CPU6
 現在Windows7/8.1を使用しているユーザーはWindows全体の約半数を占めていますが、一部のユーザーはWindows7/8.1からWindows10への移行をそろそろ考えなければならない時期にきています。
そのWindow10に移行を考えなければならないユーザーはいわゆる「第6世代CPU」を使用しているユーザーです。
 この「第6世代CPU」はインテル社のCPUではSkylakeと呼ばれ、Core i7, Core i5, Core i3の後の先頭の数字が6のCPUとなります。(例:Core i7-6700K Core i5-6600Kなど)です。
 AMDの第6世代のCPUはAMD-FXシリーズ、AMD A10シリーズ、AMD A8シリーズとなります。
 これらのCPUを使用しているユーザーはMicrosoft社では当初2017年7月17日以降は限定的なサポートしか受けられなくと発表しましたが、昨年の12月には批判を受け、Microsoftでは延長サポート期間修了まで延長するということで再度修正になりました。

 しかし、一部の海外の記事などによると、Windowsの更新の段階でこの第6世代のCPUを使用していることにより、更新ができなくなっているといった記事や話題が出てきております。この情報が本当かどうか確認は出来ませんが、Microsoftでは次の第7世代のCPUはWindows7/8.1はサポート外としていることから、第6世代CPUに関しても何らかの「無言の圧力」があるかもしれません。 

Win10img
 Microsoft社ではWinodws10のユーザーを多くしたいというのが大きな狙いがあります。これは、過去の経験から、Windowsの各バージョンのユーザーを少なくして、現在最新のOSであるWindows10に技術や労力を集中させたいというのが大きな理由となります。そのためには、少々強引な手法にでるかもしれません。実際にWindows10への無料移行期間にはかなりの強引さがありました。無きにしも非ずです。

 これらのCPUのユーザーはそろそろWindows10にアップデートを考えた方が良いでしょう。今回のWindows 10 Creators Update を期に考えてみてください。

 メーカー製のパソコンを使用しているユーザーは下記にリンクを貼りますので確認してください。


NEC インテル® 第6世代 プロセッサー(Skylake)搭載モデルについて
http://jpn.nec.com/products/bizpc/promotion/win10/skylake.html

DELL List of supported Windows 7 and Windows 8.1 devices
http://www8.hp.com/us/en/ad/windows-10/win7supporteddevices.html

富士通 インテル社製第6世代CPU(Skylake)搭載のWindows 7、Windows 8.1モデルのサポートポリシーについて
http://www.fmworld.net/biz/fmv/windows10/skylake_jp.html

レノボ 新登場!インテル第6世代プロセッサー搭載モデル
http://www.fmworld.net/biz/fmv/windows10/skylake_jp.html

EPSON 第6世代インテル® プロセッサー(Skylake)搭載モデルについて
http://shop.epson.jp/pc/other/win/skylake/
 
マウスコンピューター 第6世代インテル® Core ™ プロセッサー | 搭載パソコン(性能/価格)
http://www.mouse-jp.co.jp/abest/intel_core/

Panasonic  第6世代 インテル® Core™ プロセッサー (Skylake) 搭載 Windows 7、Windows 8.1 モデルについて
http://askpc.panasonic.co.jp/prodinfo/ja/

SONY 第6世代 インテル® Core™ プロセッサー(Skylake)搭載モデル
https://support.vaio.com/windows/skylake/