日経ウォーカー

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2012年04月

2012.04.26NY+113.902012.04.26NAS+20.98






昨日の米国市場は大幅続伸。

1f5f58a4.gif 0d9cbdc6.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,520.89 (-40.94)
日経225先物 終値    9,500 (-60)

日経平均は3日ぶりに反落。
先物はほぼ変わらずで始まり午前中は日銀の金融政策決定会合待ちでヨコヨコで推移。
午後の追加金融緩和発表を受けて一時高値9,700円まで棒上げ。
しかし買いが一巡すると一転して9,500円を割り込み一時安値9,460円をつけるなど荒い展開に。

発表直後の12:46には資産買い入れ基金の増額が市場予想より低め5兆円だった為に一瞬円高株安が先行。
この時一瞬9,520円まで売り込まれた。
しかし長期国債買い入れ額を10兆円に拡大するとの追加緩和策が明らかになると急速に上昇。
現物では不動産株中心に動意付き、円売株高が一気に進行。
その後は先物主導で乱高下。
週末、連休前でもあり手仕舞い売りに押された格好。
直後にはETF買い入れ増額に市場は沸いたが、9,700円で頭打ち。
急失速して結局は本日の安値圏で引けている。

日中の値幅は指数で約228円、先物で240円と今月4日以来の大きさを記録。
出来高も同じく8万枚台。

4.27 日銀本店

日銀は本日の金融政策決定会合で資産買い入れ基金を5兆円増額することを決定。
国債等の金融資産の基金の規模を65兆円から70兆円に引き上げ。
また、長期国債の買入限度を10兆円増額に加え、ETF2000億、J-REIT100億円それぞれ増額
買入れ国債と社債の対象を従来の残存2年以下から、3年以下に延長。
基金の買入れ期限を従来の2012年末から2013年6月末へ半年延長。
今年末時点の基金規模は従来予定通り65兆円に据え置きとした。

4.27日銀白川総裁の会見発表直後は売られたが次第に明らかになったこのETF買い入れ額を2000億円程度増額したことがサプライズと受け止められたようだ。

緩和はほぼ織り込み済みだったことと、大型連休前でもあり、最終的には出尽くしで売られるとのシナリオ通りの展開だった。

2月14日の日銀サプライズの時も当日は大幅上昇してもまだ上値は限定的で、海外の反応を待って翌営業日から中期的に大幅上昇を開始したのは記憶に新しい。
ただ今回は外部環境も異なりどうなるかは分からない。
それでも日銀がこうしてFRBのように市場と積極的に対話することでアナウンス効果は十二分だったのではないか。

結果下げてしまったが、いずれにしてもデイトレードでは値動き完全重視の為、格好のデイトレ日和だったといえる。
手薬煉引いて待っていた甲斐があったというもの。
戦略的な短期売買が奏功。

よいGWを。先物ブログ

本日の損益
デイ +60円 (5枚)
寄り引け  売り +70円(1枚)

現在の資金
297,150,000円 (+370,000円)※手数料考慮せず

2012.04.25NY+89.162012.04.25NAS+68.03






昨日の米国市場は夫々上昇。

09cfee22.gif c8186071.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,561.83 (+0.82)
日経225先物 終値    9,560 (+10)

日経平均は小反発。
先物は70円GUで始まり序盤はさらに上値を試すが、高値9,640円をつけた途端に失速。
一転して下落に転じ上げ幅を縮小。
午後も徐々に一段安し一時マイナス圏に下落する場面もあったが、大引け直前は下げ渋り結局小幅高水準で引けている。

日銀による追加緩和策は織り込んでいても政局のリスクは織り込まれておらず、小沢氏無罪でまた消化不良気味の政治不安が再燃しそう。
午後の一段安で売り崩しを期待したが、売り込まれてもオーバーシュートがなくすぐに買い戻しが入るパターン。
せっかくの利幅もまた中途半端であえなく退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ ±0円 (5枚)
寄り引け  買い -60円(1枚)
ナイト ±0円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
296,780,000円 (-60,000円)※手数料考慮せず

2012.04.24NY+74.392012.04.24NAS-8.85






昨日の米国市場は反発。

e12f5e58.gif 9564260a.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,561.01 (+92.97)
日経225先物 終値    9,550 (+70)

日経平均は続落。
先物は100円GUで始まるが間もなく上げ幅を縮小。
一時9,530円まで下落するが、その後は下げ渋り結局大引けにかけてヨコヨコで推移したまま終了している。
朝方の高寄りはアップルの決算効果だろうが、上値は重い。
上海市場は一時マイナス圏へ下落する場面もあったが、日本市場は異様なまでに底堅い。
欧州圏の債券入札と米FOMCの動向次第といったところで方向感に乏しい。
終日売りスタンスだったが、不発が続き早々に退散。
ナイトもやや上振れしたがFOMC結果公表後もさえない動きで拍子抜け。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +10円 (5枚)
寄り引け  売り +30円(1枚)
ナイト +10円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
296,840,000円 (+130,000円)※手数料考慮せず

2012.04.23NY-102.092012.04.23NAS-30.00






昨日の米国市場は大幅反落。

577d2390.gif 166af283.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,468.04 (-74.13)
日経225先物 終値    9,480 (-70)

日経平均は続落。
先物は80円GDで始まるが間もなく下げ幅を縮小。
一時9,520円までリバウンドし自律反発が先行した。
序盤こそ強いリバウンド機運だったが、午前中には一巡。
午後には一転して一段安する場面も。
しかしその流れも長くは続かず結局引けにかけて下げ渋りいってこいで終了している。
方向感に乏しい乱高下に終始した。

午後の売り崩しに期待したが、これもまた昨日同様下げ渋る結果に。
思った以上に欧州と日米金融政策の行方に思惑が交錯しているようで、売り仕掛けもことごとく不発。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -60円 (5枚)
寄り引け  売り -10円(1枚)

現在の資金
296,710,000円 (-310,000円)※手数料考慮せず

2012.04.20NY+65.162012.04.20NAS-7.11






昨日の米国市場はまちまち。

d1eb9734.gif dbae767e.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,542.17 (-19.19)
日経225先物 終値    9,550 (-10)

日経平均は続落。
先物は40円GUで始まり、上げ幅を急拡大。
米株先の堅調さに引っ張られる形で高寄りした挙句さらに上昇とは天晴れ。
しかしその勢いも予想通り早晩頭打ち。
一時高値9,650円を早々につける場面もあったが、その後は伸び悩み間もなく下落に転じると今度は下げ幅を拡大。
一気に9,520円まで売り崩されたところで東証の前場が終了。
午後はヨコヨコの展開が続いたが、結局流れは変わらず本日の安値圏のまま引けている。

商いは低調で3万枚台が続く中、今日のような先物の売り崩しは溜飲を下げた。

今週は米FOMCや日銀の金融政策決定会合、国内の主要企業決算発表が本格化するのを控え思惑が交錯した模様。
ここまで日本の金融政策が注目されるのは珍しい。
2月の日銀効果再来なるか。はてさて。

終日売りスタンスが奏功。
この損小利大の戦略が秀逸なのは今更でも言うまでもないが、何よりもこの安心感は市場センチメントに根差した無駄のないトレードができることにある。
流れに逆らってはいけない。
ナイトも同様。
先物ブログ

本日の損益
デイ +40円 (5枚)
寄り引け  売り +50円(1枚)
ナイト +30円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
297,020,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず

2012.04.19NY-68.652012.04.19NAS-23.89






昨日の米国市場は続落。

741b8c25.gif 2337663f.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,561.36 (-27.02)
日経225先物 終値    9,560 (-40)

日経平均は続落。
先物は30円GDで始まり前引けにかけて徐々に下げ幅を拡大。
一時安値9,530円まで下落する場面もあったが、午後からは下げ渋り、結局小幅安水準で引けている。

出来高低調が続いている間は様子見姿勢。
G20の動向が注目されるだろうが、概要は既に伝わっており、大きな仕掛け売買も限定的。
来週はイベント目白押しなので無理もない。
日米の金融政策の動向への警戒はもちろん、24日(日本時間24日夜から翌未明頃か)にはアップルの決算発表が予定されている。
この戦略による市場センチメントの先取りとリスクマネジメントの秀逸さはやはり一日の長がある。
大きく負けない安心こそが肝要なのはもう言うまでもない。

終日ヨコヨコだったが、午後のわずかなプラスで十分。
日中はなかなか動かなかったが、ナイトでようやく微動。
先物ブログ

本日の損益
デイ +10円 (5枚)
寄り引け  売り +10円(1枚)
ナイト +30円 (5枚) ※増し玉合算

現在の資金
296,620,000円 (+210,000円)※手数料考慮せず

2012.04.18NY-82.792012.04.18NAS-11.37






昨日の米国市場は反落。

741b8c25.gif 2337663f.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,588.38 (-78.88)
日経225先物 終値    9,600 (-60)

日経平均は大幅反発。
先物は70円GDで始まるが間もなく下げ幅を縮小。
しかし12時半すぎには再び下落に転じた。
結局午後は下げ渋り、売り崩されないまま引けている。

白川日銀総裁が米国で講演。
金融緩和にコミットメントしていると発言で少しは反応したものの、依然として薄商い。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +10円 (5枚)
寄り引け  売り -10円(1枚)

現在の資金
296,410,000円 (+40,000円)※手数料考慮せず

2012.04.17NY+194.132012.04.17NAS+54.42






昨日の米国市場は夫々上昇。

30ad8aec.gif 29602b96.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,667.26 (+202.55)
日経225先物 終値    9,660 (+210)

日経平均は大幅反発。
先物は180円GUで始まるが買い一巡後は高値圏でヨコヨコで推移。
しかし午後には一段高となり一時高いところでは9,690円まで上昇する場面も。
結局終日高値圏を維持しほぼ高値引けで終えている。
27日への思惑買いなのか、踏み上げなのかこの高寄りでこの強さは天晴れ。
追加金融緩和策期待を先取りしているかのように強含みで推移。
しかし商いは引き続き低水準にとどまり上値を試す動きは限定的だった。
終日買いスタンスが奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +30円 (5枚)
寄り引け  買い +30円(1枚)

現在の資金
296,410,000円 (+180,000円)※手数料考慮せず

2012.04.16NY+71.822012.04.16NAS-22.93






昨日の米国市場はまちまち。

215c3c97.gif bcc3ed87.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,464.71 (-5.93)
日経225先物 終値    9,450 (-20)

日経平均は小幅続落。
先物は変わらずで始まり序盤は買い優勢の展開だったが、午後からは伸び悩み結局安値引けで終えている。

レンジも狭く薄商い。
欧州金融危機が再び意識されたセンチメントだが、寄り付きはあっさり踏まれて早々に退散。
下手ながらリスクマネジメントが奏功。
何とか及第点といったところか。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ ±0円 (5枚)
寄り引け  売り +20円(1枚)

現在の資金
296,230,000円 (+20,000円)※手数料考慮せず

2012.04.13NY-136.992012.04.13NAS-44.22






昨日の米国市場は反落。

8bc59cf4.gif 7cfa472d.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,470.64 (-167.35)
日経225先物 終値    9,470 (-170)

日経平均は大幅反落。
先物は120円GDで始まり序盤は下げ渋る動きだったが、午後から一段安。
引けにかけて一時安値9,460円まで下げ幅を拡大。
そのままほぼ安値引けで終えている。

終日売りスタンスが奏功した。
指数としての下げ幅は今年2番目だが場中の下げは渋い。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +50円 (5枚)
寄り引け  売り +50円(1枚)

現在の資金
296,210,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

2012.04.12NY+181.192012.04.12NAS+39.09






昨日の米国市場は大幅続伸。
欧州不安緩和や追加の金融緩和策期待などもあり強い強い。

cf5a1b80.gif 6c53c9e1.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,637.99 (+113.20)
日経225先物 終値    9,640 (+100)

日経平均は続伸。
先物は120円GUで始まり序盤から上げ幅を拡大。
しかし一時高値9,700円を回復したところで高止まり。
終日9,600円台で方向感なく推移。

4.13 中国GDP下振れ4.13 北朝鮮ミサイル発射




北朝鮮のミサイル発射問題や中国の1-3月期GDPが市場予想を下回ったことが伝わると一転して軟調に。
米株先も指標発表後マイナスに転じGoogleの時間外等総じて伸び悩んだ。
地政学的リスクの典型とはいえもう免疫ができているのか売り崩しもなく平穏そのもの。
終日売りスタンスだったが、ヨコヨコの上、売り仕掛けも不発に終わりあえなく退散。
ナイトでやっと方向感が・・・。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -10円 (5枚)
寄り引け  売り +20円(1枚)
ナイト +50円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
295,910,000円 (+220,000円)※手数料考慮せず

2012.04.10NY-213.662012.04.10NAS-55.86






昨日の米国市場は反発。

cbee1806.gif d891423c.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,524.79 (+66.05)
日経225先物 終値    9,540 (+100)

日経平均は反発。
先物は40円GUで始まるが、序盤は戻り売りが先行。
当面は要人動向、米国市場引け後のGoogle決算、イニシャルクレームへの思惑交錯だが、米株先も小動き。
時間外の指数先物も動かなかったこともあり、中盤は狭いレンジでヨコヨコが続いたが、終盤にようやく一段高。
リバウンドが鈍いながらも結局終日堅調さをキ-プ。
ほぼ高値引けで終えている。
欧州債務懸念への警戒感一服といったところ。
ただ相変わらず不毛な北朝鮮ミサイル発射問題で上値は重い。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +50円 (5枚)
寄り引け  買い +60円(1枚)

現在の資金
295,690,000円 (+310,000円)※手数料考慮せず

2012.04.10NY-213.662012.04.10NAS-55.86






昨日の米国市場は大幅続落。

ba3c19ab.gif 6f4f1e62.png
日日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,458.74 (-79.28)
日経225先物 終値    9,440 (-100)

日経平均は続落。
先物は150円GDで始まるが、序盤から買戻しが先行。
ほぼ寄り天の様相を呈し終日堅調に推移した。
午後一時9,400円台を再び割り込む場面があったものの、結局踏みとどまり、本日の高値圏で引けている。

ベージュブックへの思惑やQE3をめぐる要人動向に警戒。
再び過剰流動性相場への思惑交錯といったところ。

朝からあっさり踏まれる。
午後の売り仕掛けもことごとく不発に終わり早々に撤退。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -30円 (5枚)
寄り引け  売り -50円(1枚)

現在の資金
295,380,000円 (-200,000円)※手数料考慮せず

2012.04.10NY-130.552012.04.10NAS-33.42






昨日の米国市場は大幅下落。

47e8d79f.gif 69c9d44e.png
日日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,538.02 (-8.24)
日経225先物 終値    9,540 (-10)

日経平均は続落。
先物は30円GUで始まり間もなく上げ幅を拡大するが、前日に形成したアイランドリバーサルの窓埋めにはあと一歩、二文及ばず。
午後の日銀の追加緩和見送りが伝わると一転して急落。
引けにかけて断続的に売られ結局本日の安値圏で終えている。

4.10 日銀金融政策決定会合 日銀本店2月同様、日銀金融政策が最大のインパクト。
昨日のバーナンキFRB議長講演の流れと同じでハト派色濃厚といったところ。
朝方先取りした反動で外人はあっさりリスクオフ。
円買い株安が一気に加速した。
次は27日の会合、展望リポートが控えている。
当面政策サプライズは見送りか。
その前にアルコア決算で大きく動くことを期待。

一方国内のハイテク大型株がそろいもそろって大赤字修正を発表。
ソニーが過去最大の5200億円の赤字。
シャープは最終3800億円の最終赤字、下方修正。
黒字予想が一転大赤字にびっくりである。
思わずひっくりかえりそうになった。

おいおい、聞いてないよという話が個別株では致命的だが、指数先物はサプライズ材料を聞いてからでも今日のように十分取れる。
後の祭りが稼ぎ時なのであって実に対照的。
震災時の東電宜しく、今更のようだが、大型株に安全神話などもうないのだろう。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +70円 (5枚)
寄り引け  買い -40円(1枚)

現在の資金
295,580,000円 (+310,000円)※手数料考慮せず

週末の米国市場はグッドフライデーにより休場。

dd72af3a.gif c53b5986.png
日日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,546.26 (-142.19)
日経225先物 終値    9,550 (-130)

日経平均は大幅続落。
週末の米雇用統計が予想を大きく下回ったことから終日軟調。
先物は120円GDで始まるが、売りが一巡すると前場の後半から反転に転じる場面も。
しかし、一時高値9,630円で頭打ち。
引けにかけては再び下げ幅を拡大。
結局寄り引けほぼ同値のいってこいで引けている。

指数は微妙ながら三空を形成。
先物はついにアイランドリバーサルを形成し戻りきらないまま終了。

今晩はバーナンキFRB議長の講演、明日には日銀の金融政策決定会合の結果発表が控えている。
直近の大相場は2月の日銀効果によるところが大きく、そろそろアノマリーを意識した動きとなってきているのは確か。
この調整が一時のものに終わるのか、下落への転機になるかの鍵を握るのはまたも要人発言か。
はてさて。先物ブログ

本日の損益
デイ -10円 (5枚)
寄り引け  売り +10円(1枚)
ナイト -10円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
295,270,000円 (-90,000円)※手数料考慮せず

2012.04.05NY-14.612012.04.05NAS+12.41






昨日の米国市場はまちまち。

13662e97.gif 845165c6.png
日日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,688.45 (-79.16)
日経225先物 終値    9,680 (-110)

日経平均は続落。
先物は70円GDで始まり、序盤は売りが先行。
早々に一時安値9,660円まで下げ幅を急拡大したものの、すぐに反転するなど売り買いが交錯。
終日方向感乏しい展開のまま引けている。

序盤の売り崩しもその後も買戻しも伸びは限定的。
今晩の米雇用統計を控え見送りムードが強く、連休前でもあり外人の市場参加者が少なかったのか動意薄の展開だった。

ナイトの雇用統計でようやく下振れ。
さっさと利食いして終了。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ ±0円 (5枚)
寄り引け  売り +40円(1枚)
ナイト +50円 (5枚) 増し玉合算

現在の資金
295,360,000円 (+290,000円)※手数料考慮せず

2012.04.04NY-124.802012.04.04NAS-45.48






昨日の米国市場は大幅続落。

09879a91.gif 98049187.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     9,767.61 (-52.38)
日経225先物 終値    9,790 (-30)

日経平均は続落。
先物は60円GDで始まり、間もなく下げ幅を拡大。
一時9,700円まで下落し直近安値を更新するが、その後は下げ渋り午後からは反転。
大引け直前に前日終値まで回復。
本日から再開した上海市場は堅調に推移。
アイランドリバーサル形成かと思いきや即日窓埋めされ結局小幅安で終えている。

まだ下がるかとさらなる売り崩しを期待したがまだはもうなり。
日中だけでなく、ナイトもあっさり一巡。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +20円 (5枚)
寄り引け  売り -30円(1枚)

現在の資金
295,070,000円 (+70,000円)※手数料考慮せず

2012.04.03NY-64.942012.04.03NAS-6.13






昨日の米国市場は反落。

71e31979.gif
日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値     9,819.99 (-230.40)
日経225先物 終値    9,820 (-230)

日経平均は大幅続落。
先物はほぼ変わらずで始まり序盤こそ底堅かったものの、午前中盤から急落。
10時半頃から大口の売り仕掛けが入り、1万円の大台を割り込んでからは堰を切ったように一段安の様相に。
その後も引けにかけて断続的に売られ、下げ幅は今年最大となる240円を記録。
全面安の様相でほぼ安値引けで終えている。
出来高は8万枚に達し、今年2月28日の8万4千枚に次ぐ大商い。

ここまではっきりした先物主導の暴落は別に珍しくもない現象だが、この数年の低調なボラティリティを思えば十分なインパクト。
4月のアノマリー健在か。
手薬煉引いて待っていたのに「もうはまだなり」といわんばかりのこの数日間だったが、ようやく動いてまさに溜飲が下がる思い。
各種報道も豪州貿易収支と中国景気減速を取沙汰しているがやや後講釈気味。やはり需給がものをいうのは昔も今も変わらない。
相場がどちらに動こうとも最終的にプラスにもっていくシステムの重要性が改めて浮き彫りにされた格好か。

損小利大の戦略とリスクマネジメントは完璧で、終日売りスタンスが奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +240円 (5枚)
寄り引け  売り +240円(1枚)

現在の資金
295,000,000円 (+1,440,000円)※手数料考慮せず

2012.04.02NY+52.452012.04.02NAS+28.13






昨日の米国市場は夫々上昇。

013300a5.gif
日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値     10,050.39 (-59.48)
日経225先物 終値    10,050 (-60)

日経平均は反落。
先物は20円GDで始まるが、狭いレンジのままヨコヨコの展開。
出来高も3万枚台と低調。
週末の米雇用統計が発表されるまで動意薄が続くのか。
終日売りスタンスで午後の売り崩しに期待したが、終日底堅く推移。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +20円 (5枚)
寄り引け  売り +40円(1枚)

現在の資金
293,560,000円 (+140,000円)※手数料考慮せず

2012.03.30NY+66.222012.03.30NAS-3.79






週末の米国市場はまちまち。

5664355b.gif
日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値     10,109.87 (+26.31)
日経225先物 終値    10,110 (+20)

日経平均は反発。
先物は90円GUで始まり買いが先行。
日銀短観が市場予想を下回っても序盤は強含みの展開。
中国製造業PMIの結果を好感した動きが優勢というべきだったか。
しかし午後から一段安。
引けにかけては伸び悩んだ。
新年度入りに伴う新規資金の流入も期待されたが、結局引けにかけて上げ幅をじりじりと縮小。
小幅高水準で引けている。

上海は清明節の3連休のため4日まで休場。
手がかり材料もなく、寄り付きパス後、場中もスルー。
ナイトは少々。
米国市場の楽観相場は立ち直りが早い。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ ------(5枚)
寄り引け  買い -70円(1枚)
ナイト +20円(5枚)

現在の資金
293,410,000円 (+30,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ