島根県出雲市のバイクショップ
「ゼロエンジニアリング山陰」です。


「カスタム祭」
.•*¨*•.♬始まりました~!\(^o^)/


毎年多くのご依頼を受けておりますが
パーツの入荷に時間が掛かる場合があります。お早目にご相談ください。


期間中はお勧めのパーツをご紹介して参ります。


ハーレーのクラッチレバー、国産バイクに比べて重いな~

と思っている方は多いのではないでしょうか?


そんな皆様にご紹介!



今回はブルーパンサーさんの「VPクラッチ」


VPって何?

Variable Pressure (可変圧力)とでも訳しましょうか。

要はクラッチの重さを軽くする、

「もうちょっとクラッチが軽かったらなぁ~」

そんな時にお役にたてる部品です(^^)!



VPクラッチ


RSDのダービーカバーの中にちらっと

見えているこちら↓がVPクラッチです!


VP84



年式や車両の状態で変化しますが、約30%操作が軽くなります。

詳しい仕組みはブルーパンサーさんの商品紹介ページをご覧ください。





純正



バネのはかりでクラッチレバーを引っ張ってみました。

5kgのところまで針が来ていますが、クラッチレバーはほとんど動いていません。

これにVPクラッチを装着すると…


30%軽く


針は3kg示していますが、クラッチレバーが手前に引けていますね!



これまでより少ない力でクラッチを操作することができます。




作系は軽い方がイイに決まってる‼


実はこちらのVPクラッチ、世界中で売れているので

数年前からH-D純正カスタム部品として採用されているくらい♪



SE VPクラッチ



年式とモデルによって取付パーツが変わりますので

詳しくはお気軽にお問合せ下さいませ。






お問い合わせは
ゼロエンジニアリング山陰
0853-22-8533
または
ホームページの「お問い合わせ」から