Win10CREATIR01

 Microsoft社はWindows 10 Creators Updateの時期がそろそろ近づいてきていると発表がありました。当初は4発ではないか?という報道もありましたが、どうやら3月ぎりぎりの可能性も見えてきています。

CHECK01

 MicrosoftではWindows 10 Creators Updateが配信される前にプライバシーの設定を確認するようにお願いする通知が届くそうです。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4014001/windows-10-creators-update-coming-soon


 そこで、Windows 10 Creators Updateが配信される前に円滑にアップデートを成功させるために、事前準備を行いましょう。
 
 まず、トラブルが起きた場合のことを想定して、ツールを入手しておきます。Microsoft公式のインストール失敗時の問題を解決してくれるソフトを入手しておきます。

【Windows】アプリのインストール・アンインストールに失敗したら【公式ソフト】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/14718063.html

【Windows10】更新が失敗したときのツール【Microsoft】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/11549617.html

3月の恒例の月次アップデートは必ず行ってください。

【今回は重要】Windows10のアップデートは必ず実行【2017年3月】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/14939032.html



 トラブル時の復旧のことを考えて、復元ポイントを作成しておきます。
記事内に復元ポイントを管理するフリーソフトを紹介していますので、それを使用すると良いでしょう。
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/14391891.html
【便利ソフト】復元ポイントを簡単管理【Windows】

 また、ドライバソフトも念のためバックアップをおすすめします。

【ぜひおすすめ】OSの再インストール時などに重宝するソフト【ドライバソフトバックアップ】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/8318390.html

 あとは、アップデート配信時や更新時はハードディスクの容量がかなり必要になります。不要なソフトなどを削除し、ハードディスクの容量を確保してください。
 また、メモリの容量も必要になりますので、不要なスタートアップは一旦削除しておいた方が良いでしょう。ただし、Windows関連のサービス類に関しては下手に停止しないでください。

 もし、最悪の事態になった場合、Windows10の場合は「リフレッシュ・リセット」という機能があります。この機能は、直前の状態にリフレッシュしてくれますので、それを使うと良いでしょう。

関連記事【Windows10】PCのリフレッシュ・リセットの改善【Windows8.1と違う】
http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/9493220.html