島根県出雲市のバイクショップ

「ゼロエンジニアリング山陰」です。


時々お客様に

「プライマリーカバーの中身はどうなってるの?」

と聞かれることがあります。


ハイ、

こんな感じになっています

(TC96です)


プライマリー



前側のエンジンと後側にあるクラッチを

チェーンで駆動させています。


クラッチの奥にはトランスミッションがあり

各ギヤに動力が伝達してリヤタイヤを動かしています!



テンショナー



このエンジンとクラッチを繋げているチェーンには

テンショナーが付いていて

弛んでしまったチェーンの調整をしています。



IMG_7453



分解するとこんな感じ。

オートテンショーナーには

プライマリーチェーンが伸びてしまった場合などに

スプリングの力で調整して張りを保つ役割があります。




プライマリー側を分解する事があれば

確認するようにしていますが

テンショナーが効きすぎているようで

プライマリーチェーンが張り気味になっている車両が

時々あるんですよね~。


プライマリーチェーンがきつく張った状態で走行していると

イロイロな場所に負担がかかります。




こんな場合は…


IMG_7455



負担を減らすために

スプリングをカットしています(^^)


通常、オートテンショナーの調整は

一旦元の位置に戻してから

少しずつ締めていくことになりますが

そのためには大掛かりに分解しないといけません。


その他にもマニュアルで調整するタイプや

スプリングの力で元に戻るタイプのテンショナーに

交換するという選択肢もありますが


スプリングをカットする方法なら

素早く対処できるのです♪



プライマリーの分解作業の時は
チェックしている部分です(^^)!