PASOTYUUKO
 本日は中古プリンターを選ぶ際のコツをお伝えいたします。現在、中古プリンターはいろいろな機種があり、どれを購入すればよいか悩んでしまいます。選び方を間違えるとプリンターの場合消耗品ですので、またすぐに購入しなければならないことになります。中古プリンターを購入する場合、インターネット通販よりも実際店頭でチェックするのが基本です。どのようなところをチェックすればよいか今回記載していきます。是非自分の目で確認して程度の良いプリンターを選びましょう。

1.プリンターは外見で選ぶな!-使用頻度が全然違う。
TYUPRN


 プリンターは外見がきれいなものを選びがちになりますが、外見だけで絶対に選ばないでください。プリンターは新しく見えるプリンターでも使用頻度が多かったものや、逆に少々古しく見えるものでもそんなに使用していないプリンターなどさまざまなあります。使用頻度が少ないプリンターほど印刷した場合の汚れなどが少なくきれいに印刷できます。
 では、使用頻度の少ないプリンターを見分けるはどうしたら良いかといいますと、次のチェックポイントがあります。

A.インクタンク(インクカートリッジ)まわりの汚れ
B.内部ローラーの汚れ
C.プリンターヘッドの状態


A.インクタンク(インクカートリッジ)まわりの汚れ
PRNCAR


 使用頻度が多い場合、当然インクタンク(インクカートリッジ)まわりが汚れてきます。とくに厄介なのは、前に使っていた人が、純正インクではなく互換インクなどを使用していてインクの液漏れをおこしたことがある場合です。そのような場合にあると汚れが取れず、印刷時にも変なよごれが付着してしまうおそれがあります。
 インクタンク(インクカートリッジ)まわりがきれいなほど、純正インクを使用していたか、使用頻度が少ないかということになります。


B.内部ローラーの汚れ
PRNRR

 これはAのインクタンク(インクカートリッジ)まわりの汚れと同じになりますが、それに加えて、印刷したときに変な紙詰まりをおこしていなかったというポイントにもなります。紙つまりを起こしてしまった場合、紙上に印刷されず、内部ローラーにインクが付着してしまう場合もあります。この内部ローラーの汚れがひどいほど、使用頻度が高かったか、乱暴に扱っていたかというのが分かります。


C.プリンターヘッドの状態
PRNHED

 プリンターヘッドは印刷の上で重要な部分となります。印刷頻度が多いほどこのプリンターヘッドが消耗してしまいます。中には交換できるものもありますが、ほとんどは交換していないと考えた方が良いでしょう。
 このプリンターヘッドの状態を見分けるには、印刷パターンを印刷するしかありません。
PRNHEDPT

 お店によっては展示と同時にプリントパターンを印刷してプリンターヘッドの状態を確認できるところもあります。しかし、総合リサイクル店などではプリントパターンを印刷しておりません。
その場合は店員にプリントパターンを印刷を依頼するというのも一つの手といえます。もし、プリントパターン印刷を断るようであれば、きちんとメンテナンスを行なわないで展示している可能性がありますので、その店での購入は控えた方が良いかもしれません。



2.プリンターの内部には自動的に使用できなくなるカウンターがある-使用頻度が多いとすぐ使えなくなる。
HAIINK

 上記のとおり、プリンターは見た目ではなく使用頻度を重視した方がよいというのには理由があります。これは印刷のきれいさだけではなく、実はプリンターの内部にはある一定の枚数を印刷すると自動的に使用できなくなるカウンターが存在しているからです。このカウンターはすべてのプリンターに存在します。
 このカウンターは「メンテナンスカウンター」別名「廃インクカウンター」と呼ばれています。
 ある一定の枚数に達した場合、印刷できる状態でも「サービスコール」のランプがつき、印刷できなくなります。その場合はメーカーに修理という形で廃インクの掃除をしてもわわなければなりませんが、ただ廃インクのマットを交換・掃除しただけでエラーは消えず、カウンターをリセットする必要があります。そのリセットの方法はメーカー非公開となっており、修理をするしかありません。そうなった場合、結局別のプリンターを買うか、有償でリセットしてもらうしかないからです。そんなことがないように長く使うためには、以前の使用頻度というものが重要になってきます。

3.インク形態は独立インクを、しかも現在流通が多い型番のものを-インク提供時期を考えて
ICL50

 インクはやはりランニングコストを考えれば独立インクのものをおすすめします。カラー一体型だと、ランニングコストが高くなります。また、気を付けなければならないのが、インクの型番が現在多く使われており、流通しているかということです。少し古い型番のインクを使っている場合、メーカーの提供が終了するおそれがあります。十分に注意しましょう。

4.Wi-fi接続のがあればスマホやタブレットからも楽々印刷-便利
WIFI

 もし、Wi-fi接続のがあればスマホやタブレットからも楽々印刷できて便利です。ただし、上記の通り、選ぶ順位で最優先順位はやはり「使用頻度」です。使用頻度が少なく、Wi-fi接続のものであればぜひゲットしたほうがよいと思います。

 これらのポイントを抑えておけば長く使える後悔しないプリンターを中古で格安で手に入ります。
 プリンターの中古の価格は新しいモデルであるほど値段が高く、古いプリンターであれば値段が安いという傾向にあります。しかし、実際チェックすると、少し古い型番のプリンターでも現行流通しているインクの型番で、しかも使用頻度が少なく、場合によっては新古品に近いといったものがいっぱいあります。ぜひ店頭でチェックしてみましょう。