日経ウォーカー

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2014年03月

2014.03.28NY+58.832014.03.28NAS+4.53






米国市場は反発。

2014.03.313b8cdcd3.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,827.83(+131.80)
始値 14,839.54
高値 14,843.67
安値 14,718.01
出来高 20億9324万株

日経225先物 終値    14,780(+80)
始値 14,840
高値 14,850
安値 14,720
出来高 40,585枚

3.31日経平均は4日続伸。
先物は140円GUで始まるが間もなく上げ幅を縮小。
売りが一巡すると午後にかけて切り返し終盤には午前の高値と顔合わせ。
しかし、引け前に失速し取引を終了。

期末で薄商い。
ロング優勢ながらドレッシング買いもスルー。
終日ほぼ手控え。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け  買い -60円(1枚)

現在の資金
421,580,000円 (+40,000円)※手数料考慮せず

2014.03.27NY-4.762014.03.27NAS-22.35






米国市場は続落。

2014.03.285f485d5d.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,496.03(+73.14)
始値 14,576.25
高値 14,713.45
安値 14,520.57
出来高 21億9266万株

日経225先物 終値    14,700(+60)
始値 14,570
高値 14,730
安値 14,530
出来高 45,348枚

3.28日経平均は3日続伸。
先物は70円GDで始まり寄り付き直後は売り買いが交錯し序盤は売りが先行した。
売りが一巡すると期末特有のセンチメントから先物主導で反転。
前引けにかけてプラス圏に浮上。
午後も荒い値動きが続き一時は節目となる14,700円台を回復する場面もあったが、上値は限定的。
それでも上海の堅調さも下支えしほぼ高値引けで終えている。

終日一進一退が続き方向感乏しい展開だったが短期回転が奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い -130円(1枚)

現在の資金
421,540,000円 (+120,000円)※手数料考慮せず

2014.03.26NY-98.892014.03.26NAS-60.69






米国市場は反落。

2014.03.27494c2eda.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,622.89(+145.73)
始値 14,305.67
高値 14,659.85
安値 14,227.81
出来高 25億8396万株

日経225先物 終値    14,640(+250)
始値 14,270
高値 14,680
安値 14,230
出来高 70,673枚

3.27日経平均は大幅続伸し14,600円台を回復し2週間ぶりの高値水準。
先物は120円GDで始まり序盤から売り買いが交錯し方向感乏しい展開に。
権利落ち分が100円。
寄り前の円高を嫌気した分も考慮すると250円近く下げた場面もあったが、午後にかけては下げ渋っていた。
中盤はやや朝方よりも高値で推移したもののヨコヨコは変わらなかった。
しかし、東証後場開始直後から一転して切り返す展開で棒上げ商状。
一気に400円近く駆け上がる暴騰の末、そのまま本日の高値圏で終了。
アベノミクス二年度目前にとりあえずの値固めといったところか。
終日ほぼ手控えで暴騰には乗れず早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  買い +370円(1枚)

現在の資金
421,420,000円 (+570,000円)※手数料考慮せず

2014.03.25NY+91.192014.03.25NAS+7.88






米国市場は反発。

2014.03.266d222658.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,477.16(+53.97)
始値 14,521.00
高値 14,569.90
安値 14,401.42
出来高 24億4449万株

日経225先物 終値    14,390(+130)
始値 14,410
高値 14,470
安値 14,300
出来高 35,554枚

3.26日経平均は続伸。
先物は150円GUで始まり序盤こそ寄り底のから棒上げ商状だったが、高値14,470円で頭打ちすると間もなく失速。
急速に上げ幅を縮小し、一時安値14,300円まで値を消すが、すぐに半値戻しするなど中盤は一進一退。
結局午前の安値を堅守する底堅い動きで引けにかけても下げ渋って取引を終了。
出来高は3万枚台が続いており、チャンスもなくデイは終日手控えだった。
先物ブログ

本日の損益
デイ -----------
寄り引け  買い +20円(1枚)

現在の資金
420,850,000円 (+20,000円)※手数料考慮せず

2014.03.24NY-26.082014.03.24NAS-50.40






米国市場は続落。

2014.03.254d8c2dd3.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,423.19(-52.11)
始値 14,401.69
高値 14,531.79
安値 14,312.08
出来高 26億6423万株

日経225先物 終値    14,260(-140)
始値 14,290
高値 14,440
安値 14,220
出来高 35,801枚

3.25日経平均は大幅反発。
先物は110円GDで始まり序盤は売りが先行するが間もなく反転。
午後には一段高しプラス圏に浮上。
一時昨日の高値を上回る14440円をつける場面もあったが、二文で失速。
引けにかけては急速に上げ幅を縮小。
結局本日の安値圏で引けている。

出来高は連日低調でもあり、短期回転が奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +120円(5枚)
寄り引け  買い -30円(1枚)

現在の資金
420,830,000円 (+570,000円)※手数料考慮せず

2014.03.21NY-28.282014.03.21NAS-42.50






週末の米国市場は続落。

2014.03.240013d251.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,475.30(+251.07)
始値 14,297.58
高値 14,514.28
安値 14,287.28
出来高 29億1579万株

日経225先物 終値    14,400(+270)
始値 14,180
高値 14,430
安値 14,180
出来高 39,934枚

3.24日経平均は大幅反発。
先物は50円GUで始まり寄り底から急速に上げ幅を拡大。
一時高値14,430円をつけるが、その後は失速しヨコヨコの展開に。
出来高も低調で売りも限定的で結局ほぼ高値引けで終えている。

3.24 大阪取引所本日大証は東証とデリバティブ市場を正式統合。
昨年7月に現物株市場が東証へ統合されており、今回デリバティブ市場も統合が完了し新たに大阪取引所としてスタートした。
東証のJGBやTOPIX先物などを統合し日本最大のデリバティブ市場となったが、まだCMEなど世界のデリバティブ専門市場の規模には大きく水をあけられたまま。
CMEが31億枚のところ、IPXは3億枚にとどまる。
日経225は大きく値を上げたが出来高は依然低調。

終日買いスタンスが奏功。
先物ブログ

本日の損益
デイ +150円(5枚)
寄り引け  買い +220円(1枚)

現在の資金
420,260,000円 (+970,000円)※手数料考慮せず

2014.03.19NY-114.022014.03.19NAS-25.71







3.19 イエレンFRB議長米国市場は反落。
就任後初となるイエレンFRB議長のFOMCでの会見を受けダウは3日ぶりの値下がりに。
時間外取引も続落していた。
クリミアの地政学リスクよりも、イエレン議長のミスリード会見の方に敏感に反応している印象。
米国では週末にメジャーSQを控えている事情もあってかリスクオフムード。

2014.03.20d403e856.jpg

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,224.23(-238.29)
始値 14,548.76
高値 14,548.76
安値 14,207.83
出来高 24億1833万株

日経225先物 終値    14,130(-290)
始値 14,460
高値 14,460
安値 14,110
出来高 57,921枚

3.20日経平均は大幅反落。
先物は40円GUで始まるが寄り天の展開。
間もなくマイナスに転じると急速に下げ幅を拡大。
東証後場寄り直後には棒下げ商状の一段安。
一時安値14110円まで値を崩す場面もあり、終盤やや下げ渋る場面も見られたが結局引けにかけては下落しほぼ安値引けで終えている。

米国市場が安かったものの多少のリバ狙いもありそこそこ強含むと見ていたが、意外にもあっさり急落。
見事に振り落とされ早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -20円(5枚)
寄り引け  買い -330円(1枚)

現在の資金
419,290,000円 (-430,000円)※手数料考慮せず

2014.03.18NY+88.972014.03.18NAS+53.36







3.18 モスクワ プーチン露大統領米国市場は続伸。
ロシアがクリミア編入を宣言したことにより各国は反発。
クリミアをめぐってはウクライナ軍の基地が武装集団に襲撃され兵士に死者が出た上、ウクライナ首相も政治的段階から戦争段階に移行したとのべるなど対立が鮮明に。
市場は織り込み済だったもののリスク回避の動きが一時強まるなど不安定さを残した格好。

2014.03.1940bedd25.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,462.52(+51.25)
始値 14,495.73
高値 14,663.54
安値 14,302.37
出来高 22億7712万株

日経225先物 終値    14,420(+80)
始値 14,440
高値 14,590
安値 14,210
出来高 64,774枚

3.19日経平均は続伸。
先物は100円GUで始まるが連日寄り付き直後から薄商いで振り幅も大きく、棒下げ商状。
間もなくマイナスに転じると、午後にかけて下げ幅を拡大。
安値14,210円まで下げた後、東証後場開始直前には急速に切り返し、先物の仕掛け的買いが入ったのか一時高値14,590円まで上昇する場面も。
30分あまりで300円以上の値を戻したかと思うと、直後には急速に値を消し、結局引けにかけては伸び悩んだ。

終日ほぼ手控え。
FOMC、イエレンFRB議長の会見控え、様子見ムード強く、出来高も低調。
寄り付きは板も薄く抜けやすく手出し無用。
場中も流れが出てもすぐに戻ってしまい、あまりもの板の薄さに辟易。
短期回転が奏功。
先物ブログ

本日の損益
デイ +60円(5枚)
寄り引け  買い -20円(1枚)

現在の資金
419,720,000円 (+280,000円)※手数料考慮せず

2014.03.17NY+181.552014.03.17NAS+34.55






米国市場はウクライナ情勢への警戒感がやや後退。
FOMCに向けた巻き戻しムードで6営業日ぶりに反発。

2014.03.188a512cfa.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,411.27(+133.60)
始値 14,491.41
高値 14,533.25
安値 14,399.72
出来高 17億1862万株

日経225先物 終値    14,340(+70)
始値 14,450
高値 14,460
安値 14,310
出来高 35,013枚

3.18日経平均は反発。
先物は180円GUで始まり間もなく上げ幅を急速に縮小。
薄商いから棒下げ商状。
後続の出来も小さく切り返しも早い。
乱高下しながらも高値圏を維持して引けている。

ウクライナを巡る地政学的リスクはなお続いている。
本日からのFOMCなど重要日程を前に、朝高後は方向感を欠いた。
終日ほぼ手控え。先物ブログ

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り +110円(1枚)

現在の資金
419,440,000円 (+110,000円)※手数料考慮せず

2014.03.14NY-43.222014.03.14NAS-15.02






米国市場は続落。
クリミアでの住民投票で、ロシアへの編入承認が確実に。
欧米露の緊張が依然高まっている。

2014.03.17c466bcef.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,277.67(-49.99)
始値 14,254.32
高値 14,359.16
安値 14,203.21
出来高 19億9496万株

日経225先物(6月限) 終値    14,270(+50)
始値 14,180
高値 14,280
安値 14,110
出来高 57,646枚

3.17日経平均は指数が小幅続落し4営業日連続で値を下げた。
先物は小反発。
小幅にGDして始まるが序盤は買いが先行し間もなくプラスに転じると上げ幅を急速に拡大。
一時高値14,280円までわずか5分で到達。
棒上げ商状でのスタートっだったが、頭打ちも早く、中盤は一進一退。
午後は再びマイナス圏に沈み一段安するが、引けにかけては下げ渋りプラス圏へ再浮上して取引を終了。

売り崩しに期待したが、あっさり踏まれて早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -40円(5枚)
寄り引け  買い +90円(1枚)

現在の資金
419,330,000円 (-110,000円)※手数料考慮せず

2014.03.13NY-231.192014.03.13NAS-62.91







2c78720d.jpg
米国市場は夫々下落。
ロシアによるクリミア併合の可能性、米ケリー国務長官の発言でマーケット情勢は一斉にリスクオフに傾いた。
いくら対岸の火事といっても米露の軍事衝突のシナリオまで想定される事態になれば話は変わってくる。
冷戦時代のキューバ危機を彷彿とさせるまさにクリミア危機か。

2014.03.1482bf5983.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,327.66(-488.32)
始値 14,526.28
高値 14,539.60
安値 14,280.75
出来高 32億2565万株

日経225先物(6月限) 終値    14,220(-450)
始値 14,360
高値 14,390
安値 14,190
出来高 70,780枚

SQ値 14,429.87円

3.14日経平均は大幅続落。
先物はSQがらみの売りも重なり390円GDで始まるが、寄り付き後も売り買いが交錯。
序盤は始値を挟んで一進一退。
中盤まで下げ渋る動きを見せていたが、午後には一段安。
東証後場が始まった直後はやや切り返す動きもあったが、上海時間には値を崩し結局ほぼ安値引けで終えている。

有事のリスクオフとリバウンド狙いの思惑交錯。
午後の日銀ETF買いに警戒しつつ売り崩しを期待したが、まだ対岸の火事のようでセリングクライマックスには程遠い。
出来高が伴わず動きも鈍くほどほどで退散。
やれやれ。
事態急変に備え手薬煉引いて待っているといったところか。
先物ブログ

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  買い -140円(1枚)

現在の資金
419,440,000円 (+60,000円)※手数料考慮せず

2014.03.12NY-11.172014.03.12NAS+16.14






米国市場はまちまち。
ウクライナ情勢や中国の経済減速に対する懸念が相場の重しになり方向感乏しい。

2014.03.135303fe1c.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,815.98(-14.41)
始値 14,847.72
高値 14,919.84
安値 14,790.48
出来高 16億9824万株

日経225先物 終値(3月限)    14,750(-80)
始値 14,840
高値 14,940
安値 14,750
出来高 36,594枚

日経225先物 終値 (6月限)   14,670(-60)
始値 14,780
高値 14,850
安値 14,670
出来高 42,312枚

3.13
日経平均は指数が小幅に続落。
先物は引けにかけて一段安し安値引けで終えている。
ほぼ変わらずで始まったが、寄り底からの急上昇で買いが先行。
寄り前に発表された機械受注は2桁増とポジティブだったが、翌日にメジャーSQを控えていることで手控えムードが強く14,800円台を挟んで小高く揉み合う展開が続いた。

6d681295.jpg
中国の全人代が閉幕。
住宅市場の投機的な需要を抑制するなど金融市場混乱防止策への期待感もあって上海市場は高かったが、引け際に出た経済統計はいずれも市場予想を下振れし弱かった。

先物の出来高は3万枚台と急減。
東証の売買代金1兆6千億円は今年最低水準。
序盤の買い先行の動きに期待したが、あえなく退散。
短期回転が奏功し何とか及第点といったところか。
先物ブログ

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い -90円(1枚)

現在の資金
419,380,000円 (+160,000円)※手数料考慮せず

2014.03.11NY-67.432014.03.11NAS-27.26






米国市場は夫々下落。

2014.03.12f2bb0f28.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,830.39(-393.72)
始値 15,003.80
高値 15,020.14
安値 14,828.18
出来高 20億2048万株

日経225先物 終値    14,830(-380)
始値 14,990
高値 15,010
安値 14,810
出来高 99,686枚

3.12日経平均は大幅反落。
意外にも先物は大台を下回る寄り付きで序盤から下げ幅を急速に拡大。
少しは踏みとどまり一波乱あるかに思えたが、大きな動きないまま本日の安値圏で引けている。
中盤下げ渋りヨコヨコだったが、リバウンドも限定的と思われた頃合いからじり安の展開に。
ほぼ無風状態でただ下げただけに終わった。

SQ週の水曜日であることもあり、手薬煉引いて待っていたが、ことごとく不発。
あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い -160円(1枚)

現在の資金
419,220,000円 (-160,000円)※手数料考慮せず

2014.03.10NY-34.042014.03.10NAS-1.77






米国市場はまちまち。

2014.03.112d7e1db1.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,224.11(+103.97)
始値 15,179.47
高値 15,256.03
安値 14,124.36
出来高 18億1390万株

日経225先物 終値    15,210(+50)
始値 15,180
高値 15,270
安値 15,120
出来高 72,485枚

3.113.11 日銀黒田総裁




日経平均は続伸。
先物は小幅なGUで始まり、日銀金融政策決定会合の結果発表への期待からか序盤から上げ幅を拡大。
しかし、昼休みに日銀が現状維持を発表すると急速に上げ幅を縮小。
一時安値15,120円まで値を崩す場面もあったが、引けにかけては切り返し、結局プラス圏に浮上して取引を終了。

東証の売買代金は昨日に続き1兆6853億円と連日で今年の最低を更新。
先物は日銀会合後に商いが膨らみ短期回転が奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +60円(5枚)
寄り引け  売り -30円(1枚)

現在の資金
419,380,000円 (+270,000円)※手数料考慮せず

2014.03.07NY+30.832014.03.07NAS-15.90






米国市場はまちまち。

2014.03.10d783d474.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,120.14(-153.93)
始値 15,197.53
高値 15,266.12
安値 14,088.11
出来高 18億7737万株

日経225先物 終値    15,160(-130)
始値 15,190
高値 15,280
安値 15,090
出来高 67,226枚

3.10日経平均は反落。
先物は100円GDで始まり、序盤こそ鞘寄せが先行するが間もなく失速。
午後にかけて値を崩し安値15,090円を底値にヨコヨコの展開に。
終盤下げ渋ったものの、結局本日の安値圏で引けている。

中国の貿易統計や日本のGDPの下方修正で総じて軟調。
11日に発表される日銀金融政策決定会合の結果も手控えムード。
1月の経常収支は1兆5890億円の赤字と単月で過去最大。
4ヶ月連続の赤字で1兆超えは初。

売り崩しに期待したが小動きに終始。
リバウンドも限定的で終日ほぼ手控え。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い +30円(1枚)

現在の資金
419,110,000円 (-120,000円)※手数料考慮せず

2014.03.06NY+61.712014.03.06NAS-5.85






米国市場はまちまち。

2014.03.07a2730b01.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,274.07(+139.32)
始値 15,280.76
高値 15,312.60
安値 14,145.59
出来高 20億7420万株

日経225先物 終値    15,290(+170)
始値 15,270
高値 15,320
安値 15,140
出来高 51,041枚

3.7日経平均は続伸。
先物は150円GUで始まり、序盤から売り買いが交錯。
ナイトセッションの高値までは上値を試すが、15,320円で頭打ち。
午後には大幅に上げ幅を縮小し、前日終値寸前まで値を崩すが、引けにかけて切り返し、結局本日の高値圏で終えている。

日中は雇用統計前で方向感に乏しい展開だったが、夜は大きく動き、ナイト戦略が奏功。
先物ブログ

本日の損益
デイ +60円(5枚)
寄り引け  買い +20円(1枚)
ナイト +110円(5枚)

現在の資金
419,230,000円 (+870,000円)※手数料考慮せず

2014.03.05NY-35.702014.03.05NAS+6.00






米国市場はまちまち。
非製造業の雇用が2010年2月以来4年ぶりの低水準になったと発表から軟調。
ウクライナ情勢はひとまず落ち着いた格好に。

2014.03.06bafe7c6e.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,134.75(+237.12)
始値 14,933.76
高値 15,203.12
安値 14,871.56
出来高 22億4532万株

日経225先物 終値    15,120(+240)
始値 14,940
高値 15,220
安値 14,870
出来高 62,415枚

3.5日経平均は続伸。
先物は60円GUで始まり、序盤は戻り売りが先行。
鞘寄せが完了すると昨日安値と同値で底打ち。
10時から急速に切り返し、午後には一段高の展開に。
一時高値15,220円まで急騰する場面もあり、引けにかけては伸び悩んだものの、本日の高値圏で終了。

枯れ草が燃えるがごとく、薄商いの中、踏み踏み効果。
据え膳状態で終日買いスタンスが奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +210円(5枚)
寄り引け  買い +180円(1枚)

現在の資金
418,360,000円 (+1,230,000円)※手数料考慮せず

2014.03.04NY+227.852014.03.04NAS+74.67






米国市場は反発。

2014.03.052d4f61d8.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,897.63(+176.15)
始値 14,905.95
高値 14,992.19
安値 14,897.63
出来高 19億9797万株

日経225先物 終値    14,880(+40)
始値 14,930
高値 15,000
安値 14,870
出来高 45,047枚

3.5日経平均は反発。
先物は90円GUで始まり、序盤から棒上げ商状。
一時高値15,000円をつける場面もあったが、間もなく失速しヨコヨコの展開に。
終日底堅く推移していたが、引けにかけてやや上げ幅を縮小したものの、結局本日の高値圏で終えている。

買いスタンスだったが、上値も重く、売り崩しも不発で早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ +10円(5枚)
寄り引け  買い -50円(1枚)

現在の資金
417,130,000円 (±0円)※手数料考慮せず

2014.03.03NY-153.682014.03.03NAS-30.82






米国市場は夫々下落。

2014.03.0443f362d5.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,721.48(+69.25)
始値 14,553.95
高値 14,750.09
安値 14,546.34
出来高 19億3199万株

日経225先物 終値    14,840(+210)
始値 14,540
高値 14,890
安値 14,530
出来高 50,994枚

3.4日経平均は続落。
先物は90円GDで始まり、ほぼ寄り底の展開。
14,750円までは急速に上げ幅を拡大するが、11時5分には取引が一時停止。
再開後は若干重くなったものの、終日底堅く推移。
東証引け後に一段高し一気に200円高まで上昇。
ほぼ高値引けで終えている。

午前11時5分頃、大証の日経225先物オプションなどの売買が一時的に中断。
午前11時30分に取引再開。
原因はシステム障害ではなくオペレーションミスとされている。
くしくも昨年同日も取引中断があり、今回の時刻とほぼ重なっている。

終日買いスタンスが奏功した。
先物ブログ

本日の損益
デイ +310円(5枚)
寄り引け  買い +300円(1枚)

現在の資金
417,130,000円 (+1,850,000円)※手数料考慮せず

2014.02.28NY+49.062014.02.28NAS-10.81






米国市場はまちまち。
27日のイエレンFRB議長の発言を受け緩和継続観測が根強く、相場を下支え。
引けにかけてはクリミア情勢における地政学リスクの高まりが相場の重しとなっており、ダウは値を崩したが、S&P500は3日続伸し、連日で過去最高値を更新している。

2014.03.03aa3e6ff3.png

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,652.23(-188.84)
始値 14,666.93
高値 14,684.70
安値 14,443.10
出来高 21億8132万株

日経225先物 終値    14,630(-230)
始値 14,650
高値 14,680
安値 14,430
出来高 68,365枚

3.3日経平均は続落。
先物は210円GDで始まり間もなく下げ幅を急速に拡大。
一時安値14,430円まで急落する場面もあったが、上海時間からは切り返し、引けにかけては下げ渋った。
しかし、寄り付き直後の高値を上回るまでには至らず、結局寄り付き付近の安値圏で引けている。

終日買いスタンスだったが不発。
異様な重さに早々に退散。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い -20円(1枚)

現在の資金
415,280,000円 (-170,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ