Neutral A Go Go!

ゼロソー(俳優)の、 honey bee's Arts(ダンサー)の、 サルカンバ!(制作者)の、 松岡優子の日記。

昨日のプレ公演でいよいよ「カシューナッツ #1 12帖演劇祭」開幕致しました!

カシューナッツロゴ001

ここでは随分ご無沙汰しています。

ご無沙汰している間に…
2015年秋、ちっちゃな演劇祭を始めることになりました。
場所は健軍電停から徒歩1分、アトリエ花習舎(カシューシャ)。
毎週末が演劇のお祭り騒ぎ!
いろんな方のご協力を得て、色とりどりの作品が集まりました!
ごくごく間近で演劇を楽しんでください☆

*Kash-nuts!推進委員会*
松岡優子(Sulcambas!)、青谷一郎、河野ミチユキ、吉丸和孝


*******
ー プレ公演 ー
10月25日(日)
金田公広一人芝居「百鬼夜行」 from 福岡
ー Kash-nuts!2015 ー
10月31日(土)〜11月1日(日)
小さな劇場屋さん「ぶらぶら人形ものがたり」 from 福岡
11月6日(金)〜8日(日)
不思議少年「Q」 from 熊本
11月12日(木) 〜15日(日)
だらく舘公演 独り芝居 「贋作・トニー谷」 from 東京
11月20日(金) 〜23日(月・祝) 
ゼロソー「ゼロソーの嫉妬(ラ・ジャルジー)」 from 熊本

詳細はFBに掲載中です↓
https://www.facebook.com/Sulcambas-1624398657834788/

そして、再来月にはこんなイベント☆
美樹さんの演出、まつおかは初めてです。
今週からこちらも稽古開始。
この夏、上通が楽しげなことになりそうです^^
*******
上通アートプロジェクト2015「上通演劇まつり」
「演劇?あんまし見たことない」。
おぉぉ、そんなら今回是非ここに!
熊本市の繁華街・上通のあちこちに出没する短編・コント・ミュージカル、演劇づくしな3日間。
なんと全演目太っ腹の無料開放!
この機会に是非、上通アーケードの魅力と演劇力をご堪能下さい。
・期間 2015年7月3日(金)〜5日(日)
・場所 上通アーケード内特設ステージ・熊本市現代美術館内アートロフト
◆その、、、、、、
前夜祭「上通物語」リーディング
7/3(金)@現代美術館アートロフト
2010年、熊本県芸文祭で上演した作品を朗読で披露。
昭和28年、熊本を襲った水害をテーマにした人情物語。
未曾有の被害から立ち上がった上通の人々の姿を、たくましく、あたたかく演じます。
◎作・演出…池田美樹
◎ 出演…森岡光(不思議少年)・瀬尾誠一・堀田清(石)・井芹誉子(石)
   ・松岡優子(ゼロソー)・桑路ススム・冨川優・青谷一郎(市民舞台)
   ・オニムラルミ(きらら)・北村茜(with a clink) ほか
◆その□、、、、、
アーケード劇場
7/4(土)5(日)@上通アーケード内
上通アーケード内で同時多発上演。
愉快なコント・ライブ・パフォーマンスに加え、「上通のないしょ話」「あの名物のうまさのひみつ」など、
上通ならではのあれこれを「楽しい演劇」にしつらえてお届けします。
◆その◆◆◆◆◆◆
現美劇場(げんびげきじょう)
7/4(土)5(日)@現代美術館アートロフト
九州各地の愉快な名作短編をじゃんじゃん上演しちゃいます。
◎出演…不思議少年(熊本)with a clink(熊本)きらら(熊本)
      有門プレゼンツ(北九州)・ヒロシ軍(長崎) ほか

ご無沙汰しております!
今日の地震に完全に気づかなかった、胃が痛いまつおかです。。。
20150506_967058
なんとも久しぶりにワタクシめ、
来月、もう来月なのですが、踊ります^^
with a clinkのあかねちゃんからのオーダーいただき、久しぶりに踊らせていただきます。
ちょっとずつ今形にしているところですが、踊るのは無条件に楽し☆
幼かりし頃、「遊園地に来たような顔で踊る」と言われとりました。
今回、ヒップホップ、声楽、フルートなどいろんなジャンルの方が出演されます。
クリンクワールド堪能しに来てくださいませ。

*******

with a clink5周年企画第二弾
「SHUFFLE -音楽祭-」

日時:6月20日(土) 19:00〜
会場:早川倉庫
料金:一般 \2,000 学生 \1,000

CAST:
北村茜(with a clink)
藤本彩花(with a clink)

松岡優子(ゼロソー)
南紗綾
宮田佳奈(イッツフォーリーズ)

Lee

田中結衣香
中川原さやか
新屋美祐希

ー 第一部は「SHUFFLE」 ー
歌もダンスも演奏も、
それぞれの音楽が次から次に飛び出てくる
ジュークボックスのようなステージ。

ー 第二部は「MIX」 ー
歌もダンスも演奏も、
全部混ざり合って、
ひとつの作品をお届けします。

お問い合わせ:
TEL 080-1711-1971(代表北村)
MAIL withaclink@gmail.com
http://withaclink.jugem.jp

もう東京公演からも はや1ヶ月過ぎようとしています。
まだ1ヶ月かという気持ちともう1ヶ月も経ったという気持ちと。

いつものように走り抜けた古城十忍さん演出「義務ナジウム」。
皆様、ご来場ありがとうございました!
ご尽力いただきました皆様、ありがとうございました!
12月の稽古始めからの稽古づくしの日々。
稽古&制作で今回ばかりはヘロヘロでした(笑)
そんな昨年の4月の助成金申請からの日々もあれよあれよといつもの間にか本番も終わり。
この間、大変なこともありましたが、
とてもとても大切な作品がまたひとつ生まれました。

ラジオ出演で古城さんを目の前にして、「古城さんが役者に厳しくて(笑)」と連発した私ですが、愛ある厳しさだからネタにもなるわけです。
代役をしながら泣く古城さんは、すてきです^^
ワンツーワークスから来られた山下夕佳さん、関谷美香子さん。
ゆかさんの演技を観て目からウロコが落ちるようなたくさんのヒントをもらい、みかちゃんの全てに「この俳優さんは本当にスゴいな」と。
そして、お二人の優しさには本当に救われました。
本当に「義務ナジウム」では俳優、制作ともに相当勉強させていただきました。
関わってくださった全ての方に感謝です☆

「義務ナジウム」出演者、スタッフともに次のステップにまた進んでいます。
わたしも次に向かって、ダッシュだ−っ♪

IMG_3079

怒濤の10〜11月が終了しましたっ
ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、
ありがとうございました

10月11日 DENGEKI 参加作品 純白奇劇団「吉丸和孝的夜会〜お血脈〜」(潤色・演出)
10月25日 ほくぶキッズ劇団「絵本の国のアリス」(潤色・演出スタッフ)
10月31日、11月1日 メメントC+ゼロソー「『ダム』ドラマチック・リーディング」(出演・制作)
11月8、9日 アルビレオ特急「牛山ホテル」(出演・制作)

ひとつひとつの作品をとことん愛して
やりたいと思ったことをやってこれたのは、
関係する方々のご協力があってのこと。
本当にありがとうございました
たくさんの嬉しい出逢い、発見、ありました。
しかし、ところどころ記憶が曖昧
スコーンと記憶が抜け落ちてるようです、最近。

先週末の高校演劇コンクール県大会の審査員で、今年の演劇関係イベントは終了です。
制作の仕事はこんもりありますが、
来月までちょっとだけゆったりしたこの時間、しばし微睡みます。

ゆったりのんびり
おやすみなさい

IMG_0973

写真は牛山ホテルの本番前、ヘアメイクでめちゃくちゃお世話になった松本真奈美さんに撮ってもらったもの。後ろには木内里美さん。
二人の尊敬する先輩
お気に入りの写真

オーディション

ただ今、制作中!
河野ミチユキ作・古城十忍演出「義務ナジウム」
来年1月に熊本公演と東京公演やります。
出演者オーディションを8月30日にやります。
熊本の俳優さん。
ぜひぜひご参加ください♪

緊急オーディションのお知らせ↓
http://www.kyogikai.net/audition2014/

kiyoharu
ただ今、ゼロソー稽古場にこの彼がいます。
こないだまで裸で頭なくて、でも腰から道具下げてた彼。
気づいたら一昨日にはこんなことに(笑)

福岡で2005年にやった「猥々野郎」で使ったカエルの頭をかぶり、
今年の「チッタチッタ」であぶらすましがかぶってた麦わら帽子をかぶり、
左手には同じく今年の「つれなのふりや」のときに馬になった瀬上くんがかぶってかぶり物。
彼の左側にあるのは「曾根崎心中」で吉丸くんを叩いた人形たちと、
右側には「つれなのふりや」のセットの上敷。

よくよく見るとゼロソーの歴史の中にどっぷりいるんだなぁ^^
名はなぜか「きよはる」くんです(笑)

写真-1
いつもとちょっと勝手が違う“仕込み中”
写真-2
昨夜はゼロソーメンバー有志によるたこ焼きパーティーでした!
あ、この方はゼロソーメンバーじゃないです。
劇団「石」の菊本明さん。
「口実」北九州公演以来、10年ぶりの「口実」にまたまた出演いただきます
そうそう、8月に上演する「忘れてもいい口実の、その思い出せない味」には
初演からのキャストとして劇団「市民舞台」の五島かずゆきさんも出演します!
五島さんは熊本初演から3公演全ての出演で、例のあの役です
菊本さんは熊本初演の翌年の北九州公演に続いての出演。初演時、河野さんがやった役。
わたしは熊本初演と同じ役での出演です♪
さっきあげた動画は熊本公演のやつだけど、北九州公演の映像も…あげたいなぁ。
みんなほんと若いです
写真
あ、話が脱線してしまったけど、
昨日、7月1日からゼロソー、稽古場を借りることになりました
たこ焼きパーティーは稽古場開きだったわけです
これからどんどん稽古場を改造して行く予定。
どうぞお気軽に遊びにお越し下さいませ

腱鞘炎で手が痛い
手が痛いのは今に始まったことじゃないけど昨日から手が痛くてやる気ダウン中です。

しかしっ、
ちょっと落ち着いたから今の隙だとばかりに
勉強を始めることにしました
とある講座に通います。
IllustratorもPhotoshopももっと詳しくなりたいから習いに行った方が早いかななんて思ったけど、なかなか都合があわなくて。
もっとやれることを増やすためにただ今、ちょっとずつ新たに勉強中
で、映像の編集とかもちょっとくらいできるようにと、こちらもちょっとずつ勉強中。
拙くてもちょっとずつ前進していく。
でもって、今、ものを書くことにすごく興味があるから、
書く、読む、にできるだけ時間をかけたい

踊りたい気持ちはずっと抱えつつも、私はどこに向かうのだろーっ


「忘れてもいい口実の、その思い出せない味」の初演、熊本公演、
2003年の映像を公開中です!
みんな、若い(笑)
今のゼロソーのメンバーでは、河野ミチユキ、野瀬睦美、松岡優子が映ってます
わかるかしら

先週末、都城で上演しました「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました
都城での公演は30周年記念公演という位置づけではないのですが、
この公演で松岡の舞台生活30周年記念に際して創っていただいた作品の上演は全て終了したことになります。

昨年8月の「或星」。
或星001
雷雨のために1公演中止としてしまったこと。
たくさんの皆さんにご迷惑をおかけしたこと。
心残りはあります。
観てくださった方、中止にしたために観れなかった方からたくさん「ぜひ再演してほしい」という声をいただきました。
そういえば、わたしこの作品づくりを依頼するときに、こふく劇場の永山さんに「体力の限界に挑みたいんです」と言ったんでした。
そして、「振付をお願いします」という無理なお願いを喜んでやってのけてしまう永山さんの懐の深さと、強靭なまでの永山ワールドに完全に魅入らせられました。
共演してくれた、あべゆう。
あべゆうでほんとによかった。永山さんとあべゆうと創ったこの作品は宝物
「或星」、絶対再演します

今年1月の「つれなのふりや すげなのかおや」。
冗談みたいな企画なのに、「30周年記念をやろうとおもうんだけど」と言ったとき、「やるやる!」と力強く言ってくれた亀井くん。
18歳からの付き合いの彼に作品を創ってもらえたことほんとに嬉しかった
架空の松岡優子を描いたこの作品を、関係したみんながほんとに愛してくれた
とんでもない作品でした、これ
田中ちひろちゃん、石田みやちゃん、亀井くんが書いた素晴らしく、
でも出演者、スタッフには挑戦状にも思えるような戯曲に
俳優が一丸となって立ち向かった結果の作品。
ほとんど動かず布団の上にいた私も、毎回、死の淵まで行く思いでした。
でも、間違いなくお芝居で遊び倒した、そんな作品でした。

ベートーヴェン ピアノソナタ第13番"幻想曲風ソナタ"第2楽章。
「松岡優子」のテーマ曲でした。
この曲を聴くと無条件に涙が出ます。

そして今回の「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」。
DSC01244
都城でも上演させていただいたのはほんとに幸福なことでした。
知恵遅れの子、チッタチッタを中心とした物語で、
最初は、いえ、本番の舞台袖にいる瞬間も、物語の描き方というよりも、私のチッタチッタの演じ方に嫌悪を感じる方がいるのではないかと思ってた。
でも、明かりが入った瞬間にそんな気持ちはいつも吹き飛んでて、
みんなが、誰かを愛しく思っている。そんな温かい空気が満ち満ちていて、とても幸せな時間でした。
観ていただいた方には何かしら届いて、それぞれの方がそれぞれの思いを大切に抱いてくれている。
俳優としての幸せを噛み締める作品だった、そんな気がします。

30周年で生まれたキラキラした宝物みたいな作品
作品はもちろん宝物で、それに関わってくださった方、全てが宝物です
関わってくださった皆様に、観に来てくださった皆様に、ほんとに心から感謝しております。
本当にありがとうございました

大変遅くなりましたが、「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」にご来場いただき、誠にありがとうございました!!
DSC01256
公演終了後の12連勤が昨日終わり、今日ようやくほっと一段落しました^^

今回もいつもに違わずてんやわんやの本番前でしたが、無事に終えることができて心底ホッとしています。
本番前、「つれな」の演出をしてくれた第七インターチェンジの亀井くんが「30周年の記念公演の中で一番大変か?」とキラキラした笑顔で聞いてきたので、「大変だ」と答えてみたら、ひどく満足そうな笑みをたたえておりました(笑)
それは冗談として^^
DSC01317
舞台生活30周年をこんな形で祝ってもらえたこと。
そして、そんな一個人の俳優が発端だけれども、確実にわたしだけのものではなく、いろんな人の作品として創る方に恵まれ、観る方に恵まれたのは何よりも嬉しいことでした。
「或星」「つれなのふりや すげなのかおや」「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」と全ての作品が愛おしい。
IMG_1026
この作品たちに関わってくださった全ての人に感謝です☆
これからも、こんな松岡優子とゼロソーをよろしくお願いします!

来週に迫りました「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」のご案内です☆
河野ミチユキ 自劇団への書き下ろしは一昨年以来!
松岡優子舞台生活30周年記念公演もこの作品がいよいよファイナル!!30本やりたかった公演の中から選りすぐりの3公演の3番目(笑)
tittaflyerOL003


額に線路のような大きな傷をもった少女“チッタチッタ”が帰ってくる!盆だから、ね!

松岡優子舞台生活30周年記念公演 ファイナル!!
演劇公演「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」
作・演出 河野ミチユキ

[日程]2014年3月22日(土)〜3月23日(日)
 3月22日(土) 14:00/19:00
3月23日(日) 14:00
※ 開場は開演の30分前
※ 上演時間は約90分を予定しています。

[出演] 松岡優子、古澤雄基、青江莉沙、高橋俊行、村山優一郎、ますながあすか、吉丸和孝、小柳銀、古田翔太郎、河野ミチユキ

[会場]熊本市男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール
  
[料金] 一般 前売1,800円 高校生以下 前売1,000円 (当日 各500円増)

[チケット取扱]
熊本交通センター 096-326-8813
熊日プレイガイド 096-327-2278
CoRich チケット PC https://ticket.corich.jp/apply/53256/
携帯 http://ticket.corich.jp/apply/53256/

チケット予約・お問い合わせ
お電話・メールでもチケット予約承ります。お名前・ご来場の日時・枚数をお知らせください。
TEL 090-2397-2841  mail ticket☆zero-so.com(☆マークを@に変更してください)

webサイト ゼロソー web http://www.zero-so.com/


[主催]ゼロソー
[助成]熊本放送文化振興財団、熊日文化スポーツ基金
[協力]熊本市男女共同参画センターはあもにい

[あらすじ]
舞台はとある田舎の港町。
幼少期をこの町で過ごし、今はこの地元から離れたそれぞれの場所で生活を送る青年らが、
この夏、約20年ぶりに集合、してしまった。…彼らのアイドル、チッタチッタの家の仏壇の前で。
額に1本の線路みたいな大きな傷をもった少女、チッタチッタ。きっと死因はその傷が示す彼女の持病にあったのだろう。
彼女の遺影を前に思い出語りをする同級生たち。
と、突如、彼らの目の前に幼い頃のままのチッタチッタとその愉快な仲間たち(妖怪?幽霊?)が現れた!
幼なじみたちにしか見えていないチッタチッタと、チッタチッタが見えない地元の人達が織りなす、ゼロソー式80年代ジュブナイル・シットコム。
港町の潮の香りに少しだけ切なさも味付けして、ゼロソー総出演でお送りします。

*******

このブログへの書き込み、右側の「今後の舞台出演予定」からもご予約いただけます!
ごめんね、共演者の皆々様、というくらい、とにかく自由に遊びまくってます☆
ぜひぜひお越し下さいませ^^

遅くなってしまったけど、どうしても書きたかったので

jpg-large

先月17日、念願叶っての毬谷友子さんの「障子の国のティンカーベル」を観てきました
毬谷友子さんの舞台。
生で観るのは10数年前に熊本県立劇場で上演された「ふたごの星」以来。
あの「贋作 桜の森の満開の下」を観てから毬谷さんが大好きで
そんな毬谷さんの一人芝居
とてもとてもラッキーなことに追加公演を観に行けることになり。
その前の週、東京に行ったばかりだったけど、それはもう行くしかない

「障子の国のティンカーベル」
冒頭、客席から飴ちゃんを配りながら出てきた毬谷さん。
飴ちゃんをふたつもらえてテンションMAX
歌あり踊りありピアノ演奏あり。
それをやすやすとやってしまう毬谷さん。
あーわたし、まだまだやらなくちゃいけないことがある。
そんな反省の気持ちを抱えつつも、毬谷さんの華麗さにただただ舞台を堪能。
そして、好きな人を食べてしまう。
影で描かれたその切ないシーンから後は…涙が止まらなかった。
カーテンコールでは、ホッとし崩れ落ちるように挨拶する毬谷さんの姿。
90分間、ほぼ一人で劇世界を生き続けたのだもの。

自分からやりたいと言ったことだけど、ほんとに台詞を覚えられるか不安で…
この作品を観て、私もやりたいと思った人もいるかもしれません。
わたしのこと、ぜったい忘れないでください。


毬谷さんの最後のご挨拶の言葉にも号泣。
絶対この舞台のこと、忘れない。
そして、わたしもいつかこの作品をやる。とんてもない作品だからやる。

jpg-large


ある方から毬谷さんみたいな“声キチガイ”だと言われた。
すごく光栄だけど、毬谷さんの声大好きだから。
そして、足下にも及ばないこと肌で感じるから。
もっともっと先を目指す。

昨日、「ほくぶキッズ劇団の『灰かぶり姫』」終了しました!
わたし、ここ数日、気をつけていたのにすっかり体調を崩してしまい…正直しんどい公演でした。
ですが、
純粋に舞台を楽しんでいる子どもたちの姿(多少うるさいときあるけど^^;)に、会場入りしてからどんだけパワーをもらったか!

遡れば、3年前。
ほくぶキッズ劇団が始まったとき、ほぼ演劇をするのは初めてという子ばかりで、みんなの前で話すのが恥ずかしくて稽古場のすみっこに隠れてしまうような場面も度々。
それが、今ですよ!
今や表現すること、演じることを楽しんでいる頼もしさったら!
そして今年度入ってきたばかりの1年生のこの堂々とした姿ときたら!!
もういいよ、あなたたちは舞台にいるだけで。
一生懸命やっている姿、それだけでニンマリせずにはいられない^^

子どもたち笑顔に勝てる気はまったくしません。完敗です。
くそぅ、やめられないな☆
写真

そして、15日は九州演劇人サミットのため長崎へ。
写真

濃いぃぃぃぃかった。

なんだろう。

翌朝は9時から子ども劇団の稽古だったから一滴も飲まず日帰りだったのだけど、
最初から飛ばしまくってのトーク。

サミットも1周終えてですよ。
あー夢を語る時期は終わったな。なんて。

夢を語るんじゃなくて、現実が見えてきた部分があるから。
現実は虹色の世界ばかりではもちろんなくて。
限りなくブラックに近いグレーのことだってあるし、
そこにオアシスのようなものだってある。
かもしれない。
だから、現実をうまく飲み込んだうえでやりたいことやらなきゃな。
そんなこと考えてる自分にビックリ。

夢を語る時期。
何事も諦めてしまう期待しない時期。
で、今、かな。

現実を飲み込んで、逆境に感じてもそれに負けない。前には進める。
そう思えるようになったのはいろんな人が栄養をくれるから。
尊敬する先輩方がいて、そんな先輩方がわたしをわたしとして受け入れてくれるから。
この人たちとだったら分かち合えると心から思える大切な仲間やライバルがいるから。

写真-2

演劇人に限られた今回の長崎サミット。
参加者は少なかったけれど、確実にまた何かが動いてる。

写真-3

北九州&長崎&熊本の
かわいこぶる人たち。
いえ、ほんとにかわいくてちょっと悔しい(笑)
写真-4

そして、大好きなF's Company のみやこんと☆

写真-5

今月は久しぶりにそこそこ動き回った。

2月4〜7日、仕事のために東京に行ってきました。
(その翌週、2度目の東京に行くことになるのだけど)
昼間はみっちり勉強!
の傍ら、夜はどこそこ出歩いた。
逢いたかったたくさんの方にお逢いし、たくさんの出逢いがあった。
初日に県立劇場の館長にお会いし、
2日目に仲良し☆大堀さんにお会いし、
3日目に芸能花伝舎で演出家協会 和田さん、ワンツーワークス 古城さん、奥村さんにお会いし、
そこでまた福岡演劇フェスティバルに参加されるノアノオモチャバコの早川さんにお会いし。
サルカンバ!っていう制作のときに使っている屋号は、
さるいて(歩いて)まわって出会いたいっていうことだけど、
こういうひとと会う時間ってほんとかけがえがない!

贅沢すぎるぜ。まつおかさんよ。

前に向かって歩まねば。
栄養をいただきすぎてブクブクと膨れ上がっているのがわかる。
がむばります、よ!

そして、いろんなものが動き出す予感がする、2月です☆

舞台生活30周年公演第2弾「つれなのふりや すげなのかおや」本番から20日ほど経ってしまいました!
その節はたくさんのご来場ありがとうございました!

今までにしゃべったことがない台詞量。
なのに、なぜだかやれるのだろうか。
とは一度も思わなかったなぁと振り返って思います。

4日間で6回公演。
6回目の公演ではもう次がないと思ったら、
全くのどのことを考えてセーブすることなく突っ走ったら…
翌日、声がスカスカになってのどは痛くないのに声が出ないぃぃぃ。
そんなに弱い方じゃないんですけどね、のど^^;

話は脱線しましたけど、
とんでもなく幸せな公演でした。
とんでもなくあたたかい仲間に囲まれたなと。
みんながそれぞれの場所で必死にがんばっている姿を布団の中からマイペースに一番間近で鑑賞していました^^
「松岡優子」という役を演じたのは始めてです(笑)
逆さでずっとしゃべる人がいたり、
草の役があったり、
馬の役がいたり、
野球拳したり、
くだらないことの中でみんな一生懸命生きてた。
素敵な仲間です☆
これからもそれぞれの場所で、それぞれの光を放っていくのだろうな。

もっともっとがんばります。
もっともっとなにかがとどくように。

大変遅くなりましたが、ご来場ありがとうございました!!

※写真は逆さになってみたとくとみくん@DO GANG
写真

42e43816.jpg


ご無沙汰しております!
本日、「つれなのふりや すげなのかおや」初日を迎えました!!
ご来場、誠にありがとうございました☆

このブログで去年のこととか1年間を振り返りたいと思いつつ、
怒濤の「つれな」の日々に突入してしまい、
でも、振り返りはちゃんとしたいな。
近々。ぜひ。

本日、ほんとに無事に初日を終えられたこと、ホッとしました。
みんなの底力はすごい!
演出は面白い。ホンも面白い。
そこで、俳優に求められる要求はどんどん増えていく。
それにみんな必死に応えている様は、ほんとに同志でございます!
あと、3日間。
この人達と公演を向かえられることに感謝です☆ほんとに!

さ、わたし、も、
刻一刻と変化するお芝居に翻弄されつつ、楽しみつつ、生きます。
あと、5公演あります。
よろしければ、ぜひご来場お待ちしております!!
そして、終演後はご来場いただいた皆様もぜひゆっくり話をしましょう☆

tsurena_s

松岡優子舞台生活30周年記念公演
「つれなのふりや すげなのかおや」

 『Eight Arms to Hold You.』 作:石田みや  
 『つれなのふりや すげなのかおや』 作:亀井純太郎
 『梅酒』 作:田中知啓
 構成・演出・亀井純太郎

日時:2014年1月24日(金)〜27日(月)
1月24日(金)20:30
  25日(土)14:00/19:00
  26日(日)14:00/19:00
  27日(月)20:30
  ※開場は開演の30分前
  ※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
  ※1公演につき40席とお席が限られております。お早めのご予約をお勧めします!


[出演]
松岡優子、北村 茜(with a clink)、小柳 銀、嶋生薫理(第七インターチェンジ)、中村 実奈都、馬渡 直美(熊本大学演劇部)、山室 佳代(劇団「市民舞台」)、山本 真由美(劇団「石」)、青谷一郎(劇団「市民舞台」)、いしはら太陽(第七インターチェンジ)、瀬上大輝(ActingUnitシチミトウガラシ/熊本大学演劇部)

[会場]
並木坂334スタジオ(熊本市中央区上林町3-34上通ニューコーポ1F)
※並木坂にある朝鮮飴「園田屋」前

*******
舞台生活30周年ということは、松岡優子氏は人生の大半を舞台の上で過ごしているということになる。
しかし布団の上で暮らしていた時間はもっと長い。実にン年間だ。
第一弾「或星」で野外を縦横に駆け巡った松岡優子は、第二弾では一枚の布団に拘束されることになるだろう。
私もあちこち身体にガタがきはじめているので、松岡さんの身体もとても心配している。年に数度はぶっ倒れたという噂を耳にする。
身体だけは大事にしてほしい、できればもう少し寝てほしいというのが、私の切なる願いだ。だから、松岡はずっと寝ているはずだ。
布団に入ってやることと言ったら、あれとかこれとかいろいろあるけれど、できれば全部やってしまいたい。布団でやりそうなことは網羅したい。あえて言えば、地方都市でこの歳まで演劇を続けるということは、将来の不安との戦いでもある。なんでこんな人生になってしまったか後悔して眠れない日もあれば、日中の会心の演技に、神よ私をこんな優子にしてくれてありがとうと感謝する日もあるだろう。
30年も舞台をやっていれば、多くの出会いもあっただろうし、多くの別れもあっただろう。それも可能な限り再現したい。残念ながら私は、それらの一つ一つ、一人一人を知ってるわけではないので、あくまで想像上のことであるが。できれば長生きして出来るだけ長く舞台の上にいてほしいと思っている私としては、これから先の役者人生も先取りしておきたいとも思っている。
とはいえ、そんなことをやるには、俺は松岡優子のことをよく知らない気がする。なにしろ描きたいのは「悠久の松岡優子」なのだ。
よって強力助っ人、高三隆達氏に力になっていただくことにした。
隆達氏が遺した、数々の小歌を手がかりに、松岡優子のこれまでとこれからに迫っていきたいと考えている。
「小歌で綴る松岡優子物語」である。

*******

[料金] 一般2,000円 高校生以下500円(当日各500円増)

[チケット取扱]
熊本交通センター 096-326-8813
熊日プレイガイド 096-327-2278
こりっち PC https://ticket.corich.jp/apply/51367/
携帯 http://ticket.corich.jp/apply/51367/

チケット予約・お問い合わせ
お電話・メールでもチケット予約承ります。お名前・ご来場の日時・枚数をお知らせください。
TEL 090-2397-2841 mail ticket☆zero-so.com(☆マークを@に変更してください)

[webサイト]
ゼロソー web http://www.zero-so.com/
Blog(Neutral A Go Go!!) http://blog.livedoor.jp/zeroseisaku/

[主催]ゼロソー
※ ゼロソーは本公演のオフィシャル「松岡の体力を心配する人たち」です。

先日、耳にしたショックなニュース。
とあるモダンバレエの教室がまたその歴史に幕を下ろされると。
熊本のモダンバレエの火が消えてしまう。
わたしが4,5歳の時からモダンを教えていただいた教室は今はもうなく。
熊本でモダンと言えば、という教室がまたなくなってしまう。
それぞれに理由があって、教室を閉じられてしまうことはしょうがないことではあるかもしれないけど、
熊本からモダンに特化した教室がなくなってしまうことは本当に悔しい。
わたし個人はもう随分前に踊りから離れてしまっているけれども、
そんな私でもこの喪失感。
今回、閉じられる教室は一度だけ見学に行かせていただいたことがあり。
あの時のダンサーさんの伸ばした手、
あの時に流れていた「Take Five」、
忘れられない。
教室は閉じることになっても、きっとその先生の志は誰かに受け継がれているのだと信じています。


私がモダンを習っていた先生が最期のステージで踊った曲「セラヴィ」。
車いすでやってきて立ち上がるのもやっとだった先生の最期に踊った曲。
なぜだか私の手許にはそのリハーサルの模様を撮影した映像がある。
本来なら先生が踊っているであろう曲の流れるその映像には誰もいない。
先生が創ってきた作品は今でも瞼の裏に焼き付いています。

わたくしの、
恥ずかしながらの舞台生活30周年記念公演等をやっている今年度の、
今後の予定です↓

11月2日(土)〜4日(月・祝)
アルビレオ特急「雰囲気のある死体」
“大人の悪ふざけ”のような青谷さんと亀井くんとやっている演劇ユニット“アルビレオ特急”の第二弾。
15年前に亀井くん、いしはらくんとやった別役さんの「雰囲気のある死体」再び!

11月30日(土)
いちごくらぶキッズコンサート ドリームインバスケット2013 〜ギョギョっと仰天!?ウォーターパーク音楽会〜

子どもさんたちに大人気の“いちごくらぶ”さんの舞台に出ます
ゼロソーからは吉丸くんも出演予定っ。

12月4日(水) 〜 5日(木)
オシラス「フォージョーキ」長崎公演

今年5月に宮崎で上演した「フォージョーキ」を川内くんが拠点をおく長崎で上演
打って変わって大人なお芝居です。グッときます!ぜひ観てほしい!
わたしは制作をします

ー2014年ー

1月 松岡優子舞台生活30周年記念公演「つれなのふりや すげなのかおや」出演(亀井純太郎演出)
2月 北部キッズ劇団公演 演出
3月 松岡優子舞台生活30周年記念公演「チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら」出演(河野ミチユキ演出)


まだまだ盛りだくさんです
がむばりますよーーーーーーっっ


先日の「ゼロソーの嫉妬」で問い合わせの多かった“ムカデのシーン”でかかっていた曲です。
曲もかっこいいけど、PVも好きだわーっ

このページのトップヘ