2011.10.26NY+162.422011.10.26NAS+12.25






米国市場は大幅反発。
ギリシャ債務の減免議論などで再び上昇に転じている。
今度はトレンドも明確になるだろうか。

a10104b6.gif e75d03d7.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     8,926.54 (+178.07)
日経225先物 終値    8,920 (+190)

日経平均は大幅反発。
先物は40円GUで始まるが序盤は売りが先行。
一時前日終値である8,730円まで下落するがその後は急反転。
日銀による追加緩和策の決定後には若干揉み合ったものの、引けにかけてはさらに一段高。
ついには8,900円台を回復し高値8,930円をつけながらほぼ高値引けで終えている。

10.27 日銀が追加緩和日銀は金融政策決定会合で政策金利の現状維持を決定。追加緩和策が策定されたが、内容は事前予想通り。昨日からの流れで織り込みにいっていたので、まぁ、こんなものだろうか。これで昨年のFOMCのような流れへのステップとなりありえないと思われるQE3が視野に入ってきたことになる。
これを受けて先日最高値更新したドル円は76円割れ。ただ決定後の先物の伸びは鈍化し、やや上値は重くなった。

欧州首脳会談後は概ね会談内容を好感した動きでマーケットはポジティブに。
昨日と同じような流れで寄り付きこそノイズに足を取られたが、その後は戦略通りのポジショニング。トレンド・市場のセンチメントの掌握も良好。
損小利大決済がしっかり奏功した。
流れのはっきりした相場が続いており、まさしく溜飲が下がる思いだ。
先物ブログ

本日の損益
デイ +110円(5枚)
寄り引け  +150円(1枚)
ナイト +40円(1枚)(5枚)※増し玉合算

現在の資金
276,610,000円 (+900,000円)※手数料考慮せず