Update2
 今月のWindows 10 の累積的な更新プログラムで、一部のパソコンでインストールした後にデスクトップアイコンがすべて消えてしまうという問題やパソコンが立ち上がらなくなるといった発生しているようです。
今回の不具合で報告されているのは、ユーザープロファイルが読み込めなくなることで一時的なユーザープロファイルの読み込みが実行され、スタートメニューとデスクトップが既定の状態になってしまうといった現象です。これによって、デスクトップとスタートメニュー上のすべてのショートカットやアイコンがすべて消えてしまったとのことで、報告によるとユーザー プロファイルはゴミ箱に入ってしまっているようです。

 また、HP社のパソコンでは再起動時にフリーズしてしまい、セキュアブートで、キーが破損しているメッセージが出るようです。また、更新時の94%付近でシステムがフリーズしてしまうといった現象も発生しているようです。また、一部では再起動後uefi エラーが発生して起動できなくなるといった現象もあるようです。
 
 今回これらの現象に遭遇する環境の共通点は確かなことは言えませんが、AMD RyzenのCPUのパソコンがどうやら影響を受けているようです。


 これらの問題は、マイクロソフトは認識しており、次のように書き込みをしております。
 スタンドアロンセキュリティ更新プログラムKB4524244は削除されており、Windows Update、Windows サーバー更新サービス (WSUS)、またはマイクロソフトの更新プログラム カタログから再提供されません。注意これは、最新の累積的な更新 (LCU)、月次のロールアップまたはセキュリティのみの更新プログラムを含む、他の更新プログラムには影響しません。

この更新プログラムをインストールしてこの問題が発生している場合は、次の手順を実行してデバイスをリセットできます。

  1. [スタート] ボタンまたは Windows デスクトップ サーチを選択し、「更新履歴」と入力して[更新履歴の表示] を選択します。
  2. [設定/表示更新履歴] ダイアログ ボックスで、[更新のアンインストール] を選択します。
  3. [インストールされた更新プログラム] ダイアログ ウィンドウで、KB4524244を検索して選択し、[アンインストール] ボタンを選択します。
  4. デバイスを再起動します。
  5. 再起動時に「このPCをリセット」機能を使用し、この問題が発生しないようにしてください。
 マイクロソフトは現在、この更新プログラムが問題が大きいことから更新プログラムを配布中止にしております。また、一部のユーザーは同時に更新プログラム KB4532693も削除するようにとの情報も入っています。
 影響を受けたユーザーはこれらの更新プログラムをアンインストールしてください。




[新品]でも[中古]でも安心の高額買取サービス【iPhone55】