スーパーゼロウィン電鉄5 北海道レコンキスタの巻

2007年6月、借金10万円に無職の状態からスタート。 仕事を見つけるまでの生活費云々で33万円、仕事についたあとは40万円まで膨らみ、食品工場で時給1250円で高温多湿の原料加工場で原材料を加工機に放り込む日々。 総額にして70万円にまで及んだ借金は1年の工場勤めで何とか返済。 最近2chまとめブログも始めますた(´・ω・`)
2chまとめブログ 保守の品格http://hosyuquality.blog.jp/

京成杯

今週は京成杯。


2018京成杯























◎デルタバローズ
〇ジェネラーレウーノ
▲ダブルシャープ
△エイムアンドエンド

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎デルタバローズ
新馬戦の圧倒的内容を評価して素質に期待。

シンザン記念

シンザン記念も追加。



2018シンザン記念























◎ファストアプローチ
〇アーモンドアイ
▲カシアス
△プリュス

◎ファストアプローチ
朝日杯FSは前半5F59秒3の平均ペースから全体上がり3F34秒0。
決してハイペースではなかったものの、3番手を進んだダノンプレミアムには
むしろ緩いくらいのペースであり、そこから上り3F33秒6の末脚で
一気に突き抜けて行くと後続の差し馬も早めに動いて先行馬は一気に飲まれた。
しかし2着のステルヴィオ以下はダノンプレミアムから大きく離されており
一方で飲まれたはずの先行馬は2着以下に0.2秒差程度で食い下がっており
流れを考えればむしろよく粘っていると言える。
そう考えれば朝日杯FSでゴール寸前まで残った先行馬を注目したい。

中山金杯

一年の計は中山金杯にあり。

2018中山金杯























◎セダブリランテス
〇ウインブライト
▲デニムアンドルビー
△ブラックバゴ

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎セダブリランテス
勝ち時計2分30秒0の圧倒的な内容で圧勝した3歳馬スワーヴリチャード。
その影に隠れてしまったものの、道中3~4番手から直線でも抜け出し
この馬なりに後続を離して3番手をキープして3着を確保した。
自身の時計も2分30秒6、上り3F35秒8と多少物足りないが、まずまず。
3歳馬が休み明けで古馬混合2500mとあれば上出来と考える。
年明けて馬が成長し、よりパフォーマンスが向上していることを期待して。

ホープフルS

今年の最後にホープフルS。


2017ホープフルS























◎ルーカス
〇タイムフライヤー
▲シャルルマーニュ
△フラットレー

◎ルーカス
追い切りで乗り役を振り落として逃げた影響は全く無いと信じる。
東京スポーツ杯2歳Sは前半5F58秒5とハイペースでレベルが高く、
離された2着とはいえ1分47秒1は例年以上の好時計で強い内容。
もともと例年レベルが高くハズレがない東京スポーツ杯2歳S組だが
今年は少頭数のわりにはレベルが高く、ココでも勝ち負け。

有馬記念

今週は有馬記念。

2017有馬記念























◎シュヴァルグラン
〇サトノクラウン
▲スワーヴリチャード
△キタサンブラック

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎シュヴァルグラン
ジャパンカップでボウマン騎手に乗り替わり本領発揮。
前半5F60秒2のペースを4番手追走しながら上り3F34秒7の末脚を発揮し
直線で一度抜け出したキタサンブラックを逃がさず残り200mで差し切り完勝。
勝ち時計2分23秒7は完璧と言って良い内容で、馬自身が大幅に強くなった証拠。
これほど強くなっているなら有馬記念の舞台でも負けない。

朝日杯FS

今週は朝日杯FS。

2017朝日杯FS























◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲フロンティア
△タワーオブロンドン

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎ダノンプレミアム
1枠1番の最内枠を確保したならメンバー中では一歩抜けたと考える。
サウジアラビアRCでは前半5F58秒4のペースを2番手を楽に追走。
直線に入ると少し外に出して進路を確保すると一気に伸びて先頭に立ち、
上り3F34秒4の末脚を繰り出し直線半ばからは独走状態に持ち込み圧勝。
勝ち時計1分33秒0はレースレコードで最後の1Fも11秒7で締めた。
雨上がりのやや重の馬場で時計の出る高速馬場ではなかったのは評価が高い。
これほど強い内容で独壇場を演出できるなら2歳で抜けていると言わざるを得ず
このGⅠの舞台で再度強さを証明することが出来るようなら本物。

阪神JF

今週は阪神JF。

2017阪神JF























◎ロックディスタウン
〇ラッキーライラック
▲マウレア
△ラテュロス

◎ロックディスタウン
札幌2歳Sは勝つには勝ったが勝ち時計は1分51秒4、上り3Fは36秒1。
近年では時計は遅い方で上り3Fから見ても終いの決め手はそれほどでもなく
ダブルシャープの猛追を凌いだとは言え特筆すべき内容ではない。
推せる要素は少ないとはいえ、それでも札幌2歳S勝ち馬でルメールも居る。
二ノ宮調教師は馬の出来を絶賛しており、それほど言うなら◎を打つ。

チャンピオンズカップ

今週はチャンピオンズカップ。

2017チャンピオンズカップ























◎アウォーディー
〇ケイティブレイブ
▲ゴールドドリーム
△コパノリッキー

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎アウォーディー
道中スムーズに運んで勝負所で前を捕らえにかかれる展開なら勝ち負け。
JBCクラシックは1枠1番がアダになり、道中は常に包まれ気味。
4コーナーで外からサウンドトゥルーらが一気に上がってくるなか、
最内でオールブラッシュとミツバが壁になる展開では末脚を伸ばし切れなかった。
それでも直線では内で壁になった2頭の間を抜けて先頭に立ちかけるなど
本来の実力は持ち合わせており、力を出し切る展開になれば差はない。
ゴール前でケイティブレイブに競り負けたことにだけはケチが付くが
サウンドトゥルーの内容が出来過ぎていただけに負けた方を狙いたい。

ジャパンカップ

今週はジャパンカップ。

2017ジャパンカップ























◎レイデオロ
〇サトノクラウン
▲キタサンブラック
△サウンズオブアース

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎レイデオロ
日本ダービーから4か月の休み明けで挑んだ神戸新聞杯は圧巻の勝利。
前半5F61秒4の平均ペースを4番手追走から4コーナーで追い出され
直線では鞭も使わず追われただけで先頭のダンビュライトを差し切り、
残り1Fで計ったように一発の鞭が入ると一気に加速してぶっちぎり
後に菊花賞を勝つキセキに2馬身差をつけて文句ナシの完勝。
勝ち時計2分24秒6、上り3F34秒1の内容も優秀であるが
この内容ですら残り1Fまで仕掛けを我慢する余裕の競馬してのもので
目一杯に競馬をすればさらに伸びて強い競馬をしていたに違いない。
昨年のサトノダイヤモンドに匹敵する力差を見せつけていることから
ジャパンカップで通用しないはずがなく、十分に勝てる逸材である。

マイルCS

今週はマイルCS。

2017マイルCS























◎イスラボニータ
〇エアスピネル
▲レッドファルクス
△サトノアラジン

4頭の500円づつ馬連ボックス買い。計3000円。

◎イスラボニータ
安田記念では勝ち時計1分31秒8の高速決着に対応できず大敗。
3歳時からの傾向ではあるが、どうしても時計が速くなると厳しい。
一昨年、昨年のマイルCSでも3着、2着と好走しているが1分33秒台。
春のマイラーズCでは1分32秒2の時計で勝っており、この辺が限度か。
雨が降って馬場は時計が掛かっており、とりあえず時計面の条件は整った。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ