2012.01.25NY+81.212012.01.25NAS+31.67






昨日の米国市場は夫々上昇。

5c2cbf6d.gif
日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値     8,849.47(-34.22)
日経225先物 終値    8,850(-20)

日経平均は3日ぶりに反落。
先物は20円GUで始まり、寄り付き直後こそ8,900円をうかがう動きを示したが、間もなく下落に転じた。
その後も下げ幅を拡大し、一時安値8,830円まで急落する場面もあったが、午後から底堅く推移し、引けにかけては下げ渋った。

1.25 FOMC声明 バーナンキFRB議長欧州情勢でセンチメントも弱含み。
FOMCの結果でQE3容認姿勢がドル安に向かわせたことやギリシャ動向に関する様々な観測が交錯していたし仕掛けにくい相場だったのも事実。
FRBが現状のゼロ金利を維持することを示したということは、利上げ開始時期を2013年半ばから2014年末に延長したことになる。
ただでさえ共和党から批判されてきたFRB政策だから、今年の大統領選の結果次第で大きな転換を迫られる可能性もある。
日本の株価にとっては好悪どっちもどっちという感触。
何にせよ、ドル安誘導はいい加減やめてもらいたいが、米国株高に引っ張られて日本市場のセンチメントも高揚してきたのも事実。
どうなることやら。はてさて。

朝からの急落で早々に退散。
終日買いスタンスで、米株先はまだ小幅安で推移していたから午後からリバウンドの機会をうかがっていたが拍子抜け。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い -40円(1枚)

現在の資金
286,300,000円 (-190,000円)※手数料考慮せず