日経ウォーカー

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2011年01月

2011.01.28NY-166.132011.01.28NAS-68.39






米国市場は大幅反落。今年初といえる下落幅で急ピッチ。

1.31 カイロ1.28 カイロ





あのエジプトで暴動とは思わず目を疑う光景・・・。
地政学的リスクで意外なほど素直に反応して下げていた。

1.28nasdaqナスダックはシステム不具合で算出がストップしていたことからスタート直後の指数チャートが欠落。現物にも当然影響するわけで・・・。
ナスダックの下落がきつい。


7ba45c19.gif a77e88a2.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,237.92 (‐122.42)
日経225先物 終値    10,230 (‐140)

日経平均は大幅続落。
だがザラバの下落は限定的。
先物は150円GDで始まり、序盤は少しだけ下げ幅を拡大する場面も見られたが、早々に底を打ちじりじりとリバウンドの展開に。
引けにかけて下げ渋ったものの、戻りも鈍く、窓をろく埋めることなく終了。
出来高も伴わず、仕掛けらしい動きもないまま安値圏を小動き。
板や歩み値の傾向はまたかと思う今日この頃。
早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

前場   +10円(5枚)
後場   ±0円(5枚)

本日の損益
デイ +10円(5枚)
寄り引け  売り -10円(1枚)

現在の資金
239,690,000円 (+40,000円)※手数料考慮せず

2011.01.27NY+8.252011.01.27NAS+20.25






米国市場は続伸。

a5ccacd1.gif dc169a59.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,360.34 (-118.32)
日経225先物 終値    10,370 (-110)

日経平均は大幅反落。
先物は20円GDで始まり、早々に勢いよく窓を埋めるが、タッチした途端失速。
前場中盤には急落に転じ、そのまま下げ幅を急拡大。
後場も寄り付き直後は一段安するが、引けにかけては下げ渋った。

仕掛け売りで見事な下げっぷり。
高止まりのまま膠着が続いていた日経平均。
そろそろ来るかと思ったらやはり来た釣瓶落とし。
昨日の日本国債格下げは関係ないと思われるが動けは言うことなし。
見事な下げっぷりで天晴れ。
このところ出来高も縮みがちなので本日の値動きはまさに溜飲が下がる思い。
先物ブログ

前場   +60円(5枚)
後場   -10円(5枚)

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い -90円(1枚)

現在の資金
239,650,000円 (+160,000円)※手数料考慮せず

2011.01.26NY+8.252011.01.26NAS+20.25






米国市場は上昇。

6be2432c.gif a75e76ff.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,478.66 (+76.76)
日経225先物 終値    10,480 (+60)

日経平均は反発。
先物は40円GUで始まり、早々に大口注文が入ると一瞬で10,490円まで押し上げられ上げ幅を拡大するが、伸びは限定的ですぐに失速。
しばらくは高値圏をヨコヨコで推移していたが、前場終盤に急落しギャップ分を帳消し。
しかし昼休み中に上海が一段高すると後場寄りには前場寄りと同値まであっさり回復。
ただその後は前場と同じく伸び悩み、結局前場につけた高値10,490円を超えずに終了している。

前場の売り仕掛けも上海のおかげで元の鞘。
出来高は前場の大口のおかげでか、若干増えているが、まだまだ後が続かない。前場も後場も買いスタンスだったが伸びない。

そして引け後にあの日本国債の格下げ報道。

1.27 JGB格下げS&P(スタンダード&プアーズ)は27日、日本の長期国債格付けを「ダブルA」から「ダブルAマイナス」に引き下げたとの報道が引け後に入っている。
未曾有の財政赤字から今更驚くことでもないが、先物のイブニング・セッションでは少し下落したものの反応は限定的。織り込み済みとの見方が強そうだ。
日本国債は過去何度か格下げを受けており、その反応も様々。
S&Pとムーディーズで98年や2000年前後に何度かあったのを覚えているが、株価的には売られたり織り込み済みで逆に上がったりしていた。
シングルAの時もそうであったし、今回の反応もそれを受けてのことと思われる。
教科書的には真っ先に反応するセクターがあるのでアービトラージ戦略やスイングには好機といえそうな気もするが、短期売買としてはこの材料はあまり妙味がなさそう。
為替では円売りが進んでいるが、当然これも織り込まれていたことだが。
はてさて。先物ブログ

前場   +10円(5枚)
後場   +20円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  買い +20円(1枚)

現在の資金
239,490,000円 (+170,000円)※手数料考慮せず

2011.01.25NY-3.332011.01.25NAS+1.70






米国市場はまちまち。
オバマイベント無事通過。

6be2432c.gif a75e76ff.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,401.9 (-62.52)
日経225先物 終値    10,420 (-50)

日経平均は反落。
先物は60円GDで始まるが、終日底堅く推移しヨコヨコの展開。
50円の値幅で出来高はまた3万枚。
上海市場に連れ高しそうだったが、微妙なところで失速。
上値追いは限定的な為、短期回転で十分。相応の戦略が機能する。
プラスだっただけでよしとしたい。
先物ブログ

前場   +10円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け  買い +10円(1枚)

現在の資金
239,320,000円 (+110,000円)※手数料考慮せず

2011.01.24NY+108.682011.01.24NAS+28.01






米国市場は大幅続伸。
オバマ大統領の一般教書演説とインテル効果で夫々1%くらい上昇するなどかなり強い。
米国の量的緩和恐るべし。

aa650b02.gif fcce66d4.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,464.42 (+119.31)
日経225先物 終値    10,470 (+130)

日経平均は反発。
先物は20円GUで始まり間もなく上げ幅を拡大。
後場も一段高するが、一時高値10,480円をつけた後は伸び悩んだ。
それでもほぼ高値引けで終えている。

米国相場はお得意の楽観相場で見事な上昇だが、日本は素直についていかず一進一退を繰り返すところが難しい。
事実典型的な本日の踏み上げでも上値はしっかり抑えられていた。
いつ釣瓶落としが来てもおかしくない場面なのにこの強さは天晴れ。
先物ブログ

前場   +80円(5枚)
後場   +20円(5枚)

本日の損益
デイ +100円(5枚)
寄り引け  買い +110円(1枚)

現在の資金
239,210,000円 (+610,000円)※手数料考慮せず

2011.01.21NY+49.042011.01.21NAS-14.75






米国市場はダウが反発しナスダックが続落とまちまち。
ナスダックの下落が対照的に大きかった。

3af7e97a.gif 15eb092b.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,345.11 (+70.59)
日経225先物 終値    10,340 (+60)

日経平均は反発。
先物は40円GUで始まるが、直後から失速。
一時10,270円まで急落するが、ギャップ分を埋め戻した後は下げ渋った。
結局終日プラス圏を維持しながら本日の高値圏で引けている。
寄り後のODにはあっさり出鼻をくじかれ早々に退散。
上値を果敢に試す動きが見られたが、やはり決算発表の本格化を前に上値追いは限定的。
大方三度や四度のトライで抜けきれない場合は失速するのが定石だがその通りとなった。
先物ブログ

前場   -50円(5枚)
後場   +30円(5枚)

本日の損益
デイ -20円(5枚)
寄り引け  買い +20円(1枚)

現在の資金
238,600,000円 (-80,000円)※手数料考慮せず

2011.01.20NY-2.492011.01.20NAS-21.07






米国市場は反落。

f0914f7f.gif 28c8f7cc.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,274.52 (-162.79)
日経225先物 終値    10,280 (-160)

日経平均は大幅続落。
先物は30円GUで始まるが、間もなく下落に転じ下げ幅を急拡大。
昨日は前日比ベースで3桁だったが、本日はついにザラバで3桁動いた。
伸びるか伸びないかは明らかに寄り付き直後の兆候で分かったし、何も考えなくても良い相場は実にいい。
干天の慈雨ともいうべきで、戦略通り売りスタンスで伸ばせた。
やはり損小利大のこの戦略が最も優れていると思われる。
先物ブログ

前場   +110円(5枚)
後場   +90円(5枚)

本日の損益
デイ +200円(5枚)
寄り引け  売り +190円(1枚)

現在の資金
238,680,000円 (+1,190,000円)※手数料考慮せず

2011.01.19NY-12.642011.01.19NAS-40.49






米国市場は続伸。

4d5d49dd.gif a1ac4b33.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,437.31 (-119.79)
日経225先物 終値    10,440 (-130)

日経平均は反落。
先物は70円GDで始まり間もなく下げ幅を拡大。

7ab505cf.jpg

1月6日以来続いていたアイランドリバーサルもついに窓埋め。
ただ10,420円にタッチしただけで後は下げ渋った。
後場切り返しを狙ったが不発。
前日比が今年初の3桁となったが、ザラバ中の値動きとしては100円にまだ満たない。
このように動かない相場で流れやトレンドを見極めることができる日はよいが、まだまだかな。先物ブログ

前場   +60円(5枚)
後場   -10円(5枚)

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  売り +60円(1枚)

現在の資金
237,490,000円 (+310,000円)※手数料考慮せず

2011.01.18NY+50.552011.01.18NAS+10.55






米国市場は続伸。

0b8943b7.gif aee2e20c.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,557.1 (+38.12)
日経225先物 終値    10,570 (+50)

日経平均は小幅続伸。
先物は40円GUで始まりヨコヨコ。
大口もちらほら。
下振れ期待もあったが全然後が続かない。
アップルの史上最高の決算も小幅なGU程度。
上海の上昇にも反応薄で相変わらずマイペースな日経平均。
前場寄り付き直後は久しぶりに違う空気を感じたが、あっさり元に戻りいい加減ウンザリ。早々に退散。
ルール通りに機械的に淡々とトレードする日々。
今の相場は楽でいいが、何か物足りない。やはり動いて欲しい。
損小利大の戦略でありながら、相場に応じて利食い優先に切り替えられるルールはまさにタイムリー。先物ブログ

前場   +10円(5枚)
後場   +20円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  買い +10円(1枚)

現在の資金
237,180,000円 (+160,000円)※手数料考慮せず

米国市場は休場。

e9d10194.bmp

グロベはいってこい。

103fe1e7.gif 919e85b6.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,518.98 (+16.12)
日経225先物 終値    10,520 (+20)

日経平均は指数が小幅続伸。
先物は30円GDで始まるが、昨日と打って変わり間もなくプラ転。
急速に上げ幅を拡大した。
1月6日以来続くアイランドリバーサルだが、寄り付き後の動きで"Oops"を誘発するかに思えたがあっさり切り返すあたりはさすがに底堅い。
前場は動いた方だが、振り幅は相変わらず。
やれやれ。

戦略に追加されたのはニューインデックス以前に弩ストライクな先行指標。
最近は上海や米株先ばかり見て振り回される相場が続いていただけにある意味新鮮。いつもならバージョンアップで追加されるパターンだが、事前に公開してもらえるのはありがたい。
本日のようにヨコヨコ相場から前もって動意を見極めるには使いやすいかもしれない。先物ブログ

前場   +20円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  売り -50円(1枚)

現在の資金
237,020,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2011.01.14NY+55.482011.01.14NAS+20.01






米国市場は反発。
ダウ、ナスともに高値更新。

0ef5c75a.gif c2fced0e.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,502.86 (+3.82)
日経225先物 終値    10,500 (±0)

日経平均は指数が小反発。
先物は変わらずで始まり変わらずで終わり十字線。
米国の上昇相場を尻目に日経平均は一進一退。不毛な相場が続いている。
寄り引けで前日比変わらずは、つい先日1月5日にもあり、同じ月に2度発生するのも珍しい。出来高は3万枚と一向に回復しないわけで無理もない。
かつて前場だけで余裕で10万枚を記録していた時代が懐かしいが、こんなバーコード相場でも有効な戦略はいくらでもある。
結局はどんな相場でも勝てればそれでよい。
そう割り切らなければやりきれない。
前場はあの相変わらずの千枚板の行列に辟易し買いポジは早々に手仕舞い。
後場は30円安く始まり上海市場の下落のおかげで売り崩されるかと思ったが、寄ってからは妙に底堅くまたもやヨコヨコ。
デイトレーダー泣かせの相場も使いようだが。
安全に利益を取るならこれもありかもしれない。
先物ブログ

前場   +10円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け  買い -50円(1枚)

現在の資金
236,920,000円 (+50,000円)※手数料考慮せず

2011.01.13NY-23.542011.01.13NAS-2.04






米国市場は反落。

bc8947a1.gif 5b7b7e71.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,499.04 (-90.72)
日経225先物 終値    10,500 (-60)

日経平均は反落。
オプションのSQを通過後先物は変わらずで始まり一瞬下落するが、間もなく切り返しヨコヨコの展開。

1.13 インテル好決算で時間外上昇1.13 ユニクロ決算






米国市場は下げていたがインテルが好決算で時間外で上げていたり、日経平均の寄与度の高いファーストリテイリング(ユニクロ)がなぜか高い。
そのせいか、あまり下がらず異様に底堅い日経平均。
SQ値は10,470.13円とまたもザラバにない値。
それもあり、先物はSQ通過後下振れし乱高下したが、高値追いも売り崩しもなかった。

1.14 枝野幸男・新官房長官1.14 菅第2次改造内閣





第2次菅改造内閣発足。
官邸で閣僚名簿を発表する枝野官房長官。

与謝野氏入閣。
信じられない。
先物ブログ

前場   -20円(5枚)
後場   +50円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  売り +60円(1枚)

現在の資金
236,920,000円 (+190,000円)※手数料考慮せず

2011.01.12NY+83.562011.01.12NAS+20.50






米国市場は続伸。

301b936d.gif 6493ab50.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,589.76 (+76.96)
日経225先物 終値    10,580 (+60)

日経平均は反発。
先物は80円GUで始まり19,600円を回復。
そのままの勢いで20円上げ幅を拡大するが、間もなく失速。
昨日同様、高値を二文超えの新値からは軟調。
後場も上値は追わず上げ幅縮小の展開。
相変わらずの値幅は小振りだが、底堅さは変わらない。
今晩は引け後にインテル決算。
やはり様子見優勢なのか後場はジリ安。

寄り付き後の売りのしつこさにはウンザリ。
あのまま踏み上げするか見ていたが一向に動かず退散。
やれやれ。先物ブログ

前場   -20円(5枚)
後場   +20円(5枚)

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い -20円(1枚)

現在の資金
236,730,000円 (-20,000円)※手数料考慮せず

2011.01.11NY+34.432011.01.11NAS+9.03






米国市場は夫々上昇。

8274dfb4.gif 95a1926e.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,512.8 (+2.12)
日経225先物 終値    10,520 (+10)

日経平均は反落。
先物は50円GUで始まるが、30円の値幅でヨコヨコ。
一瞬年初来高値を更新し10,580円をつけるが600円台目前で頭打ち。
高値を二文超えての新値だったが、まるで一文新値は鬼より怖いという格言よろしく後場は崩れた。
日本政府が発表したユーロ債購入の報がインパクトあったものの、GUしただけで隣国に連れ安。
後場からは上げ幅を縮小しあっさりギャップ分を帳消し。
結局前日比ほぼ変わらずで引けている。
後場寄り直前の上海が非常に微妙であり、軟調さとSQ前の水曜日ということもあり、後場は釣瓶落としを期待したが、これもまた中途半端。
証拠金は今週からラージ1枚で27万円にまで安くなっている。
数年前までは珍しかった千枚板が今では当たり前になるほど厚いが、出来高は4万枚弱とSQ前の水曜とは思えないほど薄い。
やれやれ。先物ブログ

前場   ±0円(5枚)
後場   +30円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  買い -40円(1枚)

現在の資金
236,750,000円 (+110,000円)※手数料考慮せず

2011.01.10NY-37.312011.01.10NAS+4.63






米国市場はまちまち。
週末は下げていたが、ダウは続落、ナスダックは反発。

6a737218.gif e0e0c8d3.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,510.68 (‐30.36)
日経225先物 終値    10,510 (‐40)

日経平均は反落。
先物は70円GDで始まるが、20円しか動かないヨコヨコだったが、10時すぎにやっと動意づき、下げ幅を縮小。
週末の米雇用統計が市場予想を下回ったり、欧州の財政不安再燃などが重石に売りが先行したが、先高観は依然強い。
前日終値にあと一文まで近づくが、プラスに転じる勢いはなく、後場からは早くも失速。
それでも小幅安の水準を維持しながら引けている。

この高値圏でそれなりの誘引があってのこの強さ。
あっさり踏まれる。
買いは伸びも中途半端で。
やれやれ。先物ブログ

前場   -20円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ -20円(5枚)
寄り引け  売り -30円(1枚)

現在の資金
236,640,000円 (-130,000円)※手数料考慮せず

2011.01.06NY-25.582011.01.06NAS+7.69






米国市場はまちまちでダウが反落、ナスダックが続伸。

2e70dbf9.gif 6ccd2f65.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,541.04 (+11.28)
日経225先物 終値    10,550 (+40)

日経平均は続伸。
先物はまたも変わらずで始まり、前場はヨコヨコの展開。
後場になってようやく上抜けたものの、上げ幅は限定的。
上海市場が強含んでもすぐに失速。
それでも一時つけた高値10,560円の水準を維持してほぼ高値引けで終えている。
雇用統計を前ながら楽観ムードが漂う。
ロイターの調査で事前のコンセンサスが上方修正されているのが原因か。

まだ正月ムードなのか、超薄商い変わらず。
後場の上昇も拍子抜け。
やれやれ。先物ブログ

前場   ±0円(5枚)
後場   +30円(5枚)

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  売り -40円(1枚)

現在の資金
236,770,000円 (+110,000円)※手数料考慮せず

2011.01.05NY+31.712011.01.05NAS+20.95






米国市場は続伸。

6bb2f9c6.gif f0d22842.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,529.76 (+148.99)
日経225先物 終値    10,510 (+130)

日経平均は大幅反発。
先物は130円GUしたものの、終日ヨコヨコの展開。
抜けそうで抜けなかった高値をGUによって更新したはいいが、後が続かない。
上値追いもなかったが、逆に戻り売りもほとんど見られず底堅かったのは天晴れ。結局寄り引け同値の十字線で引けている。
12月のSQ値である10,420.74円をついに更新。7ヵ月ぶりに10,500円を回復した。
前場は30円しか動かず年末のようなバーコード相場。
一文抜きがせいぜい。
やれやれ。先物ブログ

前場   ±0円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ +10円(5枚)
寄り引け  買い ±0円(1枚)

現在の資金
236,660,000円 (+50,000円)※手数料考慮せず

2011.01.04NY+20.432011.01.04NAS-10.27






米国市場は続伸。

e0cecc59.gif 47ba25be.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,380.77 (-17.33)
日経225先物 終値    10,380 (±0)

日経平均は指数が反落。
先物が変わらず。変わらずで始まり変わらずで引けた十字線。
一時昨日の高値10,420円に顔合わせするが、間もなく失速。
終日ヨコヨコで引けている。

上値への仕掛けは不発。
指数はわずかに更新したが、先物は同値止まり。
前場見事に踏まれ早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

前場   -50円(5枚)
後場   +10円(5枚)

本日の損益
デイ -40円(5枚)
寄り引け  売り ±0円(1枚)

現在の資金
236,610,000円 (-200,000円)※手数料考慮せず

2011.01.03NY+93.242011.01.03NAS+38.65






米国市場は続伸。

d9841bb5.gif 08aa5f66.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,398.1 (+169.18)
日経225先物 終値    10,380 (+170)

大発会となる4日の日経平均は大幅反発。
先物は140円GUから徐々に上げ幅拡大。
12月22日の10,390円を前に頭打ちになるが、後場には一段高し、ついに10,400円台を約8ヵ月ぶりに回復。
しかし、それ以上の上値は重く、後場はヨコヨコ。
高値圏ながらせっかく更新した高値も結局わずかに下回り引けている。
出来高は4万枚弱とまだまだ薄商い。

今年の干支は卯。
干支では辰、子年とならび十二支の中で3番目に大きく上昇するといわれる。
しかし2番目に高い上昇率を誇る子年の2008年にはあのリーマンショックがあり、あまりあてにはならないが、アノマリー通りに跳ねる年となることを期待したい。先物ブログ

前場   +30円(5枚)
後場   -10円(5枚)

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け  買い +30円(1枚)

現在の資金
236,810,000円 (+130,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ