島根県出雲市のバイクショップ
「ゼロエンジニアリング山陰」です。


出雲市内にもうっすらと雪が積もり、冬本番になってきました!

冬季は乗る機会が少なくなる愛しいバイク。

いざ乗ろうとした時に、エンジンがかからない!( ´•̥ω•̥` )
そんな事がない様にメンテナンスしておきたいのがバッテリー




新旧ふたつのバッテリーが有ったので、試しにテストしてみましょー!(^^)



ハーレー純正バッテリー「65989-97」

ソフテイルやダイナモデル、以前だとXLモデルや一部のV-RODモデルにも搭載されているバッテリーです。


【旧】
DSC08624


【新】
DSC08625


品番の左上の数値が「CCA 315」と記載されています。

このCCAは「コールド・クランキング・アンペアー」の略で、バッテリーが持つ固有の「性能基準値」になります。
(エンジン始動性能を表す数値で、-18℃±1℃の温度で放電し、30秒目電圧が7.2V以上となるように定められた放電電流)


簡単に言うと
CCAが大きいほど、エンジンがかかりやすいって事です!





専用のテスターで電圧とCCAを測定してみると【旧】「65989-97C」の電圧は「12.36V」

DSC08627


電圧だけみると、まだまだ使えそうな数値なんですが、CCAを測定すると……

DSC08634

DSC08635

236で「要充電」の範囲となっていますが、かなり低い数値です。




次は新品の「65989-97D」を測定してみると、電圧「13.03V」

DSC08629


CCAはと言うと‼

DSC08636

DSC08637


535‼ 

【旧】【新】電圧の低下は少しなんですが、CCAは半分以下になっています。



バッテリーも消耗部品ですし、最近の車両は電装部品の関係で負担も増えています。


バッテリーの消耗を少しでも抑える為には、専用の充電器の使用がベストです。


例えば…


DSC08640
ハーレー純正
800mAウォータープルーフ・バッテリーテンダー
15,200円



DSC08642
C-TEK
バッテリーチャージャー
17,280円



DSC08643
DAYTONA
スイッチングバッテリーチャージャー
7,128円


などがあります。
(価格はすべて税込、2018年1月現在)


どれも付属のハーネスを車両に取り付けられますので、シートやサイドカバーなどを外す事なく簡単に接続可能です。

しかも!バッテリーに優しい充電器です(^^)!

乗れない冬の時期だけではなく、走って帰ってきたら充電器に繋ぐ。走る前に充電器を外す様にしておくとバッテリーは長持ちします。
(充電器に繋いでおくとバッテリーは絶対上がらないと言う訳ではありません)


バッテリーも充電器もできるだけ在庫していますが、店頭にない場合は直ぐにお取り寄せできます。

「さぁ、走るぞ!」と言う時に出鼻をくじかれないよう
今日から充電しておきましょう♪



あー!早く暖かくならないかなぁ(ღˇᴗˇ)。o♡


お問い合わせは
ゼロエンジニアリング山陰
0853-22-8533
または
ホームページの「お問い合わせ」から