USA

 ロシアの大手セキュリティ会社と言えばカスペルスキーですが、今年に入りアメリカ国内でこの会社の製品を排除する動きが強まってきています。


KASPEROGO
 先日、米大手量販店Best Buyがカスペルスキーの製品すべての取り扱いをすべて中止するという発表も行われました。また、アメリカ国内の政府機関でもカルベルスキー製品の排除が進んでいるようで、2018年には国防省でも法律でカルペルスキー製品の使用を禁ずる条項が盛り込まれる予定になっています。
 アメリカ側の主張では、ロシア政府がカルペルスキー社の製品を使ってアメリカのコンピューターネットワークに攻撃を加えているのではないかという理由で、また一部ではロシアのスパイがカスペルスキーのソフトウエアを使ってスパイ活動を行い、政府機関のシステムに攻撃を加えようとしているといった報道もなされたようです。
 そのため、米政府はカスペルスキー研究所を政府調達企業リストから外し、アメリカ国内から排除する動きが強まっています。
 それに対し、カスペルスキー側は「いかなる政府ともつながりはない。これまで世界のどの政府のサイバースパイ行為も支援したことはないし、今後もするつもりはない」とする声明を出しており、ロシア政府との関係を否定しました。
 実際、カスペルスキーはネットワーク上のセキュリティに対し、非常に貢献しており、特に今年の春以降猛威を振るっているランサムウェアなどに対し、積極的に情報を公開し被害の拡大の阻止に努めている会社であります。

USABOU

 今回のこの報道を他国のユーザーは「アメリカの製品を守るためにロシアの企業を排除したのではないか」とか「FBIもさんざん他の国の情報をハッキングして、何をいまさら自分のところだけ守るつもりなのか」、また、「アメリカは自分の国の製品が不利になればスーパー301条を適用するくらいだからこんなことはあり得る」といった冷ややかな意見が多数見受けられました。

 アメリカも人の国のスパイ活動を批判するよりも、自国のスパイ活動をどうにかしてもらいたと思います。これだけFBIのスパイ活動の情報が流出していても、他の国のスパイ活動は「悪」で、自国のスパイ活動が「正しい」と位置付けるのかやはり「アメリカ」らしいということです。第三者の国から見ればスパイ活動はどちらも「悪」だと思うのですが。