳がやられている自分。

最近のGoogleは某MS社みたいにソフトをどんどん買収しているなぁ。
Googleの買収リストと今後の候補

このブログで紹介したBloggerやPicasaも買収物。

買収、合併を繰り返すとオリジナルの部分ってどこよって話だ。
あまりオリジナル部分がどうとか討論する意味はあまり無いんだが、最近のソフトウェアベンダーは合併が進みすぎて、もうどのソフトがどこが作っていたんだか分からない。三菱東京UFJ銀行の店舗が昔何銀行だったか思い出せないように・・・。

思い出

zeroaka at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月23日

ホットペッパー.jp Webサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットペッパー.jp Webサービス

結構面白そうだな。

で、ためしに検索画面を作ってみた。

ソースはこちら。
コピペしてローカルに保存してね。

IE6なら動くかな?


続きを読む

zeroaka at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月26日

Network Grep

このエントリーをはてなブックマークに追加

パケットキャプチャのツール

http://ngrep.sourceforge.net/

テキストデータの内容を基にキャプチャしたい場合お手軽でいいね!

解説はこちら

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/027ngrep.html

 



zeroaka at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月29日

Blogger

このエントリーをはてなブックマークに追加
GoogleがやっているブログサービスBloggerは、よくよく使ってみると、機能はシンプル極まりない。
ブログに必須のTrackback機能すらない。
広告機能もうるさくなく、いたってデザインもシンプル。

でも足りない機能はGoogle以外でやっているサービスで補えばよい。
たとえばTrackback機能はこれなんか使えばなんとか対応できる。
Haloscan
Bloggerでは結構定番らしい。

いろいろ自分好みに味付けできてしまうのがいいね。


zeroaka at 02:59|PermalinkComments(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月21日

Picasa

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCの画像の整理にはこれ一本! 「Picasa」 http://picasa.google.co.jp/ 検索速度が半端なく速い。 画面も素敵。 さすがGoogleですねん。

zeroaka at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月11日

Zimbra

このエントリーをはてなブックマークに追加
Zimbraのデモ 入り口はこちら。 http://zimbra.com/products/hosted_demo.php Ajaxで作られたメーラだが、 ここまで動くと凄い。 FlashのGUIよりAjaxのGUIが WEBではこれから浸透しそうな気配。

zeroaka at 03:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月31日

Ajax を使った日本語 Full IME

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ajaxを使った日本語Full IME

http://chasen.org/~taku/software/ajax/fullime/

日本語入力できないPCから日本語入力する時に便利そう。

辞書データをサーバに取りに行くのが素敵。



zeroaka at 14:27|PermalinkComments(0)このエントリーを含むはてなブックマーク